もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: 雑学



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    おしょうゆ??

    1 みなみ ★ :2020/03/17(火) 19:03:50.53

    3/14(土) 6:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200314-00231702-diamond-bus_all

     婚活成功者続出! 難関幼稚園、名門小学校合格率95%! 「にじみでる育ちのよさ」と本物の品が身につくと話題のマナー講師、諏内えみさんの最新刊『「育ちがいい人」だけが知っていること』。内容は、マナー講師として活動される中で、「先生、これはマナーではないのですが……」と、質問を受けることが多かった、明確なルールがないからこそ迷ってしまう、日常の何気ないシーンでの正しいふるまいを紹介したもの。
    マナー本や、通常のマナースクールでは、ルールではないからと省かれ、個人の常識に委ねられていますが、正解がわからないともやもやしますし、自信を持ってふるまえません。
    しかも、「育ちがでる」と言われてしまう部分ばかりですから、尚更気になりますよね! 今回は、育ちがいい人の話し方の特徴についてご紹介していきます。

    ● 必ず「お」をつけたい4つの言葉

     「しょうゆとって」 「家で、けっこう料理する?」

     こんな会話を、普段していませんか?

     育ちの良さがにじみ出ている方に共通するのが、言葉遣いの美しさ。一朝一夕で言葉遣いを完璧に改めるのは難しいかもしれませんが、今すぐ心がけられるものをいくつかご紹介します。

    以下ソースで


    【【正しいふるまいww】「しょうゆとって」はNG!育ちがいい人は、何と言う?】の続きを読む



    (出典 morahara-rikon.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/15(日) 20:16:08.93

    夫が邪魔をする……これって私だけ?
    日常生活において、また人生において、夫が自分の邪魔をしていると感じている女性は少なくない。自分でも「どうしてだろう」と思うのだが、そのそばからまた夫がイラッとすることをしてくれるのだという。

    夫を憎んでいるわけではないのに……アイさんの場合
    2歳年上の男性と結婚して16年、中学生と小学生の子がいるアイさん(45歳)。夫とは友人の結婚式で知り合い、ごく自然につきあってごく自然に結婚へといきついた。

    「細かいことを言うわけじゃないし、決して悪い人じゃない。それがわかっているのに、なんだか最近、夫が私のすべてを邪魔しているように思えてならないんです」

    子どもたちが部屋を散らかしたらギャーッと怒って片づけさせる。それが行き届いていなくても「しょうがないわね」ですんでしまう。
    だが夫が、使った爪切りを元に戻さなかったり読んだ新聞を畳んでいなかったりするだけで、彼女は体中でストレスを感じてしまうのだという。

    「元に戻してよ、片づけてよと言う気力を失うんですよね。そもそも文句を言う前に、またかという脱力感がある。私に手間をかけさせるためにわざとこういうことするわけ?
    と思ったり、あるいはまた私の邪魔をすると感じたり。子どもと夫に対する気持ちが違うのは当然なんですが、それがこのところ激しくて。自分の気持ちを持て余しています」

    結婚生活16年間のストレスがたまっているのよと友だちに言われたが、振り返っても夫から横暴な言動をとられた記憶はない。

    「ただ思い当たるのは、日常生活の感覚が違うなということ。夫はとにかくだらしなくてズボラ。家はそういうものだと思っているんでしょうね。私は家の中はきれいにしておきたいタイプ。
    リラックスも大事だけど、みんなが気をつけないと家ってあっという間に雑な空間になるでしょう。それが耐えられないんですよね」

    派遣で働きながら、まだまだ手間のかかる子どもたちにキリキリさせられる日々。せめて夫には「生活面での自立」を促したいのだとアイさんはつぶやいた。

    なんでも「ダメ」と言う心配性すぎる夫に苛立ち……サヨコさんの場合

    「夫は心配性なんですよね。子どもに対してはわかるけど、私にも心配ばかりする。それがかなりうっとうしいんです」

    そう言うのはサヨコさん(42歳)だ。結婚して10年、8歳のひとり息子がいる。夫は10歳年上だという。

    「年上のせいか、自分の価値観や経験が絶対だと思い込んでいるところがありますね」

    結婚後、サヨコさんが車の免許をとろうとしたら夫に大反対された。理由は「危ないから」だ。しかたなく自転車に乗ろうとしたらこれも却下。

    「まあ、確かに私は運動音痴なんですけど、でも自転車くらいは乗れますよ。子どもを幼稚園に送っていくとき乗りたかったんですが」

    サヨコさんが習いごとをしたいと思ってふっと口にしても、ことごとく反対されてきた。そのため彼女は今、夫に内緒で墨絵や水泳を習っている。

    「夫は人に何かを習うということもしたがらないタイプ。何でも独学なんですよね。でも私はプロに習ったほうがいいと思っているので合わないんです」

    彼女は看護師の資格をもっているので、本当はもっと働きたいのだという。だがそれも夫に阻止されている。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17966562/
    2020年3月14日 22時25分 All About

    前スレ 2020/03/15(日) 12:20
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1584249640/


    【【妻がイラっとする瞬間ww】「私が夫にイラつく理由」が衝撃的すぎる】の続きを読む



    (出典 dol.ismcdn.jp)


    そうなんだー。わかるー。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/08(土) 12:38:50.58

    突然ですが、「雑談のおもしろさ」は何が決め手になるのでしょうか?  「話の内容」「口のうまさ」……いろいろな意見があると思いますが、
    放送作家で即興力(インプロ)養成講師としても活躍する渡辺龍太氏によれば、
    「相手と無理なく楽しく話すことができれば、話の内容や口のうまさに関係なく、会話は盛り上がる」と言います。
    そこで今回は、「雑談がつまらない人がやりがちなNG行動」について、渡辺氏著『雑談がおもしろい人、つまらない人』から解説します。

    雑談の意義を、「価値ある情報のやり取り」だと思っていると、雑談は決して盛り上がりません。それどころか、面倒なやつと思われてしまうことがあります。

    次のやり取りを見てください。

    A 「食器洗いって、めんどくさいよね」
    B 「だったら、食器洗い機が便利だよ」
    A 「え?  でもキッチン狭いし、値段も高そうだし、それは無理かな」
    B 「最近は小さいのもあるし、数万円で買えるタイプもあるよ」
    A 「でも、私の家マンションだから、音がうるさいと困るな」

    B 「そんなにうるさくないよ。じゃあ、紙のお皿と割り箸を使えば?  これで解決!」
    A 「いやいや、お金かかりそうだし、食事しても味気ないじゃん。ゴミも増えるし」
    B 「うーん、じゃあAさんにとって、何がよりいいソリューションなんだろうな?」
    A 「ソリューション……?」

    この場合、AさんとBさんの間には、雑談に対する完全な認識の違いがあります。
    Aさんは、単純に「食器洗いがめんどくさいね」という話をして、「そうだね!」とか、「わかる!  その気持ち!」と言われて感情を共有し、お互いのキャラクターを認め合いたいのです。

    一方、Bさんは「食器洗いがめんどくさい」という問題に対する解決策を示そうとしています。
    つまり、この話題に対して、最終的にどうするべきかという「結論」を出そうとしているのです。

    確かに、文字通りの意味に捉えればその通りなのですが、Aさんのつれない反応を見るに、「ありがた迷惑」であることは明白です。
    一般的に、男性は結論を出そうとする人が多く、ただ共感して、自分というキャラクターの思考パターンを理解し、
    認めてほしいだけの女性と会話が?み合わないなどと言いますが、まさにこの例のパターンといえるでしょう。

    ■「わかる!」は定番の共感フレーズ

    では、こんな場合はどうすればいいのでしょうか。

    一番シンプルな方法は「相手の感情を表す言葉に反応する」ことです。つまり、相手が「嬉しい」「悲しい」「楽しい」「イライラした」といった自分の感情について説明し始めた場合、
    示された感情に共感するのです。さらに、そんなときに役立つ魔法のフレーズがあります。それが「わかる!」という言葉です。先ほどの会話例で見てみましょう。

    A 「食器洗いって、めんどくさいよね」
    B 「ああ、わかる!  めんどくさいよね!」
    A 「そうそう!  食べ終わった後って、何もしたくないじゃん。だからといって、次の日までシンクに食器を放っておくと、翌朝見たとき、すごく嫌な気分になるし」
    B 「わかるわー!  本当に嫌だよね。だから私、食器洗い機買っちゃった。すごく便利!」
    A 「そうなんだ!  でも私の家、キッチン狭いんだけど、置けたりするのかな?」

    B 「うちのキッチンも狭いよ。2人分の食器洗い機だから、これぐらいの大きさ」
    A 「へー!  それならいけるかも。でも、音とか、うるさくない?」
    B 「それが、そうでもないんだよ。寝る前にスイッチ入れても、全然気にならない」
    A 「いいねー!  じゃあ、私も買ってみようかな……」

     驚くことに、話の内容は最初の会話例とほぼ同じ(食器洗い機の購入を勧める)ですが、直接アドバイスしていないこちらの雑談のほうが、Aさんは食器洗い機を購入したくなっています。しかも、もちろん会話も盛り上がっています。

     したがって、相手に何らかのアドバイスをしたいと思ったときでも、いきなり相手の感情を無視してアドバイスするのではなく、「わかる!」と相手の感情に共感するプロセスを踏んでから、話を前に進めてみましょう。
    そうすると、雑談も盛り上がり、アドバイスも受け入れてもらえるので、一石二鳥です。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200208-00328413-toyo-bus_all
    2/8(土) 5:35配信


    【【雑談を盛り上げる魔法の言葉ww】「面白い人」「つまらない人」の決定的な差 女性は共感してほしいだけ】の続きを読む



    (出典 wotopi.jp)


    そんなこと誰も教えてくれないww

    1 ばーど ★ :2020/01/27(月) 10:26:31.95

    日本耳鼻咽喉科学会(日耳鼻にちじび)の静岡県地方部会学校保健委員会は、耳あかが耳の奥にたまらないことを実証した動画を作った。耳掃除は基本的に必要ないと伝える狙いがあり、26日に開かれた日耳鼻の全国会議で紹介した。

    浜松市中区の耳鼻科医で、同委員会の植田洋委員長が成人女性の耳の中を5か月間観察し、古くなった鼓膜の皮膚が、耳の外側に向かってゆっくりと移動していく様子を撮影。これが入り口付近で剥がれて耳あかとなり、自然と外に排出されることを解説した約12分の動画を作成した。日耳鼻静岡県地方部会のホームページに掲載されている。

    植田氏は「耳掃除をすると内部を傷つける恐れがある」とも指摘。日耳鼻の広報委員会委員で、済生会宇都宮病院(宇都宮市)耳鼻咽喉科の新田しんでん清一主任診療科長も「耳掃除は推奨しない」と話している。

    ただ、耳あかが粘性のタイプの人もいることから、新田氏は「気になる場合は耳鼻科で除去してもらうか、耳の入り口から1センチ以内の場所を2週間から1か月に1回程度、綿棒でそっと拭き取る程度に抑えた方がよい」と呼びかけている。

    2020/01/27 08:55 読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/medical/20200127-OYT1T50054/


    【【耳掃除しなくていいんだって】「綿棒でそっと拭き取る程度に」…医師が女性の耳の中を5か月観察「自然に排出」】の続きを読む



    (出典 www.taiju-life.co.jp)


    今のゲームは複雑だよね

    1 お姉チャンバラ ★ :2020/01/21(火) 17:12:23.49

    僕は1984年生まれ。
    ちょうどスーファミだのプレステだの直撃世代だったので、毎日ゲームで遊んでいた。
    クラスメイトみんなそうだった。

    しかし今、僕の同級生たちを見てみると、既に全くゲームに触れることがなくなったという者も少なくない。
    一体彼らは、どういうタイミングでゲームを卒業したんだろうか。(文:松本ミゾレ)

    ■ 死んで覚える系のゲームがつらくなる?

    先日、5ちゃんねるに面白いスレッドが立っていた。
    「歳取るとゲーム始めるの憂鬱になるよね」というものだ。
    スレ主はその原因として「FPSはマップを覚えて決め撃ち覚えてボム覚えてっていう、勉強が控えてると思うとダルいし、MMOは最近3Dばかりで難しそう」と尻込みしている。

    分かる。よく分かる。
    成人して10年も20年もして青年から中年に変身する頃には、ゲームに限らずいろんなジャンルにおいて、吸収する能力も速度も低下する。
    死んで覚える系のゲームや、敵を自力で狙うエイム力必須のゲームをやるのもしんどくなってしまうよね。

    さらにスレ主は、ソーシャルゲームについても苦痛を感じている様子で「一時期ハマッてたけど、飽きちゃった。同じことの繰り返しっていうかさ」と述べている。
    これについても「分かるわ~」という感じだ。なかなか長続きしないし、課金しようという段階まで気持ちが入らない。

    おじさんになって、ゲームにそそぐだけの熱量っちゅうものが枯渇しちゃったのかも。
    いやゲームだけじゃない。若い頃のような友達付き合いの維持とか、それこそセックスにも執着が乏しくなっていく……悲しい。

    ■ 「溜まってく積みゲーw 罪悪感でよけい手が出なくなってくw」

    スレ主に対して、僕は賛同しきりだ。このスレッド内に集まった人も同様のようだった。
    書き込みの中から”ゲームしんどくなっちゃったおじさん”らの意見を紹介したい。

    「仕事や友人関係で人に気を使ってゲーム内でも気を使うからMMOは疲れる」
    「やってたゲームも一回離れるとメタに追いつくの大変だからキツイ」
    「溜まってく積みゲーw 罪悪感でよけい手が出なくなってくw」

    かく言う僕も、とにかくハードに電源を入れて立ち上げるという作業すら気が重い時も増えてきた。
    やればやったで結局面白いんだけど、どうもその段階に至るまで、何度もエンジンをかけ直す羽目になってきた、というか。

    こないだもタブレットに『モンスターファーム』をインストールしたけど、四大大会を制覇して一応のエンディングを見た瞬間、とんと立ち上げなくなっちゃったし。中学生の頃は、ディスクの裏面が傷だらけになって再生不能になるまで、延々遊べてたのになぁ……。

    おっさんになってゲームに飽きやすくなるというのは、ホントもったいないことだと悔しく感じる。
    でも仕方ないよね、人は年齢を重ねるごとにいろんなものの執着から解放される生き物ってことなんだろうね。


    (出典 news.careerconnection.jp)

    https://news.careerconnection.jp/?p=85866

    ★1:2020/01/21(火) 15:17:25.16
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579587445/


    【【共感の声】「歳を取るとゲームを始めるのが憂鬱になる」 マップを暗記してエイムを鍛えるのがしんどい】の続きを読む

    このページのトップヘ