もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:女優 > 石田ゆり子


    石田 ゆり子(いしだ ゆりこ、1969年10月3日 - )は日本の女優・エッセイスト・ナレーター・タレント。本名・石田 百合子(いしだゆりこ)。愛称は「りり」「ゆりちゃん」「ゆり」「ゆりっぺ」。女優の石田ひかりは実妹。 東京都出身。母親は沖縄県石垣島出身。東京都立桜町高等学校に入学、東京都立青山高等
    42キロバイト (5,515 語) - 2020年3月9日 (月) 04:01



    (出典 img.jisin.jp)


    これですっぴんなら奇跡過ぎるかわいさww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/09(月) 11:20:09 ID:5iz+yExp9.net

    女優の石田ゆり子が3月2日にインスタグラムで公開した写真に驚きの声が上がっている。「奇跡のアラフィフ」とは思えないほど、疲れた顔をしているというのだ。

    問題の写真はTシャツ姿の石田が左手をカメラに向けているショット。Tシャツは東日本大震災の復興支援を目的として作られたもの。胸の部分に手が描かれていて、石田はそれを真似して手を広げているようだ。

    白のTシャツ姿はとてもキュートで、さすがは石田ゆり子と思わずにはいられないのだが、顔は肌がくすみ、かなり年を召して見える。

    「石田はどうやらすっぴんのようです。そのため、顔色か悪く見えるのでしょう。また、髪の毛がボサボサでセットされていない点も老けて見える理由。
    50歳としては相当きれいだと思いますが、ふだんの彼女と比べるとやつれて見えますね」(芸能ライター)

    あまりにショッキングな石田のルックスにファンは騒然。「体調が心配です」「疲れてるように見えます。元気出しましょう」と体調を思いやる声が上がっている。

    「最近の石田はついついソファでうたた寝をしてしまうそうで、それがよくないのではないでしょうか。ちゃんと布団に入って、しっかり寝てほしいですね。
    もっともベッドに入ったら入ったで、愛犬や愛猫に邪魔されているようですが(笑)」(前出・芸能ライター)

    よく「癒やし系」と評されることが多い石田ゆり子。他人ではなく自分を癒やして、元気な姿を見せてほしい。

    http://dailynewsonline.jp/article/2229734/
    2020.03.09 09:59 アサ芸プラス


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【【顔色が悪くて心配されるww】石田ゆり子 最新すっぴんショットが老け顔に】の続きを読む


    石田 ゆり子(いしだ ゆりこ、1969年10月3日 - )は日本の女優・エッセイスト。本名・石田 百合子(いしだゆりこ)。愛称は「りり」「ゆりちゃん」「ゆり」「ゆりっぺ」。女優の石田ひかりは実妹。 東京都出身。母親は沖縄県石垣島出身。東京都立桜町高等学校に入学、東京都立青山高等学校を経て、女子栄養大学短期大学部卒業。
    39キロバイト (4,963 語) - 2019年8月21日 (水) 13:59



    (出典 img.jisin.jp)


    ほんとに老けないねーこの人

    1 湛然 ★ :2019/08/22(木) 05:10:18.44 ID:j81UYrpP9.net

    石田ゆり子、「いい女風に撮った」写真が20代と変わらないと話題に
    三谷幸喜監督の映画『記憶にございません!』で総理夫人を演じる石田ゆり子 青いロングドレス姿が「いい女」だとファン歓喜
    2019/08/21 18:15 星子
    https://sirabee.com/2019/08/21/20162147491/

    [yuriyuri1003]
    h
    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)

    h
    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)

    h
    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)

    https://www.instagram.com/p/B1WIFxSBT10/?utm_source=ig_embed


    女優の石田ゆり子(49)が、自身の公式インスタグラムを更新。エレガントなドレス姿の写真を公開し、「美しい」と注目を集めている。

    ■「いい女風に撮ってもらった」ドレス姿

    石田が話題の写真を公開したのは、19日。映画『記憶にございません!』(三谷幸喜監督)で総理夫人を演じる彼女は、完成披露試写会にブルーのドレスで登場。全身2枚と上半身1枚、計3枚の写真をアップし、

    「わたくし、中井貴一さん演じる黒田総理の夫人聡子を演じます。はじめての三谷映画の現場はほぼワンシーンワンカットの世界でした…。

    コメディができる女優になりたい。私はいつもそう思っています。写真はなんとなくいい女風に撮ってもらったので沢山載せてしまいました」

    というコメントを添えている。

    ■生で見た人が美しさに感動

    艷やかな大人の魅力溢れる立ち姿は女優オーラ満載。コメント欄にはそんな彼女の美貌を称える声が多数寄せられていた。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【20代と変わらない美しさ】石田ゆり子、「いい女風に撮った」写真が衝撃にキレイ】の続きを読む


    石田 ゆり子(いしだ ゆりこ、1969年10月3日 - )は日本の女優・エッセイスト。本名・石田 百合子(いしだゆりこ)。愛称は「りり」「ゆりちゃん」「ゆり」「ゆりっぺ」。女優の石田ひかりは実妹。 東京都出身。母親は沖縄県石垣島出身。東京都立桜町高等学校に入学、東京都立青山高等学校を経て、女子栄養大学短期大学部卒業。
    38キロバイト (4,932 語) - 2019年6月21日 (金) 16:28



    (出典 www.news-postseven.com)


    悲しい気持ちをリアルにわかってもらいたかったのかな

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/25(火) 09:15:42.01 ID:vEYt2ki69.net

    女優の石田ゆり子が6月20日、子猫が死んだことをインスタグラムで報告した。

    石田は本人のアカウントと、ペットの写真を公開するためのアカウントの2つを持っているが、報告があったのはペット用。こちらでは6月15日以降、子猫を育てていることを明かしていた。

    その子猫は動物病院で保護されていた猫で、風邪と真菌の治療のため隔離されているのを知った石田が預かることにしたのだという。

    「子猫は生後わずか1カ月ほどで、体重は約200グラム。満足にご飯も食べられない状態で、石田が献身的に面倒を見ていました。そのまま飼うつもりはなく、元気になるまで一時的に預かるつもりだったようです。名前は『ばぶお』。徐々に元気になっていたのですが、まさか急に死んでしまうとは…」(芸能ライター)

    石田の悲しみはかなりのもので、6月20日の投稿を最初にばぶおの死を悼む投稿を4つもしている。4つめの投稿で石田は〈命は儚いけどばぶおは、ばぶおの一生を精一杯生きた。かっこいいよ、すごいよといろんなことを話しました。〉と綴り、2枚の写真と1本の動画を公開した。どれもばぶおの遺体が収められた箱が移されている。

    「これが批判されています。遺体の写真をSNSに載せるのは感心しません。16年に女優の藤原紀香が愛犬の死を悼み、遺体の写真をブログにアップし批判されました。紀香にとってはかわいい愛犬でも、関係ない人にとっては死体でしかなく、見て気持ちのいいものではありませんから。同じ年には女優の釈由美子も愛犬の遺骨の写真をブログに載せ、騒動になりました。石田もまったく同様のケースで、『そこまでする必要があるのか。SNSに掲載しなくてもいいのでは』と批判されています」(週刊誌記者)

    さらにある事実も石田への風を強くしている。

    「ばぶおが亡くなる直前に、石田が猫用のおやつを上げる動画を公開しています。石田が『ちゅ~る』と呼ぶおやつで、猫が夢中になって食べることで知られています。ただ、これはあくまでもおやつで、ちゃんとした食事に比べると栄養が少ないことから、生後間もなくの猫に与えるのはよくないとされている。それを石田はあげていたんです。ちなみにこのおやつには1歳までの子猫用もありますが、石田があげていたのは成猫用。さらに、17日には缶詰のキャットフードを食べる様子を公開していますが、これには獣医師だという人から『缶詰と何かを混ぜて消化しやすいようにしたほうがいいのでは』とコメント欄で指摘されています。おやつとキャットフードがよくなかったのではないかという声があります」(前出・週刊誌記者)

    石田には、早く心痛から立ち直って、元気な姿を見せてほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1891497/
    2019.06.25 05:59 アサ芸プラス


    【【そこまでする?】石田ゆり子、子猫遺体をSNSに載せて「公開追悼」に批判の声】の続きを読む


    石田 ゆり子(いしだ ゆりこ、1969年10月3日 - )は日本の女優・エッセイスト。本名・石田 百合子(いしだゆりこ)。愛称は「りり」「ゆりちゃん」「ゆり」「ゆりっぺ」。女優の石田ひかりは実妹。 東京都出身。東京都立桜町高等学校卒業。女子栄養大学短期大学部卒業。
    35キロバイト (4,401 語) - 2018年10月23日 (火) 16:58



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 湛然 ★ :2018/11/18(日) 05:11:03.86 ID:CAP_USER9.net

    2018.11.17 14:08
    石田ゆり子、“放心状態”の一枚に反響「それでも美しい」「お肌が綺麗」

     女優の石田ゆり子が自身のInstagramにて、“放心状態の顔”を披露し、その美しさが話題となっている。

     同投稿で石田は、「うー、今日の撮影はこの世のものとは思えないほどバタバタだった。朝から夕方までいろんなことが起きて、とにかく振り回される。だけどやるしかないんです」と撮影が忙しく、疲れ果ててしまったことを告白。そして「そんなわけで放心状態のわたしの顔です」と“放心状態”だという自身のドアップショットの公開した。

     そんな石田の投稿にファンからは、「それでも美しい… 」「お肌が綺麗」「お疲れでも、お肌がピカピカですね」「なんて美しい横顔…!」
    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    今日の撮影は
    この世のものとは思えないほどバタバタだった。
    朝から夕方まで
    いろんなことが起きて、
    とにかく振り回される。
    だけどやるしかないんです。
    そんなわけで放心状態のわたしの顔です。
    [yuriyuri1003]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    https://abematimes.com/posts/5240499


    【【お疲れでも美しい】石田ゆり子、“放心状態”の一枚に反響「それでも美しい」「お肌が綺麗」】の続きを読む


    石田 ゆり子(いしだ ゆりこ、1969年10月3日 - )は日本の女優・エッセイスト。本名・石田 百合子(いしだゆりこ)。愛称は「りり」「ゆりちゃん」「ゆり」「ゆりっぺ」。女優の石田ひかりは実妹。 東京都出身。東京都立桜町高等学校卒業。女子栄養大学短期大学部卒業。
    34キロバイト (4,342 語) - 2018年9月22日 (土) 17:55



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/28(金) 19:07:25.10 ID:CAP_USER9.net

    公開中の映画「コーヒーが冷めないうちに」の宣伝期間のため、9月22日放送の「サワコの朝」(TBS系)、
    9月23日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)と2日連続でトーク番組に出演した石田ゆり子。

    両日ともに「一生のうち一度は誰かの奥さんになってみたい」と語った石田。特に「サワコの朝」では、本来ならMCを務める阿川佐和子からの質問に石田が答えなければいけないところだが、
    「結婚っていいものですか?」「私は結婚したほうがいいんでしょうか?」「男性のどこを見ればいいんですか?」など、10月3日で49歳になるとは思えない無邪気さで石田が阿川を質問攻めにした。

    「ズバリ、石田が結婚できない理由は気の強さにあることが露呈したと言えるのでは。石田のふんわりしたムードにだまされがちですが、トークにかけては百戦錬磨の阿川さえも会話のイニシアチブを奪われましたからね。
    翌日の『ボクらの時代』では、仲のいいことで知られるフリーアナの有働由美子が『ゆりっぺと私はおっさん社長同士のようだ』と語り、
    石田自身も『自分がしたいようにしたい』『誰かに頼れるようになりたい』と“我の強さ”を明かしました」(女性誌記者)

    確かに、インスタグラムのフォロワー数160万人超を誇る石田は、インスタの内容を巡ってたびたび炎上騒動が起きていることに対し〈一度も会ったことのない人が、私にお叱りの言葉をくださったりする。
    誰かわからないけど、私の暮らし、そんなにまずいだろうか‥‥みたいな〉と、言い回しはソフトでも、明らかに怒っていることを表明したこともあった。

    「7月末に剛力彩芽が交際中の前澤友作に対する批判をインスタグラムに書き込まれ『クソリプありがとうございました』と応戦し、
    さらに炎上しましたが、石田の“お叱りをくださったりする”と剛力の“クソリプありがとうございました”は、ほぼ同義語では(笑)」(前出・女性誌記者)

    デビュー直後に出演した1998年12月公開の映画「悲しい色やねん」では、故・森田芳光監督から「ヘタクソ! お前なんか女優を辞めてしまえ」と怒られたことがあった石田。
    2011年12月に森田監督が亡くなってしまったことで、この時の言葉を見返す機会を失ってしまったとも明かしていた。確かに気の強さは“ワンマン社長並み”かもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1529314/
    2018.09.28 17:59 アサ芸プラス


    【【結婚できない理由】石田ゆり子、2日連続トーク番組出演でわかった“社長”級の気の強さ!】の続きを読む

    このページのトップヘ