もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:バラエティー > ナインティナイン


    岡村 隆史(おかむら たかし、1970年〈昭和45年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優であり、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当である。相方は矢部浩之。 大阪府大阪市東淀川区出身。吉本興業(東京本社)所属。吉本総合芸能学院(NSC)の第9期生。
    40キロバイト (5,656 語) - 2019年11月30日 (土) 00:33



    (出典 taishu.jp)


    交通費カットになって何か変わるの?

    1 shake it off ★ :2019/12/08(日) 10:23:53 ID:UGWcnkga9.net

    お笑いコンビ「ナインティナイン」岡村隆史(49)が5日深夜放送のニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)で、吉本興業所属の芸人に「激震が走っている」という、来年から交通費が全面カットになる問題について語った。

     交通費問題については、東野幸治(52)が今月1日放送の関西テレビ「マルコポロリ!」で言及。「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)の闇営業騒動の影響で「1月から全吉本芸人、交通費がカットになりました」と明かしていた。その後、関西ローカルの情報番組で月亭方正(51)、たむらけんじ(46)も困惑を口にしていたが、岡村も言及した。

     「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)は新たに導入された契約形態「専属エージェント契約」を締結して話題となったが、岡村はまだ契約を保留している。
    「僕らは『今まで通り』と思うてるんですけど」とこれまでの契約を継続する考えを示しながらも、交通費カットについては「“今まで通り”ちゃうやんか」と不満がある様子。

     マネジャーからは「他の芸能事務所も領収書でタクシー代なんか渡していない」と言われたというが、
    「他の事務所、車あるやないか。出川哲朗見てみいな、あんなええ車で送り迎えしてもろうて」と納得がいかない岡村。「何やったん、アドバイザリー委員会みたいの。何を話してたんやって思ってまう」と穏やかな口調ながらも事務所側への不信感を口にした。

     「旅猿で海外ロケに行く時、羽田に行く分にはよろしいよ。成田まで往復やったらどうすんねん!」と仕事への影響も懸念した岡村。「そう(交通費カットに)なったらしょうがない」としながらも「突然言われると寂しい感じになる」と残念そうだった。

     また、番組中に「森三中」の黒沢かずこ(41)から「岡村さん、吉本タクシー問題、ぜひ言い続けてください。私はマネジャーさんに『今までのタクシー代は吉本からのサービスです』って言われました」というメールが届く一幕も。岡村は「(タクシー代は)ギャラに含まれています」と説明を受けたことを明かし、「だったらギャラが上がってないとおかしい」と反論。
    西川きよし(73)のものまねで「もう1回話しよう!」と笑いを誘いながらも、不満たらたらの様子だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000228-spnannex-ent


    【【吉本芸人、困惑ww】岡村隆史 吉本の交通費カット問題でボヤキ「旅猿で成田まで往復やったらどうすんねん」】の続きを読む


    ナインティナイン(ないんてぃないん、英: NINETY-NINE)は、岡村隆史と矢部浩之からなる日本のお笑いコンビ、司会者。1990年結成。吉本興業(東京本社)所属。略称は「ナイナイ」「99」「NN」。お笑い第四世代の代表格に数えられる。 岡村隆史(おかむら たかし、1970年〈昭和45年〉7月3日
    47キロバイト (6,489 語) - 2019年11月17日 (日) 14:09



    (出典 www.officiallyjd.com)


    岡村が最近出まくってるもんなぁ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/29(金) 21:11:10.21 ID:EAqODmvB9.net

    昨年3月の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)終了以降、コンビそろってのレギュラー番組が『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のみとなっている『ナインティナイン』。さらに、メディアで活躍するのは岡村隆史ばかりと、矢部浩之の芸能活動が危機的状況に陥っている。

    現在、「ぐるナイ」が唯一のコンビレギュラー番組となっている2人だが、同番組は看板コーナーである「グルメチキンレース ゴチになります!」の放送がほとんど。しかし、同コーナーを〝クビ〟になった矢部は、VTR出演やかぶり物で飲食店に数分登場することしかなく、コンビそろって出演するような場面はほとんど見られていない。

    個々の活動でいうと、岡村はローカル局を含めて4つのMC番組を持ち、矢部も『やべっちFC』(テレビ朝日系)、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)などでMCを担当。また、最近の岡村は俳優業に力を注いでおり、11月22日には堤真一とのダブル主演映画『決算!忠臣蔵』が公開、来年からは大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)にも出演するなど、既に2人には互いにピン芸人のような状態になっている。

    個人活動の増加で無能さが露呈した矢部
    『ウッチャンナンチャン』や『とんねるず』のように、大御所になったお笑いコンビが個々の活動に走るのはよくあること。しかし「ナイナイ」はこのままの場合、岡村がタレントとして1人勝ちとなり、一方の矢部は消滅状態に陥っていきそうだという…。

    「『めちゃイケ』終了により『ナイナイ』が事実上コンビでの仕事を失ったのは事実。個々の活動に移行するのも必然的な流れですが、ピンでの活動となると、当然ながら地力の差がハッキリと現れます。岡村は『おかべろ』や『チコちゃんに叱られる!』などの人気番組MCを務める他、映画主演や大河出演も果たし、マルチな才能を発揮中。一方の矢部は趣味のサッカーを生かした『やべっちFC』がマッチしているくらいで、『アウト×デラックス』はMCとしての無能さが露呈するあまり、後輩の山里亮太にその座を奪われてしまっています。思えば5年前、コンビでやっていたラジオ『オールナイトニッポン』も岡村ピンの番組に変わりましたし、もはや矢部が〝業界需要ナシ〟であることは明白になってきているでしょう」(お笑いライター)

    岡村のおかげでカバーできていたものの、ピンでの活動によりその〝力不足〟が露呈してしまった矢部。もともと、岡村の影に隠れて〝じゃない方芸人〟のような扱いを受けていたことを考えれば、こうなるのは時間の問題だったのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2096916/
    2019.11.29 17:30 まいじつ


    【【需要なし!?】『ナイナイ』矢部がテレビ消滅危機!? ピン仕事で岡村との格差クッキリ!】の続きを読む


    岡村 隆史(おかむら たかし、1970年〈昭和45年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優であり、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当である。相方は矢部浩之。 大阪府大阪市東淀川区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京本社)所属。吉本総合芸能学院(NSC)の第9期生。
    40キロバイト (5,644 語) - 2019年6月21日 (金) 06:39



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    岡村さんはそういうところいかなさそうだもんね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/28(金) 17:34:04.99 ID:j6ukmveG9.net

    ナインティナインの岡村隆史(48)が27日深夜、ニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜、25・00)に生出演。振り込め詐欺グループとの闇営業で謹慎処分となった「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)について、複雑な胸中を吐露した。

    岡村は、昔から、「若手の人や面白くても食べられへん人」たちが、自分で動いて自分で仕事を取ってくることがあり、それを「闇営業」ではなく「直営業」「直の仕事」と呼んでいたことを説明。「それがないと飯食えない人もいるんや、っていうことをどっかでちょっと分かっていただいたら」と話した。

    一方で、「宮迫さんとか(ロンドンブーツ1号2剛の田村)亮とか、そういうとこ行かんでもええのに、仕事ちゃんとあんのに、行ってしまった。ウソついてしもた。アカンもんはアカン。ホンマになんでやねん、っていう思いなんですね」とやるせない思いを口にした。

    今回の問題発覚後、宮迫以外の処分タレント数人とは直接連絡をとり、「しんどくなったりしたら言うてな」などと声をかけたことを明かした岡村。1991年~99年、「吉本印天然素材」という若手ユニットで共に活動した雨上がりには特別な思いもある。ナイナイは若くしてブレークし、21歳で東京に進出。一方、雨上がりは「だいぶ泥水すすって、遠回りして遠回りして、今のとこまできた」と回顧。「20代、ずっと雨上がりさんと一緒にいましたからね。めちゃくちゃかわいがってもらったからこそ、悔しい思いもある。そんな人がこんなとこ行かなくても、全然よかったんや。でも行ってまうねん。ほんまに、腹立つわー」と悔しい思いを吐露した。

    そして「泥水すすって、なんとか頑張ってきたのに、仕事が増えたことによって、昔の宮迫さんより、なんかちょっと変わってしまった部分、ちょっとあるのかも分かれへん。宮迫さんと、ちょっと、なんか、距離ができたな、と思たこともあったし。なかなかプライベートでも飯食いに行くこともなくなってしまった」と、懸命に現在の地位を築いた宮迫に起きた“変化”を明かしていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16692827/
    2019年6月28日 17時5分 デイリースポーツ


    【【複雑な胸中】岡村隆史 宮迫は「ちょっと変わってしまった…」】の続きを読む


    岡村 隆史(おかむら たかし、1970年〈昭和45年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優であり、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当である。相方は矢部浩之。 『SMALL3』の1人。 大阪府大阪市東淀川区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京本社)所属
    40キロバイト (5,647 語) - 2019年6月6日 (木) 16:33



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    結婚にこだわり続ける男ww

    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/07(金) 10:34:53.61 ID:3z/EhETF9.net

    ◆ 岡村隆史 山ちゃんの電撃婚に放心状態「こんな勝ち方、凄すぎる」

    お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(48)が6日深夜、ニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に生出演。
    人気女優の蒼井優(33)と電撃結婚したお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)を祝福するも、「こんな勝ち方ある?」「ボーっとした状態が続いてる」とあまりの出来事に放心状態であることを明かした。

    岡村は番組冒頭から「こんな勝ち方ある?こんな勝ち方、誰が想像できた?」と本音を吐露。
    「イヤーすごいな、もうぐうの音も出ません。エライことが起きました。なんか、感情が無いわ。いつもならえー!とか、どうなってんねん!とかなるけど、何やろか、ボーっとしてまう。ボーっとした状態が続いてる。凄いなと思って」と続けた。

    山里の結婚は4日付のスポニチ本紙などに報道。
    朝からネットを駆け巡った。

    朝7時頃に一度起床したという岡村は「目が覚めて、ヤフーニュースで『山里亮太・蒼井優結婚』みたいなのを1回見て、(スマホを)すっと置いたん。置いて、“誰?”ってなって…(一拍おいて)“えーっ!”ってなってん。蒼井優があの蒼井優と結び付けへんかって。あまりのことに。“蒼井優って誰やねん!”って思って、“え?あの蒼井優ちゃん?”って思って…。もうそこから寝るしかないねん。まだ時間早かったし、もう1回寝たったわ。そのまま、目が覚めへんかったらいいのにって、二度寝してん」とあまりのことに動揺した様子を克明に語った。

    「ほんまにびっくりしたよね。しょうがないよ」としみじみ。
    「俺が言うてた、“運命とは努力した人に偶然という架け橋を与えてくれる”っていう、『猟奇的な彼女』に出てくる1フレーズをずっと思ってたけど、これがホンマに起きたんやと、山ちゃんのところに。凄いな」と続けた。

    「こんな勝ち方、凄すぎる」と小声で絞り出し、「まだあんまり理解できてない。整理ができていない」と今でも心の整理がついていないことを明かした。
    それでも「ある意味、同じ箱にいると思っていた」という山里の逆転大ホームランに「うーん…おめでとう!」と絞り出した。

    スポニチアネックス 2019/6/7(金) 9:53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000115-spnannex-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【放心状態】ナイナイ岡村 山ちゃんの電撃婚に放心状態 「こんな勝ち方、凄すぎる。ボーっとした状態が続いてる」】の続きを読む


    岡村 隆史(おかむら たかし、1970年〈昭和45年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優であり、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当である。相方は矢部浩之。 『SMALL3』の1人。 大阪府大阪市東淀川区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京本社)所属
    40キロバイト (5,631 語) - 2019年4月26日 (金) 14:14



    (出典 www.allnightnippon.com)


    今更、それ言わなくても

    1 Egg ★ :2019/05/10(金) 13:10:45.31 ID:jLOK6fv59.net

    ナインティナインの岡村隆史(48)が、旧芸名「遠峯ありさ」時代の華原朋美(44)について「大嫌いやった」とぶっちゃけた。

    岡村は9日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、第1子を妊娠していることが明らかになった華原について言及。「朋ちゃんはいろいろありましたから、幸せになっていただけたらなぁっていうふうには思いますけどね」とコメントした。

    岡村は、華原が遠峯ありさの芸名でグラビアアイドルとして活動していた頃からバラエティー番組などで共演しており、収録中に怒って帰ってしまったことがある彼女に「勝ち気やなぁ」との印象を抱いていたという。

    「懐かしいなぁ、遠峯ありさ。あのときの朋ちゃん、怖かったわ、ほんまに」と述懐し、「正直、あの時代の朋ちゃん、大嫌いやった」とぶっちゃけた岡村。現在では当時のことを華原と「笑って話せるくらいになったからすごい良かった」といい、「元気な赤ちゃんを産んでいただけたら、と思っております」と語った。

    5/10(金) 10:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-05100289-nksports-ent


    【【大嫌いだった】岡村隆史 グラドル時代の華原朋美が「大嫌いやった」】の続きを読む

    このページのトップヘ