もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:芸能 > 破局、離婚


    大浦 龍宇一(おおうら りゅういち、1968年11月17日 - )は、京都府京都市出身の俳優、歌手。本名:梶浦 靖博(かじうら やすひろ)。身長181cm、体重66kg。事務所は2017年3月より(株)キャストパワー所属。現在は東京都在住。 立命館高等学校、立命館大学経済学部卒業。1994年にフジテ
    33キロバイト (4,219 語) - 2019年6月8日 (土) 07:26



    (出典 i.ytimg.com)


    もうちょっと考えて結婚しようよ

    1 ひかり ★ :2019/07/11(木) 13:24:07.33 ID:EQpNIYmT9.net

    今年3月22日に、当時22歳差の“年の差婚”をした、俳優大浦龍宇一(50)とシンガー・ソングライターゆりえ(29)が、離婚を前提にした別居を
    していることが11日、明らかになった。

    ゆりえは元フジテレビのひょうきんアナウンサー寺田理恵子(57)の長女。大浦の祖父は戦前に「歌う映画スター」として一世を風靡(ふうび)した
    俳優高田浩吉で、叔母は女優高田美和(72)という芸能一家。

    2人は一昨年のクリスマスに出会い、昨年5月に開催したコラボライブに向けて曲作りをするうちに愛が芽生え、昨年3月から交際してい。大浦は
    07年に前妻と離婚して、11年から今春に中学校を卒業した長男がいる。

    関係者によると、結婚して同居を始めてから、金銭問題などでお互いの意見が衝突することが多かったという。最近はけんかして、ゆりえが家を
    飛び出すことが多かったという。“年の差婚”から3カ月半での破局となった。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-07110381-nksports-ent


    【【早くも破局か】“22歳差婚”大浦龍宇一とゆりえ、離婚前提に別居】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。本名は非公開。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であ
    66キロバイト (8,039 語) - 2019年7月8日 (月) 11:04



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    1 ひかり ★ :2019/07/09(火) 00:09:52.24 ID:mc5jhQ+J9.net

    「最近、このあたりで前田さんをまったく見かけなくなったんです。石原さんの姿は、今でも目撃することがあるのですが……」(近隣の住民)

    7月9日スタートのドラマ『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)で主役を演じる石原さとみ(32)。9月には彼女の主演舞台『アジアの女』が始まることもあり、
    現在は急ピッチでドラマの撮影が進められている。そんな多忙を極めるなか、プライベートに“異変”が起きているという――。

    昨年4月に「週刊文春」で沖縄デートが報じられ、「SHOWROOM」社長・前田裕二氏(32)との交際が発覚した石原。8月には彼女の引越し先が前田と同じマンションだったことを、
    本誌がスクープ。彼女は連日、“愛の巣”からドラマ撮影へと向かっていた。

    そんなひとつ屋根の下で前田氏との仲を深めてきた石原。今回の撮影中も、帰宅するのは件のマンションだった。だが冒頭のように、最近はマンション付近で前田氏の姿を
    目撃することがなくなっているという。そこには、理由があった。

    「実は、2人は破局してしまったようです。最近、前田さんが友人に『もう彼女とは別れたんだ』と漏らしていたそうで……」(前田を知る芸能関係者)

    今年1月時点で、2人は結婚に向けて着々と準備を進めていたはずだった。当時、石原の知人は本誌にこう明かしていた。

    「実は前田さん、すでに石原さんのご両親への挨拶をすませているんです。その後も何度か会っていて、親睦を深めているとも聞きました。それほど石原さんとの結婚について
    “本気”ということ。カレの真剣な姿勢に、ご両親もかなり好印象を持っていたようだと聞いています」

    両親公認の仲となったことで、“結婚秒読み”とも言われていたふたり。だがそこから一転して、“まさかの決別”を迎えていたというのだ。いったい、何があったのか。
    前田氏を知るIT関係者は「私もすでに別れたと聞きました」と証言。理由について、こう明かした。

    「いよいよ結婚が見えてきたことで、2人は改めて将来について話し合うようになったそうです。しかし、そこで価値観のズレが出てきたのです。前田さんは “仕事大好き人間”。
    いっぽうで石原さんは少しでもいっしょの時間を過ごしたいタイプ。話し合いのなかで、そうした違いが鮮明になってきたようです。最終的には前田さんがマンションを
    出ていくことになったと聞きました。現在は都内にあるほかのマンションで暮らしているそうです」

    本誌が取材したところ、たしかに前田は引越していた。7月上旬の深夜1時過ぎ、都内にあるマンションへと帰っていった前田氏。話に聞いたとおり、“愛の巣”とは
    別のマンション。やはり転居していたのだ。

    石原との破局の真相について聞くべく、本誌は「SHOWROOM」に問い合わせた。だが担当者は「プライベートについてはお答えいたしかねます」と答えるのみだった。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00010000-jisin-ent


    【【破局】石原さとみ 破局していた!結婚秒読みから一転、前田氏は転居】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    子育てのことでとやかく言うのがね

    1 豆次郎 ★ :2019/07/04(木) 23:16:15.49 ID:77Wxph1a9.net

    北川悠仁子育て方針で対立離婚危機2019.07.04

    ゆず・北川悠仁と妻・高島彩に離婚危機! 宗教上の不一致で嫁姑バトル勃発かの画像1
    ゆず・北川悠仁 インスタグラムより


     ゆず・北川悠仁とアナウンサー・高島彩の長女の小学校受験をめぐり、高島と宗教法人「かむながらのみち」の教主を務める北川の母・慈敬さんの間でトラブルが勃発しているという。

     4日発売の「女性セブン」(小学館)によれば、高島が2017年4月から『サタデーステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスターを始めたことで、嫁姑関係が悪化。さらに、来年から小学生になる長女を小中高一貫教育のカトリック系の女子校に入れたい高島と、自分の教えと異なる宗教系の学校に孫を入れたくない慈敬さんが対立。高島は実家を避けるようになり、受験準備を推し進めているという。

     北川と高島は2011年に「かむながらのみち」の総本山である山梨県の身曾岐神社で挙式を行い、14年に長女を出産。その際、慈敬さんは同宗教の公式サイトで「子どもは親の映し鏡ですよ」「それまで自分のためだけに生きてきた心を入れ替え、この命が少しでも世のため、人のためにお役に立つようにと、自己の心身を捧げる生き方のことです」などと、高島へのメッセージともとれる文章を発表していた。

     「同宗教は夫唱婦随による家庭円満を実践目標に掲げており、慈敬さんは説法のなかで“家庭における女性のあり方”について繰り返すなど、現代では男尊女卑ととられかねない部分も。結婚後の高島は義母の思いに応えようと仕事をセーブしていますが、早くも限界を感じているのかも」(記者)

     総本山である身曾岐神社では、毎年ゆずのライブが行われているが、ゆくゆくは北川が教主を継ぐといわれている。

     「北川が継ぐとなると、妻である高島は義母の教えを守り、数千人の会員に対して家庭の大切さを伝え、見本とならなければならない。そのためには、仕事をきっぱり辞めて家庭に入る必要があるでしょう。高島がそれに耐えられないと判断した時点で、離婚もありえそう」(同)

     現在、2人の娘の子育てをしながら、『サタデーステーション』のキャスターを務めている高島。先の長い結婚生活、姑とうまくやっていけるだろうか?

    https://entamega.com/19646


    【【離婚危機】北川悠仁と高島彩に離婚危機! “宗教上の不一致”で嫁姑バトル勃発】の続きを読む


    a b 花田勝氏が離婚(2007年10月4日日刊スポーツ) ^ 美恵子さん11歳年下俳優と不倫していた(2007年10月22日付日刊スポーツ) ^ 花田美恵子 43歳ママタレ宣言(2013年2月10日付日刊スポーツ) ^ 花田美恵子、ハワイで就職「自分の居場所を見つけた」 ^ “花田美恵子
    6キロバイト (680 語) - 2019年6月2日 (日) 12:05



    (出典 runrunskip.com)


    写真、二度見してしまったよ

    1 ひかり ★ :2019/07/02(火) 00:21:51.51 ID:4tatQZgt9.net

    《3年近くお付き合いさせて頂いていた方と結婚しました》

     花田美恵子さん(50)が、13歳年下の日本人男性との電撃結婚を発表したのは、50歳の誕生日を目前にした2018年12月のこと。女性誌はいっせいに彼女を取り上げた。2019年5月に出したヨガ本の
    発売イベントでも、笑顔で「週末婚を楽しんでいる」と、のろけている。

     そして新たな結婚後も、最初の夫・花田虎上氏(48)の「花田姓」を名乗りつづけることについて、こう話していた。

    《離婚に向けた話し合いの時に決めました。前の夫も『別にいいんじゃない?』と言ってくれたので、とくに問題もなく》(ウェブマガジン『ミモレ』6月22日)

     人生の再スタートは、順風満帆らしい。だが、美恵子さんを知るハワイの観光業関係者は、“再婚” に驚きを隠さない。

    「今回の結婚を、『2回め』『再婚』と公言したことに驚きました。実際には、これが『3度めの結婚』なんですよ」

     2009年にハワイに渡った美恵子さんに何があったのか。

    「美恵子さんがX氏と結婚したのは、移住後しばらくしてのことでした。X氏はハワイ在住の日本人男性で、美恵子さんより年下。しかし、なぜか2人は結婚を周囲に明かしませんでした」
    (前出・観光業関係者)

     美恵子さんは読者モデルから、日本航空のCAを経て、1994年に人気力士だった虎上氏(当時は大関・若ノ花)と結婚。上の写真は、ホテルニューオータニでの挙式披露宴のものだ。

     その後、5年間の別居を経て、2007年に離婚すると、2009年に4人の子供たちとハワイに移住した。そして虎上氏からの養育費と貯金をやりくりしながら、再婚はせずに女手ひとつで
    子供を育て上げた--。

     それがこれまでの “定説” だ。彼女の半生は、「ママタレ人気」を形作る重要な要素でもあった。だが、彼女はシングルマザーではなくなっていたのだ。

    「2人は共同でセレクトショップを出そうとしていました。ワイキキ周辺で物件探しも進めていた」(同前)

     2010年には、美恵子さんが社長、X氏が取締役を務める会社をハワイ州で設立。ところが出店計画は頓挫し、X氏との結婚生活も、4年で終局を迎える。半年にわたる裁判を経て、離婚が成立したのは、
    2014年のクリスマスイブのことだった。

    「アパレル関係の仕事をしていたX氏は、自分の店を持つのが夢でした。だから美恵子さんは妻であると同時に、出資者的な立場だったようです。

     一方、美恵子さんはシングルマザーで移住したばかり。結婚することで、子供たちのために安定した立場を築きたかったのでしょう」(同前)

     6月下旬、日本に一時帰国中の彼女に話を聞いた。

    --(公表していない)Xさんとの結婚について、お伺いしてもいいでしょうか。
    「ちょっとお答えしたくないんですよ。大人の事情なので」

    --今のご主人は、Xさんとの結婚をご存じですか?

    「知ってます。でも(2人は)知り合いではないです」

    --花田虎上さんは?
    「それはまったく……(知らせてないです)。とにかくこの件は、ノーコメントなんです」

     美恵子さんが育てた4人の子供は、もちろん虎上氏の子供でもある。その元夫に、再婚を知らせていなかったとは。虎上氏にも話を聞いた。

    「(X氏との再婚を)取材で初めて知り、驚いています」

     美恵子さんが再婚していた間も、もちろん虎上氏は子供たちの養育費は支払っていたという。

    「再婚については知りませんでしたが、養育費については僕と子供たちとの接点でもあり、また、子供たちの父親としての精いっぱいの誠意だと思っていますから。

     また、今回の(13歳年下男性との)結婚についても、報道で知りました。その際、花田という名前を名乗ることについて、こちらが快諾したような話もありましたが、そのような事実はありません。

    (2007年の)離婚から1週間後、『花田の姓は返す』という連絡がありましたが、以後、直接の連絡はないんです」

     美恵子さん、やっぱり連絡くらいはしておいたほうがよろしいかと!

    (週刊FLASH 2019年7月16日号)

    https://smart-flash.jp/showbiz/73893
    本誌直撃時の美恵子さん

    (出典 data.smart-flash.jp)


    【【今の姿が衝撃ww】花田美恵子、花田虎上も知らない「隠された2度めの離婚」】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)


    離婚してるのに同居はつらいね

    1 ひかり ★ :2019/07/02(火) 00:04:40.83 ID:4tatQZgt9.net

    「最近の西山さんは周囲に『もう疲れた……』と漏らしていました。早乙女さんは仕事人間で育児に積極的なタイプではありませんでした。
    彼女は仕事に育児に家事と孤軍奮闘する日々で、心身ともに限界だったようです」(西山の知人)

    6月26日に早乙女太一(27)との離婚を発表した西山茉希(33)。2人は13年6月に結婚。同年10月に長女(5)、16年に次女(3)が誕生したが、
    結婚生活に6年間でピリオドを打った。

    結婚前から“波瀾万丈”な2人ではあった。12年5月、本誌は早乙女の“路上DV騒動”をスクープ。深夜、早乙女が路上で激高し、地面に押し倒された西山は
    泣いてその場を立ち去ったのだ。後日、早乙女は謝罪会見を開き同棲していることを告白。翌年4月に2人は結婚と妊娠を発表した。

    近年、西山は出演番組で“元夫のグチ”をこぼすことも多かった。テレビ局関係者の談。

    「西山さんは『食材とか生活用品は全部自分で買っている』と夫婦の財布が別々と公言。『うるさく言うと、理解されずにけんかになるのが嫌』とも
    話していました。長女出産後、早乙女さんが公演日と偽って1人で遊園地に行っていた日は大げんかの末、『出産後、初めてしっかり泣いた』と暴露。
    今春の番組でも、会食に行くと何時に帰るかわからない早乙女さんに対して『私よく考えたけど、あなたのこと何も知らないわ』と
    突き放したと話していました」

    夫妻の知人も言う。

    「昨秋、友人俳優の誕生会でも彼は朝まで飲み明かしていましたね。そのまま仕事に行き、帰宅したのは夜だったといいます。彼は在宅の日も
    子供の面倒よりゲームに熱中。彼女が仕事で留守にする日も、彼の母親を呼んで子守りを任せ飲みに行ってしまうことがあり、
    彼女は悩んでいました。父親になっても自分のやりたいことが最優先の夫と言い争うようになり、離婚を決めたそうです」

    だが、早乙女の知人は、彼の心情をこう代弁する。

    「実は早乙女さんは15年に解散した『劇団朱雀』の復活が悲願で、自分の稼ぎの多くをそこに投資し全力で動いていました。
    今秋、復活公演がかなった矢先の離婚でした。生活費すべてを奥さんが出していたわけではありません。家長として家賃は彼が出していると
    聞いています。ただ、このご時世、父親として家族ともっと密にコミュニケーションをとるべきでしたね……」

    離婚発表の書面で2人は《大切な子供達の笑顔を、父親と母親として守っていきます》とコメント。シングルマザーとして茨の再出発となる西山だが、
    離婚後の今も同居を続けているという。

    「子供たちがまだ小さいので生活環境をすぐに変えることは避け、当面は“パートナー”として一緒に生活するようです」(西山の知人)

    自宅“居座り”で早乙女に「父親の自覚」は芽生えるか――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00010000-jisin-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【もう疲れた・・・】早乙女太一 離婚後も同居継続…西山茉希は心身共に限界】の続きを読む

    このページのトップヘ