もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: 訃報


    佐倉アスリート倶楽部株式会社(SAC、さくらアスリートくらぶ)は、小出義雄が設立したスポーツクラブ。及び、スポーツ育成団体。 マラソン・中距離選手を指導する部門を「佐倉アスリート倶楽部」、ジュニア選手を指導する「小出道場」(こいでどうじょう)に分ける。
    14キロバイト (1,665 語) - 2019年4月24日 (水) 05:04



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/24(水) 12:13:52.49 ID:WiZNXulc9.net

    陸上女子長距離の指導者として2000年シドニー五輪マラソン金メダルの高橋尚子さんら数々の名選手を育成した小出義雄氏が24日、死去した。80歳だった。

    https://www.daily.co.jp/general/2019/04/24/0012270838.shtml
    2019.04.24


    【【訃報】陸上の小出義雄氏が死去 高橋尚子さんら名選手を育成】の続きを読む


    ケーシー 高峰ケーシー たかみね、1934年2月25日 - 2019年4月8日)は、日本のタレント。本名、門脇 貞男(かどわき さだお) 白衣姿で黒板やホワイトボードを用いる医事漫談の創始者にして、第一人者。愛称は「ドクター」。 山形県最上郡最上町出身。母方は先祖代々医師の家系であり、母・シヅエは
    27キロバイト (3,391 語) - 2019年4月10日 (水) 06:25



    (出典 www.dailyshincho.jp)



    1 シャチ ★ :2019/04/10(水) 03:39:07.63 ID:yH2p01YA9.net

     黒板やホワイトボードを使ったお色気医事漫談で知られるケーシー高峰(たかみね、本名門脇貞男=かどわき・さだお)さんが8日午後3時35分、肺気腫のため入院先の福島県いわき市内の病院で死去した。85歳。山形県出身。葬儀は近親者のみで営まれる。医事漫談の第一人者として、半世紀以上にわたって活躍。俳優としても渋い演技で数多くの作品を彩り、マルチタレントの草分けだった。

     軽妙洒脱(しゃだつ)な話術が持ち味のドクターケーシーが逝った。30年以上前に移り住んだいわき市内の病院で家族らにみとられて旅立った。

     関係者によると、肺を患っていたため、昨年9月以降は仕事を控えて自宅で療養。約1カ月前から入院していた。古くからの知人は「若い頃から愛煙家。肺を悪くしていたようだ」と明かした。最後の仕事は同月に収録された演芸番組「お笑い演芸館+」(BS朝日、同11月放送)。鼻に酸素吸入器をつけ、椅子に座るなど体調は万全でなかったが、普段通りの漫談を繰り広げた。

     商社マンの父、江戸時代から続く医師家系の母の間に生まれ、家業を継ぐため日大医学部に入学した。だが、ジャズやラジオに傾倒し、芸術学部に転部。在学中からジャズクラブなどの司会業で頭角を現し、1957年の卒業後、本格的に芸人の道へ。漫才師「リーガル天才・秀才」に弟子入りし、漫才コンビ「大空はるか・かなた」として活動した。

     解散後の68年、ケーシー高峰に改名。白衣姿で黒板やホワイトボードを使い、医学を説明しながら、エロネタを交えていく毒舌の医事漫談を生み出し、お笑い番組で引っ張りだこに。「グラッチェ(イタリア語、ありがとう)」「セニョール(スペイン語、男性に呼びかける言葉)」「セニョリータ(同、女性に呼びかける言葉)」など、連発する謎のラテン系あいさつは当時の流行語にもなった。その芸風は立川談志さんやビートたけし(72)も絶賛した。

     病との付き合いは長く、70年代に患った腰痛は2003年に悪化し、腰部脊柱管狭さく症と診断。05年には舌がん(舌白板症)が見つかり、30針を縫う手術を受けた。復帰後に「タン(舌)キュー・べろマッチ」「顔は悪性です」と冗談を飛ばし、自らの病気さえネタにして披露した。

     医学部をやめた時に母親に勘当されたが、医事漫談を始めた理由こそ「医者にはなれなかったけど、白衣を着て親孝行をしたい」という思いからだった。芸名は脳外科医を描いた米ドラマ「ベン・ケーシー」と、少年時代に一目ぼれした高峰秀子さんから取ったもの。晩年は客いじりも取り入れた話芸へと変化。80歳を超えてなお、正月の演芸番組に欠かせない存在だった。

     ▽肺気腫 酸素と二酸化炭素の交換を行う肺胞の組織が壊れ、肺にたまった空気を押し出せなくなる病気。タバコが一番の原因とされるが、喫煙をしていなくても発症することがある。息切れ、せきなどが主な症状。薬の服用や酸素の吸入などが主な治療法で、禁煙や適度な運動が必要。一度壊れた肺胞は元には戻らないため、治療で進行を抑え、症状を改善することしかできない。

     ◆ケーシー高峰(けーしーたかみね、本名門脇貞男=かどわき・さだお)1934年(昭9)2月25日生まれ、山形県出身。57年に日大卒業後、お笑いコンビ「大空はるか・かなた」を結成。68年にケーシー高峰として漫談家に転身。医療ネタに下ネタを織り交ぜた漫談で人気を博した。1メートル74、血液型AB。


    4/10(水) 3:00配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000000-spnannex-ent
    画像 ケーシー高峰さん

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【訃報】ケーシー高峰さん死去 85歳 お色気医事漫談 俳優でも活躍】の続きを読む


    沢田 研二(さわだ けんじ、1948年6月25日 - )は、日本の歌手、俳優、作詞・作曲家。両親の実家がある鳥取県鳥取市生まれで京都府京都市育ち。本名、澤田 研二。ニックネームはジュリー(由来は沢田本人が女優のジュリー・アンドリュースのファンだったため)。妻は女優の田中裕子。前妻は元ザ・ピーナッツ
    81キロバイト (6,513 語) - 2019年3月26日 (火) 23:47



    (出典 newsrepo.net)



    1 湛然 ★ :2019/03/31(日) 06:21:17.60 ID:4FOupYLT9.net

    2019年3月31日 6時3分スポーツ報知
    沢田研二「ライバル」ショーケンの訃報に無言

     消化管間質腫瘍のため26日に亡くなった俳優で歌手の萩原健一(はぎわら・けんいち、本名・萩原敬三)さん(享年68)の訃報を受け、バンド「PYG」でツインボーカルを務めた歌手・沢田研二(70)は30日、報道陣の問い掛けに無言を貫いた。この日正午頃、妻で女優・田中裕子(63)と外出。「萩原さんが亡くなられましたが…」との声に、うつむきながらタクシーへ乗り込んだ。

     グループサウンズ最盛期に人気を二分した、ザ・テンプターズの萩原さんと、ザ・タイガースのジュリーらで71年にPYGを結成。1年足らずで事実上の解散となったが、萩原さんは「ライバルだったと言えるとすれば沢田研二」と明かしていた。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    沢田研二

    (出典 hochi.news)


    https://hochi.news/articles/20190330-OHT1T50379.html


    【【無言・・】沢田研二「ライバル」ショーケンの訃報に無言】の続きを読む



    (出典 i.pinimg.com)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/03/29(金) 14:49:43.00 ID:CDdkExAY9.net

    [2019年3月29日14時32分]

    26日に亡くなった「ショーケン」こと俳優萩原健一さん(享年68)の訃報を受けて、74年のドラマ「傷だらけの天使」などで共演した俳優水谷豊(66)は所属事務所を通じて「急な訃報で、今は言葉になりませんので、コメントは差し控えさせていただきます」とした。

    同ドラマでは、萩原さん演じる探偵事務所の調査員の“子分”的存在で「アニキー」と呼ぶ姿が印象的な役を演じていた。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903290000433.html


    【【傷だらけの天使】「アニキー」と呼んだ水谷豊 ショーケンの訃報に「言葉になりません」】の続きを読む


    萩原 健一(はぎわら けんいち、1950年7月26日 - 2019年3月26日)は、日本の俳優・歌手。ニックネームは「ショーケン」。由来はデビュー前の不良仲間、ダイケン、チューケン、ショーケンから。元ザ・テンプターズ、PYGのリード・ボーカル (PYGは沢田研二とのツイン・ボーカル)。血液型はO型
    29キロバイト (3,603 語) - 2019年3月28日 (木) 13:44



    (出典 www.sanspo.com)



    1 豆次郎 ★ :2019/03/28(木) 22:19:54.17

    萩原健一さん死去 「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」など
    3/28(木) 22:07配信

     ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」など数々の作品で知られる俳優で、グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルも務めた萩原健一(はぎわら・けんいち)さんが26日に死去したことが28日、分かった。68歳。埼玉県出身。「ショーケン」の愛称で親しまれ、一時代を築いた。

     1967年、17歳の時に「ザ・スパイダース」の弟分バンド「ザ・テンプターズ」のボーカルとして「忘れ得ぬ君」でデビュー。「神様お願い!」「エメラルドの伝説」などの大ヒット曲を生み、グループサウンズ全盛期を支えた。

     ザ・テンプターズは70年に解散。72年、映画「約束」に助監督として参加したが、降板した俳優の代役を務め、岸惠子(86)の相手役を演じた。これが高く評価され、本格的に俳優に転身。同年、日本テレビ「太陽にほえろ!」の初代新人刑事・マカロニ役で人気を決定的に。74年に同局「傷だらけの天使」、75年に同局「前略おふくろ様」と立て続けに連続ドラマに主演した。

     映画も「八つ墓村」「影武者」「誘拐報道」「恋文」「いつかギラギラする日」「居酒屋ゆうれい」など多数出演。

     昨年3月に放送されたテレビ朝日の2時間「明日への誓い」に主演。同年9~10月に放送されたNHK総合「不惑のスクラム」(全7話)に出演した。

     私生活は80年から女優・いしだあゆみ(70)と事実上の結婚生活を送り、96年にはヘアメーク担当だった女性と結婚したが06年に別れた。11年にモデルの冨田リカ(57)と再婚した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000225-spnannex-ent

    ★1がたった時間:2019/03/28(木) 22:10:18.47
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1553778618/


    【【訃報】萩原健一さん(68)死去  「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」など】の続きを読む

    このページのトップヘ