もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:芸能 > 不倫


    後藤 真希(ごとう まき、1985年9月23日 - )は、日本の歌手、タレント。ハロー!プロジェクトの元一員で、モーニング娘。の元メンバー(3期)。旧姓は同じ。結婚後の本名は非公開。愛称はごっちん、ゴマキ。 東京都江戸川区出身。血液型O型。身長159cm。体重43kg。エイベックス・マネジメント所属。
    47キロバイト (5,249 語) - 2019年1月26日 (土) 16:56



    (出典 haru-journal.com)


    確かにここに触れなくしては出れないね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/15(金) 15:22:36.42 ID:27XS2JuX9.net

    元トップアイドルの衝撃的な不倫劇が明らかとなった――。

    14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、元モーニング娘。の後藤真希が不倫を行い、その相手男性に対し夫が損害賠償を請求する民事訴訟を起こしていると報じた。
    記事によれば、後藤は昨年、複数回におよび一般男性と関係を持ったといい、後藤がアパホテルやラブホテルでこの男性と肉体関係を持ったと告白する生々しい内容の陳述書の一部も掲載されている。
    後藤は13日、自身のブログ上で不倫の事実を認め、謝罪している。

    後藤は1999年に13歳という若さでとしてモー娘。“期待の大型新人”としてデビューすると、すぐにセンターに抜擢され、それまで不動のエースだった安倍なつみと人気1、2位を争う存在に。
    その後、高い人気を誇ったまま2002年に17歳で突然モー娘。を卒業し、世間を驚かせた。

    「最近ではバラエティ番組などに出演する機会も多く、モー娘。時代のメンバー間の確執などのエピソードや、ファングループとLINEグループをつくって一緒に遊びに行くなど、
    アイドルらしからぬ豪快なプライベートを赤裸々に語るなど、そのぶっちゃけキャラが受けてプチブレイク中でした。
    昨年にはモー娘。OGメンバーでの音楽活動もスタートし、“これから”という時期だっただけに、出鼻をくじかれた格好になりました」(週刊誌記者)

    そんな人気タレントである後藤のスキャンダルが発覚したわけだが、業界での評判について、テレビ局関係者は言う。

    「モー娘。OGでは、かつて自宅寝室での不倫が発覚して一時活動休止に追い込まれた矢口真里は、以前からさまざまな噂や目撃証言が流れていたので、業界では“やっぱり”という受け止められ方でした。
    また、同じくOGの吉澤ひとみが昨年、飲酒ひき逃げ事件を起こしましたが、吉澤の酒癖の悪さは業界では有名だったので、矢口の際と同じような反応でした。

    一方、後藤についてはそうした悪い噂はなく、所属事務所もエイベックスということで“守られた存在”。テレビなどでも夫や家族のことについて積極的に語っていただけに、意外でした」

    今後の後藤について、別のテレビ局関係者は語る。

    「今回の報道で衝撃的だったのは、“キスをした”“昼と朝の計2回肉体関係を持った”などと、不倫相手との接触を赤裸々に語った陳述書の内容です。
    さらに、“あのゴマキがアパホテルやラブホテルで不倫”ということで、後藤サイドにとってはシャレにならない状況といえるでしょう。
    後藤は夫が完全な一般人であり、さらには私生活ではファングループと積極的に交流を図るなど、裏表のないキャラが世間から好感を持たれて再ブレイクを果たし、
    これからCMの仕事なども狙っていたともいわれており、今回の件はダメージが大きい。すでに裁判に発展しているということもあり、
    ウチも含めてテレビ各局は、どこも後藤を起用することを避ける方向です。芸能界引退は免れないのではないでしょうか」

    やはり、不倫の代償は大きいようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1732614/
    2019.03.15 15:00 ビジネスジャーナル


    【【引退危機】後藤真希、生々しいラブホ&アパ不倫発覚…テレビ各局、一斉に起用自粛で引退危機】の続きを読む



    (出典 grapee.jp)


    ここまで赤裸々にわかっちゃうんだね

    1 Egg ★ :2019/03/14(木) 19:30:20.26 ID:IoMQSZck9.net

    元モーニング娘。の後藤真希(33)が、28歳の一般男性と不倫していたことを「週刊文春」(文藝春秋)が報じました。正確には、後藤真希の夫である一般男性(30)が、不倫相手に損害賠償を求める民事裁判を起こしていることを報じた、ということになります。

     公に開かれた裁判ですから、週刊誌が嗅ぎ付けるのも自然な流れ。後藤真希のタレント価値を傷つけることは明らかですが、それでも後藤真希の旦那さんは、不倫行為および不倫相手を許せなかったのでしょう。

     裁判に発展せずとも話し合いで和解することは可能ですが、このケースでは後藤真希も不倫相手も肉体関係を認めているものの、不倫相手は「すでに婚姻関係が破綻していると聞いていた(から不倫ではない)」と主張しているので、モメにモメているわけです。

     一方で後藤真希と夫は関係再構築、つまり離婚しないことで合意しているので、不倫相手は分が悪いでしょうか。ちなみに不倫相手は後藤真希の元カレでもあります。旦那も元カレも年下……「中性的な男子が好き」と公言している彼女なので、ヒゲの濃くなる30代以上の男性よりは、若い子のほうが良かったんでしょうね。

     「週刊文春」は裁判資料で明らかにされている不貞行為の実態を克明に記しているのですが、興味深いのは、東京江戸川下町育ちの庶民派で売っている後藤真希が、不倫まで超庶民的だったこと。

     B氏は地方在住の会社員。同誌が掲載した後藤真希の陳述書には、昨年5月22日にB氏が上京し、後藤真希と二人で豊洲のららぽーとへ行き午前中に映画鑑賞。カップルシートを予約済で、<体が密着した状態で、ここでもてをつないだりキスをしたりしてしまいました>というから結構生々しいものがあります。



     その後、B氏が宿泊するアパホテルへ行って<その場でBさんと肉体関係を持ちました><22日の昼と23日の朝の計2回肉体関係を持ってしまいました>と陳述書は詳細。一泊二日のデート後半となる23日の午後にはビッグエコーでカラオケを楽しみ<部屋の中でキスやハグをしてしまいました>とのことでした。

     のみならず、6月13日にもB氏は上京し、錦糸町のラブホテルKで密会。<午前10時30分に待ち合わせをし、再度Bさんと肉体関係を持ちました>。

     この不貞行為に夫は前から勘付いていたようですが、証拠となったのは後藤が錦糸町のラブホに車で向かったこと。そのドライブレコーダーが決め手となったそうです。

     それにしても、豊洲ららぽーとで映画を見てアパホテルに泊まり、ビッグエコーでカラオケをし、別日には錦糸町のラブホテルに行くというデートコースは非常に庶民的。「文春」は彼女と夫が地元マッサージ店から出てきたところを直撃しており、後藤真希はどこまでも地元密着型でした。

    messy 2019年3月14日 18時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/messy_69228/


    【【リアル過ぎww】後藤真希の不倫現場が「ららぽ・アパホテル・ビッグエコー・錦糸町ラブホ」で庶民的】の続きを読む


    後藤 真希(ごとう まき、1985年9月23日 - )は、日本の歌手、タレント。ハロー!プロジェクトの元一員で、モーニング娘。の元メンバー(3期)。旧姓は同じ。結婚後の本名は非公開。愛称はごっちん、ゴマキ。 東京都江戸川区出身。血液型O型。身長159cm。体重43kg。エイベックス・マネジメント所属。
    47キロバイト (5,249 語) - 2019年1月26日 (土) 16:56


    夫の器の大きさよ!!

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/03/13(水) 19:14:56.14

    2019年03月13日 19:01
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/13/kiji/20190313s00041000844000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    タレントの後藤真希 Photo By スポニチ

     この度は、ファンの皆様、関係者の皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしました事を深くお詫び申し上げます。

     一部週刊誌で報じられている通り昨年、夫とは別の男性と関係がありました。誠に申し訳ございませんでした。

     私の未熟で軽率な行いにより生涯を誓った夫を深く傷つけ、妻として母として、またこのような立場でありながら、自覚が足りず、信頼を裏切る事となりました。後悔の思いとともに深く反省しております。

     また、夫よりDVなどを受けていると報じられておりますが、当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやりとりから誤解を招くような内容となり、大変反省しております。

     現在、夫と度重なる話し合いの末、こんな私を受け入れてくれ、夫婦として向き合う時間も増えました。私自身、改めて家族の大切さと、してしまった過ちの重大さを深く感じています。

     これからは今まで以上に夫婦助け合い、子どもたちや家庭を大事に育み、公私ともに精一杯の努力をして参ります。

     この度は誠に申し訳御座いませんでした。


    【【不倫】後藤真希コメント全文「夫とは別の男性と関係がありました」…謝罪し夫婦関係修復誓う DVは否定】の続きを読む


    中山 美穂(なかやま みほ、1970年3月1日 - )は、日本の女優、歌手。80年代アイドル。身長158cm。血液型O型。 東京都小金井市出身(出生は長野県佐久市)。ビッグアップル所属。 作詞をする時は「北山 瑞穂」(きたやま みずほ)と「一咲」(いっさく)というペンネーム(アルバム『DANCE
    54キロバイト (4,001 語) - 2019年2月25日 (月) 12:36



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    まだまだ現役ww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/02(土) 13:28:09.13 ID:dE2TnXvj9.net

    中山美穂(48)に、年下イケメンを自宅に連れ込んでの“不倫”疑惑が浮上している。アラフィフ美熟女のたぎる性欲を、抑えきれないようだ。

    「中山は2月7日発売のフライデーで、ロックバンド『モノラル』のボーカリストで5歳年下、43歳のAnis(アニス)を自宅に連れ込んだことが報じられたのです。
    身長185㌢、モロッコと日本のハーフであるイケメン男とジャズバーで5時間、親密デートしたあと、酒に酔ってしなだれかかったり、
    腕を絡ませたりしつつ、自宅に“お持ち帰り”したわけですから、一線を越えた関係であることは一目瞭然です」(芸能ライター)

    しかも、Anisには妻がいるというのだ。

    「フライデーの取材に対し、中山は“友人”と答え、男女の関係を否定しましたが、状況から見ても、クロともっぱら。
    モノラルというバンドは知名度は高くないですが、ロック好きの間ではAnisのイケメンぶりは有名でした。
    高身長でハーフ特有のバズーカ砲並みと言われていますし、中山はかなりの“イケメンマニア”。
    バツイチ美熟女の性欲が高まる一方なのかもしれません」(同)

    中山は'14年7月、ミュージシャンで作家の辻仁成氏と離婚。
    その後、音楽家・渋谷慶一郎氏とも交際し、一時パリに在住したが、'16年初め頃に破局し、日本での芸能活動を再開している。

    「中山は3月1日で49歳。それにもかかわらず、アラフィフとは思えないセクシーなフェロモンボディーをキープし、
    乳房がロケット乳化していることから、全身改造説まで出るほど、話題になっているのです」(スポーツ紙記者)

    渋谷氏と破局後、特定の恋人が報じられていない状況が続いていたが、その間、イケメンと次々熱い交友をしているという情報が浮上していた。

    「中山は辻氏、渋谷氏、そして今回のAnisを見ても分かるように、美形ミュージシャンが大好物。今回のAnis以外にも、次々自宅に連れ込んでいるという噂も最近、出ていました。
    彼らと旺盛な性欲を満たしつつ、美ボディーを維持しているのかもしれません」(同)

    中山は昨年10月期、連ドラ『黄昏流星群』(フジテレビ系)でヒロインを務めたが、平均視聴率6.7%と大惨敗。
    12月5日には『FNS歌謡祭』(同)に3年ぶりに出演し、ヒット曲『世界中の誰よりきっと』など2曲を披露したが、声の調子がイマイチだったため、ネットで叩かれるなど踏んだり蹴ったり状態だ。

    「連ドラ爆死などで募るイライラをイケメンとの熱い抱擁で解消していることは確実でしょう。アラフィフは最も性欲が強まる時期とされるだけに、電撃再婚というシナリオも常にありえます。
    周囲には“50歳で再婚する”と半分本気で話しているようですしね」(芸能プロ幹部)

    まさに、リアル版“黄昏流星群”?

    http://dailynewsonline.jp/article/1711785/
    2019.02.28 21:30 週刊実話


    【【不倫疑惑】中山美穂 自宅連れ込み不倫疑惑! 「49歳の欲望手帖」】の続きを読む


    その魅力の全貌を解き明かす!! 大塚 ”. WHAT's IN? 20巻 (7号): 36頁.  ^ “幻の「大塚愛のANNR」公開&今週末生放送”. 音楽ナタリー (2014年9月11日). 2014年10月12日閲覧。 ^ ご報告(大塚愛公式ページ) ^ “新婚”大塚愛、涙ながらに妊娠3か月発表 来年4月に出産へ
    75キロバイト (5,561 語) - 2018年11月23日 (金) 07:48



    (出典 bluesea0925.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/27(火) 06:44:37.26 ID:CAP_USER9.net

    11月21日、大塚愛(36)がRIP SLYMEのSU(45)と離婚したことを発表した。09年10月に結婚し、11年3月には長女が誕生したことを発表していた彼女。だがオフィシャルモバイルサイトにつづったのは《幸せな毎日から、耐え難い毎日まで、とても一言では伝えられませんが、子どもとの生活を守るために決断したことです》という言葉だった。

    SUは昨年4月、モデルの江夏詩織(23)との不倫が報じられた。その影響は大きく、SUは活動自粛。他のメンバーも4人で活動し始めたが、活動休止状態となっていた。今年10月にはHPが閉鎖。今月3日にはSUがインスタで《全ての責任は私大槻一人、SUにあります》とつづっていた。実はこの不倫報道前、大塚を恐怖させるできごとがあったという。

    「不倫報道前からSUさんと江夏さんの関係は続いていたようです。江夏さんは『別れるなら私、死ぬから!』と言って離婚を迫るほど。大塚さんも夫の行動を不審には思っていたようです。そして16年11月深夜に“事件”が起きました。SUさんが不在のなか、江夏さんが大塚さんの自宅へやってきたのです。江夏さんは何度もインターホンを鳴らしてきて……。大塚さんが恐る恐るモニターを見ると、彼女は静かに立っていたそうです。大塚さんは警察に通報し被害届を提出。江夏さんは警察に連行されていきました」(大塚愛の知人)

    関係のない子どもと大塚を狙った卑劣な行動。だが被害届は受理されたものの、立件には至らなかったという。そのため、彼女の悩みが尽きることはなかった。

    「深夜の訪問以降も、江夏さんとSUさんは連絡を取り続けていたといいます。それもあって、大塚さんは『また子どもが危険な目に遭わされるんじゃないか……』と怯えるようになっていきました」(別の夫妻の知人)

    だが妻の不安をよそに、SUは意外な行動に出たという。

    「今年6月、大塚さんはSUさんの事務所へ『RIP SLYMEを存続させてください』とお願いしたそうです。しかしSUさんは自分の不貞を妻に詫びるどころか、逆に『余計なことをするな!』と激怒したそうです。そしてそのまま家を飛び出し、別居するようになったのです」(前出・夫妻の知人)

    身勝手すぎるSUのふるまいに、周囲も呆れるばかりだった。

    「そもそもRIP SLYMEが活動休止状態に陥ってしまったのも、SUさんの不倫が原因です。にもかかわらず、彼は周囲にいっさい謝罪もなかったといいます。江夏さんのことにしても、SUさんがきちんと受け止めていれば警察沙汰にまでならなかったはずです。しかし彼は最終的に、江夏さんも捨てるようにして別れたそうです」(前出・夫妻の知人)

    それでも大塚は子どものためを思い、別居後も関係修復をはかろうとした。だがSUの言葉により、彼女は絶望の底へと叩きつけられることとなった。

    「大塚さんは何度も『子どものためにもう一度、やり直してほしい……』とSUさんにお願いし続けたといいます。しかし彼は『そういうの、負担だから!』と言い放ったそうです。別居後も、彼は養育費をいっさい送ってきません。彼女は精神的に追い込まれ、音楽活動にも支障をきたすようになっていきました」(前出・夫妻の知人)

    妻や不倫女性を翻弄し、最後は逃げていったSU。そして大塚はついに決断を下したのだ。大塚の所属事務所に問い合わせたところ、担当者は「離婚したことや被害届を出したことは事実ですが、詳細についてはお答えできません」と答えた。また江夏のオフィシャルサイトに問い合わせたところ、《お答えすることはございません》との答えが。SUの所属事務所は「担当者が不在」とのことで、締め切りまでに返答はなかった。

    晴れ渡った11月中旬の朝、都内の自宅から大塚が長女とともに出てきた。長女の左手はママとしっかりつながれている。娘の手を握り返し、自宅を後にする大塚。その背中からは、「これからはシングルマザーとして生きていく」という強い決意が感じられた。


    投稿日:2018/11/27 00:00 更新日:2018/11/27 00:00
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1687969/

    (出典 img.jisin.jp)


    【【別れるなら、私死ぬから!!】大塚愛・離婚の裏に警察騒動  不倫女性が深夜に恐怖の強襲】の続きを読む

    このページのトップヘ