もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: SNS 動画



    (出典 bitdays.jp)


    だからネットは信用できないんだww

    1 trick ★ :2019/09/20(金) 20:36:01.70

    【LINE Credit】「LINE Pocket Money」におけるお客様情報の一部漏えいについてのお知らせとお詫び | LINE Financial Corporation | ニュース
    https://linefinancialcorp.com/ja/pr/news/2019/35
    2019.09.18


    この度、LINE Credit株式会社は、運営する個人向けローンサービス「LINE Pocket Money」において、本サービスへお申し込みをいただいたお客様の個人情報の一部が一時的に第三者からダウンロードできる状態になっていたことが判明いたしましたので、本件の経緯等について下記のとおりご報告いたします。

    なお、本件の原因は既に特定しており、当該原因への対応も完了しております。お客様をはじめ関係者の皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。



    1. 経緯

    2019年9月17日、「LINE Pocket Money」担当者が、本サービスへお申し込みいただいた一部のお客様の個人情報について、社内管理用のexcelファイルで作業を行い社内に共有する際に、当該ファイルを一時的に、LINE株式会社が提供するOpenChatサービス内に誤って投稿し、そこに参加している一般ユーザーがファイルをダウンロードできる状態にあったことが発覚いたしました。発覚後、即時に当該ファイルは削除しており、今後流出した情報がOpenChatサービスを通じて第三者から閲覧されることはございません。また、OpenChatサービス上からファイルのダウンロードを行った可能性のある4名の対象者に対する個別のご連絡ならびに削除に関する要請を完了しております。

    併せて、本件で被害にあわれた280名のお客様につきましても、お詫びと状況説明についてご連絡を完了しております。

    なお、現時点では今回の漏えいによる被害の報告はございません。

    2. 影響範囲

    「LINE Pocket Money」を2019年9月1日 10時54分~9月16日 21時51分までにお申し込みいただいたお客様のうち、280名分の個人情報の一部

    3. 閲覧された可能性のある個人情報

    ・氏名
    ・生年月日
    ・自宅電話番号
    ・携帯電話番号
    ・LINE Credit社で扱う各種管理番号
    ・指定信用情報機関から取得した情報の一部

    ※漏えいした情報はお客様によって異なります。

    4. 対応時系列(日本時間)

    2019/09/17 10:55 OpenChatサービス内において対象のファイルを送付
    2019/09/17 10:57 OpenChatサービス内において対象のファイルを削除、社内にて被害状況を確認
    2019/09/17 22:15 OpenChatサービス内において当該ファイルをダウンロードした可能性のある4名の対象者に対して連絡および当該ファイルの削除依頼
    2019/09/18 19:31 今回被害にあわれた280名のお客様へお詫びと状況説明のご案内を送付完了

    5. 今後の対応について

    個人情報を閲覧された可能性のあるお客様の個人情報が悪用される等の事象が発生した場合、弊社は各種法令に従い、適切な措置を講じる所存です。

    6. 再発防止策

    今回の漏えいを受け、作業フローの見直しのほか、個人情報保護及び情報セキュリティ教育内容を再度見直し、情報管理体制の更なる強化に取り組んでまいります。
    この度は本件において、ご心配およびご迷惑をおかけしたことを心より深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。
    今後このようなことのないよう、徹底した再発防止に取り組んでまいります。


    本件に関するお客様のお問い合わせは以下窓口までお願いいたします。

    本件に関するお客様相談窓口
    お問い合わせフォーム:https://contact-cc.line.me/serviceId/12542(24時間受付)

    以上


    【【漏えい】LINEの個人情報が流出 氏名・生年月日・電話番号・指定信用情報機関から取得した情報】の続きを読む



    (出典 tokyogentsuki.com)


    タクシーってのがまた問題だね

    1 ばーど ★ :2019/09/16(月) 12:17:04.74

    ※フジテレビで報道

    近年ではスマホやドラレコ、SNSが浸透し、以前は埋もれていた行為が白日の下にさらされるケースが増えています。そんな中、また信じられない行動をする男性が目撃されました。

    大阪で撮影された動画が物議を醸しています。合流地点で幅寄せしてきたタクシー。すると、後部座席に座っていた乗客が笑いながら窓から「杖」で車を叩いてきました。動画投稿者さんは停車した時に車を降りて「警察呼びます」と言ったものの、タクシーはそのまま走り去ってしまいました。

    動画には「気付いてないわけないだろうし、面倒ごとに巻き込まれるのが嫌だったんだろう」「ダメだこりゃ」「ヤバい」などのコメントが寄せられています。

    このような行動をする乗客もひどいですが、そのまま行ってしまうタクシー運転手もひどいです。。

    9月16日(月)10時45分 9ポスト
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0916/9pt_190916_9751681908.html

    【動画】
    https://twitter.com/_KiRi2KI/status/1173106401075318784
    にき@_KiRi2KI
    南森町の通りから新大阪方面での出来事。
    合流地点にて、幅寄せしてくるタクシーから杖持ったじいさんに車を何度か叩かれて、タクシーの運転手は止まらずに逃走。
    停止時に、一度降りて、警察呼びますと言ってはいますが、それでもタクシーの運転手は止まらず。
    運転手も乗客も何を考えているの?
    午後2:28 ・ 2019年9月15日

    https://twitter.com/_KiRi2KI/status/1173107564000624641
    にき@_KiRi2KI
    ちなみになんですが、動画撮り出したのは何度か叩かれた後です。
    どうにか証拠を残そうと撮影しました。
    車にも割れ、凹み等あります。

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    14:33 - 2019年9月15日
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【動画あり】幅寄せしてきたタクシーの乗客(老人)が窓から「杖」で車を叩いてきた動画が物議】の続きを読む



    (出典 kantaiki0219.com)


    気分の悪い世の中だ

    1 どどん ★ :2019/09/05(木) 15:53:56.45

     インターネット上に女子中学生が、男子中学生から蹴られるなどの暴行を受けている動画が投稿されていることがわかった。
    警視庁は、被害に遭ったのは東京都葛飾区の女子中学生とみて、暴行容疑などで捜査している。

     投稿された動画は約1分間で、女子中学生が、別の学校の男子中学生から両腕で首を締め付けられたり、跳び蹴りされたりしていた。
    仲間とみられる中学生の姿や笑い声も記録されていた。

     葛飾区教育委員会も動画を確認し、いじめがあったかどうか調査を進めている。

    読売新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00050189-yom-soci

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567661028/


    【【衝撃動画】女子中学生の首を締め付け 跳び蹴りも…ネット上に動画】の続きを読む


    中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年9月27日 - )は、日本のお笑いタレント、実業家。お笑いコンビ・オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当。相方は藤森慎吾。ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバーとしても活動している。 1982年(昭和57年)、父親の仕事の都合で佐賀県で生ま
    23キロバイト (2,785 語) - 2019年9月3日 (火) 07:36



    (出典 ddnavi.com)



    1 ひかり ★ :2019/09/03(火) 17:20:13.52 ID:hXQMjx299.net

    お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦さんのYouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」がチャンネル登録者数100万人を突破した。

    中田さんはチャンネルにコメントを投稿し、今後も動画を毎日配信していくと決意を語っている。

    子供から大人まで楽しめる教養エンターテイメントチャンネルとして中田敦彦さんが出演する「中田敦彦のYouTube大学」。

    アニメ、政治、経済、日本史、世界史など多岐にわたる内容の「教育系」ジャンルの動画を毎日配信しており、過去には堀江貴文さん、箕輪厚介さん、
    田中修治さんなど各界の識者との対談も投稿されている。

    2018年頃からYouTube上での活動をしていた中田さんだったが、2019年4月にチャンネルを一新。開設してから4か月程で登録者数が60万人を達成するなど
    驚異的な速さで数字を伸ばし続けていた。

    登録者100万人について中田さんは自身のYouTubeチャンネルにコメントを投稿。「これからも皆様に楽しんでいただける動画を毎日配信していきたいと
    決意しております」とコメントした。

    最後は「YouTubeで、学びをエンターテイメントに!」「知的好奇心の彼方を目指して」と今後への意気込みを語っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190903-00010006-kaiyou-ent


    【【100万人突破!!】オリラジ 中田敦彦、YouTubeチャンネル登録者数100万人突破「知的好奇心の彼方を目指して」】の続きを読む


    DaiGo(ダイゴ、1986年11月22日 - )は、日本のメンタリスト、マジシャン、パフォーマー、作家。静岡県出身。 高輪高等学校、一浪後、慶應義塾大学理工学部物理情報工学科に入学し卒業、慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程中退。ジェネシスヘルスケア株式会社顧問。新潟リハビリテーション大学特任
    11キロバイト (1,512 語) - 2019年9月1日 (日) 06:44



    (出典 geino-taro.com)


    テレビでられなくなってもいいんじゃない

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/02(月) 06:52:31.94 ID:ev2UTNZf9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    メンタリストDaiGoが8月28日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、京都アニメーション放火事件の被害者が実名報道された件について「もう、許さん マスコミ」と銘打った動画を配信した。

    “京アニ実名報道【人の死を金としか考えないマスコミ】の正体を解説【NHKも新聞もグル】”とのタイトルを付した28分に及ぶ動画内で、
    DaiGoは先月の京アニ放火事件で犠牲となった被害者の一部遺族の意向を汲むことなく実名報道を決断したメディアに対して大激怒。
    「亡くなった人への配慮が足りない」と主張し、終始NHKを筆頭とする一部メディアへの怒りをぶちまけていた。

    「普段ならば冷静かつ理論的に恋愛テクニックや処世術などについて解説するDaiGoですが、この日は被害者の名前を伝えたNHKに対して感情を爆発させ
    、『NHKには今後絶対に出ません』とも発言。ネット上では“なぜNHKだけ?”“他のテレビ局は?”との疑問も上がりましたが、動画コメント欄にDaiGo本人が
    『この放送の後に、ニュースゼロさんとかでも民放でも実名報道してたんですね。これはいよいよテレビを卒業する時が来たのかも』と書き込み、説明しています。
    今後はNHKと同様に犠牲者の名前を報じた日本テレビやTBS、フジテレビへの彼の対応にも注目が集まるでしょう」(テレビ誌ライター)

    なお、件のDaiGoの“マスコミ激怒”動画は8月29日正午までに280万回以上の再生数を記録し、20万に及ぶ高評価が押されると、
    YouTube上の急上昇ランクでも1位に君臨。これまでのチャンネル「メンタリスト DaiGo」において最も再生数を集めた動画は、5年前に投稿された
    「LINEで相手の心を読む方法 by メンタリスト DaiGo」の220万回だが、今回の動画は大幅に記録を更新することになりそうだ。

    以前は心理学を駆使した“最強のメンタリスト”として各テレビ局のバラエティ番組から引く手数多だったDaiGo。
    今後はNHKだけでなく、フジテレビや日テレ、TBSを含む主要キー局への出演も“卒業”してしまうのだろうか?

    http://dailynewsonline.jp/article/1985692/
    2019.08.30 18:14 アサジョ


    【【過去最高再生数!】メンタリストDaiGo「激怒動画」でテレビ卒業は不可避?】の続きを読む

    このページのトップヘ