もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:エンタメ > テレビ



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    収録前でよかったね

    1 ばーど ★ :2019/11/17(日) 12:12:46.91 ID:PzbNwJWh9.net

    ◇沢尻エリカ容疑者逮捕

    沢尻容疑者の逮捕は来年の新春特番にも影響を及ぼしている。

    テレビ関係者によると、沢尻容疑者はきょう17日に正月恒例のテレビ朝日系「芸能人格付けチェック」の収録に臨む予定だった。逮捕の一報を受け、番組関係者は代役探しに奔走。ドタバタの中で、急きょ有名女優が出演可能となり、収録は予定通りに行われることになった。制作する朝日放送(大阪市)は「番組を公表していないため、何とも答えようがない」とした。

    11/17(日) 11:28
    スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-00000016-spnannex-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【代役は誰に?】正月恒例「芸能人格付けチェック」 沢尻エリカ容疑者に急きょ代役 17日撮影予定】の続きを読む


    『快傑えみちゃんねる』(かいけつえみちゃんねる)は、関西テレビ(カンテレ)で放送されているトークバラエティ番組で、上沼恵美子の冠番組。1995年7月10日放送開始。開始当初は関西ローカルで放送されていたが、FNSの一部系列局および関東地方・東海地方の独立局でも放送されている。
    22キロバイト (2,634 語) - 2019年11月5日 (火) 15:01



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    8ポイントはすごいね

    1 牛丼 ★ :2019/11/11(月) 10:53:53 ID:nurAGLpI9.net

    8日に関西テレビで放送された「怪傑 えみちゃんねる」(後7時)の視聴率が18・1%の高い数字だったことが11日、分かった。この日はダウンタウンの松本人志との対談。「台本なし、NGなし」のぶっつけ本番が話題となっていた。

     同番組は1週間前の1日は特別番組のため休止。2週間前の10月25日放送は10・1%だったことから、8ポイントも上昇したことになる。

     8日の放送では、昨年の「M-1」直後の炎上騒動の後日談を話したり、松本が「もしも上沼さんが辞めたら僕は絶対(審査員を)辞めますからね」と断言するなど、注目を集めていた。(数字はビデオリサーチ日報調べ、関西地区)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000040-dal-ent
    ※依頼ありました


    【【快挙】松本人志と対談の「えみちゃんねる」が18・1% 前回放送から8ポイントのアップ】の続きを読む



    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    笑えるのならいいと思うww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/11(月) 12:21:30 ID:+EehpVlH9.net

    11月10日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、ナレーターによる?イジり?が出演者を侮辱しているとして視聴者から批判を浴びている。

    この日は、世界の絶景をバックに撮影した写真をカレンダーに収める「カレンダープロジェクト」のロケに金子貴俊が挑戦。東アフリカのタンザニアで最大体重3トンのカバが8、9月に大群をつくる光景が見られるようで、そのシーンを収めようと同国を訪れることになった。

    同コーナーは『プロジェクトX』(NHK)で有名な田口トモロヲが、同番組のパロディー風のナレーターを務めている。ナレーションでは、髪を後ろで結んだ金子の額を「サバンナ地帯」「年々砂漠化が進んできている」と表現し、髪が薄くなっていることを揶揄するなど、いつものように笑いを誘った。

    独身女性マネジャーに「心配になる」「気の毒」と声をかぶせ…
    その後もナレーションでの?イジり?は止まらない。金子の女性マネジャーを「45歳独身」と強調。目的地の「カタビ国立公園」に向かう途中で訪れたマサイ族の観光村では、マネジャーが冷製パスタを作り、ロケ隊に振る舞ったところ、ナレーションでは「お料理合コンに通い続けて2年、全く結果が出ないことに見切りをつけて退会した」などと、未婚であることを茶化す。

    一同から45歳の誕生日をサプライズで祝われ、思わず号泣する姿に対しては、「今までどんな誕生日を過ごしてきたのか心配になる喜びよう」「おめでとうという気持ちになるより、気の毒な気持ちになるのはなぜだろう」とナレーションを入れた。

    一連の出演者イジりに、視聴者は不快感を示している。

    《イッテQの独身いじりがひどくて見ていられなかった》
    《「気の毒」ってナレーションしてたの不快だった》
    《独身、それも女性が独身のことを何でそんなに嘲笑うかのように演出するのか》
    《独身女性への当たりが強い編集》
    《結婚してない40代女性はみんな不幸だと思ってるの?》
    《独身45歳女子へのイジりは、世間の皆様にはどう映るんだろうなあ?》

    未婚率が上昇傾向にある 昨今、世間には受け入れられないようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2072827/
    2019.11.11 11:00 まいじつ


    【【独身イジリに批判殺到】『イッテQ!』45歳の独身女性をイジり倒し「不快だった」と批判】の続きを読む


    田原 総一朗(たはら そういちろう、1934年(昭和9年)4月15日 - )は、日本のジャーナリスト、評論家、ニュースキャスター。ドリームインキュベータ社外取締役。元東京12チャンネル(現・テレビ東京)ディレクター、元映画監督。日本国際フォーラム参与、政策委員。公益財団法人日印協会顧問、一般社団法人
    82キロバイト (12,532 語) - 2019年9月7日 (土) 04:18



    (出典 hochi.news)


    まだまだ現役、すごいねww

    1 牛丼 ★ :2019/11/07(木) 17:10:09.82 ID:wjg971Wc9.net

    田原総一朗氏、85歳で補聴器デビュー 『朝生』での聞き取り漏れの多さ視聴者が指摘

     評論家でジャーナリストの田原総一朗氏が7日、ツイッターを更新。「今日から補聴器デビューしました。」とつづり、本格的に補聴器を着けることになったと明かした。

     田原氏は現在、『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)や『激論!クロスファイア』(BS朝日)などのMCを務めている。今年85歳となった今でも、テレビ番組2本、ラジオ番組1本の番組でレギュラーMCを担当している。

     田原氏といえば、世相に深く斬り込みながら、歯切れ良く番組を仕切ることで知られているが、近年は高齢となったこともあり、視聴者から「聞き返しが多い」「補聴器をつけてほしい」などのコメントが寄せられていた。

     11月3日に放送された『朝まで生テレビ!』でも、MCとして、出演者の政治家や評論家に話を振るものの、会話が聞き取れず、「え?」と聞き返す場面がしばしば見られた。

     視聴者もネットでは、田原氏の聞き返しで会話のテンポが悪くなるといったコメントが見られた。ツイッターには「朝生は良い番組だと思う。けれど、残念ながら田原総一朗はMCを務めるには歳をとりすぎた。耳も遠いし、絶望的に滑舌が悪くなっている。そろそろ新しいMCに交代するべきだろう」「いま何となく朝生みてるんだがちょいちょい田原総一朗の耳が遠くて『えっ?』と言うタイミングが良くて笑っちゃう」などの声が寄せられている。

     高齢となっても、まだまだ現役ジャーナリストとして活躍する田原氏は「週刊ポスト」(小学館)のインタビューで“生涯現役”を公言しており、『朝まで生テレビ!』の「本番中に逝くことが本望」と語るほど、現役へのこだわりは強い。

     補聴器を着けることで、今後はスムーズな聞き取りが期待できる田原氏。第一線で活躍する姿がまだまだ見られそうだ。

    記事
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/29631583/

    記事内の引用について
    田原総一朗の公式ツイッターより https://twitter.com/namatahara
    (deleted an unsolicited ad)


    【【視聴者に指摘されて・・】田原総一朗氏、85歳で補聴器デビュー 『朝まで生テレビ』での聞き取り漏れの多さ視聴者が指摘】の続きを読む



    (出典 www.cinemacafe.net)


    そもそも需要あるの?

    1 記憶たどり。 ★ :2019/11/05(火) 10:01:29.05

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000110-spnannex-ent

    フジテレビ「FNS27時間テレビ」(2日後6・30~3日後9・54)の27時間を通しての平均視聴率は5・8%
    (ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。昨年の平均視聴率7・3%を下回り、歴代最低を記録した。

    番組のエンディングを飾る「グランドフィナーレ」(3日後6・00~9・54)は8・3%だった。

    1987年のスタートから33回目を迎えた今年は史上初の11月放送となった今回。
    3連休中の放送となり、裏番組にもラグビーW杯の決勝、フィギュアスケートGP第3戦フランス杯など
    スポーツのイベントも盛りだくさんとあって、3年ぶりに生放送で挑んだが、数字は伸びなかった。

    「にほんのスポーツは強いっ!」をテーマに、ビートたけし(72)が3年連続8回目の総合司会。
    「関ジャニ∞」の村上信五(37)と3年連続でタッグを組んだ。

    27時間通しての平均視聴率は「女子力」をテーマにした2013年が9・8%、SMAPが総合司会を務めた14年が13・1%、
    ナインティナインが4年ぶり3回目の総合司会を務めた15年が10・4%、明石家さんま(63)や「ウッチャンナンチャン」の
    内村光良(54)らがリレー方式でMCを務めて各番組をつないだ16年が7・7%だった。

    例年7月下旬に生放送で行われてきたが、17年で初めて9月放送&ほぼ収録となり、
    お笑いに特化した従来のスタイルから大きく舵を切り、内容を一新した。17年は「にほんのれきし」をテーマに、
    バラエティーをはじめ、ドラマ・アニメ・スポーツなども交え、日本史を掘り下げ、平均視聴率は8・5%だった。
    18年は、「にほん人は何を食べてきたのか?」というテーマを掘り下げ、平均視聴率は7・3%だった。


    【【悲報】フジテレビ「27時間テレビの視聴率」歴代最低5・8%】の続きを読む

    このページのトップヘ