もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:ニュース > イベント



    (出典 snjpn.net)


    東京ってすげーww

    【【驚愕】原宿にオープン「タピオカランド」がヤバ過ぎる!! 入場料1200円 「辛ラーメン」コーナーも(画像あり)】の続きを読む



    (出典 media-assets.aumo.jp)


    中国っていうのもひっかかるww

    1 ばーど ★ :2019/08/11(日) 21:54:00.13

    お盆休みをふるさとなどで過ごす人たちの帰省ラッシュが、ピークを迎えています。

    東海道・山陽新幹線は10日朝から下りを中心に混雑し、博多行きの「のぞみ95号」で自由席の乗車率が一時180パーセントに達しました。新大阪駅の利用者は「九州へ家族旅行に行ってきます、別府・湯布院・博多です」「広島!2泊3日」と話していました。11日の午前も混雑する予想で、指定席はほぼ満席です。一方、関西空港では、海外へ行き来する人の数が、お盆休みとしては過去最高を記録する見込みです。渡航先で最も人気があるのは中国で、去年まで1番人気だった韓国は日本との関係悪化を受け、減少する予想です。お盆休み後半は、台風の影響で運行が乱れる可能性があります。交通情報に注意が必要です。

    8/10(土) 13:34
    ABCテレビ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00022799-asahibcv-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【関係悪化】お盆休みの渡航先 韓国は1番人気から陥落…中国が人気 関空・出国ピーク】の続きを読む



    (出典 kotobanoimi.com)


    出て行った夫が帰ってきますように・・・

    1 豆次郎 ★ :2019/07/07(日) 00:37:06.54

    七夕の短冊 かつては葉、願いを託す

    明日は七夕。七夕人形や紙衣、わら馬や糸車、星形のちょうちんなど、地域伝承の七夕飾りが町々に登場していることだろう。

    ひと月遅れの8月7日に七夕を祝う地方も多く、行事の形態は実に様々だが、今、日本の七夕飾りに共通して見られるのは笹竹(北海道などの寒冷地では柳)につるす短冊である。

    七夕が近づくと商店街でも駅舎でも短冊に願いごとを書くコーナーが設けられ、にぎやかな笹飾りが町を彩る。

    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO46980470U9A700C1SHJ000?s=2


    【【きょうは七夕】願い事をこのスレに書きましょう】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    テーブルに机生えてるww

    【【画像あり】大阪G20 夕食会 狭い、蛍光灯暗い、セッティングが汚らしいと話題に】の続きを読む



    (出典 img.co-trip.jp)


    粉もんは世界に通じる食べ物なんだね

    1 靄々 ★ :2019/06/27(木) 19:10:54.12

    「粉もん」世界にアピール=G20会場で特派員ら舌鼓

     大阪名物「粉もん」を世界にアピール。20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)会場となる国際展示場「インテックス大阪」に27日、大阪や関西の特産物や地場産業などを紹介する「大阪・関西魅力発信スペース」がお目見えした。G20本番を前に続々と来日した各国の特派員らが、たこ焼きや串カツなどに舌鼓を打った。
     魅力発信スペースを運営するのは大阪府と市、経済界などによる協議会。堺の刃物や信楽焼といった伝統工芸品に加え、パナソニックのロボットなど最新技術も展示された。外務省が設けた「ライブキッチン」では大阪のB級グルメが無料で提供され、中国から来たAP通信の男性記者は「お好み焼きはピザよりおいしい」とほほ笑んだ。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062700980&g=eco
    2019年06月27日18時42分  時事ドットコムニュース

    関連スレ
    G20首脳にどんな「大阪もん」? 食の魅力アピール 知事「粉もんは大阪のソウルフード。それだけじゃなく、割烹とか出汁文化も堪能してほしい」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561417708/


    【【好評】粉もんを世界にアピール G20会場で特派員ら舌鼓 「お好み焼きはピザよりおいしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ