もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: 男性俳優


    佐野 史郎(さの しろう、1955年3月4日 - )は、日本の俳優、映画監督。島根県松江市出身。 医師である父親がインターン勤務で山梨にいた関係で山梨市に生まれる。佐野家は島根県松江市で代々続く医家。 生後間もなく東京都世田谷区に移り、のち練馬区に転居。7歳の時に父親が松江の実家(医院)を継ぐため郷
    57キロバイト (7,367 語) - 2019年10月30日 (水) 02:52



    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    1 ひかり ★ :2019/11/07(木) 18:28:39.04 ID:12nKyLEL9.net

     日本テレビは7日、同局「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!年末スペシャル(仮)」(12月31日放送予定)のロケ中に、俳優の佐野史郎(64)が
    腰椎骨折のけがを負ったと発表した。診断によると、全治2カ月の見込みだという。

     佐野は、6日夜のロケで液体窒素を入れたペットボトルが破裂する力で空中に浮くという企画の後、腰に痛みを訴え、ただちに病院で診察を受けたところ、
    第三腰椎骨折と診断された。手術の必要はなく、2週間の安静の後リハビリを行い、現時点では全治約2カ月の見込み。今後は医師の指導に従い、
    回復具合を見ながら徐々に復帰していく。

     同局は「今回、けがをされたことについて、佐野さんをはじめ、関係者の皆様にお詫び申し上げます。ロケに際しては、専門家の指導の下、事前に実験を
    重ねるなど、安全に配慮しておりましたが、出演者がケガをした事実を重く受け止め、今後はより一層、ロケなど番組制作において安全対策に万全を期して
    まいります」とコメントを発表した。

      佐野は同局を通じてコメントを発表。
    「この度は、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル(仮)』の収録に際し、第三腰椎骨折というけがをしてしまい、
    番組スタッフ、キャストのみなさんはじめ、関係者各位のみなさまには大変ご迷惑をおかけいたしました」と報告し、
    「安静にということで、入院中ではございますが、当面のお仕事に対しましては順次対応させていただきたいと存じます」と状況について説明。

     続けて「なお、番組放送に関しましては、私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っております」と心境をつづり、
    最後は「人間万事塞翁が馬。今回のことを糧に、より精進して参りたいと存じます。今後ともよろしくお願いいたします」と締めくくった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000196-spnannex-ent

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573113831/


    【【笑えない状況にならないよう・・】佐野史郎「ガキ使」年末SPロケ中に腰椎骨折、全治2カ月…番組放送願う】の続きを読む


    菅田 将暉(すだ まさき、1993年2月21日 - )は、日本の俳優、歌手。大阪府箕面市出身。トップコート所属。 2007年、アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが、落選する。 2008年、第21回ジュノン・スーパーボー
    93キロバイト (11,602 語) - 2019年11月3日 (日) 07:02



    (出典 d17egyts7igch8.cloudfront.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/04(月) 17:42:44.68 ID:zCMm2GwG9.net

    映画やドラマの番宣で、普段はバラエティ番組に出演しないような俳優がバラエティ番組に出演することはよくある。しかし、バラエティの空気に慣れていないせいか、その場の雰囲気を悪くしてしまう俳優もいるようだ。バラエティの現場で好かれる俳優とそうでない俳優の違いはどこにあるのだろうか。

    「やはり好かれる俳優さんは、頑張って場を盛り上げようとする俳優さんですね。最近では、菅田将暉さんが評判がいいです。本人も関西出身のためお笑いが好きなのか、収録中は面白いことを頑張って言おうとしているのが伝わります。実際、面白いことを言えるので、明石家さんまさんなどの大物にも好かれていますよ。また、番組の予告に使えるような興味深い発言もできるので、現場のスタッフからのウケもいいです」(芸能記者)

    さらに、見えないところでの態度も重要となる。

    「普段、バラエティに出ないような俳優さんが現場に来ると、ある程度の緊張感があります。人によってはその緊張した雰囲気を見て、自分はバラエティに出るようなタイプではないと調子に乗ったような態度を取ってしまう人もいるのですが、礼儀正しい態度をされると場も和みますし、一気にその俳優さんのファンになりますね。その点で綾野剛さんはパーフェクト。ADさんにまで気を遣えますし、自分は“出させて頂いている”という謙虚な姿勢が窺えます。その態度には、あの坂上忍さんも絶賛したほどです」(前出・同)

    一方で、嫌われる俳優も多い。

    「桐谷健太さんなど、芸人を差し置いて出すぎる俳優は嫌われますね。桐谷さんの場合、場を仕切り出すこともあるので、芸人さんはやりにくそうです。頑張ってくれているのは分かるのですが、一歩下がって芸人さんたちについて行くことも大切かと思われます。また、自分は俳優だという枠からなかなか外れない人もやりにくいと思われがちですよ。ディーン・フジオカさんはいるだけでその場が華やぐのですが、少しいじると目が笑っていないような時があり、言葉を選ぶ必要があるのでギクシャクした空気が流れます」(前出・同)

    番宣で出演するのであれば、俳優陣は現場の空気に合わせることも必要なようだ

    https://news.livedoor.com/article/detail/17331063/
    2019年11月4日 12時20分 リアルライブ


    【【映画やドラマの番宣】バラエティ番組に出演 好かれる俳優、そうでない俳優は?】の続きを読む


    坂口 憲二(さかぐち けんじ、1975年11月8日 - )は、日本の俳優。東京都出身。身長185cm、胸囲99cm、胴囲83cm。活動休止前までケイダッシュに所属していた。 世田谷区立等々力小学校、明治大学付属中野中学校・高等学校卒業。柔道未経験であるにもかかわらず父親のコネで明治大学中野高等学校
    21キロバイト (2,683 語) - 2019年10月23日 (水) 02:26



    (出典 workfreelife.net)


    元気そうでよかっ

    1 あっあっ豚汁うどん ★ :2019/10/23(水) 10:56:20.94 ID:BCBsZzf/9.net

    アートとカルチャー
    2019年10月23日 07時00分 JST
    芸能活動を休止中の坂口憲二さん、コーヒー焙煎士になっていた。新たなチャレンジにかけた思いを聞いた
    セカンドキャリアの道を歩む坂口憲二さんが、単独インタビューにこたえてくれました。

    生田綾


    (出典 img.huffingtonpost.com)

    坂口憲二さん

    難病の治療に専念するため、無期限で芸能活動を休止している坂口憲二さん。坂口さんは今、こだわりの焙煎豆を提供するコーヒービジネスにチャレンジしている。プライベートレッスンで技術を学び、自ら焙煎を手がける。

    拠点は坂口さんが愛するサーフィンの聖地、千葉県・九十九里。2018年夏に焙煎所を開設し、サーフショップやカフェでコーヒー豆やグッズの卸販売をはじめた。オンラインショップも展開し、2019年春には東京都内に初店舗もオープン。地域密着型のため、住所は非公表だ。

    「病気で失うものもあったけど、得るものも本当に多かった。新しい世界をみられてすごく楽しいです」。生き生きとした表情で語る坂口さん。セカンドキャリアの道を切り開いていく姿を追った。

     ◇

    坂口さんが立ち上げたブランド、『The Rising Sun Coffee』。ブランド名は九十九里浜の朝日をイメージしたという。「コーヒー&サーフィン」をコンセプトに、コーヒー豆のほか、Tシャツやマグカップなどのグッズも展開している。
    坂口憲二さんが立ち上げたブランド「The Rising Sun
    HuffPost Japan
    坂口憲二さんが立ち上げたブランド「The Rising Sun Coffee」のコーヒー、マグカップ

    インタビュー前に、坂口さんの焙煎所で製造されたコーヒーを飲んでみた。程よいコクがあって、とても美味しい。

    「冷めても美味しかったです」と伝えると、「本当に美味いコーヒーはそうなんです」と、嬉しそうに話してくれた。

    「一番最初に作った『アフターサーフ』という銘柄は、『海上がりに飲むコーヒー』をテーマにしています。海上がりのしょっぱい口でどういうコーヒーを飲みたいかなと考えた時に、苦味がありつつ、甘くてコクがあるコーヒーがいいなと思って。苦味を強く出せる深煎りのコーヒーにしています。コーヒービジネスは激戦区で、大手が強い。そこに食い込んでいくためにはブランド独自のスタイルが必要で、自分はサーフィンが好きだから、それを武器にするしかないと思ったんです」


    難病を発症し、芸能活動を休止するまで

    『池袋ウエストゲートパーク』(2000/TBS系)、『天体観測』(2002/フジテレビ系)、『医龍~Team Medical Dragon~』シリーズ(2006?2014/同系)、『最後から二番目の恋』(2012/フジテレビ系)...。坂口さんが出演した、数々の名作ドラマを挙げるとキリがない。

    人気俳優として第一線で活躍し、テレビドラマ全盛期を支えた坂口さんが無期限での芸能活動休止を発表したのは、2018年3月のことだ。

    活動休止のきっかけは、国指定の難病である「特発性大腿骨頭(だいたいこっとう)壊死症」を発症したためだった。

    坂口さんによると、2012年ごろから右股関節に違和感を持つようになったという。2014年、『最後から二番目の恋』第二期の撮影を終えたころに痛みが悪化。病院での精密検査を経て、2015年に病名が判明した。股関節を形成する大腿骨頭のまわりに血が巡らなくなり、壊死が生じてしまう、原因不明の病気だ。

    「幸いにも発見が早かったので、すぐに手術を受けました。当時は歩くこともできなかったので、しばらくは車いす生活で。手術後はナレーションの仕事とか、座ってできる仕事をしていました。杖をつきながら芝居はできないですし、サーフィンもできない。色々決まっていた仕事があったので、本当に申し訳ないなという気持ちでした」

    坂口さんは、当時の心境をそう振り返る。

    「スタッフや友人もすごく心配してくれたし、当初は自分も復帰するつもりでいました。でも、その頃に結婚して1人目の子どもが産まれたんですけど...ちょっと先がわからない病気だったので、徐々にセカンドキャリアの道を真剣に考えていくようになりました。芝居もサーフィンもできず、時間だけが過ぎていって、どうしよう、と結構考えましたね」

    そして、病名発覚から3年後、無期限での活動休止を決断。2018年5月末には、所属事務所との契約も解除した。


    以下ソース
    https://www.huffingtonpost.jp/entry/kenji-sakaguchi-the-risingsun-coffee_jp_5da8186ce4b0b24e75dd0425


    【【第二の人生】芸能活動を休止中の坂口憲二さん、コーヒー焙煎士になっていた。】の続きを読む


    押田 (おしだ がく、1997年4月9日 - )は、日本の俳優。 神奈川県出身。エヴァーグリーン・エンタテイメント所属。 2016年11月、第29回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリ受賞。2017年、バラエティー番組 スカッとジャパンでテレビ初出演。FODオリジナルドラマ『ぼくは麻
    10キロバイト (882 語) - 2019年10月11日 (金) 08:37



    (出典 www.evergreen-e.com)


    普通の青年に見えるww

    1 ひかり ★ :2019/10/19(土) 14:28:31.17 ID:H1MRMmxk9.net

    押田学(22)が19日、東京・福家書店新宿サブナード店で、初写真集「岳歩-がくふ-」(主婦と生活社)の発売記念イベントを開催した。

    押田は、16年ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞、17年放送のテレビ朝日系特撮シリーズ「仮面ライダージオウ」に出演し注目を集める若手俳優。
    「正直、自分の写真集が出ることが信じられないです。誰が買ってくれるんだろうと率直に思います」と照れ笑いを浮かべつつ、「この写真集で僕という人間を
    知ってもらえれば」とアピールした。

    香港で撮影を行い「人も優しくて、きれいな街でした」と振り返った。お気に入りはカットは、白いシャツがはだけて上半身があらわになった1枚。鍛え上げた腹筋を
    披露している。半年間のジム通いの成果が出たといい「努力が見せられて、やったかいはあったかな」と笑顔を見せた。

    「ジオウ」では主要キャラの明光院ゲイツを演じた。本格的な撮影は初めてで、「お芝居の技術から人との接し方まで、勉強させてもらいました」と感謝した。
    時代劇が好きで、今後は侍役に挑戦したいといい「石田三成をやりたい。悪者に描かれがちだけど、一番芯の通っている男だと思う」と意欲を見せた。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201910190000326_m.html?mode=all

    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    【【どこかで見た名前ww】押田岳が初写真集発売「誰が買ってくれるんだろう」】の続きを読む


    阿部 サダヲ(あべ サダヲ、1964年4月23日 - )は、日本の俳優、歌手。千葉県松戸市出身。劇団大人計画所属。 数々の舞台作品での活躍で演技力への評価を高め、舞台を中心にテレビドラマ、映画と幅広く活躍している。 1992年、舞台『冬の皮』でデビュー。同年には病気で降板した温水洋一の代役として、
    31キロバイト (4,205 語) - 2019年10月17日 (木) 06:03



    (出典 www.kanaloco.jp)


    芸能人の事故、おおいね

    1 久太郎 ★ :2019/10/17(木) 17:30:07.22 ID:mvjxptQr9.net

    俳優の阿部サダヲさんが、東京・渋谷区の交差点で車を運転中、隣を走っていた乗用車に接触する事故を起こしていたことがわかった。

    16日午後5時ごろ、渋谷区神山町の山手通りの交差点で、俳優の阿部サダヲさんが運転する車が右折しようとした際、右隣を走っていた車に接触した。

    阿部さんと相手の車を運転していた男性(20代)に、けがはなかった。

    警視庁は阿部さんから事情を聴き、くわしい事故原因を調べている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20191017-00425762-fnn-soci


    【【事故】阿部サダヲさんが事故 右折で隣の車に接触】の続きを読む

    このページのトップヘ