もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: 訃報


    日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、13頁。 ^ あさぎり夕らんど ホーム ^ 「なな色マジック」の漫画家・あさぎり夕さん死去 62歳 重い肺炎から回復かなわず… スポニチアネックス、2018年11月2日配信。 あさぎり夕 らんど - 公式サイト。
    9キロバイト (1,054 語) - 2018年11月2日 (金) 12:04



    (出典 giwiz-tpc.c.yimg.jp)


    なな色マジック、世代です。お若いのに残念です。

    1 pathos ★ :2018/11/02(金) 16:58:01.84

    なな色マジック なかよし60周年記念版(1)

    漫画家・小説家のあさぎり夕さんが肺炎により10月27日に亡くなったことがわかった。62歳だった。

    あさぎり夕さんの公式サイトに、「平成30年10月27日 永眠いたしました 重い肺炎からの回復がかなわず 62年余の生涯を閉じました」との訃報が掲載。ファンに向けては、「昭和51年の漫画家デビュー以来 42年にわたり あさぎり作品を愛し 支えてくださった皆さんに 深く感謝いたします ありがとうございました」と感謝が綴られている。

    あさぎり夕さんは、1976年に講談社の第12回なかよし・少女フレンド新人漫画賞に「光めざして飛んでいけ」で入賞しデビュー。1987年には「なな色マジック」で第11回講談社漫画賞少女部門を受賞した。近年は小説やボーイズラブ(BL)漫画も手がけていた。
    https://gunosy.com/articles/ax92l

    (出典 contents.gunosy.com)


    【【訃報】漫画家のあさぎり夕さんが死去 62歳 少女漫画「なな色マジック」など、近年はBL漫画も手がける】の続きを読む


    江波 杏子(えなみ きょうこ、本名;野平 香純<のひら かすみ>、1942年10月15日 - 2018年10月27日)は、日本の女優。東京都渋谷区千駄ヶ谷出身。アルファエージェンシー所属。天秤座。 曾祖父は、最後に沖田総司を匿った植木職人の柴田平五郎。母・江波和子は戦前に東宝で活躍した映画女優。子
    31キロバイト (3,877 語) - 2018年11月2日 (金) 09:39



    (出典 image.pia.jp)



    1 ひかり ★ :2018/11/02(金) 14:31:44.06

     映画「女賭博師」シリーズの「昇り竜のお銀」などで知られる女優の江波杏子さんが、先月27日に肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため
    亡くなったことが2日、分かった。76歳だった。所属事務所が公式サイトで明かした。また報道各社にFAXで発表した。

     公式サイトによると、江波さんは22日までNHKのラジオドラマの収録をしていたが、26日に体調不良を訴え、都内の病院に緊急入院。
    回復することなく、27日午後9時6分に息を引き取ったという。この日、近親者のみで密葬が営まれた。公表は密葬後にしてほしい、という
    故人の遺志により、この日の発表となった。

     所属事務所は「肺気腫は長年患っておりましたが、日常生活には差し障りなく女優業に励んでおりました。11月以降から来年にかけて、
    いくつかのドラマのオファーにもお引き受けすべく、私共スタッフとミーティングも重ねておりました」と説明。「江波杏子は私たちに別れを
    告げましたが、数々の映画、ドラマの中に生き続けています。皆様のお心の裡、記憶の中にも生き続けてくださることを祈っております」とつづった。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000118-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【訃報】女優の江波杏子さんが肺気腫のため死去 76歳】の続きを読む


    角替 和枝(つのがえ かずえ、1954年10月21日 - 2018年10月27日)は、日本の女優。本名、柄本 和枝(旧姓:角替) 静岡県富士市出身(庵原郡富士川町生まれ)。劇団東京乾電池所属。所属事務所はノックアウト。夫は俳優の柄本明、長男は俳優の柄本佑、次男は俳優の柄本時生。
    19キロバイト (2,173 語) - 2018年10月28日 (日) 01:07



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    最近、透明なゆりかごで見たので、驚きです。お若いのに残念です。

    1 相沢雄 ★ :2018/10/28(日) 04:43:38.88 ID:CAP_USER9.net

    10/28(日) 2:28 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00374857-nksports-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    舞台、映画、ドラマなどで幅広く活躍した女優角替和枝(つのがえ・かずえ)さん(本名柄本和枝=えもと・かずえ)が、がんのため27日早朝に都内の自宅で亡くなったことが同日、分かった。64歳。静岡県生まれ。つかこうへい事務所を経て、劇団東京乾電池に所属。

    【写真】義理娘はNHKまんぷくの安藤サクラ/角替さん略歴

    夫柄本明(69)長男柄本佑(31)次男柄本時生(29)、佑の妻安藤サクラ(32)もそれぞれ俳優として活躍する芸能一家。通夜、葬儀は、本人と家族の希望で密葬で営まれる。

    関係者によると、角替さんは27日午前5時ごろ、柄本、佑らに見守られて息を引き取った。時生は海外で仕事中のため、最期をみとることはできなかったという。角替さんは、約1年間の闘病生活を続けていた。

    NHK連続テレビ小説「ハイカラさん」(1982年)「おひさま」(2011年)「花子とアン」(2014年)など数多くのドラマに出演。個性豊かな演技力で、愛嬌(あいきょう)ある存在感を放ち人気を集めた。

    26歳の時に柄本明と結婚。現在放送中のNHK連続テレビ小説「まんぷく」でヒロインを演じる安藤サクラ(32)は長男佑と結婚しており、義理の娘に当たる。

    安藤にNHKから出演依頼が届いたのは昨年10月初めで、角替さんは厄年を迎えていた安藤に「大厄の年だからこそ大役をやるべき」と励ましたという。


    【【訃報】角替和枝さん死去、がんで闘病…夫の柄本明ら見守られ 安藤サクラは息子の嫁】の続きを読む


    辻谷 耕史(つじたに こうじ、1962年4月26日 - 2018年10月17日)は、日本の男性俳優、声優、音響監督、ナレーター。本名読みは“つじたに やすふみ”。東京都小平市出身。身長171cm、血液型はAB型。妻は同じく声優の渡辺久美子。 舞台芸術学院を卒業後、劇団東演に所属。同劇団に所属してい
    36キロバイト (3,635 語) - 2018年10月23日 (火) 13:19



    (出典 seigura.com)


    56歳、早すぎる死ですね。ご冥福をお祈りします。

    1 ばーど ★ :2018/10/23(火) 21:03:36.88

    1991年のアニメ映画「機動戦士ガンダムF91」の主役シーブック・アノー役などで知られる声優、ナレーターの辻谷耕史(つじたに・こうじ、本名やすふみ)さんが17日、脳梗塞のため都内で亡くなったことが23日、分かった。56歳だった。

    複数の関係者によると、辻谷さんは15日に声優の立木文彦と都内でライブを行うなど元気だったが、17日に自宅で突然倒れ、そのまま17日に急逝したという。葬儀は妻で声優の渡辺久美子ら親族と近親者のみの密葬で行われ、21日に通夜、22日に葬儀・告別式が営まれたという。

    辻谷さんは1962年(昭37)4月26日に東京・小平市で生まれ、我孫子高から舞台芸術学院に進み、83年に劇団東演に入団。我孫子高の同級生には、元阪神タイガースの和田豊氏がいた。俳優業を続ける中、1988年(昭63)年にアニメの声優を始め、89年「ガンダム0080」のバーナード・ワイズマン役や00年「犬夜叉」の弥勒役など、人気作品の中心的な役を数多く演じた。「グラン・ブルー完全版」のジャック・マイヨール役など洋画の吹き替えや、TBS系「スーパーサッカー」などナレーション業も多数、務めた。

    近年は、音響監督としても活躍しており、落合博満氏の長男で声優の落合福嗣が主演するアニメ「グラゼニ」では、音響監督を務めるなど演出、プロデュース業に軸足を置き、精力的に活動していた中での、早すぎる死だった。


    2018年10月23日20時53分]
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810230000775.html


    【【訃報】声優の辻谷耕史さん死去 56歳 「機動戦士ガンダム」シーブック、バーニィ 「3×3 EYES」藤井八雲 「無責任艦長タイラー」】の続きを読む


    穂積 隆信(ほづみ たかのぶ、本名;鈴木 隆信、1931年7月20日 - 2018年10月19日)は、日本の男性俳優及び声優。所属事務所はマウスプロモーション。静岡県伊豆の国市(旧:田方郡大仁町)出身。身長172cm、血液型はA型。静岡県立韮山高等学校卒業。
    46キロバイト (5,594 語) - 2018年10月20日 (土) 07:29



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    積み木崩し、という中学生の実娘が非行に走るドラマ。
    当時はかなり衝撃的なドラマでした。

    1 孤高の旅人 ★ :2018/10/20(土) 06:27:42.18

    「積木くずし」穂積隆信さん、死去 胆のうがん87歳
    10/20(土) 2:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000079-sph-ent

     非行に走った実娘との日々を描いたノンフィクション「積木くずし~親と子の二百日戦争~」(桐原書店)の著者で、俳優の穂積隆信(ほづみ・たかのぶ、本名・鈴木隆信=すずき・たかのぶ)さんが19日未明、胆のうがんのため神奈川県内の病院で亡くなったことが分かった。87歳だった。所属事務所が明らかにした。

     所属事務所によると、体調を崩し8月に病院に行ったところ、黄だんの症状が出て、胆のうがんであることが判明、入院していた。穂積さんは生前、「(遺体は)献体に回してほしい」と希望していたという。葬儀・告別式は未定。

     静岡県出身。1953年に俳優座養成所を卒業し、59年に「にあんちゃん」で映画デビュー。悪役やとぼけた役もこなすバイプレーヤーとして映画、ドラマに出演し、洋画の吹き替えでも活躍した。近年も定期的に活動しており、今年2月には東京・三越劇場での舞台にも出演していた。

     1982年、当時中学生だった実娘の由香里さん(03年死去、享年35)が不良少女となり、非行から立ち直らせるまでの葛藤の日々を描いた「積木くずし―」は280万部の大ベストセラーに。当時深刻な問題となっていた10代の非行に一石を投じる作品となった。翌年にはTBS系で連続ドラマ化され、穂積さん役を前田吟(74)が、由香里さん役を高部知子(51)が演じ、最終回の視聴率は45・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。同年11月に映画化もされ、社会現象となった。


    【【訃報】「積木くずし」穂積隆信さん、死去 波乱の人生 胆のうがん87歳】の続きを読む

    このページのトップヘ