もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします


    上原 多香子(うえはら たかこ、1983年1月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント。SPEEDのメンバー。所属事務所はライジングプロダクション、所属レコードレーベルはSONIC GROOVE。沖縄県豊見城市出身。 1996年8月、アイドルグループ・SPEEDのメンバー(ダンス・コーラス担当)としてデビュー。
    24キロバイト (2,029 語) - 2018年4月12日 (木) 01:53



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/07/22(日) 11:24:11.17 ID:CAP_USER9.net

    6月下旬の昼下がり、上原多香子(35)の姿は都心に近い路地にあった。隣には恋人のコウカズヤ氏(41)。上原の左手薬指には、飾り気のないゴールドの指輪が光っていた。

    2人が出会ったのは1年半前、コウ氏の劇団の公演を観た上原が感動したのがきっかけだった。2017年5月には交際が明るみに出たが、その3カ月後、衝撃の報道が。

    上原の夫だったヒップホップグループ・ET-KINGのTENNさん(享年35)は2014年に自ら命を絶っていたが、TENNさんの遺族が “自死の原因は上原と俳優・阿部力(36)のW不倫関係だった” と2017年8月に告白したのだ。

    「上原はコウ氏と一緒になりたい一心で、『TENNさんの戸籍から抜ける』と、彼の遺族に報告していた。上原がずっと『悲劇のヒロイン』として報じられていることにも遺族は心を痛めていたようだ。

    報道により、上原は芸能活動を休止。SPEED時代の貢献により支払われていた月200万円近い月給は歩合制になった。今春放送の2時間ドラマに出演していたが、これは騒動以前に収録したもの。現在は実質無給状態だ」(芸能プロ関係者)

    「不倫・夫の自殺」報道からまもなく1年。そこに薬指の指輪である。ついに結婚に踏み切ったのかーー。

    2人は、交際当初から同棲生活を送っている。

    「上原さんが住んでいた高級タワーマンションを引き払い、昨年11月末に神田川近くのマンションに引っ越している。2LDKでオートロックなし、家賃は十数万円と環境は以前とまったく異なるが、それでも一緒にいたかったのだろう」(演劇関係者)

    本誌は2018年5月、渋谷の立ち食い蕎麦店にいる上原の姿を目撃している。帰りはバスに乗り込んだ。トップアイドル時代と比べると質素で、ひっそりとした暮らしぶりだ。

    「昨年10月には、コウ氏の劇団の打ち上げに連日参加していたが、現在公演中のコウ氏の舞台の打ち上げには、上原は顔も出していない」(別の芸能プロ関係者)

     この日、手をつないだ2人が、梅雨の晴れ間を楽しみながら向かったのは、近所のインド料理店。この店のランチタイムのセットは800円から。やはり庶民的なデートだった。

     2人は20分ほど行列に並んだが、マスクの主が上原だと気づく客はいない。食事を終えた2人を直撃した。

    ーー左手に指輪をしていますが、ご結婚されたんですか?
    上原「いいえ、(結婚は)してないです、まだ……」

    ーー女優復帰のご予定は?
    上原「……全然ないんです」

    ーーコウさんの劇団にまた出演することはないんですか?
    上原「……」

    ーーあのレストランにはお2人でよく行かれるんですか?
    コウ「もう勘弁してやってもらえますか……」

     結婚は否定するが、終始、コウ氏が上原をかばう姿に、深い絆が滲み出ていた。左手薬指の指輪がマリッジリングに変わる日は、そう遠くない。
    (週刊FLASH 2018年7月10日号)
    h
    (出典 headlines.yahoo.co.jp)


    【【悲報】 上原多香子 月収200万→無職で庶民カレーデートwwwwwwww】の続きを読む


    荻野 由佳(おぎの ゆか、1999年2月16日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループNGT48チームNIIIのメンバー。同チームでは副キャプテンを務める。埼玉県越谷市出身。ホリプロ所属。愛称はおぎゆか。 2011年10月、エイベックス・アーティストアカデミー書ガールズとして活動。その後『avex
    20キロバイト (2,208 語) - 2018年7月17日 (火) 21:51



    (出典 takuyasenda-digest.com)



    1 ほニーテール ★ :2018/07/20(金) 12:48:41.67 ID:CAP_USER9.net

    NGT48の荻野由佳(19)が19日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演。AKBグループ内でのメンバーへの待遇の違いを明かし、不満を爆発させた。

    荻野は6月のAKB総選挙で4位に入り、スピーチでは感極まり絶叫。「スピーチも全然考えてなくて、呼吸困難になってしまって…」と振り返り、「制限時間3分で終了!終了!って点滅していて、逆に焦ってしまって『うぅ~』って言ってしまいました。(スピーチの内容は)全然覚えていないです」と語った。

     また、グループへの不満を問われると「そろそろグリーン車に乗りたい」と願望を告白。「指原さんとかゆきりん(柏木)さんがいらっしゃるときの移動はグリーン車なんですけど、普段は全然普通の指定席で…」と待遇の違いを明かし、「私は総選挙で4位で8万1629票いただいたんですよ。だけど、先輩ではあるんですけど峯岸みなみさんは32位で2万9020票なんです。でも峯岸さんはグリーン車に乗っているんですよ」と不満をぶちまけ、松本人志(54)に「峯岸はこだまでいいんじゃないか、ってこと?」とツッコまれていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000111-spnannex-ent


    【【不満】NGT荻野由佳 私は4位なのに「32位の峯岸さんはグリーン車」】の続きを読む



    (出典 www.kakekomu.com)



    1 予想健ちゃん ★ :2018/07/20(金) 08:50:12.38 ID:CAP_USER9.net

    ここ一年ばかり各週刊誌が狙っているスクープがある。

    それは最近アイドルグループを卒業したトップアイドルAと、某局で帯番組を持っている有名芸能人Bとの不倫疑惑である。

    番組での共演がきっかけで生まれたこの不倫関係。ここ数年にわたり続いており、関係者の頭を悩ましている問題である。

    アイドルを担当しているプロデューサーが不倫交際の解消を勧めたが、アイドルAはこれに応じず、結果的に卒業という道を選んでしまったようだ。

    有名芸能人Bは既婚しており、子供にも恵まれているが、この不貞な行いを一向に改めようとしない。

    このスキャンダルが表に出た場合、帯番組は降板せざる得ないであろう。と同時に、Bの所属事務所にはテレビ局から莫大な違約金が請求されるものと推測されている。

    http://mnsatlas.com/?p=37342
    前スレ
    【不倫】人気グループ卒業したばかりのトップアイドルA、帯番組持つ有名芸能人と不倫中か
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531796091/
    【不倫】人気グループ卒業したばかりのトップアイドルA、帯番組持つ有名芸能人と不倫中か ★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531823918/


    【【不倫】人気グループ卒業したばかりのトップアイドルA、帯番組持つ有名芸能人と不倫中か】の続きを読む


    バーバリー(Burberry Group plc)は、イギリスを代表するファッションブランドの一つ。 1856年、イギリス・ハンプシャー州ベイジングストークで当時21歳だったトーマス・バーバリーによって創立される。1870年、品質へのこだわりや生地の革新により大規模小売店へと発展。
    29キロバイト (3,601 語) - 2018年7月1日 (日) 09:20



    (出典 www.vogue.co.jp)



    1 ばーど ★ :2018/07/21(土) 15:11:42.83


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    イギリスの有名ブランド、バーバリーが、40億円以上に相当する売れ残った商品を焼却処分していたことがわかりました。こうした処分はブランド価値を守るためにファッション業界ではよく行われているとみられ、資源を顧みない姿勢だとして批判の声があがっています。

    イギリスの複数のメディアによりますと、バーバリーは去年、売れ残った衣料品やアクセサリー、香水など、金額にして2860万ポンド(およそ42億円)に相当する商品を燃やして処分していたということです。

    さらに、過去5年間に売れ残って処分された商品の総額は130億円を超えるとしています。

    こうした処分は、商品が安く売られるなどしてブランド価値が下がることを防ぐためにファッション業界ではよく行われているとみられていて、インターネット上では「貧しくて服を買うこともできない人がいるのに、信じられないことだ」などと批判の声があがっています。

    国際的な環境保護団体「グリーンピース」も「バーバリーは自社の商品や資源を全く尊重していない。新品の商品を焼やすのはファッション業界の汚れた秘密で、今回の件は氷山の一角にすぎない」と指摘しています。

    一方、バーバリーは「余剰在庫を最小限にするため慎重に対応している。廃棄物を減らす方法をこれからも模索していく」としています。

    2018年7月21日 14時45分
    NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180721/k10011542931000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001


    【【悲報】バーバリー 、売れ残り商品42億円分を焼却 批判相次ぐwwwwwww】の続きを読む


    引きこもり(引き籠もり、ひきこもり、英語表記 hikikomori)とは、仕事や学校に行かず自宅に引きこもり、家族以外とほとんど交流しない人や状態を指す。日本の厚生労働省は、こうした状態が6か月以上続いた場合を定義としている。 もともと「引きこもり」とは英語からの訳語で、出典はアメリカ精神医
    28キロバイト (3,894 語) - 2018年7月6日 (金) 14:08



    (出典 dol.ismcdn.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/07/22(日) 10:21:02.30

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000005-asahi-soci

    京都の大学を卒業し、20年以上引きこもった経験を持つ女性(46)がこの春、
    初めて人と向き合う仕事を始めた。新聞の集金に購読者宅を回る。
    決して考えられなかった「人に話しかける」仕事。緊張で手が震え、
    おつりを落としてしまうこともあるが、少しずつ手応えをつかんでいる。

    「こんにちは」「今日は良い天気ですね」。お客さんの家に向かう途中、女性は自転車をこぎながら、
    ずっと「一人でぶつぶつと」発声練習をする。少しでも自然にお客さんと会話が始められるようにするためだ。
    自分の緊張を和らげる工夫でもある。

    家に着いてもすぐにインターホンは押さない。電卓を取り出して実際にキーをたたき、
    おつりを入れたケースの小銭の位置を確認する。苦手なおつりの受け渡しのシミュレーションだ。
    「どうしてもお客さんの前で計算すると手が固まってしまうから」。準備体操のようにグー、パーを繰り返し作って
    手をほぐした後、お客さんと向き合う。

    女性は高校時代、にぎやかなクラスになじめず、ストレスによる腹痛に苦しんだ。
    大学でも「おなかが痛くなるのでは」という恐怖がつきまとい、孤立を深めた。30社受けた就職活動も全滅し、
    両親の住む自宅で引きこもりを続けた。

    6年前、父親(74)にがんが見つかり、「このままだと共倒れになる」と目が覚めた。
    引きこもり支援団体の紹介で、週に3日のちらし配りを始めたのが昨年5月のこと。
    生まれて初めて受け取った給料の5千円札を何度も眺め「私も必要とされているんだ」と涙ぐんだ。
    今年2月、信頼する知人から「集金の仕事を手伝って」と頼まれ、悩んだ末に挑戦することにした。

    最初はお客さんから1万円札を手渡されても、何と言えば正解なのか分からなかった。
    おあずかりします、いただきます、ちょうだいします? 「社会人経験がないものだから、全然自信がなくて」。
    おつりを間違えれば信用されなくなると焦り、逆に計算ミスをしてしまうことも。暗い雰囲気だけは出したくないと、
    練習した「作り笑顔」で相手と向き合っている。

    最近、自分から「手際が悪くてすみません」と言えるようになった。お客さんを待たせてしまっても、
    玄関先の空気が緩めば落ち着いて作業できる。長年、携帯電話が時計代わりだったが、2千円の腕時計を買った。
    女性にとって高い買い物だったが「お客さんの時間に合わせた仕事をしている」との自覚からだ。

    女性のささやかな誇りは集金中に首から下げるプラスチック製の従業員証。手にしたとき、思わずうれしさがこみ上げた。
    20年以上にわたって自宅に引きこもっていた女性。学校以外、何の組織にも所属したことはない。
    「これを見ると、私だって社会の一員になれたんだ、と思えるから」

         ◇

    高年齢化する引きこもりの人たちの取材を通じ、女性に初めて会ったのは昨年の夏。
    45歳で受け取った初月給について「いまも涙が出そうです」と目を細めて振り返る姿が印象に残り、
    同年8月27日付の記事で紹介した。

    取材の際、女性はいつも事前に近況をノート数ページに整理してくる。
    「私は話がうまくないので」とはにかむが、誠実な人柄の表れだろう。昨年に比べ、会話中の笑顔がずっと増えた。
    私もすっかりうれしくなってしまった。(安倍龍太郎)


    女性のメモ。接客やお金の計算が「少し!?できる様に」と書かれている

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【衝撃】46歳 引きこもり20年の女性が接客に。緊張で手が震え、おつりを落としてしまうことも】の続きを読む

    このページのトップヘ