もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:ジャニーズ > 木村拓哉



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    最近露出度半端ないね

    1 牛丼 ★ :2020/01/16(Thu) 08:07:43 ID:HS8WR1KR9.net

    俳優で歌手、木村拓哉(47)が映画「ドラえもん のび太の新恐竜」(今井一暁監督、3月6日公開)にゲスト声優として出演することが15日、分かった。

     木村は2004年に「ハウルの動く城」(宮崎駿監督)のハウル役で鮮烈な声優デビュー。10年の「REDLINE」(小池健監督)に続き、10年ぶり3度目のアニメ映画出演となる。

     「ドラえもん」初参加で任されたのは、白亜紀に存在するはずのない怪しい猿の姿をした謎の男・ジル役。神秘に包まれた島に関する秘密を握っており、のび太たちの行動を監視。彼らの運命のカギも握る大切な役どころだ。

     今回、ドラえもん生誕50周年&映画40作目となるメモリアルな節目を飾るべく、出演が決まった木村は「最初はもし『映画ドラえもん』の出演依頼が来たら、木村拓哉はどんな反応をする? というドッキリ企画かと思ったほど、驚きました」と感激。ドラえもんのキャラクターに自分を置きかえるなら? との質問には「理想はジャイアン。でも、ジャイアンにはなりきれないので、のび太とスネ夫のミックスの『のび夫』って感じですかね」と笑わせた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00000505-sanspo-movi


    【【ここでも登場ww】木村拓哉、ドラえもんで声優デビュー!】の続きを読む


    木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
    69キロバイト (9,022 語) - 2020年1月9日 (木) 14:09



    (出典 entamega.com)


    最近マックはジャニーズだね

    1 湛然 ★ :2020/01/15(水) 05:09:00.39 ID:laoRoZeO9.net

    2020.01.15
    木村拓哉がマックCMに 「ちょ待てよ!」のセリフも 自身のアドリブに大笑い
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/15/0013034185.shtml

    新TVCM ちょいマック 登場「迷う」篇の木村拓哉

    (出典 i.daily.jp)



     俳優の木村拓哉(47)がマクドナルドのテレビCMに年間を通して登場することになり、第1弾が15日から全国でオンエアされることが14日、分かった。

     15日からオンエアされる「『ちょいマック』登場 『迷う』篇」では、テーブル席で立ち上がる場面のみの撮影にも関わらず、そのまま店舗カウンターまで足早に歩き「すみません!」と演技を継続。カメラに映らない場所でもワンシーンを演じきる役者魂で盛り上げた。セリフには「ちょ待てよ!」と、おなじみの“キムタク節”も盛り込まれている。

     22日からオンエアされる「ちょいマック 登場『言い訳』篇」ではカメラが回る度に異なるアドリブを披露。後輩に「リピートアフターミー。『ちょいマック』!」とテンション高めのアドリブを見せた際には、自身でも面白かったのか、「ははは!」と大笑いしたという。

     他に「プレミアムローストコーヒー『葛藤する男』篇」が17日からオンエアされる。

    (おわり)


    【【木村拓哉がマックCMに登場】「ちょ待てよ!」のセリフも 自身のアドリブに大笑い】の続きを読む


    木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
    69キロバイト (9,022 語) - 2020年1月9日 (木) 14:09



    (出典 img.jisin.jp)


    結局、難癖つけられww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/10(金) 16:44:47.79 ID:3HdOUtBH9.net

    主演を務めた連続テレビドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)が12月29日に最終回を迎えた木村拓哉。
    年が明けて、1月4日、5日に放送された2夜連続スペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)でも主演を務め、8日にはソロアルバム『Go with the Flow』をリリースするなど、幸先の良いスタートを切っている。
    そんな木村の活躍を支えるのは、実は急増している10代のファンなのだという。

     1月6日発売の「女性セブン」(小学館)では、
    年末に行われたという『グランメゾン東京』の打ち上げの様子や、同ドラマの最終回の平均視聴率が16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、全11話で2ケタをキープしたこと、
    さらに昨年は初めて刑事役に挑んだ映画『マスカレード・ホテル』が公開から7日間で動員数100万人を突破するヒットとなったことなどを報じている。

     
    そして、記事の中で取材を受けたテレビ誌編集者は「ここ数年、木村さんは若者層の間で“カッコイイおじさん”として人気が広がっている。
    木村さん見たさに『グランメゾン』を視聴していた10代の子も少なくないんです」と証言。
    また、芸能関係者は「『教場』では、初めて見せた白髪姿も話題になりました。
    その“おじさん”な外見も、“逆にカッコイイ”と、ますます幅広いファンを獲得していきそうです」と語っている。

     
    確かに、『グランメゾン東京』は木村主演の最近のドラマの中ではかなりの高視聴率を叩き出しており、実際に視聴者からも「ドラマとして純粋におもしろい」「久々にテレビドラマを最後まで追いかけました」
    「かつてのキムタクドラマの王道って感じでいい」と絶賛の声が上がっていた。
    また、木村の演じた役どころについても「珍しく年相応の役を演じていて好感が持てる」と好評だった。

     
    そんなドラマ好調の理由のひとつとして“10代のファン層獲得”が挙げられているわけだが、ネット上では

    「ドラマがおもしろかったのはキムタクだけの力じゃなくて、ほかのキャストやスタッフのおかげもあるでしょ」


    「本当に10代がドラマを見ていたのだとしたら、キスマイの玉森くん目当てだったのでは?」

    「10代だったら嵐ですらオッサン扱いだし、むしろ誰だか知らないでしょ」


    「そもそも痛々しいオジサンにしか見えないのだが」

    「今の若い子がわざわざキムタクにハマるかな? 
    変に若作りしてるから“大人のカッコよさ”もないし、同年代なら西島秀俊や竹野内豊のほうが素敵に見える」

    と疑問や違和感を訴える声が続出。
    今の木村を「10代から人気」とするには、少々無理があるというわけだ。

     
    一方で、フジテレビ開局60周年企画のドラマ『教場』では、白髪姿の鬼教官に扮した木村に「新境地」という声が上がるなど、好評も得ていた。
    10代のファンが増えているかどうかはさておき、今後新たなファン層を開拓する可能性はあるだろう。

     
    また、木村は今年に入ってソロ歌手としての音楽活動を本格的に始動、1月8日に豪華作曲陣とタイアップしたオリジナルアルバム『Go with the Flow』をリリースした。
    ソロデビューの発表当初は「今の時代に“歌手・キムタク”なんて需要あるの?」「まわりのお膳立て感がすごい」などと言われていたが、アルバムの仕上がりはまずまず好評のようで、
    今後はセールスのゆくえが気になるところだ


    ただ、この歌手活動に関しても、そのタイミングが物議を醸している。
    木村のアルバム発売の1週間前の1月1日には香取慎吾のアルバム『20200101(ニワニワワイワイ)』が発売されているのだ。
    SMAP解散後、ジャニーズ事務所に残留した木村と、退所して草なぎ剛、稲垣吾郎とともに
    「新しい地図」として活動を始めた香取の初ソロアルバムの発売日がぶつかったことに、ネット上では「ジャニーズの『新しい地図』潰し?」「無言の圧力みたいで怖い」という声が上がっていた。

     
    また、木村は2月に国立代々木競技場第一体育館と大阪城ホールでライブツアー「TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow」を開催するが、
    3月には同じく代々木競技場で「新しい地図」がファンミーティングを行うことが発表され、ネット上で「露骨にぶつけてくるね」「複雑な気持ちのファンも多そう」と波紋を呼んだ。

     
    香取のソロアルバム『20200101』は週間売上2.8万枚でオリコン週間アルバムランキング1位を獲得したが、木村の『Go with the Flow』は果たしてどうなるだろうか

    https://biz-journal.jp/2020/01/post_136274.html
    2020.01.08

    前スレ 2020/01/10(金) 06:53
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578606792/


    【【違和感】木村拓哉、“10代ファン急増”報道に疑問噴出「むしろ誰だか知らない」「嵐ですらオッサン扱い」】の続きを読む


    木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
    69キロバイト (8,984 語) - 2020年1月6日 (月) 06:55



    (出典 portal.st-img.jp)


    永遠のスター確定ww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/09(木) 06:24:05.04 ID:OCnRcorA9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    俳優・歌手の木村拓哉が初のオリジナルアルバム『Go with the Flow』の発売日の8日、東京・新宿ぺぺ広場で行われたスペシャル映像の上映後、サプライズで登場。まさかの本人登場に2000人の観衆は騒然となり、大きな歓声が上がった。

    バルコニーに立った木村は「本日1月8日ソロとしてアルバムを出させて頂くことになりました木村拓哉です。先ほども楽曲提供して頂いた槇原敬之さんとラジオ番組の収録をしてきたばかりなんですが、本当にたくさんのお力添えを頂いて今日に至っています。本当に感謝しています」とあいさつ。

    その後「幸いにも雨は上がったんですけども、きょう1月8日、この場所に足を運んでくださった皆さんに本当に感謝しております、本当にありがとうございました。アルバムを作らせて頂いて、騒げる場所も用意しますので、ぜひ騒げる方は一緒に騒いでほしいと思います。その時はまたよろしくお願いします。本当に皆さん今日は寒い中お集まりいただきまして、本当にありがとうございました!!」と集まってくれた人に対して、何度も感謝の言葉を語った。

    この日は全国でタブロイド紙の無料配布も実施。その中には糸井重里氏のインタビュー記事やクイズ企画もあり、そのクイズに答えた人から抽選でオリジナルグッズが当たる企画も行われている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17638040/
    2020年1月9日 6時0分 オリコン


    【【大人気ww】木村拓哉、新宿にサプライズ登場 2000人の観衆から大歓声】の続きを読む


    木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
    69キロバイト (8,972 語) - 2019年12月21日 (土) 03:00



    (出典 img.cinematoday.jp)


    誰のことだろうね?

    1 Egg ★ :2019/12/29(日) 18:22:26.58 ID:leatJanH9.net

    2019年12月29日、3人のゲストが語り合うトークドキュメンタリー番組「ボクらの時代」で、俳優の木村拓哉さんと長澤まさみさん、映画監督の鈴木雅之さんの「未公開トーク」が放送された。今年2月24日に放送回のために収録され、オンエアされなかった部分だ。

    3人は19年1月に公開された映画「マスカレード・ホテル」の主演、共演女優、監督という間柄。この未公開部分で、特に木村さんと20年来の付き合いになる鈴木監督が引き出した木村さんの一言が、ツイッターで話題を呼んでいる。

    台詞も動きも覚えていないのに、いきなり本番直前の舞台に立たされ...
    「適当にやる人嫌いなんですよ ホント嫌い」
    番組後半、木村さんははっきりとこう断言した。鈴木監督の「台本持ってるの見たことないもんね あれすごいと思うわ」という称賛への切り返しだ。台詞を完全に体に沁み込ませてから現場入りしているのだろう。

    木村さんが続けて明かした「悪夢」に関するエピソードからも、仕事に責任感を持って取り組んでいる様子がうかがえる。15年に閉館した旧「こどもの城」(東京都渋谷区)にあった「青山劇場」で行われる舞台に出ることになっていた時の話だ。

    「何にもしてないのに今から幕が上がりますっていう。はっ!?っていう。それでとんでもないプレッシャーを感じてストレスを感じて起きることとかあります(笑)」

    台詞も動きも覚えていないのに、いきなり本番直前の舞台に立たされてパニックになりながら目覚める...という夢のようだ。また、アクションシーンを撮っている最中、相手役を殴ろうとして思いきり力を込めているのに、ヒットする時に失敗してしまう夢や、思い切り走らなければならないシーンで全く早く走れない夢もよく見るという。

    ツイッターにはこのように、木村さんの仕事への姿勢に共感する声が相次いだ。

    「ボクらの時代(未公開?)にキムタクが出てる 言葉のチョイスに心を感じる 人一倍の苦労と努力があるに違いない」
    「キムタクの仕事姿勢は好きだし、共感できる。自分にできる事はする。出来なくても、自分で探って勉強して、100%の力で全うできるように努力する。それが仕事」
    「自分にも周りにも厳しい人なんだろうけど、凄く共感してしまった 30年第一線で活躍してる人の言葉は重みがあるなぁ...やっぱりキムタクはかっけーわ」

    2019年12月29日 12時48分
    https://news.livedoor.com/lite/topics_detail/17596567/

    イラスト
    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【キムタクの嫌いな人ww】木村拓哉 嫌いなタイプを明かす!仕事を「適当にやる人嫌いなんですよ ホント嫌い」】の続きを読む

    このページのトップヘ