もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: 女優



    (出典 blog.stardust.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/04(火) 14:33:06.15 ID:CAP_USER9.net

     彼女の夫の言葉を借りれば、「KMSS」な話題ということになろうか――。
    2016年、歌手でタレントのDAIGO(40)と結婚した女優の北川景子(32)。睦まじき夫婦仲について伝わってくることはあっても、なぜか彼女の父親の職業は伏せられてきた。
    以下は北川の実父に関する、DAI語で言うところの「興味津々」(KMSS)なお話。

     ***

    美貌を売りにし、アイドル的な要素を持つ女優は、結婚を機に人気が落ちるリスクを孕(はら)むが、北川に関しては無縁のようで、
    今夏も話題を振りまき、売れっ子ぶりを発揮している。
    ZOZOTOWNを運営する前澤友作氏とまだ交際段階であるのに猛批判に晒されている剛力彩芽は、大いに北川に学びたいところだろう。

    ともあれ、DAIGOと入籍し、私生活のミステリアスさを失っても芸能界の第一線で活躍を続ける北川だが、そんな彼女にもまだ「謎」が残されていて、ある芸能記者曰く、

    「北川の父親が何者なのか、よく分からないんですよね」

    確かにこれまで北川は、「父親の躾が厳しかった」と言及したことがある程度で、それ以外に実父に関して語った形跡はない。いやが上にも「KMSS」感が高まるところなのである。

    究極の「親孝行」

    「北川さんのお父さんは、三菱重工の幹部なんです。
    それが、彼女が父親について語ろうとしない原因なのかもしれません」

    こう声を潜めるのは、同社の関係者だ。より具体的に言うと、

    「彼は現在、三菱重工の防衛・宇宙セグメントのナンバー2。戦闘機や戦車を開発・製造し、自衛隊に納める、いわば日本の防衛産業のトップシークレットを握る立場にあるんです。
    いずれは、同部門のトップになると見られています。こうした父親の仕事柄もあって、北川さんはお父さんについて喋りたがらないのではないでしょうか」

    なるほど、北川にとって父親の職業は「機密」に値するということのようだ。
    しかし無論、我が国の防衛産業の中枢を担うことは決して恥ずべきことではなく、むしろ誇らしいことではないか。
    そこで、大阪府で暮らす北川の祖母に尋ねると、

    「息子(北川の父親)はもともと口数が少なくて、景子のことも全然話してくれないんですが、部署が変わるたびに名刺はくれます。
    2年前の景子の結婚式の時にも名刺を渡されて、そこには確かに(三菱重工の)『防衛』と、あと『宇宙』って言葉もありました。
    それまでは神戸造船所の配属で、ずっと潜水艦を作る仕事をしていたんですよ」

    こう語った上で、

    「景子の結婚式に出られて本当に嬉しかった。白無垢もドレスも綺麗でね。
    今、私は体が悪くて、ひとりで遠出はとてもできないから、もう曾孫ができても会いには行けないでしょう。
    でも、景子とDAIGOさんが曾孫を連れて会いにきてくれるようなことがあれば夢のようですね」

    と、期待に胸を膨らませるのだった。

    なお北川は現在、三菱重工グループの空調機のCMに出演している。これぞ究極の「親孝行」であろう。
    父親は防衛産業のエリート街道を歩み、娘も公私ともに順調。再びDAI語を借用すれば、北川家は今まさに「JS」、すなわち……。

    人生って素晴らしい? 

    「週刊新潮」2018年8月30日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180904-00547870-shincho-ent
    9/4(火) 5:58配信

    前スレ                    2018/09/04(火) 06:38
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536010702/


    【【興味津々ww】北川景子が一度も語らない「父の職業」 あの大企業の幹部だった】の続きを読む


    橋本 (はしもと かんな、1999年2月3日 - )は日本の女優・歌手。 福岡県出身。 アクティブハカタおよびディスカバリー・ネクストに所属。 2007年(小学校三年生当時)「テレビに出たい」と思い、母に頼み福岡の芸能事務所「アクティブハカタ」に所属する。
    142キロバイト (16,254 語) - 2018年9月2日 (日) 17:56



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/03(月) 10:41:06.47 ID:CAP_USER9.net

    橋本環奈(19)と吉沢亮(24)が2日、都内で映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」(福田雄一監督)の舞台あいさつに登壇した。

    橋本はクランクアップ後に菅田将暉と小栗旬一家と“銀ブラ”したことを明かし、「誕生日プレゼントにバッグを頂きました」。
    「小栗さんは全員になんです。戸塚(純貴)君にもソファを買ってあげたみたい」とも明かしたが、吉沢は「俺、何も買ってもらってない」と笑っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15249041/
    2018年9月3日 7時19分 日刊スポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 nosh.media)


    【【誕生日プレゼントww】橋本環奈「バッグ頂きました」小栗旬から誕生祝い】の続きを読む


    DAIGO(ダイゴ、1978年4月8日 - )は、日本のシンガーソングライター、俳優、声優、ミュージシャン、タレントであり、3人組ロックバンド・BREAKERZのボーカルである。本名は内藤 大湖(ないとう だいご)。東京都出身。所属芸能事務所はタレントとしてはA-PLUS、歌手活動ではBeingに
    64キロバイト (6,889 語) - 2018年9月1日 (土) 13:51



    (出典 grapee.jp)



    1 Egg ★ :2018/09/01(土) 22:25:04.86 ID:CAP_USER9.net

    歌手のDAIGO(40)の発言に「理想の夫婦」「うらやましい」という声があがっている。

     「DAIGOさんは、26日放送の「24時間テレビ」(日本テレビ系)で、同番組が自身の結婚につながったと明かしていました。

     2015年、24時間ランナーを務めたDAIGOさんは当時、北川景子さんと交際中。走る日が北川さんの誕生日だったこともあり、運命を感じて結婚を決意、その後プロポーズしたそうです。

     そんな北川さんについて、「家に帰ってくると「あ、本物だ」っていうときあります。まだちょっとね、正直、まだ(北川の)美しさに慣れていないところはあります」と、大真面目にノロケていましたが、2年経ってもラブラブなのが伝わってきましたね」(スポーツ紙記者)

     11月22日の「いい夫婦の日」に毎年発表される「理想の夫婦ランキング」(明治安田生命)で、昨年は6位にランクインしている二人だが、今年はさらにランクアップすること間違いなし!(zakzak編集部)

    2018年9月1日 16時53分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15243471/


    【【ラブラブ】<DAIGO>北川景子との夫婦関係「まだ美しさに慣れていない…」大真面目なノロケに羨望の声】の続きを読む


    深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )は、日本の女優、歌手、タレント。本名同じ。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)、きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)。 東京都北区出身。ホリプロ所属。 1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE
    56キロバイト (6,903 語) - 2018年7月26日 (木) 01:48



    (出典 hagureonee.com)



    1 きのこ記者φ ★ :2018/08/31(金) 18:38:12.07 ID:CAP_USER9.net

    「海に入ると、水を得た恭子になります(笑)」
    “深キョン”の愛称で親しまれている女優の深田恭子が9月22日に写真集『Blue Palpitations』を発売する。
    8月31日には深田本人がInstagramにて同書の発売を改めて報告し、撮影の際のオフショットを公開した。

    深田は「いつも写真集の撮影をさせて頂く時は、どうしたら皆さんに喜んで頂けるかなと、考えて、悩んで、
    スタッフの皆さんと作っているので、全ての写真集に感慨はあるのですが」と前置きし、
    自身20冊目の写真集となる同書について「20冊目という記念になる写真集を出させていただけることになり、
    ただただ有り難いです」とコメント。

    撮影はハワイで行われたそうで、彼女は大好きなサーフィンやサップヨガなどのアクティビティも堪能したことを明かし
    「海に入ると、水を得た恭子になります(笑)」とお茶目な感想を綴りつつ、
    「東京では見ることのできないような、アクティブな姿を、撮って頂いたので、是非ご覧頂いて潮風や日差しを感じて頂けたら…」
    とファンへ呼びかけている。

    ・かなりレア!? 華麗なサーフィン中の姿に絶賛の声
    同エントリーでは深田が砂浜にてブルーの水着姿でポーズを決めるショットや、黒とピンクのスポーティなビキニでサーフィンをする姿、
    さらにサーフィン中の彼女を捉えた動画も公開されている。
    特にサーフィン中のショットは深田のグラマラスな美ボディと楽しげな表情が印象的。動画でも彼女は華麗に波に乗っており、
    無邪気にはしゃぐ姿がとってもキュート!

    これについてファンからは「サーフィン上手くてビックリです」「波乗り 上手いですね おみごとです」
    「いつまでも変わらずお美しく、そしてかわいいですね!」「普段おっとりしてるのに意外な一面 でも素敵」
    「深キョンは、永遠の憧れ」「天使のような笑顔が素敵です」と、深田の飾らない姿に絶賛の声が寄せられている。

    同書ではそんな「水を得た恭子」の生き生きとした姿が存分に楽しめそう。発売が待ち遠しいですねぇ!!

    http://news.livedoor.com/article/detail/15237582/
    https://www.instagram.com/p/BnIGtVfHIuq/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【奇跡のアラフォー】深田恭子「海に入ると、水を得た恭子になります(笑)」 華麗なサーフィン中の姿を披露!】の続きを読む


    石田 ゆり子(いしだ ゆりこ、1969年10月3日 - )は日本の女優・エッセイスト。本名・石田 百合子(いしだゆりこ)。愛称は「りり」「ゆりちゃん」「ゆり」「ゆりっぺ」。女優の石田ひかりは実妹。 東京都出身。東京都立桜町高等学校卒業。女子栄養大学短期大学部卒業。
    34キロバイト (4,294 語) - 2018年8月26日 (日) 17:55



    (出典 star7.org)



    1 数の子 ★ :2018/08/31(金) 12:01:44.03 ID:CAP_USER9.net

    8/31(金) 11:01配信 女性自身

    石田ゆり子(49)が8月29日、自身のインスタグラムを更新。「ここ最近、SNSというものの良さも悪さもひしひしと感じます。(中略)だけど最近やはり疲れてきたのは事実です。インスタ、しばらく休んでみようかとも思っています。それもまた、1つの道ですよね」とつづり、休止検討中であることを示唆した。

    石田に限らず、ここ最近でSNSを休止する芸能人は急増している。この1年でも剛力彩芽(26)、華原朋美(44)、宮沢りえ(45)、満島ひかり(32)らがアカウントを休止、または過去の投稿を全て削除している。

    「日常生活を気軽に発信できるSNSは、ファンとの距離を近づける新しい交流の場として便利です。ただ距離が近すぎる反面、心ない人からのコメントに悩まされことも多い。問題発言をして炎上するならともかく、日常の何気ない投稿でも文句を言ってくる人がいます。最近ではダレノガレ明美さん(28)が『一眼レフを買った!』とツイッターでつぶやいただけで、『使い方がわからない人が買うものではない』などと揚げ足取り的な批判が多数寄せられてしまいました」(IT関係者)

    こうした動きは、海外でも広がりを見せているという。

    「大人気映画シリーズ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の監督ジェームズ・ガンさん(52)が、10年前につぶやいたツイッターでの不適切な発言をアンチファンに掘り起こされ騒動に。その結果、次回作の監督を解雇されるに至っています。この騒動を受け、SNSのアカウントを削除するセレブが続出。彼らにとって、SNSの便利さよりもマイナス面のほうが際立ってきているのではないでしょうか」(前出・IT関係者)

    広がる“SNS疲れ”。これ以上この動きが拡散しないことを祈りたいところだが――。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180831-00010005-jisin-ent


    【【SNS疲れ】石田ゆり子もインスタ休止宣言 芸能人に広がるSNS疲れの波】の続きを読む

    このページのトップヘ