もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:女性アーティスト > 安室奈美恵


    安室 奈美恵(あむろ なみえ、1977年9月20日 - )は、日本の歌手、ダンサー。本名同じ。身長は158cm、血液型はO型。沖縄県那覇市出身。愛称は安室ちゃん・奈美恵ちゃん。所属レコード会社はavex、レーベルはDimension Point。所属事務所はstella 88。
    185キロバイト (9,976 語) - 2018年9月16日 (日) 05:15



    (出典 mora.jp)



    1 ばーど ★ :2018/09/15(土) 11:37:56.36 ID:CAP_USER9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


     歌手・安室奈美恵(40)が引退前日となる15日にラストライブを行う故郷の沖縄県には14日、国内外からファンが続々と集結した。

     惜別の思いを胸に、ファンが安室のために活動する“アム活”もいよいよクライマックス。沖縄市内で開催中の展示会は、前売り券、当日券ともに初めて完売した。ライブ会場となる沖縄コンベンションセンター周辺には、リハーサルの音漏れを期待したファンの姿があった。

     那覇空港では縦70センチ×横4メートルの看板の安室が、ファンをお出迎え。観光ブランド「Be.Okinawa」をPRするものだが、1週間限定掲示とあって、ファンが次々とスマホで写真に収めた。関係者によると、10日間で1万回だったブランドのホームページアクセス数は、先月の安室起用後に18万回以上に跳ね上がったという。

     8月2日から引退日まで続く展示会「Final Space」沖縄会場は、ラスト3日間は前売り券1550枚ずつを売り出したが、すでに完売。この日は1000枚用意された当日券も、午後1時40分にはすべてなくなり、入場待ち6時間という大フィーバーになった。

     お手製のライブ衣装で福岡から来場した本多アヤさんは、「私にできるのは感謝の気持ちを込め、安室ちゃんのコスチュームを(まねて)作ること」としみじみ。秋田から訪れた佐々木志穂さんは、生まれつき耳が不自由だったというが、「10年前に手術し、初めて歌を感じた時は涙が流れました。私に音楽を教えてくれたのは安室さん」と思いをあふれさせた。シー・ペイ・チュンさんは「きちんとお別れのあいさつをしたくて」と台湾から海を渡ってきた。

     ラストライブ会場に隣接する、ぎのわん海浜公園には20人ほどのファンが集まり、大阪府の出田幸江さんは「チケットは取れませんでしたが、リハーサルをされてるでしょうし、少しでも近くにいたくて」と安室愛を全開に。園内では本番の音漏れを聞こうと、ビニールシートで翌日の場所取りをするつわものも出現した。15日に“奈美恵狂騒曲”が奏でられるのは必至だ。

    9/15(土) 10:05
    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000006-dal-ent


    【【クライマックス】安室奈美恵 15日“最後の降臨”空港から街中まで…沖縄に全国のアムラー大集結】の続きを読む


    『どうも、どうも イモトアヤコでございます。』20ページ ^ 『どうも、どうも イモトアヤコでございます。』33-34ページ ^ 『どうも、どうも イモトアヤコでございます。』57-60ページ ^ 『どうも、どうも イモトアヤコでございます。』27ページ ^ 『どうも、どうも イモトアヤコでございます。』38-39ページ
    84キロバイト (5,175 語) - 2018年9月2日 (日) 18:09



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/09/12(水) 10:17:45.08 ID:CAP_USER9.net

    9/12(水) 6:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180912-00010000-jisin-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    9月16日の引退まで、残りわずかとなった安室奈美恵(40)。ラストツアーを収録したDVDは売上枚数129万枚を突破し、音楽映像作品史上初のミリオンを記録。その経済効果は1,000億円にものぼるという、日本中を沸かせた“引退興行”となった。安室に近い音楽関係者によると「引退後はプロデュース業に回って若手の育成に励む」というが、直近ではこんな計画が――。

    「自称インドア派の安室さんですが、意外と海外旅行が趣味なんです。NYなどの都市もよく行ったそうですが、のんびりできる田舎や島がお気に入りの旅先だそう。これまではなかなか旅行に時間を割けなかったこともあり『引退したら世界一周旅行でもしようかな!』と今から楽しみにしているそうです」(芸能関係者)

    そんな“夢の海外ツアー”に同伴するのが、あの“日本一の安室ファン”なのだという。

    「7月29日の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で初対面したイモトアヤコさん(32)と旅行の計画を立てているそうです。2人は番組共演後、意気投合し“親友”になりました」(番組関係者)

    2人はいったいどんな旅行プランを立てているのだろうか。

    「キリマンジャロ登頂を果たしたこともあるイモトさんは『一緒に山登りしたい!』と言っているそうですが、安室さんは『私には無理だよ~(笑)』などと楽しげに連絡を取り合っているそうです。そこで、安室さんの希望で、パワースポット巡りをすることになったとか。旅先は、スピリチュアルな観光地も多いインドになりそうだと聞きました」(前出・番組関係者)

    海外旅行について《今からでも遅くないですよ。(中略)私はこれからの40代もその先も、さらに楽しめそうな気がしています》(『and GIRL』18年8月号)と語っていた安室。引退後は“親友”との充実の日々が待っている――。


    【【大ファンから親友に】安室奈美恵 イモトとインドへ!引退で立てたパワスポ旅行計画】の続きを読む



    1 豆がーる ★ :2018/08/16(木) 06:11:54.11 ID:CAP_USER9.net

    2018.08.16
     平成の歌姫、安室奈美恵(40)の引退まであと1カ月。16日から引退までの期間限定で沖縄の観光プロモーション「Be.Okinawa」にポスターと動画の無償協力が明らかになったが、姿を見せない安室にファンは「モヤモヤがおさまらない」と爆発寸前だという。

    ■パッケージやバージョン違いのDVDが次々に…

     全国ドームでの引退ライブは6月に終了。チケットはプレミア化し、ファンクラブ歴の長い人でも抽選に外れたという嘆きの声しきり。そこへ畳みかけるように、WOWOWやHulu限定ライブ配信、H&Mのコラボ服発売、ライブヒストリーDVD、ラストライブDVDを発売。しかもパッケージ違いに、ファンクラブ限定名入れバージョンもあり、ファンの財布のひもは緩みっぱなし。引退興行の売り上げは50億円ともいわれ、制作サイドはホクホクだが、ファンが盛り上がっているかというとそうでもない。

    6月以降に追加公演の可能性や、avexの夏フェス「a―nation」に出演するのでは、という期待を込めた噂もあったが、今のところ空振り。このまま安室が姿を見せないまま終幕する様子である。これには「DVDより生の安室ちゃんが見たい!」「モヤモヤがおさまらない」「ライブも有料放送だし、全部カネ。どこまでむしり取れば気が済むんだ」「『夜もヒッパレ』の懐かし映像見たいのに」「安室お買い物マラソンエグい。疲れた」と、ネット上には怨嗟の声が渦巻いている。

     昭和の時代、キャンディーズや山口百恵の引退はテレビ各局で放送され、華々しい映像とともに終焉の時を迎えた。それだけに安室が姿を見せないまま最後の日を迎えてしまうのは寂しさを通り越して大ブーイングではないだろうか。アイドル評論家の北川昌弘氏はこう言う。

    「AKBなどは卒業後ソロでも引き続き応援してもらいたいという意図があるからこそテレビ露出を拒まないが、安室さんの場合は芸能界への未練がない。将来に向けた打算がないからともいえます。山口百恵さんは周年記念作品をリリースしたり、レコードからCD化したりと後々まで本人稼働ナシで収益をあげていたといいますから、長期セールス展開を考えるなら露出が少ないほうがベター。それも含めて“平成らしい”引退の仕方なのかもしれません」

     9月16日、沖縄で本人出演ナシのフィルムコンサートで完全引退する安室。それでも当日は“ナマ安室”の降臨に一縷の望みをつなぐファンたちが全国から集結するため、すでに那覇市内のホテルは予約でいっぱいである。モヤモヤが晴れないファンのやり場のない気持ちはどこへ向かうのか。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/235484

    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    【【モヤモヤ】安室奈美恵引退興行にファン疲弊  姿は見せないのにお買い物マラソン】の続きを読む

    このページのトップヘ