もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします



    (出典 image.entertainment-topics.jp)


    顔だけ・・・ww

    1 臼羅昆布 ★ :2020/04/06(月) 14:10:53.90 ID:S0LeOT7x9.net

    2020年04月06日 11時52分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1805493/

    お笑いコンビ「アンガールズ」の山根良顕(43)が5日、“ムキムキ写真”を披露した。
    全力で右腕の力こぶを誇示し「なかなか筋肉付かない顎なし顔シワおじさんです
     自分的には少しは増えてると思うんだけどなぁ…」とコメント。
    以前は骨と皮だけの“ハリガネ体形”だったが、家族ができてから“強い父”を目指して
    肉体改造に励んでおり、このところユーチューブチャンネルで筋トレする様子を公開している。
    段々とあばら骨の浮きもなくなり、少しずつ筋肉がついているようだ。


    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)

    画像


    【【驚愕】アンガールズ山根 “ムキムキ写真”で肉体改造アピール】の続きを読む


    元谷芙美子 (アパ社長からのリダイレクト)
    元谷 芙美子(もとや ふみこ、1947年7月8日 - )は、日本の実業家。アパホテル社長。歌手としても活動。旧姓・西川。 ニックネームはアパ社長。尊敬する人物はニュースキャスター安藤優子 福井県福井市出身。1歳のときに福井地震で生家が倒壊したが、落ちてきた観音開きになった仏壇に守られて助かった。お
    5キロバイト (545 語) - 2020年4月6日 (月) 05:40



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/04/06(月) 15:15:57.65

    6日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)に、アパホテルの元谷芙美子社長(72)が中継で生出演した。

     全国に「アパホテル」をチェーン展開するアパグループ(東京)は、医療崩壊を防ぐために政府が感染者のうち軽症や無症状の人の退院促進方針を公表したことを受け、所有するホテルに軽症者を受け入れる意向を示した。

     受け入れを決めたことについて元谷社長は「打診をいただいて、お受けするのが正しい道だと思いました。お力になりたい一心でお受けした次第です」と説明。受け入れの規模は「首都圏で3000室、大阪で1500室、名古屋で350室をご用意できる模様です。(ホテル1棟を)まるごと借りていただくことをお願いしています」とした。 

     心配される風評被害については、すでに予約キャンセルが入っているというが「近隣への配慮はもちろんしながら進めたい。マンション、住宅地(の近くのホテル)を避けてなど、させていただくつもりです。どのホテルにするということも決まっておりません。ずっと会議をしております」と語った。

     食事に関しては外部から搬入すると予想されるが「私たちが部屋に入って提供することはございません」と断言。「シーツやタオルなど、使っていただいたものは破棄処分するつもりです。ベッドメイキングはご自分でやっていただいて」と説明した。

     また、打診を受け入れたことへの従業員の反応について「反対する者はいなかった。一緒に乗り切りたいと言われた」と話した。

    4/6(月) 15:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-04060101-sph-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【素晴らしいww】アパホテル・元谷芙美子社長、コロナ軽症者受け入れホテルは「マンション、住宅地を避けて」選定中】の続きを読む



    (出典 www.sankeibiz.jp)


    未だに違いがよくわからんww

    1 緑の人 ★ :2020/04/06(月) 15:13:36.63

    政府が、近く緊急事態宣言を出す方針を固めた背景について、国会記者会館からフジテレビ政治部・鹿嶋豪心記者の報告。

    政府内には、宣言を出すことで、都市部から地方に人が移動し、感染が拡大するとの懸念があったが、
    複数の政府関係者は、世論の動きが大きかったと説明している。

    政府内で、宣言への慎重論が続いた背景について、ある関係者は

    「緊急事態宣言がロックダウン = 都市封鎖と同じものだと混同されたことが大きい」と指摘している。

    また、法的な強制力に乏しい宣言を行うことの効果を疑問視する声があったほか、ロックダウンとの印象が植えつけられることで、

    「都市部にいる感染者が地方に移動し、感染を拡大させるおそれがある」という見方もあった。

    それでも、小池都知事らによる度重なる要請や、日本医師会の横倉会長が、安倍首相に医療現場の窮状を訴えたこと、
    そして何より世論の動向が、宣言への動きを後押しした。

    https://www.fnn.jp/articles/-/29002


    【【宣言への慎重論】緊急事態宣言に慎重だった理由とは? 「都市封鎖だと勘違いする感染者が地方に移動し感染を拡大に」】の続きを読む


    黒沢 かずこ(くろさわ かずこ、1978年10月17日 - )は、日本のお笑いタレント、女優であり、女性お笑いトリオ・森三中のボケ担当。本名、黒沢 宗子(読み同じ)。 茨城県ひたちなか市(旧・勝田市)出身。吉本興業所属。ひたちなか市立勝田第三中学校卒業、水戸短期大学附属高等学校(現・水戸啓明高等学
    21キロバイト (2,711 語) - 2020年4月4日 (土) 15:18



    (出典 data.smart-flash.jp)


    その程度だったらコロナって気付かない人もいそう

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/06(月) 14:11:04 ID:LTGgR6EF9.net

    新型コロナウイルス陽性反応がでた森三中の黒沢かずこが6日、日本テレビ系「ヒルナンデス!」にコメントを寄せた。黒沢は同番組の月曜レギュラーだが、3月23日、30日の生放送を体調不良で休んでいた。

    滝菜月アナウンサーが黒沢からのコメントを読み上げた。「この度はお騒がせしてすみません」と謝罪し「私は熱も咳も倦怠感もありませんでした」「でも、鼻水が鼻の奥に残っている感じで、味覚と嗅覚が感じにくく、風邪を引いた後という診断を受けていました」と自身の症状を説明した。

    「自分で疑いをかけたので、そこからは自宅待機をしていました。こんな症状でも感染している場合がありますので、皆さま、お気をつけ下さい」と呼びかけた。

    「ヒルナンデス!」では、食リポのシーンも数多くあることから「味覚と嗅覚が大事ですので、しっかり治して、また食リポできるように頑張ります」とのコメントも読み上げられた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18078236/
    2020年4月6日 13時19分 デイリースポーツ


    【【気になる病状】森三中・黒沢「鼻水が鼻の奥に残っている感じ」 熱も咳も倦怠感もなし】の続きを読む



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    明るいニュースはないのか??

    1 孤高の旅人 ★ :2020/04/06(月) 14:29:03.95

    【独自】「緊急事態宣言」期間は「6か月間」を検討、対象区域は5都府県を想定
    45分前
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3949206.htm

     新型コロナウイルスの感染拡大にともなう「緊急事態宣言」について、政府が宣言の期間を「6か月間」とする方向で検討していることが、関係者への取材で新たに分かりました。対象区域となった自治体では、知事がこの「6か月」の間で期間を定め、外出の自粛などを求めることになります。
     特別措置法に基づく「緊急事態宣言」は、総理大臣が期間や区域を指定した上で行うもので、政府は7日にも発表するべく調整を進めています。

     関係者への取材で、政府が、「緊急事態宣言」の期間を「6か月間」とする方向で検討していることが新たに分かりました。対象区域は感染者数などを元に、首都圏の東京、千葉、埼玉、神奈川、それに大阪の5つの都府県を想定し、場合によっては兵庫を加えることも検討しているということです。北海道は、一時、対象区域の候補にあがっていましたが、現段階では外れているということです。

     対象となった区域では、知事が自治体ごとにこの「6か月」の間で期間を定め、外出の自粛要請などといった措置をとることが出来ます。政府は、諮問委員会の意見を聞いた上で、期間や対象区域を最終的に設定する方針です。

    ★1:2020/04/06(月) 13:45:40.84
    前スレ
    【速報】緊急事態期間は6ヶ月になるもよう ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1586149667/


    【【長い・・・】緊急事態期間は6ヶ月を検討 】の続きを読む

    このページのトップヘ