もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: 男性俳優


    吉沢 (よしざわ りょう、1994年2月1日 - )は、日本の俳優。 東京都出身。アミューズ所属。 1994年、男4人兄弟の次男として生まれる。 2009年、母が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。なお、この時のグランプリは野村周平であった。
    32キロバイト (4,103 語) - 2019年9月17日 (火) 01:48



    (出典 sakasenomousigo.jp)


    えー!ほんとに!?

    1 ひかり ★ :2019/09/17(火) 22:05:11.55 ID:AlORqzVt9.net

    『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(11年テレビアニメ放送、 13年劇場公開)や『心が叫びたがってるんだ。』(15)のクリエイターチーム「超平和バスターズ」が再集結を果たしたオリジナル長編アニメーション映画
    『空の青さを知る人よ』(10月11日公開)のブルースカイプレミアイベントが9月17日にイイノホールで開催され、吉沢亮、吉岡里帆、若山詩音、落合福嗣、大地葉、種崎敦美、松平健、長井龍雪監督が登壇。
    映画のタイトルにかけて「青かった過去」について聞かれた吉沢が、「高校時代、カーストで言うと一番下みたいなところにいた。リア充みたいな人たちの悪口をずっと言っていた。青いというか、黒かった」と暗黒期を告白して会場の笑いを誘った。

    本作は、『あの花』『ここさけ』を生みだした、長井監督、脚本家の岡田麿里、キャラクターデザイン・総作画監督の田中将賀によるクリエイターチーム「超平和バスターズ」の最新作。両親を失い2人暮らしの姉妹と、
    姉のあかねのかつての恋人である慎之介、そして過去からやって来た18歳の慎之介、通称“しんの”の四角関係を描く。

    高校時代は「友達も少なくて、固定の友達が2、3人いるくらい。その人たち以外とはほとんどしゃべらなかった。高校時代を楽しんで、キラキラしているモテそうな男について『別にかっこよくねえから』みたいな悪口を
    ずっと裏で言っていた」と明かした吉沢。当時を“ドス黒めの青”と振り返ったが、2021年放送のNHK大河ドラマ第60作「青天を衝け」では主演を務めることが決定するなど、“青”と縁のある作品が続いている。
    「『青天を衝け』ですから。真っ青です。フレッシュに頑張りたいと思います!」と大河ドラマに向けても、熱く意気込んでいた。

    本作でアニメ声優初挑戦を果たした吉沢は、劇中では慎之介役と“しんの”役にチャレンジしている。吉沢は「『あの花』『ここさけ』ももともとファンだった。参加させていただけたことはすごく光栄なことでもありつつ、
    作品の邪魔をしちゃいけないというプレッシャーもあった」と不安も大きかったというが、長井監督は「堂々とメインを張っていただいた。皆さん驚かれると思う。心の準備をしてほしいくらい。本当に素晴らしいので、
    期待していただいて大丈夫です」と吉沢の声の演技を大絶賛。

    吉沢は「普段のお芝居の5、6倍くらいのテンションで芝居をしている感覚。いままでにないくらいはっちゃけたりすることもあった。自分の声を録音して聞いてみたりすると、いろいろな発見があった」と試行錯誤したと話し、
    「大変でしたが、楽しかったです」と充実の表情を見せていた。

    https://movie.walkerplus.com/news/article/205364/

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【カミングアウト】吉沢亮、暗黒の高校時代を告白 「リア充の悪口言ってた」】の続きを読む


    読売新聞(1992年5月8日)によると、19歳前後のパスポートにおける名称が「レンホウ」であると報じられている。「」と「」は2017年時点で常用漢字に選定されていない。「」は1990年(平成2年)3月1日法務省令第5号により、人名用漢字に追加。「」は2017年時点で人名用漢字に選定されていないため、人名に使用できない。以上の
    136キロバイト (20,107 語) - 2019年9月10日 (火) 20:45



    (出典 image.news.livedoor.com)


    俳優として売れるとは限らないww

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/09/08(日) 19:16:15.08 ID:A662xKkb9.net

    ■「私の子育ては完璧だから」

     さすがは舌鋒鋭く追及する立憲民主党・蓮舫副代表らしい言葉だ。

     9月2日に放送された、『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議』(TBS系)に出演したバイオリニストの高嶋ちさ子は、青山学院初等部からの先輩である蓮舫氏が子育てについて、そう話していたと紹介した。

     その自慢の息子が、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)で俳優デビューした村田琳。総務部員でラグビーチーム「アストロズ」のメディカル兼任アシスタントの有馬真吾を好演している。

     ドラマで村田を初めて知ったという人も多いが、歌、ダンス、コント、芝居などを披露する男性エンターテインメント集団「VOYZ BOY」のチームリーダーとしても活躍中だ。

    「以前からバラエティー番組で、蓮舫氏の息子として紹介されイケメンぶりが話題になっていました。蓮舫のInstagramにも登場するなど、仲のいい親子」(スポーツ紙記者)

    『人生イロイロ~』で村田は、母親が子離れできず超心配性であると話し、銀行口座も蓮舫氏が管理しているなど溺愛ぶりを明かした。

    「現在、村田はVOYZ BOYのメンバーと2人で暮らしているそうですが、蓮舫氏は週に1度は家にきて掃除や2人分の洗濯をしてくれると言っていました」(テレビ誌ライター)

     ギターに夢中だった中学生の息子にはこんなビッグなプレセントも。

    「村田も初等部から青山学院ですが、B’zの松本孝弘にギターを習っていたんです」(女性誌記者)

    「松本の息子と青学の同級生で保護者参観などで面識のあった蓮舫氏が松本に『息子がギターをはじめまして……』と話したことがきっかけで、教えてもらうことになったそうです。松本が使っていたギターをプレゼントしてもらったそうです」(同)

     同級生には、三代目中村福之助もおり「学生時代から仲がよく、今もよく飲みに行ったり、互いの家を行き来している」(スポーツ紙記者)と、なんとも華麗な交友関係である。

     小学生の時にはラグビーもやっていて、中学ではギターを、まさに文武両道のイケメン。「完璧な子育て」と自信をもって言えるのも当然だ。

    取材・文/小窪誠子 2019/9/8
    https://www.jprime.jp/articles/-/16005

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【【私の子育ては完璧だから】蓮舫 自慢の息子・村田琳が俳優デビュー、青山学院での驚きの交友関係】の続きを読む


    北村 一輝(きたむら かずき、1969年7月17日 - )は、日本の俳優。本名、北村 康(きたむら やすし)。大阪府大阪市出身。フロム・ファーストプロダクション所属。弓削商船高等専門学校中退。身長178cm、体重68kg。当初は本名の「北村康」で活動していたが、1997年の映画出演が縁で三池崇史監督によって「北村一輝」と改名する。
    37キロバイト (4,299 語) - 2019年9月5日 (木) 09:41



    (出典 www.j-wave.co.jp)


    時期が悪かったねww

    1 ひかり ★ :2019/09/03(火) 00:09:52.45 ID:hXQMjx299.net

    冷たい表情で、生きた虎をナイフで突きながら、部下の報告を聞く日本軍の将校。その内容が気に入らなかった彼は虎をめった刺しにし始め、その返り血を浴びながら命令を下す。

    「(独立軍を)1人残らず殺せ」

    韓国で上映中の映画『鳳梧洞戦闘』、安川少佐を演じる北村一輝(50)の初登場シーンに観客たちは驚愕していた。映画を見たソウル在住の日本人ジャーナリストは言う。

    「私が映画館に行ったのは平日の昼間でしたが、それでも座席が3割ほど埋まっていました。8月7日に公開され、8月29日時点では観客数は463万人を記録しています」

    この作品は朝鮮半島を日本が統治していた1920年6月、中国東北部の渓谷の村・鳳梧洞で起きたという、武装集団“独立軍”と日本軍の戦いを描いている。

    「今年は三・一独立運動から抗日100周年にあたり、数々の“反日映画”が封切られています。『鳳梧洞戦闘』は団体客を中心に観客動員数を伸ばしました。8月14日には
    韓国の与党『共に民主党』のイ・ヘチャン代表や同党の関係者100人ほどが団体で鑑賞しました」(韓国の映画関係者)

    『朝鮮日報』は、この大ヒットについて次のように報じている。

    《映画に登場する3人の日本人俳優も話題だ。この映画に出てくる日本の軍人の多くは韓国の良民たちを虐殺する人物として描写されているからだ》(8月18日付)

    韓国の映画評論家たちでさえ“善悪の構図があまりにもはっきりしていて、憎悪をあおる編集が残念”などと評価しているように、“残虐な日本軍”の描写には容赦がない。
    農村を襲撃し、妊婦をレイプし、子供や老人たちも無慈悲に虐殺していくのだ。そのなかでも際立っているのが、北村一輝が演じた追撃舞台の隊長、安川少佐だ。

    「まさに“絵に描いたような敵役”です。作戦に失敗した部下の指を切り落としてしまったり、日本軍の蛮行を批判するようになった少年兵に切腹を命じたり……。
    韓国人俳優が主演した独立軍の3人も歴史上は実在していないそうで、製作者たちも“フィクションだから”と考えたのでしょうが、あまりにも荒唐無稽に思えました」(前出の映画関係者)

    けっして映画の評価は高くなく、“拷問シーンや虐殺シーンがやりすぎ”といった声も多い。実はウォン・シンヨン監督も、この“やりすぎ抗日フィクション”に、日本人俳優が
    出演してくれたことが意外だったようで、試写会では次のように語っていた。

    「慎重にオファーしたところ、意外にも多くの日本人俳優が出演の意思を示してくれた。かなり驚いた」

    確かに北村といえば、9月末から放映されるNHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』ではヒロインの父親を演じる“日本の大物俳優”。彼の決断には監督もかなり驚いたことだろう。
    北村の意図について、所属事務所に聞いたところ、担当者は次のように答えた。

    「北村は以前から海外作品のオファーも受けています。出演を決めるにあたっては、監督の実績や共演俳優が誰かなどの条件を検討しますが、『鳳梧洞戦闘』も、
    そのようにして選んだ作品の1本にすぎず、けっして北村本人の政治信条や思想などで選んだわけではありません」

    ――演出が過剰という評価もありますが?

    「オファーを受けた段階では演出の細部までは決まっていませんでした。北村もあくまでも役の1つとして演じただけだと思います」

    役作りのためにチンピラ役を演じるときに9本の歯を抜いたりなど、“役者バカ”としても知られる北村。彼を知る日本の映画関係者は言う。

    「北村さんは『世間に持たれている(自分の)イメージを常に裏切っていきたい。どんな役が来ても受け入れて、その役を自分のものにしたい』と、よく言っています。
    彼にとっては、冷酷非道な日本軍将校役も挑戦の1つだったのでしょう」

    しかし前出のジャーナリストは、ある疑問も抱いたという。

    「北村さんの“国際的に活躍する俳優でありたい”という熱意がうまく利用されてしまったのではないでしょうか。“残酷シーンが過剰”という批判に対しては監督もかなり
    気にしていたようです。実は8月14日のトークショーで監督はこんなことを語っています。
    『ここまで(残酷なシーンを)描写してしまったら、観客が受け止められないかもしれない、と悩んでいたら、北村が“当時は、もっとひどかったはずだ。よりリアルに伝えたい”と、
    言って励ましてくれた』。まるで、その場にいない北村さんに責任を転嫁しているように思えました」

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190903-00010002-jisin-ent


    【【やり過ぎ!!】反日映画 北村一輝が出演した理由…「絵に描いたような適役」「残虐すぎる演出」】の続きを読む


    小栗 (おぐり しゅん、1982年12月26日 - )は、日本の俳優、声優。東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属。 左利き。父は舞台監督の小栗哲家、兄は元俳優の小栗了。妻はモデル、女優の山田優。義母はモデル、ビューティーアドバイザーの山田美加子。義弟はモデル、俳優の山田親太朗。
    59キロバイト (7,674 語) - 2019年8月20日 (火) 17:44



    (出典 data.smart-flash.jp)


    挑戦することがすごいよね

    1 ひかり ★ :2019/08/28(水) 18:29:08.46 ID:B4iz0h8e9.net

     たびたび噂になっていた小栗旬(36)のアメリカ進出。それは密かに実現していた。この8月に、妻の山田優(35)とまだ幼い二人の子供とともに、
    生活の拠点をアメリカに移していたのだ。

     小栗はアメリカへの憧れを幼い頃から持っていた。

    「小栗さんは小学校の卒業文集に『ハリウッド進出』を掲げていたエピソードはよく知られています。中学生になるとその夢は、『アメリカでの経験を生かして
    日本で制作者になる』というより具体的なものになっていました。その夢の実現に向けて、ついに決断したようです。

     昨年からは、来年公開予定の映画『ゴジラvsコング』の撮影のため、たびたび渡米していましたが、そこでの経験から、本格的にアメリカで活躍するには
    移住が必要だと感じたようです。着実に準備を進め、満を持して8月に日本を発ちました。新居はロサンゼルスに構えたようです」(映画関係者)

     日本の家は残したままで、都内の高級住宅街に自前で建設したトレーニングルーム併設のスタジオは、これまで通り親しい俳優らに開放するとみられる。

     ロスの新居では、山田優と二人の子供とともに新生活を始めている。ロスには、インスタ映えするスポットも数多くあり、SNSに公式アカウントを持たない
    小栗に代わり、山田がインスタグラムで言及してもおかしくない。しかし現在のところ、無関係な投稿が続いている。

    「小栗さんに渡米を公表するつもりがないからです。その意向を受けて、山田さんもロスに移住したことを知られないよう、日本で撮った写真のみを
    投稿するなど、かなり気を遣っているようです」(同前)

     夢に向かって進む自分を支えてくれる山田の内助の功に、小栗も感謝の念を抱いている。

    「小さな子供を連れての慣れないアメリカ暮らしには、苦労もあるでしょう。それでも、しっかり夫を支えようという前向きな気持ちを持っていることを、
    小栗さんも感じ取っているはずです」(同前)

     小栗の所属事務所に聞くと、「渡米したのは事実です。特に期限を設けているわけではありません」と回答した。

     小栗はかつて、出演したテレビ番組で“山田とともにレッドカーペットを歩く”という夢を明らかにしていた。この夏、その夢に一歩近づいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190828-00000008-pseven-ent
    渡米前の7月下旬、俳優仲間らとの食事会に参加した小栗旬

    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)

    飲み会を終え、長女を抱える山田優と弟の山田親太朗

    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


    【【満を持して渡米】小栗旬が一家でアメリカ移住、ハリウッド本格進出目指す】の続きを読む



    (出典 www.joseishi.net)


    この番組、マニアック過ぎて知らない人が多い

    1 フォーエバー ★ :2019/08/23(金) 23:10:59.94 ID:Xoego/iz9.net

    「ふぞろいの林檎たち」シリーズに出演した2枚目俳優で、24年前に芸能界を引退した水上功治(58)が23日、TBS系で放送された「爆報!THEフライデー」に出演。現在の姿を披露した。

     中学、高校時代は不良で番長だったという水上は、不良の香りのする2枚目として注目を浴びた。爆笑問題・太田光も「リーゼントでめちゃくちゃカッコ良くて」と回想するほど。「ふぞろいの林檎たち」にはパート3まで出演。中井貴一ふんする良雄らと敵対する不良グループで、金持ちの御曹司の佐竹役を演じ、インパクトを残した。

     しかし、34歳という若さで芸能界を引退したが、その原因が大物脚本家への暴言だったことなどを明かした。現場では「人を呼んどいてこんなとこ泊めんじゃねーよ。舐めんじゃねーよ、この野郎」と暴言を吐くなど、生意気な言動が目立った。

     「ふぞろいの林檎たち3」の打ち上げでのこと。脚本家の山田太一氏が同席する場で、「今回(のシリーズ)、つまんなかったね」と暴言を吐いた。「みんな顔色が青くなっちゃって。つまんないもんは、つまんないじゃん。しょうがないしな」「やっぱり『-4』にはおよびがかからなかった」と振り返った。

     その後、悪評がひろがり、オファーが激減。それでも「私からも仕事下さい、なんて頭下げないですから」と元来のツッパリが災いして、仕事がなくなり、腰や膝も大ケガし、34歳で引退した。

     引退後は大工のアルバイトなどフリーターを経験。36歳の時、9歳下の元OLと結婚し、現在、16歳の娘と3人暮らし。現在は、一級建築施工管理技士の資格を取得し、サッシの改修会社で部長として働いている。

    8/23(金) 19:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000099-dal-ent

    (出典 i.imgur.com)


    【【暴言で引退】「ふぞろいの林檎」のイケメン不良俳優 暴言で仕事激減 引退を明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ