もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: 女子アナ


    加藤 綾子(かとう あやこ、1985年4月23日 - )は、日本のフリーアナウンサー、女優。元フジテレビアナウンサー。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。 埼玉県三郷市出身。身長166cm。 家族は両親と2歳上の兄。 国立音楽大学附属高等学校、国立音楽大学音楽学部音楽教育学科・幼児教育専修卒業。LE
    45キロバイト (6,559 語) - 2018年10月23日 (火) 15:08



    (出典 static-maquia.hpplus.jp)


    ほんとにすごく美人!お揃いの服、いい家庭の象徴ですね

    1 湛然 ★ :2018/11/11(日) 05:07:42.16 ID:CAP_USER9.net

    2018.11.10 17:50
    加藤綾子、美人母との幼少期2ショットを公開「DNAってすごい」「今のカトパンにそっくり」の声

    フリーアナウンサーの加藤綾子が10日、自身のInstagramを更新。母と写った幼少期の写真を公開し、反響を集めている。

    お揃いのチェック柄ワンピースを着て、母に手を繋がれた幼い頃の写真を公開し、「先日母の還暦祝いをしました」と報告した加藤。

    小さい頃は食べ物のアレルギーがたくさんあったため、母が加藤のために別メニューを用意してくれていたという思い出を明かし、「年齢を重ねて本当に大変な事だってわかります」と感謝の気持ちをつづった。

    ◆美人母娘に反響

    また、ワンピースは母の手作りだそう。微笑ましい母娘ショットにファンからは「お母さんとおそろいのワンピースって素敵すぎます」「お母様すごい美人!」「DNAってすごい。母娘揃って美人なんですね」「この頃のお母さん今のカトパンにそっくり!」など驚きの声が寄せられている。(modelpress編集部)


    [ayako_kato.official*]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    加藤綾子(C)モデルプレス

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    https://mdpr.jp/news/detail/1803964


    【【美人過ぎる母と2ショット】加藤綾子、美人母との幼少期2ショットを公開「今のカトパンにそっくり」の声】の続きを読む


    有働 由美子(うどう ゆみこ、1969年3月22日 - )は、日本のフリーアナウンサー、ジャーナリスト。元NHKアナウンサー。ナチュラルエイト所属。 鹿児島県日置郡郡山町(現・鹿児島市)で生まれ、兵庫県、大阪府で育つ。両親は熊本県の出身。妹が1人いる。趣味は読書、旅行、料理など。剣道2段。中学・高校
    43キロバイト (5,716 語) - 2018年10月23日 (火) 01:44



    (出典 www.rbbtoday.com)


    この人、イメージ良かったよね。フリーになったから?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/06(火) 21:58:18.47 ID:CAP_USER9.net

    10月から有働由美子をメインキャスターに据え、新体制でスタートした『news zero』(日本テレビ系)が早くも苦境に立たされている。

    「NHKを退局してから、初めてレギュラー出演する民放報道番組だっただけに、局内の期待はそうとうなものでした。
    しかし、初回視聴率が10%、2日目が10・4%だったものの、右肩下がりを続けて10月12日放送では4・6%まで落ち込んでしまって……」(日本テレビ関係者)

    番組開始前の記者会見では、「ダメだったら切ってもらえれば」と話していたが、現在の心境は……。

    「私は(リハーサル)やらなくてもいい」
    実は、視聴率の問題以外にも、現場のスタッフから有働に対する批判が巻き起こっているというのだ。

    「スタジオ以外の場所と中継をする際、通常は本番前に中継リハーサルをやるんです。うまく中継先に声が届かないなどのハプニングが起こるかもしれないからです。

    でも、有働さんの場合は“私はやらなくてもいい”というスタンスで、中継リハーサルをしないんです。
    そのため、豊洲市場の寿司店と中継をつないだときも、有働さんとお店のやりとりがうまくいかなかったことがありました。
    その様子に現場のスタッフはあきれていたそうです」(制作会社関係者)

    さらに、“ジャーナリスト宣言”をしている有働だが、取材現場にこんな“援軍”を連れてきていた。

    「有働さんが中国へ現場取材に行った際、お抱えのヘアメイクとスタイリストを現地まで同伴させていました。

    9月まで番組出演していた女優の桐谷美玲さんや、元NHKアナの小正裕佳子さんですら、自分でメイクをしていたんです。
    報道番組では、それが常識ですよ」(前出・日本テレビ関係者)

    本番前に、必ず行うという“儀式”も非難の的に。

    「有働さんは自分でメイクするのが苦手なことも、お抱えのヘアメイクを連れて行く理由みたいです。
    しかも、本番前には必ず、そのヘアメイクに“小顔マッサージ”をしてもらわないと本人的にダメなんだそう。
    現場では“まるでタレントみたい”と、ささやかれていますよ」(同・日本テレビ関係者)

    そんな中、有働には年末に“大役”が控えているそうだ。

    「年末に放送予定の報道特番の司会に抜擢されているんです。
    まだキャスティング候補を挙げている段階ですが、有働さんをサポートする“救世主”として、マツコ・デラックスさんにもオファーをかけているとか。

    ふたりは同じ事務所で、有働さんにアドバイスもする仲だそうなので、局側が配慮した起用なのかもしれませんね」(別の日本テレビ関係者)

    年末特番の出演をキッカケに、巻き返しなるか!?

    http://news.livedoor.com/article/detail/15556939/
    2018年11月6日 21時0分 週刊女性PRIME


    【【早くも苦境に】有働由美子 非難の嵐  ヘアメイク&小顔マッサージに「まるでタレント」】の続きを読む


    小島 慶子(こじま けいこ、1972年7月27日 - )は、タレント、エッセイスト、ラジオパーソナリティ。TBSアナウンサー30期生。オーストラリアのパース在住。2児あり。趣味は着物、乗馬、ピラティス。 オーストラリアのパースで出生したのち、父親の仕事の都合で、7歳のころはシンガポールに、8歳から
    22キロバイト (2,858 語) - 2018年8月16日 (木) 20:05



    (出典 img02.ti-da.net)


    最近は何かと病名がつきますね。これも一種の個性なのでしょうか

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/05(月) 18:17:53.34 ID:CAP_USER9.net

    フリーアナウンサーの小島慶子が共働き情報サイト「日経DUAL」で、自身が軽度のADHD(注意欠如・多動性障害)であることを公表した記事をツイッターに添付。
    多くの人から炎上を心配されたことを明かし「そんな心配をしなくてもいいようになるといいなと思います」と改めてつぶやいた。

    小島は7月2日に投稿した記事を改めてツイッターに添付。その記事は「40過ぎてADHDと診断され自分知った」というタイトルで投稿され、
    小島自身が40歳を過ぎてから不安障害の主治医から軽度のADHDであると診断されたことを明かし「もっと早く知りたかったよ!」と当時の心境もつづっている。

    小島は記事の中で「幼い頃から、ひねくれ者とか育てにくいとか癇が強いとかわがままとか、姉からは小島家の失敗作とまで言われて、ずっと自分を責めてきた」と幼い頃の思いも吐露。
    「診断されて、ようやく肩の荷が下りた気がした。そして初めて自分の特徴を…何をしても悪目立ちしてしまうこの無様な振るまいを受け入れることができた」と、気持ちが楽になったことを明かしている。

    そして“普通ではない子”を抱える親たちへ「普通と違うことは、世界の終わりではない」と呼び掛けている。

    小島は3日、改めてこの記事を添付。「この記事に多くの温かいお声を頂いたのだけど、中には『炎上しなかった?』
    『偏見が怖くないの?』という人も。その発想はなかった!」と、負の反応が広がることは一切考えなかったと告白。
    「そんな心配をしなくてもいいようになるといいなと思います」と、実感を込めてつぶやいていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000074-dal-ent
    11/5(月) 14:47配信


    【【ADHDだった】小島慶子、40歳過ぎてADHDと診断され「ようやく肩の荷が下りた気がした」 炎上心配されて「その発想はなかった!」】の続きを読む


    笹崎 里菜(ささざき りな、1992年4月16日 - )は、日本テレビ所属のアナウンサー。 神奈川県横浜市出身。身長160cm。4歳から17歳までクラシックバレエを習っていた。 実践女子学園中学校・高等学校、東洋英和女学院大学国際社会学部国際コミュニケーション学科卒業。大学1年のとき、2011年ミス東洋英和に選出された他、Miss
    10キロバイト (1,259 語) - 2018年10月16日 (火) 13:50



    (出典 i0.wp.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/04(日) 07:00:43.95 ID:CAP_USER9.net

    日本テレビ・笹崎里菜アナの評価が局内で急上昇している。

    彼女が株を上げたのは、遅い夏休みを取った水卜(みうら)麻美アナに代わって出演した10月12日放送の『スッキリ』。

    オープニングトークで、MCの極楽とんぼ・加藤浩次を持ち上げたところ、「夜の商売やりすぎじゃない?」とツッコまれたものの、彼女は笑顔で「もうやっていないです」と返答。そのヤリトリが秀逸だったというのだ。

    「痛いところを突かれたはずなのに、一切動じることなくリアクションしたのはスゴい。女子アナにとって必要なスキルは、頭の回転の速さ。
    口ごもることなく、ちゃんと返答したのがよかった。あのシーンを見たバラエティ番組のプロデューサーも、彼女を絶賛していました」(制作会社ディレクター)

    彼女は3日間『スッキリ』に代打出演したのだが、ミスというミスもなく、堂々たる司会進行ぶりを披露した。

    「めちゃくちゃ安定感があって、完全に番組になじんでいましたよね。実は彼女、かなりの努力家で、学生時代にマスコミを騒がせた
    〝内定取り消し騒動?のマイナスを取り戻そうと、必死になってアナウンス技術を磨いてきた。
    イメージの悪さから冷遇されていますが、最近は徐々に彼女を応援する声も増えてきていますよ」(同局の中堅局員)

    現在、彼女の担当番組は早朝番組『Oha!4NEWS LIVE』のみだが、今回の『スッキリ』の代打出演によって、状況が変わりつつある。逆襲なるか?

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-01074490-playboyz-ent
    11/4(日) 6:20配信


    (出典 images.gunosy.com)


    (出典 finalgold.com)


    【【内定取消アナウンサー】冷遇される日本テレビ・笹崎里菜アナに、局内からは「頭の回転がスゴい」の声】の続きを読む


    高島 (たかしま あや、1979年2月18日 - )は、フォニックス所属のフリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサーである。戸籍名、北川 彩(きたがわ あや)。旧姓、高島。東京都世田谷区出身。夫はゆずの北川悠仁。 父親は俳優の竜崎勝(本名:高島史旭)で、高島が5歳の時に死別したため、父の記憶はほとんどないという。兄は元俳優の高島郷。
    21キロバイト (2,818 語) - 2018年9月25日 (火) 05:06



    (出典 dsj2.net)


    こんな理由で、インスタ閉鎖なんて悲しいですね。

    1 Egg ★ :2018/10/27(土) 20:30:26.63 ID:CAP_USER9.net

    フリーアナウンサーの高島彩さん(39)が2018年10月26日、自身のインスタグラムを閉鎖すると発表した。

     閉鎖理由については「この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので」と説明。実際、高島さんのインスタグラムのコメント欄には、ここ最近、心無い言葉を寄せる一部の「粘着」アカウントが出現していたことが確認できる。

    ■「周りの人まで心配させてしまい、悲しませている」

     26日、高島アナは娘2人と写った写真を投稿し、魔女の仮装で一足先のハロウィンを楽しんだことを報告。その流れで「これまでみなさんと交流できる場所としてInstagramを楽しんできましたが、色々考えまして、閉じることに致しました」と表明した。

     閉鎖することについては

      「やめてしまうのは寂しく、また、せっかくコメントを寄せてくださっているみなさんのことを思うと申し訳ない」

    としたが、

      「周りの人まで心配させてしまい、悲しませていることもあり、この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので、撤退することに致しました」

    と、やむを得ない事情を明かした。

     高島アナはちょうど1年前の2017年10月にインスタグラムを開設。以来、まめに更新を続け、フォロワーは13万人以上に。普段の仕事の紹介はもちろん、手料理や子育ての一コマなどプライベートを垣間見られる投稿も多く、ファンからもいくつものコメントが寄せられていた。

    過去にまでさかのぼり悪質コメント

     しかし、コメントは必ずしも快いものばかりではない。特にここ2週間ほどは、複数の特定アカウントが誹謗中傷を連投。あるアカウントは、過去の投稿に遡って心無いコメントをするまでの粘着ぶりだった。

     その多くは高島アナの外見や子育てについて好き勝手書いた内容だ。

      「お鼻また、いじられましたか? なんか違いますね」
      「めざましテレビの時の面影がないくらい変わりましたね」
      「いつも長女さんの髪の毛ボサボサなのよ」
      「整形さん、また自分メインでアップですか?鼻が目立ちますよ!」

     こうしたアンチアカウントを直接批判したり「通報」したりするファンもいたが、当のアカウントは「思ったこと感じたこと書いたらダメなんですか?」などと意に介さない。

     「暇な人が嫌なこと書き込むせいで、インスタやめたりしないでくださいね」などと心配する声もあがる中、結局、インスタ閉鎖は現実のものとなってしまった。

     高島アナは26日の投稿の中で

      「それぞれ意見はありますし、それは大切なことだと思っています。言いたいこと伝えたいことがあるとき、それは伝えるべき感情なのか、どのように伝えたらよいのか、私もまた考えます」

    とし、「日々いろんな感情がありますが、清濁併せ呑む心をもっていたいものです。感謝ばかりです」と穏やかにつづった。

    一部抜粋

    10/27(土) 16:24配信 Jキャストニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000004-jct-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【芸能】<たむけん>高島彩のインスタ閉鎖に怒り「人を傷つける言葉を思いつく力を他に使えないかな」「大バチがあたりますように」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540586984/


    【【悪質コメント】高島彩インスタ閉鎖 追い込んだ心無い言葉を寄せる、酷すぎる実態! 過去にまでさかのぼり悪質コメント】の続きを読む

    このページのトップヘ