もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:バラエティー > 女性芸人



    (出典 hayabusa.io)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/16(土) 13:15:30.59 ID:O4Gb25wK9.net

    2018年12月、ドラマ『ちょうどいいブスのススメ』が『人生が楽しくなる幸せの法則』としてタイトルを改めることが発表された。
    ドラマ化が発表された際、SNSで「ちょうどいいブスとは何事か」と炎上した同作。今、テレビ業界において「ブス」という言葉の認識が変わり始めている。

    SHELLYがMCを務める 『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース』(AbemaTV/アベマTV※毎週土曜23時から放送中)
    では「ブスという呪い」をテーマにリアルな経験をした女性たちが胸の内を語った。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    芸人の八幡カオルは「私は、同じ芸人から『ブスって言いやすい』って言われる。ブスって言ってもいいブス、みたいな」と話す。
    それを聞いた、お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子は「わかる。いじっていいブスと、いじっちゃいけないブスがある」と同意。

    いじっていいブスとそうじゃない人の違いについて、白鳥は「おそらく、女の子自身に“ブスの自覚”があるかないか。
    あと、本当にブスすぎるといじめになるから言えないっていうラインがあるみたい。
    芸人の中では、そのあたりをちゃんと線引きしてやっているけれど、これが一般社会や学校で同じことをされると、傷つく子が増える。
    同じことじゃないんだよって思ってほしい」と語った。

    ひとりの女性が“ブスいじり”を引き受けることで、その場の空気が和やかになるというゲストの話に、番組MCのSHELLYは「それは、ものすごくコミュニケーション能力が低い。
    ひとり傷つく人間を作らないと、みんなで楽しくできない場って……」と戸惑いを隠せない。

    「結果的に(ブスいじりを)請け負い慣れてしまって、開き直ってくれているからみんなが笑顔っぽくなっているだけ。でも、最初は絶対笑顔じゃない。
    だって、もらったもの(容姿)で生きているだけ。『この人は(ブスだと)いじっていい』『いじっちゃいけない』って、誰が決めているの?」と熱く訴えるSHELLY。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    さらに、SHELLYは「ブスいじりだけじゃなくて、デブいじりだったり、こういう女性はバカみたいな価値観だったり、
    女性に対するたくさんの偏見が受け入れられてしまった結果、『いじってもOK』みたいな空気になってしまった。
    受け入れない女性が『空気が読めない』みたいになってしまっている」と分析。
    SHELLYの話を白鳥は「そっかぁ、洗脳されすぎちゃって……」と真剣な表情で聞く。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16168754/


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【ブスの呪いww】バラエティー番組に“ブスいじり”は必要か? 女芸人の本音「もし芸人じゃなかったら…」】の続きを読む


    横澤夏子、後藤真希の不倫謝罪文に「すごい恐怖」 (2019年3月14日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    タレントの横澤夏子(28歳)が、3月14日に放送されたバラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)に出演。不倫報道のあった元モーニング娘。の後藤真希(33歳)が発表した ...
    (出典:エキサイトニュース)


    横澤 夏子(よこさわ なつこ、1990年7月20日 - )は、日本の女性お笑いタレント。 新潟県糸魚川市出身。身長172 cm、血液型A型。吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。東京NSC15期生。同期にはマテンロウ、デニス等がいる。 漫才をやるときはツッコミ。
    27キロバイト (3,720 語) - 2019年3月7日 (木) 13:39



    (出典 i.daily.jp)


    ここまで公表しちゃってほんとに修復できるのか?とは思うよね

    1 Egg ★ :2019/03/15(金) 00:17:55.32 ID:pa5ayc5D9.net

    お笑い芸人の横澤夏子が14日、フジテレビ系「バイキング」で、不倫を認めたタレントの後藤真希が13日に発表した文書について「世間へのお詫びというより、旦那さんへの反省文のような感じがして恐怖を覚えた」と後藤を心配した。

     番組では、元交際相手との不倫をブログで認めた後藤について特集。後藤の夫は、不倫相手に対し、民事裁判も起こしている。後藤はこれらを報じた週刊文春の記事について、ブログで「夫とは別の男性と関係がありました」と認め、夫からのDVは「夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまった」と否定。夫からは「こんな私を許し受け入れてくれた」などとつづっている。

     これについて意見を求められた横澤は「夫婦チームを組んでしっかり戦っていくなら分かるが、この文を読んで、世間の皆さんへのお詫び文というより、旦那さんへの反省文のような感じがしてすごい恐怖を覚えた」と、後藤のブログの文章に違和感を覚えたとコメント。「(夫に)言わされてないよね?って…」と後藤を心配した。

     これに坂上忍は「(この文を)オープンにするのが許してあげる条件の一つみたいな?」と聞くと、横澤は「私は怖くて…。ちょっと引いちゃった」と正直な気持ちを吐露。薬丸裕英も「本当に修復しようと思ってるなら裁判なんかするべきじゃない」と持論を展開していた。

    2019年3月14日 13時54分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16158832/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【文春】<証拠資料入手>「元モー娘後藤真希」の不倫ドロ沼裁判ボッ発!「22日の昼と23日の朝の計2回肉体関係を持ってしまいました」★3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552478101/


    【【怖い・・】ゴマキのブログに「世間へのお詫びというより、旦那さんへの反省文のような感じがして恐怖を覚えた」横澤夏子がコメント】の続きを読む


    渡辺 直美(わたなべ なおみ、1987年10月23日 - )は、日本のお笑いタレント、ピン芸人、司会者、女優、歌手である。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京吉本)所属。東京NSC12期生。 父母姉本人の4人家族(元々1人っ子とプロフィール公開していたが、後に訂正した)。父親が日本人、母親
    35キロバイト (4,475 語) - 2019年1月17日 (木) 02:38



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/30(水) 10:22:12.35 ID:3n69j4E59.net

    この暴露ってダレトク?

    渡辺直美がバラエティ番組「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。
    現在大ブレイク中のお笑いコンビ・チョコレートプラネットの長田庄平と過去に怪しい関係に発展する寸前までいったことを同番組1月23日放送回で報告している。

    口説かれた芸人の話題になった際、渡辺は「家に呼ばれて、DVDを観るだけだったんだけど、ちょっとガバッと来られて。怖くて…。」
    と、ある芸人宅に招待され、DVDを見ていたところ、襲われそうになったことを説明。

    続けて、「私はお兄ちゃんみたいに慕ってたから、怖くて、やめてくださいって言って、泣きながら…」と、その芸人とは親しい関係だったため、この出来事にショックを受けたことを明かしている。

    その相手を聞かれると「んー、チョコプラの長田さん」と、渡辺はアッサリその相手が長田であることを告白した。
    何でも、渡辺によればDVDを見ている際に長田が渡辺の胸をふとした拍子に触ろうとしてきたらしく、そこに怪しさを感じていながらも渡辺は仮眠することにしたそうだ。
    で、寝る体勢をとったところ、長田が覆いかぶさってきたという。
    ちなみにこの出来事について長田は、後日「お前は抱き枕みたいに気持ちいい。
    キャラクターとして抱きついたから、男としてじゃないんだよ」と弁明してきたとか。

    このエピソードを知った視聴者からは「チョコプラ好きだったのに残念」「長田のそういうエピソードは知りたくなかった」と落胆する声があがっている。
    しかしながら、イメージダウンをしたのは長田だけではないようだ。渡辺に対しても「わざわざこんなこと言わなくてもよかったのに」
    「危険を感じながら帰らなかった渡辺も悪いだろ」と、このエピソードを打ち明けた渡辺を批判する声も上がっている。

    「2人は当時同じコントグループ『東京ワン・ダース』に所属していましたから、その出来事があった頃は本当に気まずい関係になってしまったようです。
    ただ、今から10年前の出来事ということですから、2人の中ではネタとして消化されていると判断して、渡辺は今回このエピソードを披露したのでしょう。
    ただ、同じグループに所属して仲間のような感覚だったとしても、危険を感じながら長田宅に居続けてきた渡辺も不注意だったと考える人もやはり多いようです。
    それに、慕っている先輩のイメージが下がってしまったわけですから、正直『何がしたかったの?』という感想を抱いてしまいますね」(エンタメ誌ライター)

    結果論ではあるが、今回のエピソードについては胸の中にしまっておいたほうがよかったかも?

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-120656/
    2019年01月30日 09時58分 アサ芸プラス


    (出典 entert.jyuusya-yoshiko.com)


    【【今更暴露しなくてもww】渡辺直美、チョコプラ長田に襲われかけた体験告白で双方がイメージダウン!】の続きを読む


    森三中(もりさんちゅう)は、日本の女性お笑いトリオ。所属事務所は、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)。 大島美幸(おおしま みゆき、(結婚に伴う改姓で)本名:鈴木美幸、1980年1月13日 - ) ボケ・豚 担当。 栃木県那須郡黒羽町(現・大田原市)出身。
    18キロバイト (2,134 語) - 2018年11月8日 (木) 13:54



    (出典 aikru.com)



    1 神々廻 ★ :2019/01/25(金) 15:57:16.29 ID:HesGxUxi9.net

    女性お笑いトリオ・森三中。彼女たちが文具メーカー三菱鉛筆とコラボしたキャンペーン広告でスリムになった姿を披露。様変わりした姿が話題になっている。

    「これは1月17日にリリースされた三菱鉛筆の消せる3色ボールペン『ユニボール R:E 3』の広告。この商品は“スリムなのにインクたっぷり”が謳い文句。これに合わせて森三中がモデルのようなスリムな体型になって広告に登場。大島美幸、村上知子、黒沢かずこの3人がそれぞれ華やかなドレスを身にまとい、ドヤ顔のカメラ目線で映っています」(エンタメ誌ライター)

     ポッチャリ体型が特徴の3人だが、ビジュアルではウエストのくびれもばっちり、二の腕もほっそり。顔の輪郭までスリムに変身しているのだ。

    「もちろん映像加工したものなのですが、ネットではこの広告を見たユーザーから『これ、本当にダイエットしたわけではないよね?』『本当かと勘違いした!』など驚きの声が上がりました」(女性誌記者)

     ひと際、注目されたのが、ボケ担当の黒沢の“美貌”である。

    「痩せて様変わりした彼女を見て『黒沢さんは痩せたら、女優級』『黒沢ほんとかわいい』など、称賛の声が多く上がりました」(前出・女性誌記者)

     実は黒沢、デビュー当時は細めで「森三中の中でキレイな方」と言われていた。痩せていた時はキャラ作りのためにメガネをかけることも多く、岡村隆史に「光浦?」と突っ込まれる事もあったという。さらに、昨年2月に出演したバラエティ番組「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)では、子供時代の驚きのエピソードを次のように語っていた。

    「番組内で『中学生になるまで“朝ごはん”という概念を知らなかった』と告白。黒沢の実家では毎朝両親はコーヒー1杯飲むだけで、彼女も乳酸菌飲料を1本飲むだけ。しかし中学生になり朝練のあるソフトボール部に入ってさすがに耐えられなくなり、それでも『お腹がすいたなんて恥ずかしくて言えない』と、『机や椅子をずらして音を出して、お腹が鳴るのをごまかしていた』というのです」(テレビ誌ライター)


    (出典 asajo.jp)

    https://asajo.jp/excerpt/66190


    【【美人すぎる!!】森三中・黒沢かずこの“激ヤセ”広告に「女優クラス」とネット民が驚愕!】の続きを読む


    松嶋 尚美(まつしま なほみ、1971年12月2日 - )は、日本のお笑いタレント、女優、歌手である。愛称は「ナホミちゃん」。名前は「なおみ」ではなく、「なほみ」である。元相方の中島は「なおみちゃん」と呼んでいるが、NTTドコモのCMでは「なほみちゃん」と呼んでいる。 喫煙者(ヘビースモーカー)である(後述)。
    16キロバイト (1,880 語) - 2019年1月21日 (月) 11:45



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/21(月) 20:32:36.42 ID:LPCCM3869.net

    タレントの松嶋尚美(47)が21日放送のTBS医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判!3時間SP」(月曜後7・00)に出演。
    精密検査で74歳と診断された肺年齢が劇的に改善されたことが明かされた。

    松嶋は1日20本の喫煙を26年間続けていたこともあって、慢性閉塞性肺疾患(COPD)を患っていたことが発覚。
    “肺年齢74歳”“余命13年”というショッキングな数字がはじき出されていた。

    今回、番組では「肺の病気を遠ざける」という研究結果が出された“リンゴ”を、松嶋に摂取してもらうことに。
    1日1個3週間のリンゴ生活を続けた。

    リンゴには「リンゴポリフェノール」という抗酸化物質が含まれており、これが気管支などの炎症を抑える効果があるとか。
    結果、呼吸が安定し、肺年齢が若返るのだという。

    1日1個という常識的な設定もあり、松嶋は難なく3週間のリンゴ生活をクリア。ついに結果発表の日を迎えることとなった。
    検査結果はなんと「61歳」。
    リンゴ生活前と比べると実に13歳の若返りに成功したのだ。
    これには松嶋も小躍りするほどの喜びを見せていた。

    呼吸器内科の大谷義夫医師もこの結果には「予想以上」と驚きを隠せず。
    「まだ3週間じゃないですか。続けていただければ、もっと実年齢に近づくんじゃないかなと思います」とアドバイスしていた。

    ちなみにリンゴの食べ方は、栄養のある皮や種周りを無駄なく食べられる「輪切り(スターカット)」がいいようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15905268/
    2019年1月21日 20時21分 スポニチアネックス


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【衝撃】“肺年齢74歳”松嶋尚美 ある果物を3週間食べ続け、劇的な若返りに成功!1日20本の喫煙を26年間】の続きを読む

    このページのトップヘ