もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:エンタメ > ドラマ


    中学聖日記』(ちゅうがくせいにっき)は、かわかみじゅんこによる漫画である。 タイトルはNHK名古屋放送局制作のドラマ『中学生日記』と、大映テレビが制作しTBS系で放送されたドラマ『高校聖夫婦』から引用された。2016年、第7回「an・anマンガ大賞」や『このマンガがすごい!2017』オンナ編にランクインし、注目される。
    18キロバイト (2,206 語) - 2018年10月24日 (水) 08:51



    (出典 contents.gunosy.com)


    「中学聖日記」タイトルと内容も斬新過ぎたか!?

    1 Egg ★ :2018/10/24(水) 06:20:48.60 ID:CAP_USER9.net

    今夜、第3話がオンエアされる有村架純主演ドラマ「中学聖日記」が爆死寸前だ。何しろ初回視聴率6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)、第2話も6.5%と絶不調。同枠前クールで綾瀬はるかが主演した“ぎぼむす”が、最終回に19.2%を記録した直後だけに低迷ぶりが際立っている。

     このままではTBSのバラエティーに出演しまくって番宣にも力を入れていた有村も報われない。しかしながら、視聴者のSNS上のコメントも酷評ばかり。第1話放送後は〈有村架純は可愛いけど、さすがに中学生と大人は気持ち悪い〉〈男女逆のパターンだったら犯罪行為でしょ〉、第2話後は〈これはもうAVじゃん〉〈地上波でAV流してるのかと思った〉と、設定や演出に対する批判が相次いだ。

    「これまでTBSは、高校生と教師の恋愛ドラマという設定で、『おくさまは18歳』(1970年)、『高校教師』(93年)、『魔女の条件』(99年)など視聴率20%超えのヒット作を生み出してきていますが、さすがに中学生との恋愛はやりすぎです。有村サイドとしても、25歳になって大人の女優への脱皮を図りたい気持ちはわかりますが、これでは演技に注目される前に、話題性や倫理性ばかりに目がいってしまいます」(テレビ関係者)

    つづく

    2018/10/24 日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/240110

    写真

    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    【【爆死寸前】有村架純「中学聖日記」の悪評を覆すことができるか? 初回視聴率6.0%、第2話も6.5%と絶不調 ...】の続きを読む


    深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )は、日本の女優、歌手、タレント。本名同じ。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)、きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)。 東京都北区出身。ホリプロ所属。 1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE
    57キロバイト (7,001 語) - 2018年10月4日 (木) 07:52



    (出典 hagureonee.com)


    キョトンと目パチクリの演技が多いっていうコメントww

    1 もぐもぐ ★ :2018/10/23(火) 17:35:21.53 ID:CAP_USER9.net

     TBS系で1月から放送される火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(火曜・後10時)の主演に深田恭子(35)が決定した。また主人公を巡る男性陣は永山絢斗(29)、横浜流星(22)、中村倫也(31)の3人がそれぞれ演じる。

     主演の深田はドラマについて「イケメン3人に囲まれて恋をするという何ともぜいたくなラッキーラブコメディです。永山絢斗さん、横浜流星さん、中村倫也さんとそれぞれタイプの違う素敵な男性たちとの恋を楽しんで頂いて、『初めて恋をした日』を皆さんにも体感して頂けたらと思います」とコメント。クールなルックスとエリートで「出来る男」の品格がある順子のいとこ・八雲雅志を演じる永山絢斗は「『平成』最後の連続ドラマであり、僕自身、20代最後の作品にもなりました。観ていただく方に楽しんでもらえるよう、尽力したいと思います」と意気込んだ。

    以下ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000116-sph-ent


    【【来年期待の新ドラマ】深田恭子、新ドラマはイケメン3人に囲まれた鈍感アラサー女子】の続きを読む


    中学聖日記』(ちゅうがくせいにっき)は、かわかみじゅんこによる漫画である。 タイトルはNHK名古屋放送局制作のドラマ『中学生日記』と、大映テレビが制作しTBS系で放送されたドラマ『高校聖夫婦』から引用された。2016年、第7回「an・anマンガ大賞」や『このマンガがすごい!2017』オンナ編にランクインし、注目される。
    15キロバイト (1,937 語) - 2018年10月10日 (水) 01:18



    (出典 i.ytimg.com)



    1 ストラト ★ :2018/10/10(水) 10:13:58.59 ID:CAP_USER9.net

    9日に放送された女優の有村架純(25)主演のTBS系ドラマ「中学聖日記」(火曜・後10時)初回の平均視聴率が6・0%だったことが10日分かった。

    原作は、女性向け漫画雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中のフランス在住の漫画家・かわかみじゅんこ氏による同名漫画。
    片田舎の中学校を舞台に有村演じる女性教師・末永聖(すえなが・ひじり)が、婚約者がいながらも、赴任先で出会った不思議な魅力を持つ中学生・晶(あきら)に心惹(ひ)かれていくヒューマンラブストーリーだ。

    10歳年上の女性教師(有村)と恋に落ちる晶には昨夏まで高校球児だった新人俳優・岡田健史(けんし、19)が抜てきされた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000064-sph-ent

    ドラマ「中学聖日記」

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【悲報】有村架純主演の新ドラマ「中学聖日記」初回6・0%】の続きを読む


    東京ラブストーリー』(とうきょうラブストーリー)は、柴門ふみによる日本の漫画。1988年から小学館『ビッグコミックスピリッツ』で連載された。1991年1月7日から3月18日にフジテレビ系でテレビドラマが放送された。 キャッチコピーは、「東京では誰もがラブストーリーの主人公になる」。略称として『東ラブ』と呼称されることもある。
    71キロバイト (10,699 語) - 2018年10月2日 (火) 21:03



    (出典 img.discas.net)



    1 ひかり ★ :2018/10/04(木) 14:56:01.40 ID:CAP_USER9.net

     俳優の織田裕二(50)と女優の鈴木保奈美(52)が4日、都内で行われた8日にスタートするフジテレビの月9ドラマ「SUITS/スーツ」(月曜後9・00、初回30分拡大)の
    記者会見に、共演のHey!Say!JUMPの中島裕翔(25)らと出席した。

     織田の月9主演は04年10月期「ラストクリスマス」、08年7月期「太陽と海の教室」以来3作目。月9出演は91年1月期「東京ラブストーリー」を含めて4作目。
    「東京ラブストーリー」以来の27年ぶりの織田との共演となる鈴木は24年ぶりの月9出演となる。

     「東京ラブストーリー」が9月14日から関東地区で14年ぶりの再放送をしていた。ちょうど初回の放送が鈴木のスタジオ初日だったといい、スタッフ・キャストで待ち構えていたという。
    織田は「僕は見ちゃいましたけどね。見返したら、面白いんだなって。僕は録画して見返しましたけど」と告白。これに鈴木は「え!」と驚き。「立派です!」と称賛しつつ、
    「私はずっとスタジオにいました。拷問のようで、終わるまでセットから出られませんでした」と照れくさかったことを明かした。

     そんなやり取りを聞きつつ、中島は「(27年前は」まだ生まれてないです。形も出来ていないです。人間の前です」と返し、笑わせた。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/04/kiji/20181004s00041000196000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【再放送で再燃】織田裕二「東京ラブストーリー」再放送を全話録画して見返す 鈴木保奈美は「拷問のよう」】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 ひかり ★ :2018/10/02(火) 00:06:06.04 ID:CAP_USER9.net

    「もともと慶喜役には疑問を抱いていたみたいです。翔太さんはキャラクター設定について、撮影現場で監督と議論することもありました」(NHK関係者)

    NHK大河『西郷どん』で“ひー様”こと徳川慶喜役の好演が話題の、松田翔太(33)。しかし意外にも、翔太はこの役を演じることに納得できない部分があったというのだ。

    「7月29日に放送された第28話『勝と龍馬』では、慶喜が吉之助に“気迫負け”するシーンがありました。脚本では、吉之助に短刀を突きつけられ、へなへなと腰が
    抜けてしまう情けない慶喜が描かれています。でも、翔太さんとしては“国を憂い、堂々とした慶喜”が演じたかったのでしょう」(前出・NHK関係者)

    そこで駆け付けたのが、大政奉還で慶喜を追い詰める“因縁”のライバル・大久保利通役を演じる瑛太(35)だった。

    「鈴木亮平さん(35)から『翔太が役どころについて悩んでいるそうだ』と聞いて心配だったのか、自分の出番が終わっても帰らずに翔太さんの収録を見守って
    いたといいます」(ドラマ関係者)

    しかし、そこで2人の“場外討幕戦”が勃発!

    「瑛太さんは楽屋口にいた翔太さんのもとへ飛んでいくと、問題の“情けない慶喜”のシーンについて話し合いを始めたんです。最初は諭すように話していた瑛太さんですが、
    そこは役者同士。演技論がヒートアップして、『俺は嫌だ!』『それは違うだろ!』といった怒号が聞こえてきたそうです。そのやりとりを聞いていたスタッフたちは
    何事かと慌てふためいていましたね」(前出・ドラマ関係者)

    この日の激しい“バトル”は30分近く続いたという。

    「急に翔太さんがフラりと現場に戻ってきて、『わかったよ、やるよ』と一言。瑛太さんは『この慶喜を演じられたら、役者として一気に成長する。このキャラで
    やるべきだ』と説得したそうなんです」(前出・ドラマ関係者)

    こうして翔太が演じた“悪役の慶喜”は視聴者からも高評価。放送直後のツイッターでは“ヒー様フィーバー”が毎週のように巻き起こっている。

    「自分のアドバイスが功を奏しての反響ぶりに、瑛太さんも大満足だったそうです。その後、2人で飲みに行き、そこでも熱い演技論を交わしたのだとか。
    『役になりきったら心が欲するセリフが自然と出てくる』というのが瑛太さんの持論だそうで、翔太さんにもよくそんな話をしているといいます」(前出・ドラマ関係者)

    ここまで瑛太が翔太のことを気にかけるのには、ある人物とのこんな“約束”があった。

    「そもそも瑛太さんは翔太さんの兄・松田龍平さん(35)の親友なんです。龍平さんの紹介でプライベートでは以前から交流のあった2人ですが、同じ現場で
    演技をするのは今回が初めて。共演が決まったとき、龍平さんは瑛太さんに『翔太をよろしく』とお願いしていたそうです」(テレビ局関係者)

    2人は今では公私ともに仲が良く、9月5日に行われた翔太と秋元梢(31)の披露宴に瑛太が出席していたほどだ。

    芸能プロ関係者は2人の不思議な関係性についてこう語る。

    「現場での口論は、あくまでも役づくりの上での侃々諤々です。2人とも火がつきやすいので、あわや乱闘の激しさを見せるときもありますが、それも本気で仕事に
    挑んでいるからこそ。どんなに言い争っても、プライベートではすっと仲の良い関係に戻れる。演技について口論になるというのは、彼らにとっては日常茶飯事なのです」

    『西郷どん』収録現場には、史実よりも激しい男たちの闘いがあった――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00010002-jisin-ent


    【【因縁バトル】瑛太が松田翔太に怒号!大河の裏で スタッフ震えた因縁バトル30分】の続きを読む

    このページのトップヘ