もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:ニュース > 事件



    (出典 astrology.neoluxuk.com)



    1 ◆Hikaru.CGk Hikaru ★ :2019/01/06(日) 10:44:23.32

    神奈川県警平塚署は6日、同居する父親を暴行したとして、傷害容疑で長女の無職川木綿子容疑者(35)を逮捕した。
    父親は搬送先で死亡が確認され、同署は暴行との因果関係を調べている。

    逮捕容疑は、5日午後4時ごろ、自宅で父親の秀夫さん(68)を殴ったり、蹴ったりするなどしてけがを負わせた疑い。

    平塚署によると、川容疑者は秀夫さんと2人暮らし。生活費を無心したが断られ、
    「口論になり、つかみ合いのけんかをした」と話している。
    暴行後、秀夫さんの意識がないことに気付き、119番した。(共同)

    日刊スポーツ [2019年1月6日10時9分]
    https://www.nikkansports.com/general/news/201901060000263.html


    【【父親を殺害】35歳娘が同居の父を殴る蹴るの暴行か…生活費の無心を断られ 搬送先で死亡】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/04(金) 06:46:24.92

    遡ること19年前に起こった「ルーシー・ブラックマン事件」。
    金髪の元英国航空CAを凌辱したすえに死に至らしめたのは、織原(おばら)城二(48)=当時=という資産家だった。
    本誌(「週刊新潮」)は今回、未公開の捜査資料と織原の顔写真を入手した。それによって明らかにされる事件の真相とは――。

     ***

    事件発覚のきっかけは、ルーシー・ブラックマンさん(21)=当時=のホステス仲間が警視庁麻布署に「家出人捜索願」を出したことだった。

    「ルーシーさんは2000年5月4日に来日し、すぐに六本木の『カサブランカ』なるバーでホステスとして働き始めました」

    と、当時の捜査幹部が振り返る。

    「そして、7月1日に失踪するわけですが、その日の午後5時ごろ、“いま、お客とドライブ中。これからコースト(海岸)に行く”などと、ホステス仲間の携帯電話に連絡を入れている。
    さらに午後7時ごろ、“あと1時間くらいで帰れる”と伝えてきてから行方知れずに。
    その2日後、“タカギアキラ”と名乗る男が、同じホステス仲間に“彼女は千葉の新興宗教団体で修行している”などと電話をかけてきた。
    そこで心配になったホステス仲間が麻布署を訪ねたのです」


    (出典 image.news.livedoor.com)

    ルーシー・ブラックマンさん(21)=当時

    通称「ユージ」

    当時の捜査資料を繙(ひもと)くと、織原の存在は、早くも7月22日には浮上している。

    六本木のクラブ店長から、地域係の巡査にもたらされた情報だった。

    その巡査の報告書には、次のように記されている。

    〈六本木管内で働く外国人ホステスに甘言をかけ現金を与える等して、ドライブ等に誘っては薬を飲ませていかがわしい写真を撮ってホステスをゆすり、犯行を重ねている男が居る。
    (略)通称「ユージ」と言う日本人で(略)外国人女性2人が同種の被害にあっているもので、(略)今回のルーシー事件に深く関与しているとの噂が流れている〉

    この「ユージ」こそ、織原だったのだ。

    捜査幹部が続ける。

    「他にも、数人の容疑者が浮上しました。例えば、“外国人女性を隠れ家に監禁してSMプレーしたい”と話していた大手企業に勤めるSM愛好家。
    事情聴取をしたら、その後連絡が取れなくなったため、隠れ家を訪ねると、SMプレー中の 過失なのか、首吊り状態の死体で見つかった。
    さらに、オーストラリア人ホステスを拉致監禁してレイプする事件を起こした暴力団組員などもリストアップしました」

    しかし、捜査を進めるうち、織原の犯行に絞り込まれていったという。

    「携帯電話の発信記録などから、ルーシーさんの失踪当日、逗子市内で一緒に行動していたことが判明。
    なおかつ、織原の周辺では、薬物などを飲まされた女性が強姦されるという事件が相次いでいることも明らかになったのです」(同)

    10月12日、ルーシーさんとは別のカナダ人女性に対する準強制猥褻容疑で逮捕。さらに、英国人女性、日本人女性などへの準婦女暴行容疑で再逮捕を重ねた。

    「ルーシーさんの場合、遺体が見つからなかったため、捜査が難航しました。
    でも、その隠し場所は織原が三浦市に所有するリゾートマンションの周辺であることはわかっていた。スコップを持ち歩く不審な姿が目撃されていたからです」(同)

    遺体捜索チームは2カ月近く、ルーシーさんを探し続けたという。

    「ようやく、01年2月9日、リゾートマンションから200メートル離れた洞窟で、古びたバスタブの下に埋められたルーシーさんの遺体を発見。
    バラバラにされたうえ、コンクリートで固められていた。鑑識の写真を見ると、すでに屍蝋化が進み、遺族のことを思うと目を覆うばかりの状態になってしまっていました」(同)

    結果、織原はルーシーさん含め2人の女性に対する準強姦致死、さらに8人への準強姦などの罪に問われた。
    一貫して無罪を主張し続けたが、10年12月、最高裁で無期懲役が確定。
    凶悪犯ばかりが収容される「長期刑務所」の塀の中で9回めの正月を迎えることになった。

    「週刊新潮」2018年12月27日号 掲載

    http://news.livedoor.com/article/detail/15826035/
    2019年1月4日 5時55分 デイリー新潮


    (出典 stat.ameba.jp)


    【【伝説の凶悪事件】「ルーシー・ブラックマンさん」殺人事件 刑事も目を覆った遺棄現場】の続きを読む



    (出典 d2dcan0armyq93.cloudfront.net)



    1 ばーど ★ :2019/01/02(水) 16:24:48.46

    実家より先に祖父宅に帰省したことに腹を立て、大学生の長男(23)=札幌市=に頭突きをするなどしてけがを負わせたとして、兵庫県警須磨署は1日、傷害の疑いで、神戸市須磨区の会社員の父親(43)を現行犯逮捕した。

    逮捕容疑は同日午後6時40分ごろ、同区の祖父宅で、長男に唇を切るなどの軽傷を負わせた疑い。同署によると、父親と長男は以前から折り合いが悪かったといい、祖父宅で鉢合わせした際、「なんで俺んとこ来んと、じいちゃんとこ来とるんや」などと激高したという。

    1/2(水) 15:52
    神戸新聞NEXT
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000013-kobenext-l28


    【【長男に頭突きで逮捕】「なんで俺んとこ来んと、じいちゃんとこ来とるんや」 実家より先に祖父宅に帰省した息子に激高、頭突きして現行犯逮捕】の続きを読む


    過去の事件『濃密な関係の被害者と犯人』」 ^ 「世田谷一家殺人 事件後現場近くに置かれた地蔵を公開」 毎日新聞、2004年10月15日付 ^ 「東京・世田谷一家殺害、不審者2人のイラスト公開」 読売新聞、2004年12月9日付 ^ a b 読売新聞 2005年8月1日付「世田谷一家殺害、韓国人犯行説消える」[1]
    141キロバイト (22,130 語) - 2018年12月30日 (日) 06:00



    (出典 mikaiketsu001.com)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/12/30(日) 15:45:27.08

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181230-00000021-jnn-soci

    東京・世田谷区で宮澤みきおさん一家4人が殺害された事件から18年。
    宮澤さんの母親が墓参りをし、改めて事件の解決を訴えました。

    この事件は2000年12月、世田谷区上祖師谷で、宮澤みきおさん(当時44)ら一家4人が殺害されたものです。

    事件から18年となった30日、みきおさんの母・節子さん(87)が埼玉県の霊園を訪れ、墓前で手を合わせました。

    Q.犯人に対して思うことは
    「もう18年も自由に生活できているのでしょうから、そろそろ年貢の納め時ではないですけども、自首してほしいと思います。
    早く解決してほしいねと話してきました」(みきおさんの母 宮澤節子さん)

    警視庁は今月、当時の現場周辺の街並みを再現した3D動画をホームページに公開するなど、
    情報提供を呼びかけていて、犯人逮捕につながる有力な情報には最高で2000万円が支払われることになっています。


    【【未解決】世田谷一家殺害事件から18年、被害者・宮澤みきおさんの母「自首して」】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/26(水) 19:47:06.15

    2015年に千葉県船橋市の少女(当時18)を畑に生き埋めにして殺害したとして、強盗殺人、強盗強姦(ごうかん)、
    逮捕監禁などの罪に問われた井出裕輝被告(24)を無期懲役とした一、二審判決が確定する。

    最高裁第一小法廷(深山卓也裁判長)が25日付の決定で、被告側の上告を棄却した。

    一、二審判決によると、井出被告は15年4月、友人らと共謀し、少女を車に連れ込み、両手足を結束バンドで縛ったうえで財布などを強奪。
    少女に性的暴行を加えたうえで、同県芝山町の畑に掘っておいた穴に入れ、土砂をかぶせて窒息死させた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15795833/
    2018年12月26日 18時56分 朝日新聞デジタル


    【【残酷】少女を生き埋めにして殺害、男の無期懲役確定へ 最高裁】の続きを読む

    このページのトップヘ