もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:ニュース > 事件



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ここまで酷いことして死刑じゃないって

    1 首都圏の虎 ★ :2019/12/26(木) 12:29:02.07

    2015年9月に埼玉県熊谷市で住民6人を殺害したペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)に死刑の可能性が消滅したことを受け、妻の加藤美和子さん(41)と小学5年の長女美咲さん(10)、同2年の次女春花さん(7)=年齢、学年はいずれも当時=を殺害された遺族の加藤さん(46)が22日夜放送のBS朝日「日曜スクープ」に生出演。元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は23日、当サイトの取材に対し、番組内で明かされた美咲さんに対する「卑劣な行為」や「冷酷な手口」と、減刑理由となった「心神耗弱」との矛盾点を指摘した。

     番組では、加藤さんの同意を得て、美咲さんが被告によって性的被害にあっていたことが「卑劣な行為」として裁判資料から明かされた。

     加藤さん宅に侵入した被告は美和子さんを殺害してクローゼットに隠した後、学校から帰った美咲さんと春花さんも包丁で殺害。一審の裁判員裁判で「被告は美咲さんの両腕をひものようなもので縛り、口に粘着テープを貼って、殺害前後のいずれかにおいて美咲さん着用の短パンと下着を脱がし、下着に精液を付着させた。(その後)代わりの短パンや七分丈スボンを着用させた」という内容が明示され、「欲望を満たすために大胆な行為に及んだ」という理解も含めて死刑判決に至ったが、二審判決では触れられなかった。

     長女への強制わいせつについて、加藤さんは「事件から約1か月後に検察の方からお聞きした。美咲がどんなに怖くて、つらい思いをしたのかと思うと、被告を殺してやりたいと、それしか考えられなかった。『パパ、頑張ったんだけど、死刑判決にできずにごめんなさい』と、毎日お仏壇の前で謝っています」と思いを吐露。高裁で性的被害が触れられなかったことには「到底、納得できない」と訴えた。

     遺族側代理人で弁護士の高橋正人氏は同番組で「被告には(相手に)危害を加えられる妄想があったというが、美咲さんが襲ってくる妄想があったとしても、両腕を縛った段階で逃走すればいいにもかからず、強制わいせつをしている。『妄想』では全く説明できない」と分析。小川氏は「精液というものは簡単に出るものではなく、本人に意志がある。しかも下着を脱がせて着替えさせるなど証拠隠滅を図っている。二審の裁判官は何を考えていたのか」と苦言を呈した。

     この「卑劣な行為」と共に「冷酷な手口」も言及された。

     高橋氏は「頸動脈を狙って確実に切れる特殊な方法を取っている。『妄想』では説明できないもう一つのポイント」と指摘。小川氏は「国際捜査課に在職時代、ペルー人やコロンビア人を担当したことがあるが、被告は軍の経験者等から知識を得ていたと思われる。プロの殺しの手口。被告本人は無抵抗の女の子を『一撃で』という思いで行動していたはず」と見解を示した。

     加藤さんは「司法に心を殺されました。もう一度白紙の状態から裁判をやり直してもらいたい。今後、妄想を装った人や、6人殺しても死刑にならないという人が出てきた時に、裁判所は被害者遺族に対して責任を取れるのか」と訴えた。

     小川氏は「被告は逮捕後の警察の取り調べで殺人容疑について黙秘したり否認していたが、雑談には応じている。娘さんの話になると頭を両手で抱えて『その話をするな』といった態度を見せるなど、普通の容疑者と変わらない態度を取っていた。公判では『自分が6人殺したと言えばその6人は生き返るのか?』『ああ、殺したよ』など独り言のような不規則発言が多々あった。公判の通訳は余計な話を訳さないので、私がスペイン語の通訳を連れて行って分かった。公判で事件の核心に触れる部分では同時通訳のヘッドホンを外すなど心神耗弱の行動ではなかった」と補足した。

     今後について、小川氏は「現在、日本全国に死刑囚は112人いますが、無期懲役は1800人近くおり、1年間で7人前後が仮釈放になっている。高裁は無期懲役という判断について、ご遺族や国民に分かる説明責任を。高検も上告しない理由を説明する責任がある」と説いた。

    2019.12.24  デイリー
    https://www.daily.co.jp/society/life/2019/12/24/0012985876.shtml

    ★1 2019/12/26(木) 10:29:38.66
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577327589/


    【【卑劣過ぎる行為】ペルー人による熊谷6人惨殺事件、殺された10歳女児は両腕を縛られ口には粘着テープ、下着を脱がされた末、精液を発射されていた】の続きを読む



    (出典 parupunte-life.com)


    後悔はしてないね

    1 記憶たどり。 ★ :2019/12/25(水) 15:54:29.02

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191225/k10012227871000.html

    農林水産省の元事務次官が長男を殺害したとして、懲役6年を言い渡された判決について、
    25日、被告の弁護士が判決を不服として控訴し、今後、2審の東京高等裁判所で審理されることになりました。

    農林水産省の元事務次官、熊澤英昭被告(76)はことし6月、東京 練馬区の自宅で、44歳の長男を包丁で刺して
    殺害した罪に問われました。

    1審で被告は起訴された内容を認め、被告の弁護士は執行猶予の付いた判決を求めましたが、
    東京地方裁判所は今月16日、「強固な殺意に基づく危険な犯行だ」として懲役6年の実刑判決を言い渡していました。

    裁判所によりますと、25日、被告の弁護士が判決を不服として控訴したということで、今後、2審の
    東京高等裁判所で審理されることになりました。

    熊澤被告は、1審の判決が言い渡された後の今月20日、東京高裁に保釈が認められ、
    保釈金500万円を納めて保釈されています。


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1577252026/
    1が建った時刻:2019/12/25(水) 14:33:46.87


    【【納得いかず控訴】長男殺しで保釈中の元農水次官、弁護士が懲役6年の判決を不服として控訴】の続きを読む



    (出典 usagi-syufulife.com)


    初対面で密室は怖いよ・・

    1 ガーディス ★ :2019/12/21(土) 12:57:32.76

    2019年12月21日 11時1分
    読売新聞オンライン

     埼玉県川越市のラブホテルで女性の首を絞めて殺害したとして、県警は21日、同県坂戸市溝端町、職業不詳広田堅固(けんご)容疑者(52)を殺人容疑で逮捕した。

     発表によると、広田容疑者は19日正午頃から午後2時頃までの間に、川越市脇田本町のラブホテルの一室で、同市の女性(34)の首をひものようなもので絞めて殺害した疑い。

     県警幹部によると、広田容疑者は調べに対し「女性の態度が許せなかったので殺した」と供述しているという。2人は事件当日知り合ったとみられ、県警は詳しい動機などを調べている。

     防犯カメラの映像などから広田容疑者が浮上。20日午後、捜査員が坂戸市の東武東上線北坂戸駅周辺の路上で歩いている広田容疑者を発見し、任意同行した。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17559266/


    【【知り合って当日に】ラブホテルで初対面の女性(34)を殺した男(52)「女性の態度が許せなかった」】の続きを読む



    (出典 iwiz-yvpub.c.yimg.jp)


    こういう事件が多いね

    1 ガーディス ★ :2019/12/20(金) 13:24:51.76

    栃木県塩谷町で45歳の母親と17歳の次男が刺され、20歳の長男が逮捕された事件で、事件の直前に家族で長男の将来について話し合いが行われていたことが新たに分かりました。

     この事件は18日午後3時前、栃木県塩谷町に住む斉藤麻由美さん(45)がナイフで刺されて死亡し、高校生の次男(17)も刺されてけがをしたもので、同居している長男で無職の斉藤光希容疑者(20)が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。

     その後の捜査関係者への取材で、事件の直前に、斉藤容疑者の将来に関して家族で話し合いが行われていたことが新たに分かりました。

     「男の子がなんか真っ赤な顔で、とっとっとって駆けていった。『お兄ちゃんに刺された』って、『でもお母さんはもう死んじゃったかもしれない』」(近所の住人)

     自宅からは血のついたナイフが押収され、大量の血痕があったということですが、麻由美さんは隣の家の庭先で倒れていたということで、警察が経緯を調べています。

    https://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3859981.htm
    1)2019/12/20(金) 10:43:42.44
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576811856/


    【【母と弟を刃物で殺傷】無職長男の将来について家族で話し合う→無職逆上で母親死亡、次男重傷】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    外国人だからなんですか

    1 みつを ★ :2019/12/19(木) 19:19:55.94

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121901108&g=soc

    熊谷6人殺害、検察は上告断念 一審の死刑破棄で
    2019年12月19日18時57分

     埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)について、東京高検は上訴期限の19日、上告を断念した。一審さいたま地裁の裁判員裁判は求刑通り死刑としたが、東京高裁は一審を破棄、無期懲役を言い渡した。弁護側は上告しており、被告に無期懲役より重い刑が科されることはなくなった。


    【【納得いかない】熊谷6人殺害、検察は上告断念 一審の死刑破棄で】の続きを読む

    このページのトップヘ