もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ: モデル


    ミスユニバース(英語: Miss Universe)とは、世界を代表するミス・コンテストである。 大会は世界各国の都市で開催され、世界の各国代表が参加して世界一の栄冠を競い合う美の祭典となっている。また、ミス・ワールド、ミス・インターナショナル、ミス・アースと合わせて世界四大ミス
    37キロバイト (1,967 語) - 2019年8月21日 (水) 08:20



    (出典 nikkan-spa.jp)


    基準は何だろうww

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/08/26(月) 20:26:44.47 ID:vXy4TO6+9.net


    (出典 myjitsu.jp)

    https://myjitsu.jp/archives/92717

    知花くらら、森理世ら人気モデルを多数輩出している『2019ミス・ユニバース・ジャパンファイナルNEWERA』が8月22日、都内で開催され、兵庫県出身の現役大学生・加茂あこさんが見事グランプリに輝いた。
    加茂さんは今年冬に開催予定の『ミス・ユニバース世界大会』に、日本代表として出場する。

    加茂さんは同大会にエントリーするため、半年から1年かけて体重を約13キロ減量したといい、その抜群のスタイルを目の当たりにした来場者からは、タメ息も漏れたという。一方で、ネット上では〝選考基準〟に疑問を呈する声が広がっている。

    《いや、確かにスタイルはいいよ。しかし、本当にこの顔が日本代表でいいのか?》
    《個性派美人といえばそれまでだが、いくら何でもなぁ…》
    《うーん、何というか微妙だろw》
    《目隠しでダーツで選んだとしか思えん》
    《こういう顔が外国人受けするのか? 嘘だろw》

    「知花くららや森理世と比べると、今回グランプリに輝いた加茂さんは、一歩どころか二歩以上も容姿の部分で劣ると言っていいでしょうね。もちろん、顔の美しさだけが選考基準になっているわけではありませんが、
    選考委員の中に、個性派女性なら世界大会でもある程度通用するだろうという思惑があるのも確かです。ネット上では『日本人というより中国人みたい』という声も上がっていますが、外国人が見てどう思うのか…」(芸能記者)

    ★1が立った日時:2019/08/25(日) 19:55:32.99


    (出典 www.nikkansports.com)



    前スレ
    【芸能】ミス・ユニバース日本代表決定にネット騒然「いくら何でもなぁ…」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566730532/


    【【絶句・・】ミス・ユニバース日本代表決定にネット騒然「いくら何でもなぁ…」】の続きを読む


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    14キロバイト (1,835 語) - 2019年6月27日 (木) 09:30



    (出典 www.news-postseven.com)


    もはや何しても叩かれるww

    1 湛然 ★ :2019/08/03(土) 05:01:38.17 ID:jtSamPpH9.net

    2019.08.02 23:19
    Koki,「メンズノンノ」表紙に登場 ボーイッシュな印象に「かっこいい」「素敵すぎる」と反響
    https://mdpr.jp/news/detail/1856829

    Koki,が表紙を飾った「MEN’S NON-NO」2019年9月号/集英社 撮影/Yusuke Miyazaki(SEPT.)

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)



    俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,(コウキ)が9日発売の「MEN’S NON-NO(メンズノンノ)」9月号の表紙を飾り、反響が続々と寄せられている。

    同誌初登場となったKoki,はエディ・スリマン氏が手掛けるセリーヌのメンズウエアを颯爽と着こなし、マッシュヘアでクールな表情を見せた。

    Koki,の新しい表情に「誰かと思った!すごいイメージ違う」「ボーイッシュでかっこいい」「引き込まれる」「素敵すぎる」など、反響が寄せられている。(modelpress編集部)

    (おわり)


    【【クールな表情】Koki,「メンズノンノ」表紙に登場 ボーイッシュな印象に「かっこいい」「素敵すぎる」と反響】の続きを読む


    ローラ(1990年3月30日 - )は、おもに日本で活動するバラエティタレント、ファッションモデル、歌手。父はバングラデシュ人。母は日本人の血を4分の3、ロシア人の血を4分の1受け継ぐ、いわゆるクォーター。国籍は未詳。身長165cm。東京都出身。LIBERA所属。双子の弟がおり、さらに下の兄弟も双子である。現在はロサンゼルス在住。
    64キロバイト (7,263 語) - 2019年5月11日 (土) 04:40



    (出典 i.ytimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/01(木) 16:54:18.45 ID:7CRjHxWp9.net

    モデルでタレントのローラが7月29日、自身のインスタグラムを更新。旅館で着物を着たのだが、〝はだけまくり〟の斬新な着こなしにネット上では「下品過ぎる」などと批判の声が続出してしまった。この批判の声を受けてか、当該投稿は現在、削除されているようだ。

    ローラはプライベートで箱根を訪れたのだろうか、《大自然を感じてほんとうに素敵な箱根で過ごした時間だった。ありがとう~!》と、旅館で撮影したとみられる写真を投稿。前日の投稿では、ロックフェスティバル『フジロック』を友人たちと楽しむ様子を公開しており、どうやらその友人たちとともに箱根にやって来たようだ。

    投稿された写真の中には、ピンク色の着物を着て両手でこちらに向かって手を振る楽しげなローラの姿が。しかし、その着こなしは、胸元ははだけ、片脚が付け根から丸出しになってしまっており、〝着物〟本来の着こなしとはかけ離れてしまっているもの。これに対し、コメントで指摘が入ると、ローラは《お店に帯が置いていなくて》と、まさかの事態が発生したことを明かし、《旅館の方がオリジナルの形でみんなに着させてくれたんだ》と弁明。するとファンからは、安堵の声とともにその〝斬新な〟着こなしを称賛する声があふれた。

    コールガールの次は田舎の泡姫
    しかし、ネット上では〝はだけまくり〟の着物姿に呆れる声が続出してしまったようで、

    《酔っぱらいのおっさん風だね》
    《風俗嬢にしか見えないのだが…》
    《田舎の泡姫やん》
    《やられた後みたいだな》
    《矯正下着に『KIMONO』を使うな伝統なんたらというなら、これも批判していいのでは》

    などと〝下品〟に感じたという嫌悪の声が殺到。また、このような事態になってしまった原因として、ローラが放った《お店に帯が置いていなくて》という理由にも、

    《ウソは上手にやらないと。着物があるのに帯を置かない、は普通はあり得ない》
    《着物を置いてるお店に何で帯がないんだ???》
    《着物があるところに帯が用意してないわけないと思う。旅館の人もこんな着せ方をさせるはずない。そういうテイで撮影したんじゃないの?》

    などと、ローラが旅館のせいにしているのではという疑問が浮上した。

    「ローラさんは、今年3月に某写真週刊誌のデジタル版にて、ハリウッド俳優のエイドリアン・ブロディとのデート現場を激写されています。その際の格好が、脚の付け根まで見えそうなかなり〝ギリギリ〟丈のピンク色の超ミニスカワンピースで、世間に衝撃を与え『安いコールガール』『下品過ぎる』などと酷評されました。そのため、今回の〝はだけまくり〟の着物も、旅館のせいではなく単にローラさんの趣味趣向なのではないかと疑われてしまうのは当然です。また、投稿削除に関しては、恐らくローラさんがイメージモデルを務める振袖着物会社から、注意が入ったためかもしれませんね」(芸能ライター)

    着物を〝はだけて〟着てしまうのも相当だが、それを疑いなくSNSにアップしてしまうことも、また大きな社会問題と言えるだろう。ローラにはいま一度、一流インフルエンサーとしての自覚をしっかりと持ってもらいたいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1946796/
    2019.08.01 10:30 まいじつ


    【【下品過ぎるww】ローラ “泡姫風”のキモノ姿に批判殺到で速攻削除&薄っぺらな言い訳】の続きを読む


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    14キロバイト (1,835 語) - 2019年6月27日 (木) 09:30



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    素材は良さそうなのにもったいないねww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/14(日) 09:45:31.08 ID:H8FtV8Ln9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    木村拓哉(46)と工藤静香(49)の間に、隙間風が吹き始めたともっぱらだ。原因は2018年に華々しくモデルデビューした次女Koki,(コウキ=16)のプロデュースが思うように軌道に乗らないためだという。

    コウキは今年4月期の中条あやみ主演の連続ドラマ「白衣の戦士!」の挿入歌「片隅」の作曲を手がけた。ピアノ、ストリングスをバランスよく配したミディアムバラードで、
    楽曲提供を受けたのは、あの三浦大知(31)。今年2月に平成の天皇の「在位30周年記念式典」に出席し、上皇が作詞し、上皇后が作曲した「歌声の響」を熱唱した。
    三浦は、18年まで2年連続でNHK紅白歌合戦にも出演。最近の新曲は、オリコンで初登場ベスト10入りが当たり前になりつつある“国民的歌手”だ。

    ところが、コウキ作曲の「片隅」は6月24日付のオリコン週間シングルランキングで12位。
    同日発表された三浦の最新ライブ「DAICHI MIURA LIVE TOUR ONE END in 大阪城ホール」のDVDとBD(ブルーレイ)を合計した
    「ミュージックDVD・BDランキング」は初登場1位。これを踏まえると「片隅」は残念な結果だったと言えるだろう。

    「コウキは母・静香が17年に発売した30周年記念アルバムに収録されている3曲の作曲を担当しています。中島美嘉にも楽曲提供し、作曲家としてある程度の“箔”をつけたことで三浦に新曲を歌ってもらえたのでしょう。
    コウキのプロデューサーでもある静香の戦略性を感じます。ただ、『片隅』のセールスが思うように伸びなかったこともあり、今後はテレビ局もコウキの楽曲採用には慎重にならざるを得ないでしょう」(音楽関係者)

    ■三浦大知に上から目線

    また、コウキが「片隅」について「実力のあるアーティストの方に歌っていただけるのを熱望して書いていた曲」とコメントを発表したことも評判を落とすことにつながった。
    三浦は芸能界ではコウキよりキャリアが長い。ネット上では「ずいぶん上から目線ですね」といった厳しい意見が相次いだ。

    この状況に静香は苛立ちを隠せない様子だという。

    「最近では家族でテレビを見ていても、音楽関係の話題に触れるのは“タブー”みたいな雰囲気があるそうです。
    せっかく三浦を担ぎ出すことに成功したのに、思うように曲が売れなかったからです。コウキはモデルに専念すべきだという声もありますが、静香は負けず嫌いの性格です。
    ほとぼりが冷めたら、また新曲のプロモーションを仕掛けてくるだろうというのが周囲の一致した見方です。
    気の毒なのがキムタクです。ジャニー喜多川社長が亡くなって、いろいろと大変なはずなのに、娘のプロモーションに協力する流れになりつつあります。
    もともとキムタクはコウキの芸能活動に賛成していたわけではありませんから憂鬱だと思いますね」(ドラマ関係者)

    最初は親の七光で注目されても、消えていく2世タレントは山ほどいる。コウキの実力もメッキがはがれ始めた。
    娘がダメージを負う前に引き際を見極めるのも親の務めだろう。

    (芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16771593/
    2019年7月14日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL


    【【親の七光りが過ぎた結果】メッキがはがれ始めたkoki  静香ママのプロデュースが空回り】の続きを読む


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    14キロバイト (1,761 語) - 2019年6月4日 (火) 14:08



    (出典 img.sirabee.com)


    わかりづらいわww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/18(火) 19:58:46.23 ID:eCdUmu369.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    6月17日、モデルのKoki,(16)が自身のインスタグラムを更新。父親の木村拓哉(46)が写った画像を公開した。

    この日、インスタのストーリーを更新したKoki,は、愛犬が眠っているところを撮影した3枚の画像を投稿。その3枚目の画像には、愛犬と一緒にKoki,の父親である木村の姿が写っていた。

    それはジーンズをはいて座っている木村のヒザの上で、愛犬のアムールちゃんが気持ちよさそうに眠っている、とてもほほ笑ましいショット。

    この画像にKoki,は「Dreaming on dad's lap(お父さんのヒザで夢を見てる)」というコメントを書きこんでいた。

    そんな木村家の日常のひとコマに、SNSは騒然。「木村さんのおひざって、早速保存」「木村くんが!! トリハダたった」
    「拓哉の手! わわ、ありがとう」「AMUちゃんとってご主人は拓哉なんですね」「パパのおひざの上、安心するんだろうな。ストーリーかわいい」
    「Kokiちゃんのストーリー神かな」「冷静に考えてキムタクがお父さんってすごいな」など、さまざまな感想が上がっていた。

    ふだんから愛犬をかわいがっているのがよく分かる1枚。

    ※画像はKoki,のインスタグラムアカウント『@koki』より


    http://dailynewsonline.jp/article/1881319/
    2019.06.18 15:58 日刊大衆


    【【ファン騒然ww】Koki,のインスタに、“木村拓哉”が登場!「お父さんのおひざの上で…」】の続きを読む

    このページのトップヘ