もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: 社会



    (出典 sp.chintai.net)



    1 ひぃぃ ★ :2019/09/15(日) 16:18:42.60

    一人暮らしをすることは一人前の大人になるために重要な過程と考えられがちだが、実際の所どうなのだろうか。

    9月上旬に「社会人の一人暮らしはそんなに偉いのか?」というスレッドが立てられた。スレ主は、自身が一人暮らしをしていた時は、食事は外食やコンビニ弁当ばかりで全く自炊をしていなかった。洗濯もまとめてコインランドリーを利用していたという。(文:石川祐介)

    確かに、スレ主のような生活をしていれば、金銭面はともかく意外と生活はそこまで大変そうではない。そうなってくると「一人暮らしをしてこそ一人前」いうのは、かなりいい加減な考え方のように感じる。

    ■一人暮らしは偉くもなんともない、当たり前?

    しかしスレッドでは、「社会人になったら普通は一人で暮らすでしょ」と一人暮らし自体は全く立派なことではなく、むしろ当たり前であると指摘するコメントが見られた。中には、ここ最近耳にするようになった"子供部屋おじさん"というワードを使い、実家暮らしをを煽るコメントも少なくない。

    また、「偉いというか気が楽でしょ。自宅住みは近所に陰でボロカス言われてる」と成人したのに実家暮らしをしていると、世間体が悪くなり居心地が悪いという声や、

     「金銭的には無駄かもしれないし、全部ひとりでやらなければならないから大変だけど、それ以上に得るものは多い」

    と実家暮らしとはまた違った経験ができるため、一人暮らしを勧める声も見られた。

    ■「関東に実家があれば最強」という声も

    ただ、意外と「転職で実家暮らしに変えたけど金貯まるわ」という声も非常に多く寄せられている。老後2000万円の貯蓄が必要と言われても、給与はなかなか上がりにくい。可能な限り実家で貯金をしたほうが良いと考える人はいるようだ。

     「東北から出てきて関東で一人暮らししとるけど、関東生まれってだけでアドバンテージだと思うわ。東京神奈川に家ありゃ最強だろ」

    仕事もあって職場に通いやすく、貯金も貯まりやすいなど、今の時代は首都圏の実家暮らしが最強なのかもしれない。

    しかし一方で、

     「どうせ結婚するタイミングで生活スタイルが変わるのに、それまでに無駄に散財して勝手気儘な生活してるやつなんてマイナスでしか無いよ」

    という声も。結婚後は共同生活をしなければいけないため、むしろ実家暮らしをしている方が順応しやすいという見方もでていた。実家暮らしと一人暮らし、どっちが良いかを断言することはできないが、自分の現在の経済状況と将来どうなっていたいかを考えた上で決めることが肝要だろう。

    2019年9月15日 8時30分 キャリコネニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/17085109/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    当該スレ
    社会人の一人暮らしはそんなに偉いのか?
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1567425190/

    ★1:2019/09/15(日) 11:11:11.00
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568527362/


    【【社会人の一人暮らし】そんなに偉いことなのか? 「実家のほうがお金が貯まる」など賛否両論】の続きを読む



    (出典 ure.pia.co.jp)


    うちは一太郎二太郞ですが何か

    1 アンドロメダ ★ :2019/09/13(金) 12:14:17.14

    子供を2人持つなら、昔から「一姫二太郎」が良いと言われてきました。
    一姫二太郎とは、1人目は女の子で、2人目は男の子という兄弟構成です。

    女の子は男の子に比べ育てやすく、子育てに慣れていないママが最初に経験するなら女の子が良いとする考え方が「一姫」。
    「二太郎」は、子育てにも慣れたということで、2人目は跡継ぎとなる男の子を授かるのが望ましいとする考え方です。

    一姫二太郎は子育てにおいても、将来の家族像においても「いいとこどり」ができるという考えのもと、ママにとっては憧れのように感じますが、実際はどうなのでしょうか。
    最近では「一姫二太郎」ではなく、「一姫二姫」という声もちらほらと聞こえてきます。
    そこで今回は実際に、一姫二姫の姉妹構成で子育てをするママ達に「一姫二姫」の良いところを聞いてみました。

    ■子供1人なら男女どっちがいい?2人ならどういう兄弟構成がいい?

    子供は元気であれば性別はどちらでも良いはずですが、生涯において1人しか授からないとしたら、男女どちらが良いと考えているのでしょうか。
    LIVINGくらしナビが行ったアンケートの結果によると、65.8%の人が「女の子」と答えていることが分かりました。

    では子供2人を育てるならどうでしょうか。
    株式会社キッズラインが行ったアンケート結果によると、1人目は女の子が58.9%、男の子が36.7%。
    2人目は女の子が46.7%、男の子が41.1%という結果に。

    つまり、1人目も2人目も女の子を望む人が多く、ママ達にとって理想の兄弟構成は「一姫二姫」であることが分かりました。
    共働きが当たり前になりつつある子育て世代において、大変だと言われている男の子の育児よりも、比較的手の掛からない女の子の育児を望むママが増えたということでしょうか。

    ■なぜ好まれる「一姫二姫」!良いところは?

    では実際に「一姫二姫」で子育てをするママ達に、姉妹構成の子育てで良いところを聞いてみました。

    ■お手伝いをしてくれる!

    猫の手も借りたいほど忙しいママにとって、家事などを手伝ってくれる存在は頼もしいものですが、夫がまったく頼りにならない中、女の子は頼りになります。
    持ってきて欲しいものを持ってきてくれたり、洗濯物をたたむのを手伝ってくれたり、お片付けを手伝ってくれたり。
    やはり女の子は男の子に比べ、お手伝いに関してはよく気づき、協力もしてくれるようですし、それが姉妹だとお互いが競い合ってお手伝いをするということもあるようですから、女の子を産んで良かったと思うママは多いようです。

    ■可愛い服が着せられる!

    可愛い服を着せられるのが女の子の特権だと言われていますが、実際に聞いてみるとやはり洋服選びは男の子より女の子の方が楽しいようです。
    フリフリの可愛い服を姉妹お揃いで買い揃えるのが楽しみだというママもいたことから、女の子は着せ甲斐があるということでしょうね。

    ■大きくなっても一緒にショッピングや旅行に・・・

    男の子は大人になるにつれ母親から離れていく子が多いなか、女の子は大人になっても友達のように一緒にショッピングに出掛けたり、旅行に出掛けたりできます。
    それが今から楽しみだというママは多いですが、今でも家族で温泉旅行に行って女風呂で一緒に楽しめるのは女の子だから、女の子で良かったという声がありました。

    ■将来いろいろな話しができそう

    同性だからこそ分かり合えることや共感できることは沢山ありますが、大人になってそれが叶うのが娘です。
    旦那さんには分かってもらえないことも、娘なら分かってもらえるということは多く、自分の話し相手になってくれる女の子が2人いるというのはママにとっては頼もしいようです。

    ■結婚してもお母さんのところに来てくれる安心感

    男の子は結婚するとお嫁さんの言いなりになってしまい、なかなか実家に帰ってきてくれないということはよく耳にしますが、女の子は比較的マメに帰ってきてくれると聞くから安心だという声もありました。
    結婚した後実際にどうなるかはその子次第なため、一概に女の子だから安心とは言えませんが、今でもお母さんに元気がない時や体調が悪い時など気にかけてくれる女の子はママにとっては安心できる存在のようです。

    ▽続きは下記のソースでご覧ください
    https://www.excite.co.jp/news/article/Urepia_550478/


    【【男の子はいらない】一姫二太郎はもう古い ママたちが「一姫二姫」に憧れるワケ】の続きを読む



    (出典 xn--wifi-uk4c3jne2cw865ct7xa.com)


    前方不注意・・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/12(木) 17:13:09.69

    歩きスマホを禁止する条例をつくってほしい――。
    そんな要望が、住民から全国各地の自治体に途切れることなく届いている。

    罰則を伴う規制はどこも実現させていないものの、単なる「迷惑」を超え、歩きスマホ中の人とぶつかり、けがをする人も少なくない。繁華街や駅に限らず、道路でもどこでもスマホ、スマホ、スマホ……。
    歩きたばこが各地で禁止されたように、歩きスマホも禁止に向かうのか。単に法令で禁止すればコトは済むのか。是非の現場を取材した。

    自治体に要望続々「もう常軌を逸している」
    今年4月、大阪府民から府の関係部署にこんな要望が届いた。

    「歩きスマホについての規制の検討をお願いしたいです。
    実際に本日も歩きスマホの人にぶつかられ、その本人から逆ギレされるという事態になりました。もし体の不自由な方やご高齢の方などに同じことが起きたら傷害事件になるかもしれません。本来ならばモラルの話だと思いますが、もう常軌を逸している」

    これだけではない。
    大阪府HPの「府民の声」では、公表されているだけで同様の意見が20件超もある。
    「歩きスマホを迷惑行為・禁止行為として、条例で規制してください。
    マナーの向上に加えて、警察からの注意指導に強制力が必要です」「歩きスマホをしている人にぶつかった……国にも要望を言っているが、まずは大阪府から取り組んでいくべきだ」などの意見が並ぶ。

    に「歩きスマホを禁止する法規制の是非」について政府の見解を問う質問主意書が野党議員から提出されたが、答弁書は「慎重に検討すべきものと考える」としただけだ。




    「例えば、駅のホームから落ちて救急車を呼んだ場合、けがをしている人に『どうして落ちたのか』とは聞けません。たまたま駅員が現場を見ていれば報告できるかもしれませんが、原因が明確に分からない限り、報告書には事実しか書きません」

    警察庁も、歩きスマホのトラブルに関する統計はないという。しかし、明確な数字はないものの、歩きスマホが原因のけがやトラブルは珍しいものではない。

    9/12(木) 7:47 配信https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00010000-ytokushup-soci.view-000


    【【深刻】「歩きスマホ」法令で規制すべき? 迷惑を超えて、常軌を逸した被害】の続きを読む



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    学問より安定とお金ww

    1 樽悶 ★ :2019/09/07(土) 17:31:02.44

    がんの新しい治療法の開発を目指す研究の様子=2018年5月、東京都内で

    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


     大学を出た後に大学院で研究を続け、高い専門知識(せんもんちしき)を身につけた「博士(はかせ)」になった人は、2016年度に人口100万人当たり118人と、アメリカや韓国(かんこく)の半分以下しかいないことが、文部科学省の研究所の調査(ちょうさ)で分かりました。2000年度より減(へ)ったのは、研究に力を入れてきた7カ国の中で日本だけでした。

     病気の治療法(ちりょうほう)や高性能(こうせいのう)のコンピューターなど、新技術(しんぎじゅつ)で社会の問題を解決(かいけつ)するには、多くの研究者が育つことが必要です。しかし日本では研究のためのお金が続かず、就職先(しゅうしょくさき)も少ないなど、大変な思いをする人が多いので、学生が博士を目指さなくなったようです。

     文部科学省は、若(わか)い研究者にもお金が配られ、大学の先生にもなりやすくなる仕組みをつくるなどの対策(たいさく)を考えています。

    東京新聞 2019年9月6日
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/education/manabuu/CK2019090602000158.html

    ★1:2019/09/07(土) 16:15:38.26
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567840538/


    【【悲報】日本では博士になる人が減ってきた  「お金が続かず就職先も少ない」 】の続きを読む



    (出典 askul.c.yimg.jp)


    使うときと場所は選びましょうね

    1 シャチ ★ :2019/09/06(金) 16:54:45.13

     令和最初の夏の大ヒット商品になった携帯扇風機。急速に普及が進むが、会員制交流サイト(SNS)上では使用時のマナーに関する投稿が見られる。

     目立つのが音に関する内容で「風量MAX(最大)だと結構うるさい」。舞台の上演中に使う人がいる-とのツイートもあり、「新たなマナー違反」との訴えも。電車内での使用をめぐって、音に加え、汗や体臭、香水などの「匂いをまき散らしている」との苦情もあった。

     コンサート会場や満員電車など込み合う場所で使うと、長い髪の毛が絡まる恐れもある。「自分だけでなく、周りの人にも絶対に注意お願いします」と携帯扇風機に髪の毛が巻き込まれた写真を投稿するユーザーも。「満員電車の中で使っている人がいた。場所を取って邪魔」「暑い中使っても気休めでは」といった投稿も見受けられる。

     こうした反応を踏まえ、各メーカーは静音性を高めた商品を開発、販売も始めている。


    9/6(金) 16:27配信神戸新聞NEXT
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000014-kobenext-soci
    画像 

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【この夏の大ヒット】携帯扇風機のマナー問題 「音がうるさい」「匂いまき散らす」】の続きを読む

    このページのトップヘ