もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:バラエティー > 明石家さんま


    明石家 さん(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    150キロバイト (19,788 語) - 2019年3月20日 (水) 15:40



    (出典 biz-journal.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/24(日) 17:18:59.07 ID:X0vLxB1H9.net

    お笑いタレントの明石家さんま(63)が23日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。
    マリナーズのイチロー外野手(45)が現役引退を表明したことに触れ、自身の引き際にもついて語った。

    「イチローさんなんかでも、『バッティングスイングがちょっと違う』とか、
    『目が衰えてきてる』とか言うけども。俺らも衰えてきてるわけよ。笑いの反射神経とか、言葉のチョイスの速さとか。今年、64やから」
    と加齢による影響について切り出した、さんま。
    それを「キャリアでごまかしてるだけやとは思う」とし、続けて「それが衰えたときには、スッと辞めようと」と引退時期についての考えを口にした。

    「イチローさんももっとやりたかったと思うよ。でも、自分の衰えとかついていけなさとかあるしやな。それを考えたら…」と、イチローと自分の環境を重ねる一幕も。

    思わず村上ショージ(63)が「野球とこの(お笑いの)世界、また違うじゃないですか」と指摘したが「いや、似たところはあるよ。ミートのすごさとか、感性とか、全社会に共通点はある。
    お笑いと野球もあるし、お笑いとミュージシャンもあるし、お笑いとアイドルの共通点、必ずあるからね」と説明。
    さらに、「野球で言うと、俺なんかは振りたいけどね、司会者やから。ミートを心がけて、塁に出るってことを心がけて」と現役へのこだわりを披露した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16207988/
    2019年3月24日 10時39分 スポニチアネックス


    (出典 Youtube)

    蒼いタメイキ 明石屋さんま


    【【感性の衰え】イチロー引退で、さんまが考える引き際「笑いの反射神経…衰えたときにスッと」俺らも衰えてきてるわけよ。笑いの反射神経とか】の続きを読む


    明石家 さん(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    149キロバイト (19,664 語) - 2019年3月12日 (火) 08:40



    (出典 wakaikoro.com)


    さすがに年齢とともに頭のキレもなくなってくるよ

    1 豆次郎 ★ :2019/03/19(火) 04:55:07.46 ID:5IaEHOZS9.net

    最近、明石家さんまの様子がおかしいという。日本のお笑い界を30年以上牽引してきた“お笑い怪獣”に何が起きているのか?

    「まずアドリブが出ない。そして、ゲストのトークを自分でオトせない。さらに致命的なのは、そもそも話を理解できないのです」(テレビ局関係者)

     そんな不甲斐ない状態が、冠番組である『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で頻繁に見られるというのだ。
    多くの芸人が憧れるという“お笑いの戦場”で、御殿の主(あるじ)本人が精彩を欠いていることになる。
    たとえば、2月19日放送の同番組で、こんな一幕があった。

    この日は、新入幕の力士・照強(てるつよし)が初出演した。
    彼は「強くなったら、今までうっとうしいなと思ってたことが、ありがたみに感じちゃうときがある」と、
    出世することでものの見方が変わったことを明かした。
    このまま聞き続ければ、おそらく“いい話”が待っている。ゲストも一様に「へぇ」と感心していた。

    だが、さんまひとりだけは理解していないようで「えっ、何が?」と割って入ったのだ。
    そこで、照強はあらためて「今までウワッと思ってうっとうしいと思って聞いた部分が……」と言い直すはめに。
    そして、さんまの冷たい「えっ、何が?」に朝日奈央も「急に……怖い怖い。今、怖かった」と戦慄していた。
    よゐこ・濱口優も、「今メチャメチャ、ええ話ちゃいます? 割って入るなんて、性格疑われますよホンマに」とドン引き。
    一方のさんまは「ええ話でオープニング飾ろうとするから」と言い訳したが、照強は「たまにはいいじゃないですか」と反抗していた。

    「自分の望む展開にならないと冷たくなる傾向は昔からありますが、最初の『えっ、何が?』という反応には、照強が何を話しているのか瞬時に理解できなかったフシがあります」(同)

    また、アドリブが利かなかったり、とっさに言葉が出てこなかったりすることもあるという。
    3月5日の同番組で、参議院議員の三原じゅん子が事務所スタッフとドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)について話していたというエピソードのときのこと。
    三原は、25歳の秘書から「劇中に出てくるような不良学生はマンガだけの世界ですよね」と言われたことを明かした。

    三原といえば、過去にドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)の不良役で人気が急上昇した経緯がある。

    これにアイドルグループ・りんご娘のリーダーの王林もビックリしていたため、三原が彼女に「バリバリって言葉知ってます?」と質問し、
    王林が「博多弁ですか?」と聞き返した。それに対して、すかさず「それ言うならバリカタや!」とツッコミを入れたのは陣内智則。さんまは、ただ笑うだけだった。

    「おそらく、これまでのさんまなら抜群の瞬発力で何かしらツッコミを入れているでしょう。しかし、今はその瞬発力が衰えているのです。
    ツッコミができないときは、手に持つ指示棒を机の上で叩いて笑うしぐさをして逃れています」(同)


    http://dailynewsonline.jp/article/1736938/
    2019.03.18 19:00 ビジネスジャーナル

    前スレ 2019/03/18(月) 20:45:
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552919868/


    【【異変】明石家さんまの“衰え”が業界内で話題に…話をオトせず、ゲストが愛想笑い、トーク制止】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 ひかり ★ :2018/12/09(日) 06:12:49.34 ID:CAP_USER9.net

     タレントの明石家さんま(63)が、8日放送のMBSラジオ「MBSヤングタウン 土曜日」(土曜、後10・00)で、
    所属事務所の後輩にあたるとろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智(40)の
    暴言問題について、ノーコメントを決め込んだ。

     この問題は、2日の「M-1グランプリ」終了後に、久保田と武智が、審査員を務めたタレントの
    上沼恵美子(63)への暴言をSNS配信し、大炎上を招いているもの。

     久保田、武智の先輩であるさんまは「会社(吉本興業)に止められてますんで。いらんこと言うとコトが
    大きくなるんで」と、吉本からストップがかかっていることを説明。

     「いつもこれ(番組でのさんまの発言)がヤフーニュースのトップにほとんどなるからな」と、この問題にまつわる
    自身の発言のネットニュース化を警戒し、「俺は知らないね。見てないし」と、一線を画していた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000132-dal-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544275642/


    【【ノーコメント】明石家さんま 後輩の久保田&武智の暴言問題に「会社に止められてますんで…」】の続きを読む



    (出典 www.asahi.co.jp)


    でん

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/28(日) 18:51:07.71 ID:CAP_USER9.net

    お笑いタレントの明石家さんま(63)が27日、自身がパーソナリティーを務める「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。出演した数々のTV番組の中で、“もっとも疲れる”ものを明かした。

    その番組というのは、日本テレビで94年から11年まで17年に渡って放送された「恋のから騒ぎ」。
    複数人の女性とのトークが展開され人気となった番組だ。
    しかし「(出演者は)素人の女の子やけども、女20人の圧が(凄かった)」と明かす。

    放送当時、さんまは「毎週、毎週、なんで『から騒ぎ』だけ、こんだけ疲れるんやろ?」と思っていたという。
    「男が司会で、女が20人っていう。それだけでエネルギーが…この俺でも消耗するぐらいやから」と語り、
    「やっぱり“女の生きる力”って、凄いねんって」と、女性の生命力の強さにも感服していた。

    ただ、共演する村上ショージ(63)は、さんまの“疲れる理由”に疑問を抱き
    「ロケに行っても、別に休憩してもいいのに、全部(アピールに一生懸命な)新人より前に出て…」と、“笑いに対する貪欲さ”に問題があると指摘。
    ただ、さんまは「“前に出て”ちゃう。俺、メインやからね」と意に介さず。
    さんまのプロ意識の高さがにじみ出る返しだった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15511632/
    2018年10月28日 18時13分 スポニチアネックス


    【【パワー吸い取られる】明石家さんまが“一番疲れる”TV番組は◯◯だった】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/26(水) 18:45:09.82 ID:CAP_USER9.net

    「明石家さんまに、徐々に老いが忍び寄っている」、と言われたらアナタは疑問に思うだろう。
    出れば必ず爆笑をさらい、フリ、ボケ、ツッコミ、一発ギャグ、天丼、スカシ、例え表現、オーバーリアクションと、すべての「笑い」に長けた“お笑い怪獣”だ。

    だが、業界関係者から言わせると、すでに10年ほど前から精彩を欠くことが多くなってきたという。
    どういうことなのか?

    「他人の発言に対して、必ずしも“拾えなく”なってきているのです。それを広げれば話がふくらむところに瞬時に返せなくなっているのか、あえてスルーしているのかはわかりません。
    ですが、かつてのさんまなら、そこを拾って、2倍にも3倍にも笑いを増幅させていたのですが…」(業界関係者)

    さらに致命的なのは、さんまには最近、記憶違いが目立つことだ。8月7日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)では、
    結婚生活を語る若槻千夏に対し、「お前初婚か!?」「離婚してないのか?」さらには「一回離婚したやないかい!」と追及。若槻を慌てさせていた。

    「おそらくですが、さんまは、“若槻千夏”を“益若つばさ”と混同していたのではないでしょうか。
    同じような服のプロデュースもしていますし、バラエティでの活躍経験もある。
    当然、似たような名前ですしね。さんまは『オレの頭の中の週刊誌(では)、お前一回離婚してる』と笑いを誘っていましたが、司会者はしっかり覚えておいてほしいものですね」(芸能ライター)

    だが、この“勘違い”はこの後にも起きていた。8月29日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、離婚を2回し、現在も独身の女優・ともさかりえに、今度は「してるよな結婚」と尋ねたのである。

    「彼の中では、まだ、ともさかは結婚していたという情報で止まっていたのでしょう。共演経験もそこまでないでしょうし。
    ただ、これも若槻の場合同様、せめてMCである以上、きちんとゲストの身辺を把握しておかなければいけないのではないでしょうか」(前出・芸能ライター)

    ほかのMCであれば大問題。カットされる場面の候補になっていたことだろう。もしくはこのご時世、「炎上」案件になっていた危険性もはらんでいた。

    「お笑い帝王」といまだに呼ばれ、もてはやされるさんま。今後、「裸の王様」にならないことを祈るばかりだが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1527638/
    2018.09.26 09:59 アサ芸プラス


    【【忍び寄る「老い」へ不安視】明石家さんま「記憶違い」に「発言スルー」!?囁かれる“マジでヤバい”の声】の続きを読む

    このページのトップヘ