もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:女優 > 吉岡里帆


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    74キロバイト (10,057 語) - 2019年5月31日 (金) 13:44



    (出典 image.news.livedoor.com)


    揚げ足とられてるねww

    1 Egg ★ :2019/06/10(月) 19:43:11.20 ID:6MNW0pZi9.net

     女優・吉岡里帆のインスタグラムの文章が椎名林檎を“ディスっているのではないか”として、批判を集めている。

     問題になったのは6月2日の投稿。ここで吉岡は自身のラジオ番組「UR LIFESTYLE COLLEGE」(J-WAVE)に、歌手の椎名林檎がゲスト出演したことを報告。番組の告知を行った。

     合わせて椎名に対する熱い想いをつづっている。〈本日のゲストはずっとずっとずーっと、ラブコールしていた椎名林檎さんです〉と切り出し、〈林檎さんが、これからも大好きです。頑張っていたらこんな日が来るんだなぁ…とこの日染み染みしました。〉と喜びをあらわにした。

     この中で吉岡は椎名に関する思い出を〈小学生の頃、VHSで林檎さんのPVを見て惚れて…何年経っても力を貰い続けて…〉と明かしているが、「VHSで林檎さんのPVを」という部分が思いもよらぬ“注目”を集めてしまっているのだ。

    「VHS、つまりビデオテープが使われていたのはかなり昔になります。ハードディスクレコーダーやDVDレコーダーが登場したことで、00年代の前半には廃れてしまいました。椎名をそんな“過去の遺物”と言えるVHSとセットにすることで、昔の人扱いしているという理解を呼んでしまったのです。吉岡にしてみれば、『それぐらい昔から好き』だと言いたかったのでしょう。ですが、奇しくも椎名を年寄り扱いし、ディスっているととらえられてしまいました」(芸能ライター)

     言いがかりにも思えるが、今の吉岡は…何をしても一定の向きから叩かれる状態であることも事実。「VHSを出してくる必要ないだろ。ただ単に『昔からPV見てました』でいいだろ」「相手のことを考えたら、こういう表現はしないと思う。それも女性に対して」と厳しい言葉がネットに上がっている。

    「吉岡は93年生まれですから、椎名のPVを見ていた小学生の頃というと、00年代に入ってからになります。VHSからDVDに移行する時期、多くのアーティストはPVをVHS版、DVD版の両方でリリースすることが主流だったので、吉岡はまさに『テープが擦り切れるほど見た』ということを言いたかったのかもしれません。それにしても、小学生でありながら椎名林檎がササる感受性を持っていたのならば大したものです」(週刊誌記者)

     真相は知る由もないが、吉岡里帆が辻希美や紗栄子といった“何をしても悪く取られる”という現実には、同情を禁じ得ない。

    アサジョ 2019年6月10日 10時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_73610/

    写真

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【ディスってる?】吉岡里帆 椎名林檎を年寄り扱いしてしまう 「VHSで見てました」発言に批判殺到..】の続きを読む


    吉岡 (よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    72キロバイト (9,527 語) - 2019年3月16日 (土) 07:23



    (出典 biz-journal.jp)



    1 湛然 ★ :2019/03/17(日) 05:13:51.86 ID:ydTQwEHZ9.net

    2019.03.16 15:45
    吉岡里帆、金髪アンドロイド姿を披露「最高にキュートなアンドロイド」

     女優の吉岡里帆が自身のInstagramにて、金髪姿のアンドロイドに扮した姿を公開し、話題となっている。

     同投稿で吉岡は、「「LIFE!~人生に捧げるコント~」 今夜22時より、初めてのLIFE!に出させて頂きます!」とNHKにて放送中のコントを中心としたバラエティ番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』に出演することを報告。

     「一作目は破天荒なわかな先生を。二作目は内村光良さん演じる博士の作り出したアンドロイドを。どちらも濃いコントとなっています?? 楽しかったなぁ」と自身が演じた役柄を紹介しつつ、二作目で演じた金髪のアンドロイド姿の写真を披露した。

     そんな吉岡の投稿には、「里帆ロボ表情最高!」「こんな可愛いアンドロイド欲しい!」「すごく似合ってます かわいい」「この可愛さ、アンドロイド級」「最高にキュートなアンドロイドだね」「可愛いすぎて言葉が出ません」「里帆ちゃん相変わらず可愛い天使さま」「金髪もお似合いです!アンドロイド吉岡欲しい~!((笑))」などあまりにも違和感のない金髪アンドロイドっぷりに絶賛のコメントが多数寄せられた。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    [riho_yoshioka]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)
    ?_nc_ht=scontent-nrt1-1.cdninstagram.com


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    https://abematimes.com/posts/5895036


    【【最高にキュートww】吉岡里帆、金髪アンドロイド姿を披露「最高にキュートなアンドロイド」】の続きを読む


    吉岡 (よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    71キロバイト (9,470 語) - 2019年2月12日 (火) 10:16



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/11(月) 14:19:32.40 ID:UolSafUm9.net

    女優の吉岡里帆が出演している「綾鷹」の新CM「茶葉のあまみ」篇に対し、不条理なツッコミによってまたもや炎上騒ぎになっているという。

    髪を後ろでひとつに束ね、白いシャツ姿の吉岡は、清楚でおしとやかな雰囲気でお茶屋の店主を演じるCM。「甘みのお茶、初めてでしょ?」
    「茶葉の甘み、感じました?」「愉しみましょう」と、はんなりした京都弁はごく自然な雰囲気に思えるのだが…。

    「吉岡は京都市出身ですから、自然な感じの京都弁で話せるのも当然。彼女が綾鷹のCMに初登場したのが2017年3月。
    京都弁が大好評だったようで、今回もその流れで、京都弁を話す設定になったのでしょう」(エンタメ誌ライター)

    この京都弁が「いかにも男ウケしそうであざとい」という評価を受けてしまっているようなのだ。

    「京都弁は、博多弁と並んで『彼女が使っていると可愛い方言』とされています。
    すでに、男性からの支持が厚い吉岡が、京都弁まで繰り出してきたこと自体が一部の人にしてみれば“やりすぎだ!”と受け取られてしまっているとしか思えません。
    『京都弁がわざとらしいよ』『聞いててイライラしてくる』『口にする言葉とは真逆なことを心の中では考えていそう』など、痛烈な批判に発展してしまっているようです」(前出・エンタメ誌ライター)

    一方で、ネット上でも「吉岡さんの京都弁癒やされる」「こんな風に京都弁でもてなされたいよな」など、好反応の声も多く獲得している同CM。

    今回のCMだけでなく、ドラマなども含め吉岡は、脚本に沿って演じているにすぎない。
    制作側が求められ、それに応えたものを「あざとい」と批判されてしまうのは、いささか理不尽という気がしなくもない…。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16140800
    2019年3月11日 10時14分 アサジョ


    【【また叩かれるww】吉岡里帆、今度は「京都弁があざとい!」理不尽炎上の理由とは?】の続きを読む


    吉岡 (よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    71キロバイト (9,472 語) - 2019年1月26日 (土) 09:55



    (出典 news-enspo.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/30(水) 10:19:31.45 ID:3n69j4E59.net

    その年にもっともジュエリーが似合い、輝いている人に贈られる「第30回ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式が1月24日に都内で開催。
    男性部門では舘ひろしが受賞。女性部門は年代別に10代部門・浜辺美波、20代部門・吉岡里帆、30代部門・橋本マナミ、40代部門・常盤貴子、
    50代部門・紫吹淳、60代以上部門・森昌子、特別賞男性部門では加山雄三、同女性部門ではコシノジュンコが受賞した。

    この日、断トツで目を引いたのは、胸元が大きく開いた黒いロングドレスに身を包んでいた吉岡。
    表彰台に上がった吉岡の胸元からは今にも推定Eカップのバストがこぼれんばかりで深い渓谷もクッキリ見えていたのだ。

    「現場にいた報道陣からは感嘆のため息が漏れていたそうです。
    ところが、ステージから降りて囲み取材になった時は、吉岡の豊かなバストを間近で見られると思っていた報道陣が露骨に表情を曇らせたんだとか。
    というのも、吉岡は囲み取材前に、どうやらドレスを後ろにずらして胸元の開きを小さくしてバストが見えにくいように細工をしていたようなんです。
    記者から『男性にジュエリーをもらったことは?』と問われると、吉岡は『まだないんですけど…』と前置きして『好きな人に後ろからネックレス付けてもらうのって素敵だなって思います』と
    優等生的な願望を明かしてましたが、こういうコメントだったり、ステージ上では大解放していたバストを囲み取材になったとたん隠すようなことをするから“あざとい”と非難されるのではないでしょうか」(女性誌記者)

    吉岡には、女優としてだけでなくグラビアでも頑張ってほしいものだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-120648/
    2019年01月30日 09時59分 アサ芸プラス


    【【チラ見せで批判】吉岡里帆、胸見せ具合を“微妙に調整”に「あざとい」批判が!】の続きを読む


    吉岡 (よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    71キロバイト (9,472 語) - 2019年1月4日 (金) 04:47



    (出典 trendskywalker.c.blog.so-net.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/10(木) 15:04:58.47 ID:zF6KyXZe9.net

    男性から大人気の女優・吉岡里帆。女性アンチが絶賛増殖中だが、その中には「代表作はどんぎつねだけ」と揶揄する声も。

    しかし、このままでは本当に吉岡の女優人生の代表作が「どんぎつね」になりかねない。

    2016年のNHK連続テレビ小説『あさが来た』や日本テレビ4月期ドラマ『ゆとりですがなにか』、17年1月期のTBSドラマ『カルテット』の脇役でブレークした吉岡だが、“主演級”の女優になってからは結果を残せていない。
    昨年はプライムタイムで2本も主演ドラマを務めたものの、視聴率は一度も二ケタに乗らずの惨敗だった。

    ヒロインを務めた映画もひどい。昨年10月公開『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』に至っては、
    映画ランキングで公開初週からトップ10圏外の大爆死。とにかく吉岡にとって、18年は散々な年であった。

    そんな中で、可能性が見えたのが「どんぎつね」なのである。

    ごんぎつねは悲しいがどんぎつねは可愛い

    「日清『どん兵衛』のCMで吉岡がキツネのコスプレをしている姿“どんぎつね”が男性から大人気。写真集まで発売され、
    『かわい過ぎる!』『吉岡里帆は嫌いだけど、これは正直かわいい…』などと、ファンにもアンチにも衝撃を与えていました」(芸能記者)

    コスプレキャラが大人気というのは、女優としては複雑な気もするが、意外にも吉岡本人はノリノリなのだという。

    「吉岡は1月7日にインスタグラムで、『ハッ!呼ばれた気がする! 2019年も参上致します。
    #年明けもどん兵衛』とつづりながら、“どんぎつね”写真を公開。また、吉岡はかなり前から、自身のインスタのアイコンを“どんぎつね”にしていて、進んで猛プッシュをかけているのです」(同・記者)

    本人の“どんぎつね”プッシュには、アンチから、

    《本人ノリノリだね。どんぎつねカワイイカワイイって言ってもらえるから味を占めてる感じ》

    《インスタの自分のアイコンがどんぎつねなのが無理。 謙虚なふりして自分大好きがダダ漏れw》

    などと非難の声も上がっているが、ファンや一般層には「とてつもなくかわいい」「世界最強の癒やし」と絶賛の声が。

    このままでは「代表作・どんぎつね」が現実味を帯びてくるが、本人もファンも望んでいるのだから、これはこれでアリなのだろう。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-71992/
    2019年01月10日 11時00分 まいじつ


    【【まんざらではないww】吉岡里帆「代表作・どんぎつね」とバカにされても本人はノリノリ!?】の続きを読む

    このページのトップヘ