もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:バラエティー > ビートたけし


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、脚本家、歌手、編集家である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。勲等は旭日小綬章。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    162キロバイト (22,877 語) - 2020年1月29日 (水) 13:54



    (出典 thetv.jp)


    だったらいいけどねww

    1 おでん ★ :2020/02/03(月) 18:43:00.91

    TBS 新・情報7daysニュースキャスター 

    ビートたけし
    「朝から晩までコロナウイルスやってるね、本当はたいしたことねーんじゃねーの」
    「1日死者の数数えたら、他の癌とか全部合わせたらどうなるのかね?」

    安住
    「そう言われてみますと、毎年流行してるインフルエンザもなかな恐いもので」

    ビートたけし
    「この数字見るとすごいんだけど、実は心の病で自殺者とか年間何万にもいる、すごいよね」

    安住
    「毎年流行してるインフルエンザ患者数は全国で1千万人いて、そのうちそれで亡くなるのが1万人くらいいるんですね
    、なので、さほど恐れることはない新型コロナウイルスなんですけど、
    やはり、新型だしわからないことが多いから、油断はしない方がいいですよと」


    (出典 www.tbs-v.co.jp)


    (出典 Youtube)


    【【うっかり本音を言ってしまう】ビートたけし 「コロナウイルスって本当は大したことないんじゃない?」】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、脚本家、歌手、編集家である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。勲等は旭日小綬章。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    163キロバイト (22,915 語) - 2020年1月1日 (水) 07:38



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/02(木) 12:20:21.90 ID:F1YRkm369.net

    昨年の大みそか午後10時8分。昭和、平成、令和の3時代をトップランナーとして駆け抜けてきたお笑い界の超大物が初めて1人の歌手として、NHKホールのステージに立った。

    舞台は令和最初の「第70回NHK紅白歌合戦」。タレント・ビートたけし(72)は映画監督としての代名詞「キタノ・ブルー」
    に酷似した暗青色のセットの前に着段着に見えるラフなセーター姿で立つと、2度、ぺこりと頭を下げた。

    右手にマイクを握って歌ったのは1972年、明大工学部を中退(除籍)して飛び込んだ東京・浅草のフランス座での下積み時代を丁寧に曲にした
    自身作詞・作曲の「浅草キッド」(86年リリース)。時間にして4分間。アコースティックギターだけの伴奏を背に、
    たけしは最大の特徴である、かすれ気味の、でも、とても味のある声で切ないバラードを歌い上げた。

    「お前と会った仲見世の煮込みしかないくじら屋で―」

    「いつかうれる(売れる)と信じてた」

    「同じ背広を初めて買って」

    「夢は捨てたと言わないで 他に道なき2人なのに」

    描かれているのは、浅草時代の極貧生活と88年刊行の自伝的小説「浅草キッド」に芸名「マーキー」こと牧口正樹という名前で登場するフランス座の後輩男性との濃密な関係だ。

    お笑い界での成功を夢見て漫才コンビを組んだものの、マーキーは「天才・たけし」との圧倒的な力量差に打ちのめされ、精神を病む。
    ついには自殺未遂を図り、引退に追い込まれる。
    そんなマーキーが見舞いに行ったたけしに病室で言い放ったと言われるのが、「夢は捨てた」という一言なのだ。

    歌唱前に収録されたVTRでも「浅草キッド」について、「ツービートという漫才師が(世に)出るために何組の漫才師がダメになったかも分かるし、
    自分がある程度、売れた時に作った歌。
    同じ時期に同じような生活をして、一緒にお酒を飲んだり騒いでいたのに、何でコイツが落ち込んで自分が売れたということには罪悪感がある」と率直に語った、たけし。

    マーキーとの別離後、たけしはビートきよし(70)に誘われ、ツービートを結成。
    「赤信号、みんなで渡れば怖くない」、「寝る前にちゃんと締めよう、親の首」などの毒ガス漫才で一気にブレークを果たす。

    しかし、お笑い界のトップに登り詰めていく過程では、マーキーのような“ボタンの掛け違い”でスターになり損なった仲間だけでなく、芸人だけでは食べていけず会社員になったが、
    83年、自宅アパートの火災で焼死してしまう師匠・深見千三郎さんら数々の悲劇的な存在があった。

    たけしの口にした「罪悪感」という言葉の裏には、そうした浅草時代の悲しい思い出の数々と自分が浮かび上がる過程で“踏み台”にして行った人々の存在が確かに横たわっている。
    少なくとも映画監督・北野武としてもベネチア映画祭グランプリに輝くなどの成功の過程を番記者として追いかけ続けてきた私は、たけしがそうした考え方をする人だと言うことが分かる。

    間違いなく、そうした「自分だけが売れた」という慚愧(ざんき=恥じること)の念を胸に歌っただろう、たけしの熱唱は現在のお笑い界のトップランナーたちのハートも直撃した。

    紅白の総合司会を務めた内村光良(55)は曲紹介の際、涙声で「俺もデビューの時、(相方の南原清隆と)2人で背広を買いに行って。そういう歌詞がいっぱいあって。やばいです。この歌は…」と涙声で話した。
    たけしの歌唱の際、カメラで表情を抜かれた審査員の「サンドウィッチマン」伊達みきお(45)は明らかに涙をぬぐっていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17610370/
    2020年1月2日 11時0分 スポーツ報知


    【【隠れた名曲に反響】「夢は捨てたと言わないで」…たけしの紅白での「浅草キッド」熱唱が人々の胸を打った理由】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。勲等は旭日小綬章。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    164キロバイト (23,005 語) - 2019年12月31日 (火) 14:32



    (出典 kchihua.xyz)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/31(火) 23:24:14.96 ID:hgcw3+/n9.net

    <第70回NHK紅白歌合戦>◇31日◇東京・NHKホール

    真っ暗なステージにスポットライトの光を浴びて歌手ビートたけし(72)が「浅草キッド」を情感たっぷりに歌った。

    東京・浅草で、売れることを夢見て芸人修業をした時代を思い描き、自身で作詞作曲した曲。86年8月に発売された同名アルバムに収録されている。

    歌唱前には72年にビートきよしと結成した漫才コンビ、ツービートの漫才の映像が紹介され、たけしがNHKのインタビューに同曲に込めた思いを語るVTRも紹介された。VTRのたけしは「ツービートという漫才師が出るために何組の漫才師がダメになったかも分かるし。自分がある程度、売れた時に作った歌。同じ時期の同じような生活をして、一緒にお酒飲んだり騒いでいたのに、何でこいつが落ち込んでいって自分が売れていったかということには罪悪感がある」と語っていた。

    歌唱前には、総合司会の内村光良は、自身の下積み時代を思い出し「やばいんです。この歌は」と感慨深げに語った。

    たけしは、これまで紅白に00年と01年に氷川きよしの応援にゲスト出演したことがあるが、歌手としての出場は今回が初めて。今回の紅白では、歌唱前の紅白前半に登場して、過去の紅白のハプニングをネタにしたギャグで盛り上げていたが、歌手たけしは、まるで別人のような哀愁を漂わせていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17605809/
    2019年12月31日 22時39分 日刊スポーツ


    【【紅白初出場】歌手ビートたけし 初紅白で「浅草キッド」まるで別人の哀愁】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    163キロバイト (21,443 語) - 2019年1月8日 (火) 10:18



    (出典 biz-journal.jp)



    1 おでん ★ :2019/01/28(月) 18:39:46.65

    ※韓国スレ

    ブルー@blue_kbx 
    日韓関係について

    ビートたけし「韓国は大統領が調子悪くなると日本を責めるね。大抵辞めて後で捕まったりする。変な国だねえ。
    だけど他局に行くとやたら韓国のドラマなどがいっぱい入ってきてて、普通だったら締め出しだろ!」

    https://twitter.com/Nonbrenoir/status/1089371844300292097

    関連スレ


    【芸能】ウーマン村本「韓国を批判的に語る日本人はクソだし、韓国を批判的に語る日本人はクソだ」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548595706/


    【千原せいじ】「韓国と付き合わなくても何にも困らへんから。付き合いやめてもええんちゃう別に」★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1548593722/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【韓国は変な国だねえ】ビートたけし「韓国は変な国だねえ。だけど他局に行くと韓国のドラマがいっぱい。普通だったら締め出しだろ!」】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    163キロバイト (21,443 語) - 2019年1月8日 (火) 10:18



    (出典 news.mynavi.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/16(水) 07:32:14.08 ID:d9X8YBUe9.net

    「“いだてん”って何ですか?」

    夫の活躍ぶりをこう一笑に付すのは、ビートたけし(71)の妻・幹子夫人(67)。

    たけしは現在、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺~』で“落語の神様”と呼ばれた古今亭志ん生を怪演中だ。
    そんななか、元日発売の『スポーツニッポン』で“たけし離婚調停”という見出しが躍った。

    「記事によると、昨年5~6月ごろにたけしさんサイドから離婚調停の通知書が幹子夫人に届いたそうです。
    幹子夫人も2人のお子さんたちも突然の出来事に驚きを隠せなかったといいます」(スポーツ紙デスク)

    報道から4日後、たけしは出演した報道番組で「(離婚)調停なんか終わっているよ、バカヤロー! あとは判子を押すだけだ」と衝撃発言。その直後にたけしの所属事務所が否定コメントを出すなど、迷走ぶりがうかがえる。

    夫婦の溝が決定的になったのは、昨年3月。たけしは「オフィス北野」から独立し、
    愛人と報じられている18歳年下のA子さん(53)と設立した新事務所「T.Nゴン」で芸能生活を始めたのだ。

    実は昨年11月、本誌はこの報道に先立って、幹子夫人に“離婚説”について直撃している。幹子夫人は離婚については完全否定していたが、「(たけしに)腹の立つこともあるじゃないですか」と複雑な胸中を告白してくれた。

    今回も本誌はさっそく幹子夫人のもとへ。顔見知りの記者が声をかけると、幹子夫人は苦笑しながらも取材に応じてくれた。

    ――たけしさんとの離婚調停についての記事、お読みになりましたか?

    「もういいって。私はもう、わからないから。全然わからない」

    またもや離婚を完全否定する幹子夫人。前回の直撃では「その人(愛人)が自分の思ういい展開になると思ってるんじゃないですか?」と、たけしの愛人問題についても初めて言及していた。

    ――たけしさん本人もテレビ番組で“離婚調停は終わった”と話していましたが。

    「えぇっ!? 本人が言っているの!? 呆れた。調停なんて、絶対ないですから……」

    たけし自身が「(離婚したら)もう何100億(円)も取られちゃうよ」と語っていたように、離婚すれば多額の慰謝料が舞い込む可能性は高い。
    それでも離婚を拒否し続けるのは「愛人とは絶対に再婚させない!」という本妻のプライドがあるからだろうか。

    最後に幹子夫人は「大河ドラマってこれまで見る習慣がなかったけど、“いだてん”見てみます」と語っていた。
    離婚へ突き進む夫の姿をテレビ越しに見て、幹子夫人の心境はいかばかりか――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00010002-jisin-ent
    1/16(水) 6:04配信


    【【離婚を完全否定】ビートたけしの離婚調停発言に妻・幹子夫人が猛反論「呆れた」】の続きを読む

    このページのトップヘ