もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:モデル > koki


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    14キロバイト (1,835 語) - 2019年6月27日 (木) 09:30



    (出典 www.news-postseven.com)


    もはや何しても叩かれるww

    1 湛然 ★ :2019/08/03(土) 05:01:38.17 ID:jtSamPpH9.net

    2019.08.02 23:19
    Koki,「メンズノンノ」表紙に登場 ボーイッシュな印象に「かっこいい」「素敵すぎる」と反響
    https://mdpr.jp/news/detail/1856829

    Koki,が表紙を飾った「MEN’S NON-NO」2019年9月号/集英社 撮影/Yusuke Miyazaki(SEPT.)

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)



    俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,(コウキ)が9日発売の「MEN’S NON-NO(メンズノンノ)」9月号の表紙を飾り、反響が続々と寄せられている。

    同誌初登場となったKoki,はエディ・スリマン氏が手掛けるセリーヌのメンズウエアを颯爽と着こなし、マッシュヘアでクールな表情を見せた。

    Koki,の新しい表情に「誰かと思った!すごいイメージ違う」「ボーイッシュでかっこいい」「引き込まれる」「素敵すぎる」など、反響が寄せられている。(modelpress編集部)

    (おわり)


    【【クールな表情】Koki,「メンズノンノ」表紙に登場 ボーイッシュな印象に「かっこいい」「素敵すぎる」と反響】の続きを読む


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    14キロバイト (1,835 語) - 2019年6月27日 (木) 09:30



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    素材は良さそうなのにもったいないねww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/14(日) 09:45:31.08 ID:H8FtV8Ln9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    木村拓哉(46)と工藤静香(49)の間に、隙間風が吹き始めたともっぱらだ。原因は2018年に華々しくモデルデビューした次女Koki,(コウキ=16)のプロデュースが思うように軌道に乗らないためだという。

    コウキは今年4月期の中条あやみ主演の連続ドラマ「白衣の戦士!」の挿入歌「片隅」の作曲を手がけた。ピアノ、ストリングスをバランスよく配したミディアムバラードで、
    楽曲提供を受けたのは、あの三浦大知(31)。今年2月に平成の天皇の「在位30周年記念式典」に出席し、上皇が作詞し、上皇后が作曲した「歌声の響」を熱唱した。
    三浦は、18年まで2年連続でNHK紅白歌合戦にも出演。最近の新曲は、オリコンで初登場ベスト10入りが当たり前になりつつある“国民的歌手”だ。

    ところが、コウキ作曲の「片隅」は6月24日付のオリコン週間シングルランキングで12位。
    同日発表された三浦の最新ライブ「DAICHI MIURA LIVE TOUR ONE END in 大阪城ホール」のDVDとBD(ブルーレイ)を合計した
    「ミュージックDVD・BDランキング」は初登場1位。これを踏まえると「片隅」は残念な結果だったと言えるだろう。

    「コウキは母・静香が17年に発売した30周年記念アルバムに収録されている3曲の作曲を担当しています。中島美嘉にも楽曲提供し、作曲家としてある程度の“箔”をつけたことで三浦に新曲を歌ってもらえたのでしょう。
    コウキのプロデューサーでもある静香の戦略性を感じます。ただ、『片隅』のセールスが思うように伸びなかったこともあり、今後はテレビ局もコウキの楽曲採用には慎重にならざるを得ないでしょう」(音楽関係者)

    ■三浦大知に上から目線

    また、コウキが「片隅」について「実力のあるアーティストの方に歌っていただけるのを熱望して書いていた曲」とコメントを発表したことも評判を落とすことにつながった。
    三浦は芸能界ではコウキよりキャリアが長い。ネット上では「ずいぶん上から目線ですね」といった厳しい意見が相次いだ。

    この状況に静香は苛立ちを隠せない様子だという。

    「最近では家族でテレビを見ていても、音楽関係の話題に触れるのは“タブー”みたいな雰囲気があるそうです。
    せっかく三浦を担ぎ出すことに成功したのに、思うように曲が売れなかったからです。コウキはモデルに専念すべきだという声もありますが、静香は負けず嫌いの性格です。
    ほとぼりが冷めたら、また新曲のプロモーションを仕掛けてくるだろうというのが周囲の一致した見方です。
    気の毒なのがキムタクです。ジャニー喜多川社長が亡くなって、いろいろと大変なはずなのに、娘のプロモーションに協力する流れになりつつあります。
    もともとキムタクはコウキの芸能活動に賛成していたわけではありませんから憂鬱だと思いますね」(ドラマ関係者)

    最初は親の七光で注目されても、消えていく2世タレントは山ほどいる。コウキの実力もメッキがはがれ始めた。
    娘がダメージを負う前に引き際を見極めるのも親の務めだろう。

    (芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16771593/
    2019年7月14日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL


    【【親の七光りが過ぎた結果】メッキがはがれ始めたkoki  静香ママのプロデュースが空回り】の続きを読む


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    14キロバイト (1,761 語) - 2019年6月4日 (火) 14:08



    (出典 img.sirabee.com)


    わかりづらいわww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/18(火) 19:58:46.23 ID:eCdUmu369.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    6月17日、モデルのKoki,(16)が自身のインスタグラムを更新。父親の木村拓哉(46)が写った画像を公開した。

    この日、インスタのストーリーを更新したKoki,は、愛犬が眠っているところを撮影した3枚の画像を投稿。その3枚目の画像には、愛犬と一緒にKoki,の父親である木村の姿が写っていた。

    それはジーンズをはいて座っている木村のヒザの上で、愛犬のアムールちゃんが気持ちよさそうに眠っている、とてもほほ笑ましいショット。

    この画像にKoki,は「Dreaming on dad's lap(お父さんのヒザで夢を見てる)」というコメントを書きこんでいた。

    そんな木村家の日常のひとコマに、SNSは騒然。「木村さんのおひざって、早速保存」「木村くんが!! トリハダたった」
    「拓哉の手! わわ、ありがとう」「AMUちゃんとってご主人は拓哉なんですね」「パパのおひざの上、安心するんだろうな。ストーリーかわいい」
    「Kokiちゃんのストーリー神かな」「冷静に考えてキムタクがお父さんってすごいな」など、さまざまな感想が上がっていた。

    ふだんから愛犬をかわいがっているのがよく分かる1枚。

    ※画像はKoki,のインスタグラムアカウント『@koki』より


    http://dailynewsonline.jp/article/1881319/
    2019.06.18 15:58 日刊大衆


    【【ファン騒然ww】Koki,のインスタに、“木村拓哉”が登場!「お父さんのおひざの上で…」】の続きを読む


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    14キロバイト (1,755 語) - 2019年5月25日 (土) 12:52



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2019/05/25(土) 08:38:08.86 ID:p+oKVx069.net

    木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKōki,が5月23日、新スマートフォン『Galaxy S10』のPRイベントに参加。今回も、もはや定番化している〝身体のラインが出る黒の衣装〟で登場したKōki,に、ネットでは「いよいよ工藤静香と似てきた」「バブル時代の工藤静香を彷彿とさせる」と話題になっている。

    今回、Kōki,がイメージキャラクターに就任した新スマートフォン「Galaxy S10」は、従来のカメラ機能をさらに充実させたことがウリのよう。〝鮮やかな色使い〟で有名な写真家・蜷川実花氏とのコラボレーションが実現した。

    蜷川氏についてKōki,は《実花さんの世界観や鮮やかな色がすごく大好き。動画の中で繰り広げられる実花さんの世界が大好きです》と、あらためてラブコール。また蜷川氏からKōki,へのメッセージも紹介され、《Koki,さんを撮影していて感じたのは圧倒的なオーラ。すでに世界レベルの存在感で素晴らしかった》と好評価を受けると、Kōki,は《すごくうれしいです。実花さんからいただいた言葉のような存在になれるようこれからも頑張りたいです》と、感謝の気持ちを述べるのだった。

    「蜷川さんの優れた感性は、演出家で映画監督の蜷川幸雄さんから少なからず譲り受けたもの。いわばKōki,さんと同じ〝二世〟なので、蜷川さんはたとえ思うところがあったとしても、『世界レベルの存在感』なんて適当に褒めるしかできないんです。しかし、形式だけでも褒めれば褒めるほど世間との温度差は大きくなる一方ですから、Kōki,さんには同情さえします」(女性誌ライター)

    実際にネット上でも、

    《まず世界レベルの定義を教えてくれw》
    《特に褒めるところがない人を褒めないといけない状況だと、〝オーラ〟と〝存在感〟はとても便利な言葉》

    などと、うがった見方をする声がついて回っているようだ。

    10代なのに昭和っぽい

    さらに、メディア露出の際かなりの確率で〝身体のラインが出る黒の衣装〟で登場するKōki,に対し、「工藤静香の指示なのでは?」と疑う声も続出。

    《なんで10代の子にこんな露出させるんだろ やっぱりママの指示なのかな》
    《全体的に工藤静香だね》
    《バブル時代の工藤静香を彷彿とさせるいでたちなんだけど》
    《いつも高級そうに見えるブラック、かつセクシーなタイトなミニ丈、シースルー。昭和くさいんだよなぁ》

    などといった指摘を受けている。

    「Kōki,が露出度の高い黒色のミニ丈を着用するのは、工藤の指示が入っている可能性も十分に考えられます。アイドル全盛期の工藤のウリといえば、〝ロングヘアで色っぽい〟ということ。Kōki,は顔はキムタクにそっくりですが、〝ロングヘア〟や衣装は当時の工藤そのもの。いわば2人の作品のようなもので、工藤はKōki,に日々、自己投影しているんでしょうね」(アイドル雑誌編集者)

    新スマートフォンを使って、《これからインスタグラムモードを使ってインスタをやりたい》と笑顔を見せたKōki,。投稿を楽しみにしているファンも多いはずだ。

    2019.05.25 07:32
    https://myjitsu.jp/archives/84407
    https://www.instagram.com/p/Bx0mmeygZ0-/?utm_source=ig_embed&ig_mid=XOh_zgABAAHrR2Ly5nMduCj7P5xo
    写真


    【【昭和くさい】koki 工藤静香化? ファッションセンスがそっくりで「昭和くさい」】の続きを読む


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    14キロバイト (1,755 語) - 2019年5月4日 (土) 04:10



    (出典 www.lmaga.jp)


    パリだとちょっと・・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/08(水) 15:29:57.10 ID:ljA7QNLT9.net

    5月3日にパリで開催された世界的ブランド「シャネル」の「2019/20年 クルーズ コレクション」でランウェイデビューを果たしたモデルのKoki,。
    「シャネルスーツ」と呼ばれるデザインの白い丸首のツイードジャケットに、大きなポケットが特徴的な同素材、同色のミニ丈スカート、インナーには赤系花柄のブラウスを着用し、
    19世紀の駅のホームが再現された舞台で堂々のウォーキングを披露。その様子は「アンチ」の格好の餌食となっているようだ。

    「並みいる外国人モデルに交じってランウェイを歩くKoki,の姿は、身長やボディバランスの違いから、とても目を引く存在だと言えるでしょう。
    ロイター通信が世界に向けて配信した写真の中にも、複数のモデルとともに1列になって歩くKoki,の姿がありますが、Koki,だけ穴が空いたようにボコッと身長が低く頭部が大きいため、すぐに発見できます。
    父親である木村拓哉によく似た顔と、母親である工藤静香によく似た鋼のメンタルを持つKoki,は、令和時代を代表するモデルになることでしょう。
    ネット上では『皮肉にもシャネルのランウェイを歩くKoki,に高校生らしさを感じてしまう』『井の頭線のホームを歩く花柄の服を着た高校生って感じ』
    『シャネルはどうして他のモデルさんたちと違うKoki,を起用したのかな』『Koki,にモデル感がない。普通の高校生に見える』といった声が多いようです」(ファッション誌編集)

    Koki,がモデルとしてどれだけ飛躍するか楽しみだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16427330/
    2019年5月8日 14時35分 アサジョ


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 enbeyond.com)


    (出典 i0.wp.com)


    (出典 geitopi.com)


    【【悲報】Koki,ランウェイデビューするも「駅ホームの高校生っぽい」の指摘!】の続きを読む

    このページのトップヘ