もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: 海外



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/04/05(日) 18:23:55.06

    【ニューヨーク=村山誠】米東部ニューヨーク州で3日、新型コロナウイルスの感染者が10万人を突破した。1日1万人単位で感染者が増え、24時間で500人以上が死亡する危機的な状況だ。「医療崩壊」が現実のものとなりつつある。

    ■「本当につらい」

     ニューヨーク州のクオモ知事は3日、州内の感染者が前日より約1万人増えて10万2863人になったと発表した。死者は約560人増の2935人。入院患者は約1500人増え、1万4810人にもなる。

     ニューヨーク市クイーンズ地区の総合病院は、約600の病床を約1000床に増やして急増する患者に対応している。救急救命室の看護師トリシャ・マヨルガさん(31)は「患者が次々と運ばれてきて、救急救命室や集中治療室(ICU)もいっぱい。ロビーが治療の優先順位を決めるトリアージの場だ」と実情を明かす。

     病院では、持病のない40~50代の中年世代、20代の若者らも次々に命を落としている。感染を防ぐため、家族らは患者と面会できず、「彼らは一人で苦しみながら孤独に死んでいく。本当につらい。この世の終わりのような光景だ」と語る。

    ■命の選別

     ニューヨーク州では、重篤な患者に不可欠な人工呼吸器の不足が目前に迫る。

     州内では、人工呼吸器が必要な患者が毎日350人程度増えており、クオモ知事が2日に明かした「6日分の在庫」が尽きるまでは、あと数日だ。知事は3日、郊外の病院や民間企業などにある未使用器を回収し、再配備するための行政命令を出すと発表した。

     マヨルガさんは「人工呼吸器を使う患者を『選別』しなければならない、厳しい局面になってきている」と話す。

    ■防護服使い回し

     マンハッタンの総合病院では、すでに人工呼吸器が足りなくなり始めているとの証言もある。看護師ルイーサ・ティナペイさん(25)は「1台の人工呼吸器を2人で使うなど、ここではすでに綱渡りの医療が行われている」と明かす。

     医療器具や人手不足も深刻で、医療用の高機能マスクを何度も使い、耐久性に乏しい防護服を着回している。ティナペイさんの周囲には、感染した同僚もいる。

     ティナペイさんは「今ここで起きていることは、もちろん日本でも起こり得る。一人でも多くの命を守るため、皆がこのウイルスの恐ろしさを知り、外出制限などのルール順守を徹底してほしい」と訴えている。

    4/5(日) 7:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00050022-yom-int


    【【この世の終わりのような光景】「孤独に苦しみ死んでいく」NYの医療崩壊は現実に】の続きを読む



    (出典 cashiraghi.com)


    コロナの出所は果たして・・・

    1 ちーたろlove&peace ★ :2020/04/05(日) 21:10:54.11

    🦇チャールズ・リーバーはアメリカ合衆国の化学者。半導体ナノワイヤーエレクトロニクスの世界的権威として知られる。



    ↓リンク先にはニュース動画があります
    https://twitter.com/JohnBWellsCTM/status/1246505891911925762?s=19



    USA just discovered the man who manufactured and sold the #coronavirus to #China. Dr #CharlesLieber, head of the chemistry and biology department at #HarvardUniversity, USA. He was just arrested today according to American department sources.

    (出典 i.imgur.com)


    *Google翻訳

    アメリカは、#コロナウイルスを製造して#中国に売った男を発見しました。 米国#HarvardUniversityの化学および生物学部門の責任者、#CharlesLieber博士。 アメリカの部局筋によると、彼は今日逮捕されたばかりだ。



    https://twitter.com/moco_truth/status/1246667828553367552?s=19
    すごーいオフィシャルで逮捕が…😲Qが前から言ってたハーバード大の教授チャールズレイバー博士がコロナを作って中国に売ったとな。トランプのビッグニュースってコレだったのか。
    #コロナは人口ウィルス #製作者逮捕
    #Qanon

    (出典 i.imgur.com)

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    ★1:2020/04/05(日) 20:23:37.51
    ※前スレ

    【生物兵器ウイルス】ハーバード大教授チャールズ・リーバー博士・中国にコロナウイルスを製造販売したとして逮捕!!!!★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1586087072/


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)




    追加ソースです  


    嘘と言うか
    今年1月28日のニュースだけどな
    アメリカの司法省が出してる

    https://www.justice.gov/opa/pr/harvard-university-professor-and-two-chinese-nationals-charged-three-separate-china-related


    即時リリース
    2020年1月28日火曜日
    ハーバード大学教授と2人の中国国民が3つの別個の中国関連訴訟で起訴

    司法省は本日、ハーバード大学の化学および化学生物学部の議長と2人の中国国民が中華人民共和国の支援に関連して起訴されたことを発表しました。

    チャールズリーバー博士(60歳、ハーバード大学化学化学部長)は今朝逮捕され、刑事告訴により重大な虚偽、架空の詐欺的発言を行ったとして起訴されました。 リーバー氏は、マサチューセッツ州ボストンの連邦裁判所にいるマリアンヌB.ボウラー判事の前に今日の午後に出廷する。

    中国人のYanqing Yeさん(29歳)は本日起訴され、ビザ詐欺を1カウントずつ起訴し、虚偽の発言を行い、外国政府および陰謀の代理人として行動しました。 あなたがたは現在中国にいます。

    中国の国民である30歳のZaosong Zheng氏は、2019年12月10日にボストンのローガン国際空港で逮捕され、21バイアルの生物学的研究を中国に密輸しようとしたとして刑事告訴により起訴されました。 2020年1月21日、鄭氏は米国からの密輸品1件、および虚偽の、架空の、または詐欺的な発言をしたとして起訴されました。 彼は2019年12月30日以来拘束されています。


    https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51291.html
    2020年02月02日 09時14分

    このほど、米司法省は、ハーバード大学化学・化学生物学部の学部長を中国政府との関係の申告義務を怠ったとして刑事起訴した。なぜ、ノーベル賞候補にもなるハイレベルの米専門家が、国の重要な知的財産が共産党政権に渡るリスクを顧みず、罠に足を踏み入れてしまったのか。その経緯が、司法省の起訴状で明らかにされた。
    ノーベル化学賞候補者の逮捕
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【真実?フェイク?】ハーバード大教授チャールズ・リーバー博士・中国にコロナウイルスを製造販売したとして逮捕】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)


    未来の日本にならなければいいけど

    1 えりん ★ :2020/04/04(土) 15:39:31.54

    BNO Newsroom
    @BNODesk
    Over the past 24 hours, the U.S. reported 32,850 new cases of coronavirus and 1,320 new deaths, raising total to 277,621 cases and 7,392 dead
    https://twitter.com/BNODesk/status/1246291768007688192

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1585979456/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【衝撃】アメリカ 1日で新規感染者32850人 死者1320人】の続きを読む



    (出典 ligare.news)


    謎がまだまだあるね

    1 首都圏の虎 ★ :2020/04/02(木) 20:14:49.64


    (出典 www.hazardlab.jp)


    (出典 www.hazardlab.jp)


    (出典 www.hazardlab.jp)


    (出典 www.hazardlab.jp)


    新型コロナウイルスの感染が全世界中で広がるなか、肺炎症状だけでなく、味覚や嗅覚などの異常も報告されるようになったが、米国の研究で、脳の一部で炎症や壊死が進行する「急性壊死性脳炎」を発症していたことが明らかになった。

    米ミシガン州デトロイトのヘンリー・フォード・ヘルスシステムの神経科医エリッサ・フォーリー博士らの医療チームが放射線医学誌『ラジオロジー(Radiology)』に先月31日付で発表した症例報告によると、航空会社に勤務する58歳の女性は先月19日、パニック障害や方向感覚の欠如、意識不明などの状態で同病院に救急搬送された。

    インフルエンザ脳症を疑ったが…

     担当医はインフルエンザ脳症による意識障害を疑って、ウイルス検査を行ったが陰性。さらに脳脊髄液を採取して、ヘルペスや帯状疱疹、西ナイル熱などのウイルスについても調べたが、3日かけても原因は一向にわからなかった。

    そこで、米疾病予防管理センター(CDC)が開発した検査キットを使って調べたところ、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたという。

    同時に、頭部のCTスキャン検査を実施したところ、脳の中心部分にあって、視覚や聴覚、運動などをつかさどる「視床」に損傷が見つかり、壊死が起きているのが判明。さらに脳のMRI検査の結果、側頭葉の血管が破裂して出血しているのも見つかった。 

    当初、急性脳炎を疑っていた医療チームは、免疫機能が暴走して、自身の体にダメージを与える「サイトカインストーム」を起こしていると判断。サイトカインとは、白血球など免疫系の細胞から分泌されるタンパク質で、ウイルスや病原体の増殖を抑えるなどといった役目を果たす。サイトカインストームとは

     しかし、免疫系のバランスが乱れて、サイトカインの制御ができなくなると、サイトカインストームといってサイトカインの過剰分泌を起こし、ひどい場合は死に至ることもあるという。

    ヘンリー・フォード・ヘルスシステムのチームは「新型コロナウイルスが原因で、急性壊死性出血性脳症を起こした初めての症例だ」として、現場で働く臨床医や放射線医は、この症状の進行に注意するよう呼びかけている。

    2020年04月02日 19時02分
    https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/3/33682.html


    【【更なる恐怖】「58歳女性の脳が壊死」新型コロナ陽性 米ミシガン州で世界初】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    日本もこうならないといいけど

    1 マスク着用のお願い ★ :2020/03/31(火) 16:07:12.99

    https://www.jiji.com/sp/article?k=2020033100722&g=cov
    ICU埋まり、廊下にベッド NY病院「まるで戦場」―米TV


    【ニューヨーク時事】米CNNテレビは30日、新型コロナウイルスの感染者に対応するニューヨーク市の病院内部の様子を報じ、「集中治療室(ICU)は満床になり、救急科の廊下には患者のベッドの列ができ、遺体は安置所に収容し切れない」と伝えた。取材は29日に行われた。


    ブルックリン区にある病床数約300のこの病院では、これまでに100人超の感染が確認され、78人が入院して検査結果を待っている。29日時点で少なくとも20人が死亡したという。遺体の数は収容可能な数を超え、遺体収容用の冷蔵トラックが使われていた。

    新型コロナウイルスの隔離エリアは他の病棟とプラスチックのシートで区切られた。看護師がジュースを患者に提供するために入った緊急治療室は患者のせきの音で満ち、人工呼吸器などの機械音がするICUの方が静かだったという。

    2020年03月31日15時57分 時事


    【【まるで戦場】ニューヨーク、ICU埋まり、廊下にベッド 新型コロナ】の続きを読む

    このページのトップヘ