もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:エンタメ > 漫画


    『ちびまる子ちゃん』(ちびまるこちゃん)は、さくらももこによる日本の漫画、および同作品を原作とするテレビアニメである。また本作の主人公のニックネームでもある。 本作品は、1974年から1975年にかけて静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした作者のさくらももこの投影
    134キロバイト (17,210 語) - 2018年9月2日 (日) 11:15



    (出典 girlynews.net)



    1 Egg ★ :2018/09/02(日) 18:34:53.26 ID:CAP_USER9.net

    8月15日に53歳で亡くなった漫画家・さくらももこさんをしのび、きょう2日、さくらさん原作のアニメ『ちびまる子ちゃん』(毎週日曜 後6:00)は番組内容を変更し放送された。原作25周年記念として2011年10月に放送されたもので、アニメ第1話「まる子、きょうだいげんかをする」(1990年1月7日放送)をリメイクするなどした内容。SNSでは、改めてさくらさんの早すぎる死を悼む声と共に、2016年5月に亡くなった声優・水谷優子さん演じる“お姉ちゃん”の声が再び聞けたことに感動の声が広がった

     「きょうだいげんかをする」は、一冊のノートをめぐってまる子とお姉ちゃんの姉妹げんかを描く。まる子はじゃんけんに負け泣く泣くノートを諦めるも、お姉ちゃんにちょっかいを出したり、ノートに落書きをしてしまったり。まる子の愛すべきキャラクターが凝縮されたストーリーが展開する。

     同話が放送された11年当時は水谷さんがお姉ちゃんの声を務めていたが、その後、16年5月に乳がんのため51歳という若さで亡くなっている。ネットでは「水谷さんだ…泣く」「久しぶりの水谷さんの声に感動」「水谷優子さんのお姉ちゃんの声がまた聞けるなんて」と、久しぶりに聞く水谷さんの声に感動や懐かしむ声が絶え間なく寄せられた。

    2018年9月2日 18時17分オリコン
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15247433/

    写真
    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【追悼】<ちびまる子ちゃん>さくらさんしのび特別放送 水谷さん演じる“お姉ちゃん”に感動の声も】の続きを読む


    石塚 (いしづか うんしょう、本名読みは いしづか ゆきのり、1951年5月16日 - 2018年8月13日)は、日本の男性声優、俳優、ナレーター、演出家。青二プロダクション所属。福井県勝山市出身。既婚者。血液型はA型。 主に朗読指導を行う「石塚運昇 リーディングカンパニー」主催。参加者による
    112キロバイト (10,627 語) - 2018年8月17日 (金) 04:40



    (出典 www.aoni.co.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/08/17(金) 13:18:25.82

    https://www.aoni.co.jp/

    訃報
    弊社所属俳優 石塚運昇 儀(享年68) 
    食道癌の為かねてより病気療養中でしたが、
    薬石効なく平成30年8月13日永眠いたしました。
    生前、皆様から頂きました御厚誼に心より深謝致します。


    【【訃報】声優の石塚運昇さん、食道癌のため死去。享年68】の続きを読む



    (出典 farm1.static.flickr.com)



    1 スタス ★ :2018/08/12(日) 20:30:11.16

    『ドラえもん』でLGBT差別な表現が……この時代にまだ「同性愛はキモい」と発信
    https://yossense.com/doraemon-lgbt-discrimination/

    国民的アニメと聞けば『ドラえもん』が思い浮かぶのではないかと思います。わたしも子どもの頃、めっちゃ見ていました。
    きっと日本に住んでいて、ドラえもんを見たことがないという方はいないですよね?
    テレビを見なくてもキャラグッズが町中にあふれていますから。
    そんなドラえもんですが、たまたま見た回の「LGBT差別」がひどかったのでそのことについて紹介します。

    はい。昨日、たまたま子どもたちと見た『ドラえもん』の内容があまりにもひどかったです。
    「ジャイ子の恋人=のび太」という回なんですけど、ストーリーを簡単に説明しますね。

    2018/8/3放映のドラえもん
    1ジャイアンの妹「ジャイ子」が「のび太を好きかもしれない疑惑」が勃発(ジャイ子の机でのび太の写真を発見)
    2妹想いのジャイアンは、ジャイ子に幸せになってもらいたくのび太とくっつけることに
    3のび太に対して「おまえは男だからジャイ子に告白しろ」
    4「好きでもないのにできない」と主張するのび太に告白を強制
    5空き地で告白の練習(のび太がジャイアンに告白するシーン)
    6それをたまたま通りかかったスネ夫が発見し「オゲー!」となる
    7オチ: ギャグ漫画の主人公としてのび太をモデルにしていただけで「好き」ではなかった

    このストーリーをまとめてて、ツッコミどころがありすぎて怖いぐらいですけど……。
    いやー、日本の子ども向けアニメ、ヤバイですね……。
    わたし、子どもの頃『ドラえもん』が大好きで絶対見てたんですけど、子どもには見せたくないというのは悲しい現実です。

    ツッコミどころが多い回でしたが、今回注目するのはこのシーンです。

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    ジャイアンが のび太をジャイ子に告白させようと、練習するシーンです。

    その練習を のび太 とジャイアンが空き地でやってたんだけど、それをスネ夫が見て「オゲー!」ってなる描写。
    なにがひどいかと言うと「男が男を好き」ということを意図的に笑いに転換させていること。
    古いですが、昔「とんねるず」が「保毛尾田保毛男」というキャラを演じて笑いに転換させていたのと同じ構図ですよね。

    つまりこういうことです。

    意図的に「男が男を好きというのは気持ち悪いんだよ」と気持ち悪く描写させる。

    それを見た視聴者に「わはは! 同性愛みたいで気持ち悪りぃ!」と反応してもらうことを期待するという。

    衝撃なのは、今のこのタイミングで無神経にこんなネタをやることですよ。
    政治家が「LGBTは生産性がない」とか「同性婚は趣味みたいなもの」と発言して問題になってますよね?
    その最中に、あまりにも意識が低すぎて目ん玉が飛び出て紛失してしまうレベル。
    『ドラえもん』って全国の子どもたちが見ているんですよね……。
    そんな「国民的アニメ」が全国に「男が男を好きになるのはキモい」という発信をおもしろおかしくしているんですよね。

    ちなみに、わたしが10代のころは、先生がフツーに「おまえはオカマかw」「おまえらはホモかw」的な発言をジョークとして連発していました。
    それをシャワーのように浴び、わたしも「同性愛はキモい」という価値観を持たされていました。
    今の学校ってどうなのか知りませんが、子ども向けのアニメで堂々とLGBT差別をするような状況ですからね。たぶん、全然変わっていないんだと思います。
    大人向けの番組じゃなく、完全に子ども向けのアニメでコレをしでかすのが日本の怖さです。

    こういうことを言うと「表現の自由」って言う人がいますが、「表現の自由」ってなんなんですかね?
    国民的アニメでこういうことを発信するのはある意味「洗脳」です。子どもたちはLGBTへの差別を学習しますから。
    そして、再生産していき、差別は一向になくならない。


    【【悲報】「ドラえもん」前回放送分でLGBT差別の表現 「同性愛はキモい」と発信、炎上へ】の続きを読む


    あき(みむら あきの、1958年7月2日 - 2018年7月30日)は、日本の漫画家。東京都出身。本名は岡島 和子(おかじま かずこ)。 1977年、『わたしの理想のあなたさま』(『別冊少女フレンド』)でデビュー。以降、『別冊フレンド』『mimi』『BE・LOVE』を中心に作品を発表。代
    3キロバイト (378 語) - 2018年7月30日 (月) 23:48



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 このもん :2018/07/30(月) 19:57:33.91 ID:CAP_USER9.net

    漫画家・美村あきのさん死去、60歳 「すくうるでいず」「伝説の少女」...

    「すくうるでいず」「伝説の少女」などの作品で知られる漫画家の美村あきのさんが2018年7月30日、死去した。
    60歳だった。本人のSNSのほか、過去の掲載誌「BE・LOVE」(講談社)編集部の公式ツイッターなどで伝えられた。

    1977年に「別冊少女フレンド」に掲載した「わたしの理想のあなたサマ」で漫画家デビュー。
    柔らかなタッチが特徴で、主に少女漫画を描いてきた。突然の訃報に、ファンや同業者からは驚きや悲しみの声が広がっている。

    デビュー誌編集部も「悲しみにたえません」
    1958年、東京都生まれ。「セント=ブラウンの童話」「すくうるでいず」「伝説の少女」などの少女漫画作品のほか、いわゆるレディースコミックの分野でも活躍した。6月は、代表作の電子書籍版も配信されたばかりだった。

    美村さんは6月25日のツイッターで入院したことを報告。7月27日には「無機質な面会謝絶の病室で、大好きなレモン水に氷とミントを浮かべ夏を味わい、ついでに40年前の青春も味わい...」と呟いていたが、これが生前最後のツイートになった。

    30日午前にツイッター、フェイスブックの両方が更新され、

    「2018年7月30日午前11時12分に、美村あきのは永眠しました。これまで美村を応援して下さった皆さま方、本当に有り難う御座いました」
    と報告されたのだ。署名はないが、遺族による投稿とみられる。

    その後、代表作の一つ「伝説の少女」を連載していた講談社の女性向け漫画誌「BE・LOVE」編集部も公式ツイッターで、

    「漫画家の美村あきの先生が、7月30日午前11時12分にご逝去されました。美村先生は『別冊フレンド』『Me』『BE・LOVE』などで活躍され、『すくうるでいず』『伝説の少女』など、数々の人気作を発表されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます」
    と報告。デビュー誌の「別冊少女フレンド」(講談社)編集部もツイッターで、

    「先生の早すぎる訃報に接し、悲しみにたえません。別冊フレンド編集部一同、心よりご冥福をお祈り申し上げます」
    と悼んだ。

    「作品を大切に読み返します」
    美村さんの訃報を受け、ファンからはツイッターやネット掲示板に、

    「素敵な作品いつもありがとうございました。ご冥福をお祈りします。あまりに驚いて、涙出そうですが、作品を大切に読み返します」
    「少女時代 先生の描く男の子に心ときめかせていました。楽しい時間をありがとうございました」
    「大好きで少ない小遣いの中からコミックを集めてた。とても悲しい。ご冥福をお祈りします」
    といった悲しみや感謝の声が相次いで寄せられている。

    また、「ガラスの仮面」で知られる美内すずえさんも30日夕のツイッターで、

    「訃報を知り驚きました。長い間、本当にお疲れさまでした。優しさ溢れる作品の数々を通して、貴女の魂は生き続けると思います。今はただ安らかにお眠り下さい。ご冥福をお祈りいたします」
    と追悼のコメントを寄せた。

    https://www.j-cast.com/2018/07/30335040.html


    【【訃報】漫画家・美村あきのさん死去、60歳 「すくうるでいず」「伝説の少女」.】の続きを読む

    このページのトップヘ