もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: エンタメ



    (出典 i.daily.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/18(金) 15:45:38.62 ID:rlWhi3aU9.net

    17日、日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』の人気企画「グルメチキンレース ゴチになります!」の新メンバーが発表され、お笑いコンビ、千鳥のノブと女優の土屋太鳳に決定した。
    2人は、昨年末に無念にも“クビ”になってしまった渡辺直美と橋本環奈に代わっての加入となる。

    まず1人目としてノブが、パンダの被り物をして登場し、今回のオファーに驚いたエピソードなどを語る。
    その後、被り物を外してノブだということが明らかになると、遅れて土屋が姿を見せ、「勉強させていただきたいなと思い、参加させていただきました」と意気込みを語った。

    この発表を受け、ネット上ではノブに対して、「ノブさんはツッコミとフォロー役として必要。
    むしろ今1番必要なメンバー」「ゲストへのフォローも出来るし、メンバーとの絡みも楽しみ」といった意見が相次ぎ、早くも期待を寄せている人が多いようだ。
    しかしながら、土屋に対しては、「ゴチでぶりっ子見たくない。値段予想する時の声や表情や仕草とか丸見え。今年はもう観ません」「一番来て欲しくない子が来てしまった…。
    土屋太鳳ちゃんはバラエティ向きじゃないと思う。面白いこと言えないし」と批判的な声が多く、もともとアンチが多い土屋だけに、あまりいい印象を持たれていなかったようだ。

    「千鳥さんは、一昨年あたりから一気に露出が増え、テレビ制作者の間でも面白いと評判です。
    視聴者からの好感度も高く、その証拠に最近ではCMにも起用されていますよね。特にノブさんがいる番組は撮れ高がすごいと評価されているので、そういった面からもいい人選だったと言えるでしょう」(芸能記者)

    一方で、土屋に対しての意見は正反対だ。

    「本当に“いい子”というイメージで、現場でも礼儀正しいのですが、なんせアンチが多い。
    最近はバラエティに出ることも多く、事務所としても違う一面を見せたいという意向もあると思いますが、テレビに出てもいい子キャラが全面に出てしまうので、結局アンチを増やしてしまうことに。
    今回、ゴチメンバーに選ばれましたが、早速、『もう観ない』という声もチラホラ…。ここで一皮むけるかが勝負ですね」(前出・同)

    新たなメンバーの印象に明暗が分かれたようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15890838/
    2019年1月18日 12時50分 リアルライブ


    【【ゴチ新メンバーに明暗】 千鳥ノブには期待、土屋太鳳には『もう観ない』と厳しい声も】の続きを読む


    ASKA(アスカ、1958年2月24日 - )は、日本の男性ミュージシャン、シンガーソングライター。本名:宮﨑 重明(みやざき しげあき)。旧称:飛鳥 涼(あすか りょう)。CHAGE and ASKAのメンバーで、多くの楽曲のボーカル・作詞・作曲を担当。福岡県大野城市出身。第一経済大学卒業。所属個人事務所はBurnish
    137キロバイト (11,628 語) - 2019年1月13日 (日) 14:41



    (出典 kendo-entertainment.info)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/01/17(木) 07:15:36.79 ID:BUU2+Vy89.net

     タレントの坂上忍(51)が、MCを務めるフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」(木曜・後9時)で、昨年本格的に活動を再開した歌手・ASKA(60)に直撃インタビュー。逮捕から復帰までの空白の4年間について聞いた。この模様は17日に放送される。

     2014年5月に覚醒剤取締法の疑いで逮捕され活動を自粛していたASKA。「もうクスリやってないですよね」「クスリをやめられる人とやめられない人の差」など直球で質問をぶつける坂上に、ASKAは引退を考え、記者会見の準備までしていながら思いとどまった理由や、リハビリ施設に入寮した際の話。苦楽をともにした大切な仲間への思いなど胸中を激白する。

     また番組では昨年11月から12月にかけて5年ぶりに行ったソロコンサートツアー「THE PRIDE」にも密着。このツアーでは執行猶予中に発表した「FUKUOKA」やCHAGE and ASKAの代表曲「SAY YES」「YAH YAH YAH」などを披露。リハーサル映像やツアーにかける思いを放送する。


    1/17(木) 7:04配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000124-sph-ent


    【【もうクスリやってないですよね?】ASKAが坂上忍に逮捕からの4年間を激白】の続きを読む



    (出典 rapt-neo.com)


    かくし芸大会やってたころが懐かしいww

    1 スタス ★ :2019/01/12(土) 13:48:53.30

    「2.2%ですよ……。この数字が明らかになったとき、フジテレビ全体に衝撃が走りました。いくらなんでも低すぎですよ」

    フジテレビで働く放送作家が青ざめた顔で話すのは、1月1日の18時から3時間にわたって放送された正月特番『ニッポンよ! セカイを倒せ! フジヤマ 日本のNo.1VS 世界のNo.1』の平均視聴率についてだ。

    「つい先日伝えられたのですが、2.2%しかなかったんです。正月のゴールデンの特番で、この数字は絶対ありえません。こんな数字では、大金を投じたスポンサーも激怒しますよ。フジテレビの局内でも、いま大問題になっています」(前出の放送作家)

     1月1日のフジテレビといえば、かつては『新春かくし芸大会』をゴールデンタイムに放送してきた。同番組は1980年に48.6%の視聴率を叩き出すなど、常時30%を記録したお化け番組。2000年頃から低迷期に入り、2009年に一桁台の視聴率しか稼げなくなったため、2010年の放送を最後に番組の歴史を閉じている。その同じ枠での“2%台”は、今回の『フジヤマ』が初めてとなる。

    2019.01.10 07:10
    https://taishu.jp/articles/-/62857?page=1


    【【衝撃の視聴率】フジテレビ  元日のゴールデン特番でまさかの「2.2%」の歴史的低視聴率…スポンサー激怒で局員真っ青 フジ凋落止まらず】の続きを読む



    (出典 www.ntv.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/08(火) 18:24:20.67 ID:PERYJ0Kc9.net

    菅田将暉が主演を務める連続テレビドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)が1月6日に放送を開始した。
    平均視聴率10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という好スタートで、2019年1月期の連ドラの先陣を切った。

    同ドラマの主人公は、魁皇高等学校3年A組の担任で美術教師の柊一颯(菅田)。
    卒業まで残り10日となったその日、柊がA組の生徒29人を“人質”にして校内に立てこもり、
    「最後の授業」を始めるという学園ミステリーが展開され、早くもインターネット上では賛否両論の議論を呼んでいる。

    菅田は民放のゴールデン・プライムタイムの連ドラ主演、さらに教師役を務めるのも初めて。
    A組のメンバーは、永野芽郁演じる学級委員長・茅野さくら、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太演じる学校一の悪大将・甲斐隼人、
    元AKB48の川栄李奈演じるダンス部・宇佐美香帆、今田美桜演じる読者モデル・諏訪唯月、福原遥演じる恋愛体質の水越涼音……
    といったフレッシュな顔ぶれで、同ドラマが若い視聴者層をメインターゲットにしていることがわかる。

    第1話は、柊がA組の生徒を教室に閉じ込め、爆弾で廊下を閉鎖するなどして外界から孤立させた上で「これから、俺の最後の授業を始める」と宣言。
    困惑する生徒たちに対して、柊は数カ月前に命を絶ったクラスメイト・景山澪奈(上白石萌歌)の“自殺理由”を導き出すように求める。
    タイムリミットは夜8時。解答者にさくらを指名した柊は、不正解の場合は「誰かひとりに死んでもらう」と告げる。

    水泳選手として“学校の星”だった澪奈が全国大会でのドーピング疑惑をきっかけにクラスで無視されていたことが浮き彫りになり、結果として“見て見ぬふり”をしていたさくらは
    「澪奈が自殺したのは私のせい」と解答する。しかし、自殺前の澪奈から話を聞いていた柊によると、さくらの答えは「不正解」で、宣告通りに生徒をひとり殺してしまう。

    このように、同ドラマは“澪奈の死の真相”というミステリー要素に加え、犠牲者が増えていく恐怖と緊張感で視聴者を引き込んでいくのだろう。

    そして、その雰囲気は“脚本”と“キャストの演技力”の両方にかかっているといえるが、現段階では後者に不安を感じてしまう。
    主演の菅田に関しては、若手俳優のなかでも実力派として評価されているだけあって、今作でも存在感を発揮しつつ安定した演技を披露している。
    問題なのは、大量に起用されている“ゴリ押し”の面々だ。

    映画にドラマにと引っ張りだこの菅田もゴリ押しといえばそうなのかもしれないが、その経験値をしっかりと糧にして成長してきた彼には“需要”がある。
    昨年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインを務めた永野も、着実に力をつけている様子。
    一方、今はまだ需要よりもゴリ押しパワーのほうが上回っているように思えるのは、片寄や川栄、今田だ。
    シリアスな空気感を台無しにしないよう、ぜひともがんばってもらいたいが、すでにネット上ではそれぞれに対して「コイツ、いらない」といった書き込みも……。

    また、永野については『半分、青い。』で演じた楡野鈴愛のキャラクターが大不評だったために、
    「芽郁ちゃんを見ると鈴愛を思い出してしまう」「芽郁ちゃん、朝ドラ出たのは失敗だったね」
    「悪い意味で鈴愛のインパクトが強すぎた」などという声があがっている。『3年A組』でそのイメージを払拭できるか否かが、永野の課題かもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1644052/
    2019.01.08 17:40 ビジネスジャーナル


    【【話題のドラマ】『3年A組』担任教師が生徒を殺していく“恐怖の密室ミステリー”にネット騒然&高視聴率】の続きを読む


    河北 麻友(かわきた まゆこ、1991年11月28日 - )は、アメリカ合衆国籍の日本のファッションモデル、女優、タレント。 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出身。父はニューヨークで会社を経営している。高祖父は吉田松陰の教え子(松下村塾出身)でありサンフランシスコ領事を務めた河北義次郎。
    22キロバイト (2,164 語) - 2018年12月23日 (日) 18:16



    (出典 twinavi.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/07(月) 19:04:24.79 ID:obvERw5N9.net

    タレントの河北麻友子が、1月6日放送の『世界の果てまでイッテQ!新春2時間SP』(日本テレビ系)に出演。
    番組中に毒舌や悪態を連発し、視聴者の間では賛否両論が飛び交う事態となった。

    河北が出演したのは、出川哲朗が女性タレントたちと珍道中を繰り広げる『出川女子会』の第2弾。
    今回はアメリカ・ロサンゼルスの観光スポットを巡るツアーを組み、『ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド』などを訪れた。

    一行はアメリカのゾンビドラマ『ウォーキング・デッド』を題材にした、お化け屋敷のようなアトラクションを体験。
    しかし、ゾンビが苦手な河北は「絶対ヤダ!」と困惑気味に叫び、ペアで体験することになったデヴィ夫人に対しても
    「(夫人の顔を)暗闇で見たら絶対怖いって!」と失礼な冗談を浴びせていく。

    女の醜いとこ凝縮したようなヤツ
    さらに、河北はアウトドア施設での料理対決でも、「アクアパッツァを作る」という谷まりあに「超簡単」「ぶっ込むだけ」と辛辣なコメントを連発。
    続いて、普段から料理を作るという堀田茜にも敵意を剥き出しにし、出川から「顔!顔!顔!」とツッコまれるほど鋭い目つきでにらみつけていた。

    堀田が和風ハンバーグを作ると明かすと、ここでも河北は「出たよ」「わざと普通のもの作るでしょ?」と一刀両断。出川の「茜ちゃんのこと嫌いなの?」
    との質問にも「もうムカついてしょうがない」と答え、調理中も「普通そんな切り方しない」「男が好きなハンバーグを作るなんて分かりやすい女」などと毒舌を炸裂させた。

    ツイッターでは、

    《イッテQ見てんだけど、河北麻友子怖いです》
    《さすがに言い過ぎ》
    《女の醜いとこ凝縮したようなヤツだな》
    《小さい子どもに河北麻友子の悪口は見せたくないわ》

    などと口の悪さを指摘する声が続出。しかし一方で、

    《文句ばっか言ってて面白いwww》
    《河北ちゃんはそのままでいいと思う》
    《1つのくだりとして成立してる》

    のように、毒舌キャラとして受け入れる視聴者も目立っている。

    なお試食では、河北作の油淋鶏が圧倒的に「おいしい」との評価を受ける結果に。口は悪いが、料理の腕前は確かなようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1642679/
    2019.01.07 17:30 まいじつ


    【【毒舌キャラに賛否両論】河北麻友子『イッテQ!』で共演者に「罵倒・毒舌」連発し視聴者ドン引き】の続きを読む

    このページのトップヘ