もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: タレント


    福田 (ふくだ もえ、1985年(昭和60年)6月5日 - )は、日本のタレント。結婚前の本名は芸名と同じ。 夫はオリエンタルラジオの中田敦彦。 岩手県出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(エキサイティング・トリガー)所属。 岩手県岩手郡滝沢村(現:滝沢市)生まれ。盛岡中央高等学校を経
    22キロバイト (2,601 語) - 2019年5月30日 (木) 13:02



    (出典 www.iwate-np.co.jp)


    ちょっと前にも保育士の人が言ってたよね

    1 豆次郎 ★ :2019/07/18(木) 11:21:05.91 ID:idHMrUdq9.net

    7/18(木) 11:18配信
     タレントの福田萌(34)が18日までに自身のツイッターを更新。選挙カーの“騒音”について「逆効果」と私見をつづった。

     参院選の選挙戦が白熱する中、ネット上では選挙カーの音量が「うるさい」という声があふれ、特に「子供が起きる」「子供のお昼寝妨害」と子育て世代から多くの苦情が上がっている。

     オリエンタルラジオ・中田敦彦の妻で2児の母としても知られる福田は「そろそろ選挙カー走らせる以外の新しい選挙方式採用してほしいな。あなたの街にお邪魔するより、自分のスマホにお邪魔してくれた方がずっといいなー」とツイート。

     さらに「お昼寝中の保育施設の前を通過する際に配慮してくださる候補者は増えました(すごくありがたいです)が、赤ちゃんや子どもが寝ているのは保育施設だけではないということを知ってほしい」というリプライがフォロワーから寄せられると、福田は「ほんとその通りですよね!お昼寝中に名前を連呼して通過されると、『絶対この人には投票しない!』と逆効果ですよね」とつづっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000086-sph-ent


    【【うるさいww】福田萌、選挙カーの騒音に怒り「お昼寝中に名前を連呼して…絶対この人には投票しない!」】の続きを読む


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大先輩・
    34キロバイト (4,491 語) - 2019年7月6日 (土) 05:13



    (出典 umaezougui.com)


    露出度高いねww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/15(月) 04:02:54.70 ID:E+GH0WXv9.net

    タレントの小島瑠璃子(25)が14日までに自身のインスタグラムを更新。ショート風の髪型にビキニの大胆ショットを公開した。

    小島は「ショート風の髪型にしてもらいましたー」と普段のロングヘアと印象が違う表情を浮かべ、セクシーな白いビキニを着用したスレンダーな美ボディーを惜しげもなく披露した。

    コメント欄には「完璧です」「似合うなぁ」「全てがパーフェクトです」「美しいです Angel」など絶賛の声が寄せられた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000129-sph-ent
    7/15(月) 0:04配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【セクシーww】小島瑠璃子、大胆ビキニで美ボディー披露「完璧」「美しい」など絶賛の声】の続きを読む


    田代 まさし(たしろ まさし、1956年(昭和31年)8月31日 - )は、日本の元タレント。ラッツ&スターのメンバー。現在は薬物依存症のリハビリ関連の活動をしている。 1956年(昭和31年)8月31日、母の故郷である佐賀県に生まれるが、出生後まもなくキャバレーのチェーン店経営の父親がほかの女性の
    61キロバイト (8,588 語) - 2019年7月13日 (土) 07:09



    (出典 img.cinematoday.jp)


    今までの苦労が顔ににじみ出てるもんね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/14(日) 22:50:14.56 ID:H8FtV8Ln9.net

    田代まさしの露出が増えている。先日にはNHKの『バリバラ』に登場し、薬物依存の恐ろしさを語った。
    逮捕のたびにクスリをやめようと思うも、いざ刑務所に入ると「またやりてぇ」といった欲望が沸き上がってくるといった正直な思いも吐露している。
    元タレントとして、話にユーモアを交えながら紹介するエピソードは説得力があるといえるだろう。

    田代は、鈴木雅之らと結成したシャネルズ(ラッツ&スターに改名)のメンバーとしてデビューし、その後、バラエティ番組にコメディアンとして登場するようになる。
    特に、志村けんに気に入られ、『バカ殿』シリーズ(フジテレビ系)などに出演していた。
    小道具を使ったダジャレの帝王としても知られた。

    しかし2000年に、都内の私鉄駅で女性のスカートの中を盗撮しようとして書類送検される。
    この時は「ミニにタコ」というお得意のダジャレで切り抜けようとしたが、バッシングを浴びてしまう。
    芸能活動に復帰するも、風呂場をのぞいたとして2001年に逮捕され、その後の捜査で自宅から覚せい剤が見つかる。そこから4度の逮捕と2度の懲役を経験している。

    そもそも、田代が薬物に手を染めてしまったのには、どういった理由があるのか。

    「田代といえば、“マーシー”の愛称で知られ、サングラスがトレードマークでした。
    これはミュージシャンとして格好付けていたわけではなく、実は極度のあがり症で目が泳ぐために、サングラスでごまかしていたようですね。
    数々の番組に出演していましたが、常に緊張で手が震えるほどだったそうです。
    また彼自身が、酒が一滴も飲めない体質であるため、飲んで騒ぐといった部分でストレスを発散できなかったことも、薬物に手を染めてしまった原因だと言えるでしょう。
    さらに有名人であったため、シャバに放たれるたびに売人が近寄ってきたそうです。まさに苦悩の連続なのです」(芸能関係者)

    もちろん薬物に手を出すことは絶対にあってはならないが、彼なりに切実な事情もあったのかもしれない。
    それゆえに、その痛みや苦しみをテレビなどで広く周知していくことは、それなりの意味を持ちそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16772562/
    2019年7月14日 14時30分 リアルライブ


    (出典 Youtube)

    め組のひと


    【【薬物依存を経て】田代まさし、テレビの露出が増えている 薬物に手を染めた意外な理由とは】の続きを読む


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大先輩・
    34キロバイト (4,491 語) - 2019年7月6日 (土) 05:13



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    それくらいは仕方ないんでない?

    1 muffin ★ :2019/07/15(月) 14:04:41.85 ID:B+0qhGby9.net

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1907/15/news024.html
    2019年07月15日

    タレントの小島瑠璃子さんが7月14日にInstagramを更新。自身のグラビア写真に「細すぎ」「太った」など体形に関するコメントが多く寄せられることに対して、「ちょっと思ったこと」と苦言を呈するような形で持論をつづっています。

    7月13日発売の集英社『週刊プレイボーイ』で表紙&巻頭グラビアを務めた小島さんは、数日にわたって水着撮影のオフショットをInstagramで公開中。その反響を受けて小島さんは、「コメントの中に細すぎだよ! とか太った? とか沢山書いてあって」と体形に触れた声が多く寄せられたことを明かすと、「この時代にそういう事言ってもいいって思ってる、言いたい人がいるんだなー。ってちょっとだけブルーになりました」と配慮に欠けた言葉の数々に気を落としたことをつづりました。

    「笑って暮らせる体型でいるのが一番人間らしい」と人それぞれ適した体形があることを強調した小島さんは、「それを他人が太ってる痩せてるっていうものさしで決めるのは窮屈だなって思います」と安易に体形のよしあしを判断する一部ユーザーの姿勢を疑問視。今回の一件でモラルについて深く考えることになったようで、「とはいえ、私も気をつけよ。距離感が近いひとに、世間話として痩せたー? とか太ったー? とかも、その人がどう思ってるかわかんないな」と自省もしていました。

    (続きはソースをご覧下さい)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    ★1が立った日時:2019/07/15(月) 11:45:58.42
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563158758/


    【【苦言】小島瑠璃子、体形について「細すぎ!」「太った?」の指摘が多すぎる】の続きを読む


    高嶋 ちさ子(たかしま ちさこ、1968年8月24日 - )は、日本のヴァイオリニスト。血液型A型。身長158cm。 東京都出身。父の高嶋弘之は東芝EMIの元ディレクターで、ビートルズを日本に紹介した人物である。その兄が俳優の高島忠夫(伯父)であり、高嶋政宏・政伸兄弟は従兄にあたるが、親戚としての交流はほぼ途絶えている。
    14キロバイト (1,611 語) - 2019年6月22日 (土) 06:02



    (出典 grapee.jp)


    家族間での確執は悲しいね

    1 ひかり ★ :2019/07/09(火) 00:12:57.05 ID:mc5jhQ+J9.net

    「新聞社やテレビ局など、多くのメディアが高嶋ちさ子に追悼コメントの取材を申し込んだのですが、所属事務所が応じることはありませんでした」と語るのは、ある芸能関係者。

    6月28日に高島忠夫さん(享年88)の逝去が公表された。遺族や多くの著名人が忠夫さんを悼む談話を発表するなか、姪でバイオリニストの高嶋ちさ子(50)は、
    自身の公式ツイッターなどでも、伯父との別れについていっさいふれることはなかった。高島家の知人は次のように語る。

    「実は忠夫さんの実弟で音楽ディレクターの高嶋弘之さん(85)も、その次女のちさ子さんも、密葬に参列していませんし、弔問にも訪れていないのです」

    忠夫さんの自宅と弘之さんの自宅は東京都の同じ区内にあり、自動車なら10分もかからない距離。かつては両家で頻繁に行き来もあったという。ちさ子自身は、
    かつて週刊誌のインタビューで次のように語っている。

    《家が近所だということで、小さいころは、しょっちゅう遊びに行ってました。政宏君や政伸君ともよく遊んだなぁ》(『アサヒ芸能』'98年1月15日号)

    ちさ子が『チョコレート・ファッション』というユニットでCDデビューしたのは'95年。当初は“高島忠夫の姪”“政宏・政伸兄弟のいとこ”などと紹介されることも多かった。

    「しかし、ある時期から、ちさ子も、政宏・政伸も、お互いのことを公の場でいっさい話さないようになったのです」(前出・芸能関係者)

    はたして確執の原因は何だったのか? ちさ子の父・高嶋弘之さんを本誌は直撃取材した。

    「確かに昔は家も近かったですし、頻繁に行き来をしていました。兄貴と花代さんは夫婦で『ごちそうさま』の司会を務めていたでしょ。番組の収録が
    地方であったりすると、政宏と政伸の兄弟をうちで預かったりしていました」

    子供たちが仲よく遊んでいた当時を思い出したのか、微笑を浮かべる弘之さん。しかし記者の質問に表情が引き締まった。

    ――それほど仲が良かった両家に距離が生じたのには、何かきっかけがあったのでしょうか?

    「……きっかけといえば、母の介護問題かな。兵庫県で暮らしていた母が、うつ病になったので、'98年に東京の医療施設に入れたんです。でもこのとき
    母の介護方針を巡って兄とひどい口論になってしまって……。兄貴は昔から穏やかだったから、兄弟げんかなんかもしたことがなかったのにね」

    '98年といえば、忠夫さん自身が不眠とアルコール依存により、重度のうつ病を発症した時期でもある。

    「振り返ってみて、彼も病気のせいで感情のコントロールができなかっただけなんだと理解できました。でも兄の病気のことを知ると、今度は“治療の邪魔になっても
    いけないなぁ”なんて考えて、連絡もとれないし、訪ねていくこともできないし。お互いの家族も行き来しなくなって、そうこうしているうちに、気がついてみたら
    20年以上もたってしまったんですね」

    2年前の'17年には、弘之さんの妻が逝去した。

    「うちも、ちさ子夫妻や家族だけで葬儀を営んで、向こう(高島忠夫一家)には連絡しませんでした。今回は逆にこちらが葬儀にも参列しなかったし、
    弔問とかにも行かなかったということです。“疎遠”とか“絶縁”というと、世間から変な一族だと思われるでしょうけど、いまとなるとこれが“高嶋家のスタイル”という
    感じもしますね」

    21年もの空白があるにもかかわらず、弘之さんの兄に対する思いは薄れたわけではないようだ。

    「家族のおかげで兄貴は、いい人生を全うできたと思います。特に花代さんは、ずっと兄を看病してくれて、頑張ってくれていたそうですから、いまは
    落ち込んでいるでしょうね」

    実は忠夫さんの逝去をきっかけに、両家の歩み寄りのきざしも見えているという。

    「政宏から、うちのちさ子に連絡があったそうなんです。『父のことが落ち着いたら、叔父さんのところへもご挨拶に行きますから』なんて、言ってくれていたと
    聞いています」

    両家の和解を誰よりも望んでいるのは、天国の忠夫さんに違いない。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00010001-jisin-ent


    【【21年間の空白】高嶋ちさ子 叔父の忠夫さん死去に無言を貫いた理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ