もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:エンタメ > 漫画


    青山 剛昌(あおやま ごうしょう、1963年6月21日 - )は、日本の漫画家。本名、剛昌(よしまさ)。血液型はB型。鳥取県東伯郡大栄町(現北栄町)出身。鳥取県立由良育英高等学校、日本大学藝術学部美術学科絵画コース卒。元妻は声優の高山みなみ。 代表作の『名探偵コナン』、『YAIBA』は、それぞれ小
    28キロバイト (3,587 語) - 2019年4月15日 (月) 09:04



    (出典 askul.c.yimg.jp)


    コナンくんが独り立ちしたってこと

    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/19(日) 18:22:15.05

    遊人(漫画家) @kunimituyuji
    20年ぶりに再会した元小学館の編集Xさんによると「名探偵コナン」のコナンを描くゴーストライターは何人もいるという。
    実は作者がまったく描いていないというのは一般の人は意外と知らないかもしれないですね。
    トリックも編集者が考えているという。
    https://twitter.com/kunimituyuji/status/1126068352932179969
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【暴露】「青山剛昌は『名探偵コナン』を全く描いてない。絵は何人ものゴーストライターが。トリックは編集者が考えてる」】の続きを読む


    サザエさんの登場人物 (磯野波平からのリダイレクト)
    東京都世田谷区、桜新町駅前に設置されているサザエさん一家(磯野家)の銅像 (磯野波平・磯野カツオ・磯野ワカメ・磯野フネ)
    277キロバイト (43,398 語) - 2019年2月18日 (月) 04:57



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    サザエさんの登場人物の年齢にも驚くよね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/18(月) 04:01:25.65 ID:b+1H94ah9.net

    国民的アニメ作品『サザエさん』(フジテレビ系)の磯野波平の囲碁の実力が高いと話題だ。波平は多趣味で知られ、囲碁を打つ場面がたびたび登場するが、その局面がプロ並みと話題になっている。
    ネット上では、1年分の囲碁シーンを録画し、盤面を分析する強者も出現している。

    波平は「プロ並み囲碁」のほかにも、驚きのプロフィールの持ち主である。

    まず驚くべきは学歴であろう。波平といえば、山川商事の経理部に勤務するしがないサラリーマンといった印象がある。だが、出身大学は京都大学であるというから驚きだ。
    原作の設定では、波平は明治28年生まれなので、戦前の京都帝国大学出身となる。
    当時は今よりも大学生の数はぐっと少なく、帝国大学入学者はエリート中のエリートであった。

    だが、波平の人生は日本が戦時国家となって行く過程と連動している。そのため彼の人生には戦争の影も存在する。
    『サザエさん』を観ていて、サザエとカツオ、ワカメの間の年齢差が気になった人は多いだろう。
    24歳のサザエに対して、カツオは11歳、ワカメは9歳と最長13歳の年齢差があるのだ。
    これはアニメ版の数字であり、原作ではサザエは27歳なのでカツオとは16歳の年齢差がある。
    子供の頃、サザエの子供が、カツオ、ワカメ、タラオの三きょうだいと勘違いしていた人も多いだろう。

    この年齢差は、波平が兵役へ行き戻ってきたために、開いてしまったのではないかといわれる。
    さらに、サザエとカツオの間には、戦争で亡くなってしまった長男がいるといった説もある。
    もちろんこれらの話は、原作にも登場しないので都市伝説の類ではある。ただ、『サザエさん』にはこうしたトピックが多く、
    過去には東京サザエさん学会による『磯野家の謎』(飛鳥新社など)といった謎解き本も出版されているだけに、奥が深い世界といえるだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1695840/
    2019.02.17 12:30 リアルライブ


    【【驚愕エピソード】磯野波平は実は凄かった!! あの超難関大学出身! “囲碁がプロ並み”】の続きを読む


    プリキュアシリーズ > HUGっと!プリキュアHUGっと!プリキュア』(はぐっと プリキュア、HUGTTO! PRECURE)は、2018年(平成30年)2月4日から2019年(平成31年)1月27日まで朝日放送テレビの制作により、テレビ朝日系列にて全49話が放送された東映アニメーション制作のテ
    284キロバイト (38,682 語) - 2019年1月27日 (日) 12:45



    (出典 prtimes.jp)



    1 アッキーの猫 ★ :2019/01/27(日) 18:15:14.99

    「プリキュア」シリーズ15周年の節目を飾ったアニメ「HUGっと!プリキュア」が1月27日、最終回を迎えた。「育児」をテーマに据え、ジェンダーの問題に切り込む内容が反響を呼んだ同作だが、最終回では大人になった主人公・野乃はなのリアルな出産シーンが描かれ、視聴者を驚かせた。

    リアルな出産シーン、話題に 帝王切開についても言及も

    「HUGっと!プリキュア」では、過去にも出産シーンが描かれたことがある。

    8月放送の第27話「先生のパパ修業!こんにちは、あかちゃん!」は、主人公・はなのクラスの担任が父親になるストーリーで、終盤に約3分間かけて妻の出産シーンを描いた。

    この回は、出産を女性だけのものにせず、男性目線で描いたことでも反響を巻き起こした。

    10月放送の第35話「命の輝き!さあやはお医者さん?」では、「帝王切開はつまずきじゃない。立派なお産よ」という産婦人科医のセリフも登場。放送後はこのセリフに「励まされた」などのコメントが寄せられ、話題を呼んだ。

    あらゆる社会問題に切り込んだプリキュア

    12月放送の42話では、シリーズ史上初となる「男の子のプリキュア」も誕生。

    女児アニメながら、「女の子らしさ」や「男の子らしさ」などのジェンダーの壁、子育て、いじめなど、シリーズを通して日常に溢れるあらゆる社会問題に切り込んだ。

    各話放送後、Twitterでは関連ワードがトレンド入りし、多くの人が感想を言い合った。「HUGっと!プリキュア」が伝えようとしたメッセージは、多くの視聴者に届いているはずだ。

    シリーズ構成および脚本を手がけた坪田文さんは、自身のTwitterで、「楽しい思い出、勉強になった事がいっぱいある大切な作品です。辛い事も勿論ありましたが、皆さまの想いに感じ、そして励まされました。感謝です」とつづっている。

    生田綾 / ハフポスト日本版

    ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00010003-huffpost-soci


    【【考えさせられたアニメ】「HUGっと!プリキュア」最終回、出産シーン描かれ反響 シリーズ通して社会問題に切り込む】の続きを読む


    倉木 麻衣(くらき まい、本名は非公表。1982年10月28日 - )は、日本の女性歌手。千葉県船橋市出身。血液型はB型。デビュー後大阪府枚方市に転居。所属レコード会社はビーインググループのBeing、レーベルはNORTHERN MUSIC。所属事務所はLOOP。トータルCDセールスは2000万枚以上。
    115キロバイト (11,036 語) - 2018年12月7日 (金) 06:06



    (出典 cdnx.natalie.mu)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/07(金) 08:10:31.89 ID:CAP_USER9.net

    人気歌手・倉木麻衣が、2019年1月5日(土)、12日(土)に2週連続1時間スペシャルとして放送される「名探偵コナン」(日本テレビ系)の
    2週連続1時間スペシャル『紅の修学旅行~鮮紅編・恋紅編~』に本人役としてゲスト出演することが分かった。

    これが声優初挑戦となる倉木が、レギュラーの人気キャラクターたちと初共演を果たす。また、書き下ろしの新曲「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」が主題歌に決定した。

    倉木が出演する『紅の修学旅行』は、「週刊少年サンデー」にて原作者の青山剛昌氏が連載1000話を記念して6回にわたって描いたエピソード。

    灰原から解毒薬をもらったコナンは一時的に工藤新一の姿に戻り、蘭たちと一緒に京都へ修学旅行にやってくる。

    楽しいはずの修学旅行だったが、思わぬ事件に巻き込まれるというストーリーで、連載された時に大反響を巻き起こしたファン待望のエピソードだ。

    5日に『紅の修学旅行(鮮紅編)』、12日に『紅の修学旅行(恋紅編)』を放送する。

    この修学旅行は新一がロンドンで蘭に自分の気持ちを告白した直後という設定。
    蘭はまだ告白の返事をしていないため、この修学旅行中に2人の関係にどのような進展があるのかも見どころの1つになっており、
    倉木の書き下ろしの新曲は同スペシャルをイメージして作られた楽曲になっている。

    倉木は「ストーリーを頂いて、今回は京都の清水寺が舞台になっていて、蘭ちゃんと新一の一番核心的な恋愛の模様を描いていますので、
    私はそのイメージを膨らませて、皆さんが楽しんで頂けるような楽曲をドラマチックに届けさせていただきます。

    いつもこの楽曲に映像が付くとどうなるんだろうってワクワク・イメージしながら作らせていただいています」とコメントを寄せた。

    なお、オープニングテーマ「薔薇色の人生」も倉木が担当する。

    ■ 何かと縁が深い倉木とコナン

    倉木とコナンといえば、2000年2月からのエンディング曲に3rdシングル「Secret of my heart」が初起用。
    2001年11月には「Winter Bells」が初めてオープニング曲にも起用された。

    そして、これまでにテレビ版のオープニング曲に計8回、エンディング曲に11回、楽曲を提供しており、
    劇場版も第5作「天国へのカウントダウン」の主題歌に「always」が起用されたのを皮切りに合計4曲(内2曲はテレビ版と重複)が主題歌に起用されている。

    その結果、倉木はテレビ版オープニング曲、エンディング曲、劇場版主題歌に合計21曲(今回の2曲は除く)の楽曲を提供し、
    同じアーティストにより歌われたアニメシリーズのテーマソング最多数として、ギネスワールドレコーズにも認定されている。

    そんな倉木が満を持して本人役の倉木麻衣としてレギュラーの人気キャラクターたちと初共演を果たす。どのような形で初共演を果たすのかにも注目したい。

    そして都内スタジオでアフレコ収録も実施。スタジオ入りした倉木は監督、スタッフたちとあいさつを交わしてアフレコに臨んだ。

    最初はセリフの声の大きさ、絵に合わせるタイミングなどに苦労していた倉木だったが、そこは持ち前のセンスですぐにコツをつかみ、スムーズに収録は進む。

    アニメっぽい言い方、テンションを上げるセリフ、強弱をつけるセリフ、つぶやくようなセリフなど、不慣れなアフレコも楽しめた様子であり、
    表現豊かな倉木のセリフにサブのスタッフからは「かわいい」「素晴らしい」などの声が上がった。

    1度コツをつかんだ倉木はどんどん上達していって最終的に予定していた収録時間の半分の時間でアフレコは終了。

    監督からOKが出ると、倉木は「ありがとうございました」と初挑戦のアフレコが無事に終わってホッとしたように笑顔を浮かべた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00171765-the_tv-ent
    12/7(金) 6:00配信


    (出典 news.walkerplus.com)


    (出典 cho-animedia.jp)



    (出典 Youtube)

    倉木麻衣 Secret of my heart


    【【満を持しての登場】倉木麻衣『ついに来た〜』「名探偵コナン」に本人役で出演!!】の続きを読む


    梅原 裕一郎(うめはら ゆういちろう、1991年3月8日 - )は、日本の男性声優。アーツビジョン所属。静岡県出身。 声優という職業を知ったきっかけは中学1年の頃に『ロード・オブ・ザ・リング』でアラゴルン役を演じていた大塚芳忠の声に惹かれたことから。 その後、大学受験の浪人中に息抜きとして見ていた洋
    95キロバイト (8,915 語) - 2018年11月19日 (月) 13:44



    (出典 music.oricon.co.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/12/03(月) 21:20:52.21 ID:CAP_USER9.net

    https://npn.co.jp/article/detail/03665645/
    2018年12月03日

     アニメ『多田くんは恋をしない』『アイドルマスター SideM』などに出演している人気声優・梅原裕一郎のある発言が物議を醸している。

     問題となっているのは、梅原が同じく声優の西山宏太朗とパーソナリティを務めているラジオ番組『宏太朗と裕一郎 ひょろっと男子』(文化放送)2日放送回でのある発言。番組内で好感度についての話題が出た際、梅原は「(好感度は)気にしない」とバッサリ。そして梅原は、その流れで「ファンっていう言葉が嫌いなの」と断言し、「自分のファンって嫌じゃない? ファンの人が嫌なわけじゃなくて、言い方が好きじゃない」と話していた。

     さらに梅原は「ファン心理が分からない」と言い、イベント等で「手を振る」「ウインクをする」などのファンサービスについても、「あれは俺は(スタッフに)言われてるからやってるだけだから」と告白。「事細かにスタッフさんから『ここでウインクしてください』『ここを投げキスをして』って言われてるだけだから。感情はない」とファンサービスについて自身はやる気がないことを明かし、「まあ、人それぞれですけど」と言いつつ、「ファンがほしがってるものを与えている人を見ると、俺はちょっとワクワクする。この人いつまでこれやるんだろう、って」とファンサービスの多い声優についても言及していた。

     アイドルと遜色ない扱いを受けている人気声優ならではのこの発言だが、これについて、声優ファンからは「ファンサが演出なのは仕方ないけど、ほかの声優貶めるのはどうなの?」「嫌々やってるのはファンじゃなくても知ってるけど、それをファンに言うのは今後を考えてないただのアホだ」「『上の人が言うから』は他の所属してるタレントにも関わる」といった不信の声が集まっている。

     若手声優が声優業を超えた範囲のイベントなどをこなしていることも事実だが、今回、ファンの不信感を買ってしまったことも事実。今後のファン人気にも影響が出てしまう可能性もあるが、果たして――。

    梅原裕一郎

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    ★1が立った日時:2018/12/03(月) 18:49:01.49

    前スレ
    【芸能】人気声優の「ファンって言葉が嫌い」発言が物議 ファンサービスも「あれは俺は(スタッフに)言われてるからやってるだけだから」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543830541/


    【【不信感】人気声優の「ファンって言葉が嫌い」発言が物議  「ファンサービスも言われてるからやってるだけ」】の続きを読む

    このページのトップヘ