もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:生活 > 食の話題



    (出典 www.homemate-research.com)


    感情こもりすぎww

    1 どどん ★ :2020/01/07(火) 21:24:36.84

    食べ放題コースを用意している居酒屋が、店内のトイレに掲示した貼り紙が話題になっている。

    この貼り紙を掲示しているのは、近畿地方に展開する居酒屋チェーン店「釜飯と串焼 とりでん」のある店舗。とりでんでは、食べ放題コースを注文した客の
    食べ残しが多い場合、追加料金として1人1000円(税別)の支払いを求めている。

    どうやら、この追加料金を逃れるため、食べ残した料理をトイレに流す客がいたようだ。

    貼り紙の全文はこうだ。

    「食べ放題をする方へ

    トイレに食べ残しの料理を流すのは
    止めて下さい
    自分がどのくらい食べるか量も考えず
    バカみたいに注文した自分のミスです
    自分のミスで発生した追加料金は
    ちゃんと支払って下さい

    私達は残されて追加料金をもらうより
    完食してくれる方が嬉しいです

    命ある食材をトイレに流す行為は
    人として最低の行為です

    そういった行動を平気でする人は
    二度と来ないで下さい
    不愉快です」

    こうした店側からのメッセージに対し、ツイッターでは、

    「これは流石に店主に同情せざるを得ません」
    「食べ残しをトイレに流す奴なんているのかよ・・・」
    「追加料金云々じゃなくて、調理してくれた人に対して失礼過ぎる」
    「こんなこと言われないとわからない奴らがいるのって悲しいなぁ...」

    といった声が寄せられている。

    Jタウンネットは2020年1月7日、とりでんを運営するアスラポート(本社:東京都品川区)に取材を試みた

    営業サポート担当によれば、当該の店舗は他企業がフランチャイズ経営している。トイレにこの貼り紙が掲示されているのは事実だが、詳細については

    「貼り紙はとりでんのブランドとしてやっているわけではなく、広めようという意図でもなかった」

    という理由で聞くことができなかった。

    こうした非常識な行為はトイレが詰まる可能性もあるので絶対にやめてほしいところ。追加料金があろうとなかろうと、食べ放題での注文しすぎには気を付けよう。

    Jタウンネット
    https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/299968.html
    https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/299968.html?p=2

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【怒りの貼り紙】料理の食べ残しトイレに流す迷惑客 食べ放題店の掲示が話題「二度と来ないで下さい」】の続きを読む



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    一ヶ月だけ試してみたいかもww

    1 スタス ★ :2020/01/06(月) 21:09:50.19

    ライブドアニュースドアふみ
    [画像] 【牛角】コスパ抜群!? 焼肉食べ放題サブスク、月額1万1000円 全店舗へのサービス拡大も視野
    牛角のサブスクリプションが話題 月額1万1000円で焼肉食べ放題
    2020年1月6日 15時37分 写真:キャリコネニュース
    ざっくり言うと

    牛角が2019年11月に始めた食べ放題のサブスクリプションサービスが話題だ
    月額1万1000円で、牛角コースかお気軽コースのいずれかを1日1回利用可能
    現在は東京と千葉の3店舗での提供で、選んだ店舗でのみ利用できるそう
    「牛角」をもっと詳しく

    スパイシーな牛角監修カレーパン
    ミニスト「牛角」監修の10品発売
    牛角 黒毛和牛カルビが1皿390円
    キャリコネニュース
    【牛角】コスパ抜群!? 焼肉食べ放題サブスク、月額1万1000円 全店舗へのサービス拡大も視野

    焼肉チェーン「牛角」のサブスクリプション(月額定額制)サービスが話題になっている。中でも、食べ放題のコースが1か月1万1000円で楽しめる「1か月食べ放題」に注目が集まっている。

    同サービスは、食べ放題の「牛角コース」(1人3828円)と「お気軽コース」(3278円)のいずれかを1日1回、1か月利用できるというもの。サブスクは現在、都内の赤坂店、三軒茶屋店、千葉の花見川店で実施しており、選んだ店舗でのみ利用できる。

    牛角コースであれば月3回利用すればもとが取れることになる。また、仮に31日間毎日利用した場合、1回あたり366円で食べ放題が楽しめることになる。破格のコスパだ。牛角を運営するレインズインターナショナルの広報担当者は、

    「牛角をより身近に好きになっていただくため、昨年11月末から実施しています。2~3か月に1回来店されるお客様に、1か月に2~3回来ていただけるようになればいいなと思い導入しました」

    と話す。

    開始から約1か月、20~30代に人気
    牛角は2019年10月に牛角コース半額や飲み放題などのサブスクを開始。しかし、「中々利用者に届かなかった」といい、11月に食べ放題サブスクのサービス提供を開始した。食べ放題サブスクは20~30代に人気で、特に30代男性の1人利用が多い傾向にあるという。

    利用できる「牛角コース」はハラミやカルビと、鴨ロース、とんタンなど肉系のほか、野菜、おつまみ、ごはん、スープ、デザートなど100品以上が、「お気軽コース」は80品以上のメニューが食べ放題で楽しめるというものだ。同担当者は、

    「まだ開始して1か月程度なので採算など状況を見ている段階ですが、今後は全店舗にサービス拡大していけたらと考えています」

    とコメントした。ツイッターでは「横須賀でもやって」「関西でもやって」といった声が相次いでいる。サービス自体についても「そんなバカな…」「これで月の食費を鬼節約できそう」といった声が寄せられた。

    また食べ放題メニューにサラダや野菜もあることから「トレーニングしてる人には夢のようなサービス」という人もいる。糖質制限をしている人にとっても役立つサービスといえるようだ。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/17625168/


    【【魅力的ww】牛角、月額1万1千円で焼肉食べ放題サブスク 3回で元が取れると話題に】の続きを読む


    いきなり!ステーキは、日本の外食産業企業ペッパーフードサービスが運営する、ステーキ専門の飲食店チェーン。 店舗のロゴは「いきなり🚀ステーキ」のように、感嘆符の部分がロケットの絵になっている。ただし、レシート等では「いきなりステーキ」と表記されている。 主に低価格のステーキを提供している。
    13キロバイト (1,960 語) - 2020年1月1日 (水) 12:19



    (出典 d33f9sk7a6w0qk.cloudfront.net)


    肉マイラーなんてあるんだね

    1 アンドロメダ ★ :2020/01/05(日) 20:34:46.67

    最近外食チェーンの中でも何かと話題を振りまいている『いきなり! ステーキ』。
    2017年ぐらいにはブームになり、各地の店で行列ができたが、昨年から売上不振だという。そんな状況を打開するため、昨年12月3日から社長が直筆で来店を呼びかける「お願い」が各店舗に貼りだされた。

    しかし、値下げや特典をともなうイベントでも何でもなく、単に来店を促すだけの内容だったため「上から目線」などとネットで炎上してしまう。
    そうこうしているうちに12月下旬から、公式サイトの店舗ページに続々と【閉店のお知らせ】が掲示され始める。今後かなりの店舗が閉店になる模様だ。
    同店には肉マイレージというユニークな顧客サービスがある。航空会社のマイレージのように、食べた肉の量がマイレージとして積算されていき、そのマイレージによって、数々の特典が用意されている。上級マイラーとなると、ドリンク無料だけでなく、行列ができていても優先案内するなどの特典もいっぱいだが、その道はけわしい。

    ▼ダイヤモンドマイラーの「実態」

    入会から3000グラム(3キロ)未満までは“平マイラー”で、3000グラム(3キロ)以上になると、ゴールドマイラーとなる。さらに、20000グラム(20キロ)以上になると、プラチナマイラーとなり、100000グラム(100キロ)以上になると、最上級のダイヤモンドマイラーとなる。
    最上級のダイヤモンドマイラーだと、最低でも100キロの肉を食べないといけないのである。この数字だけでも、上級マイラーになるには、かなりの覚悟が必要なのは一目瞭然。同店のホームページには、さらりと「一回500g食べる方だと200回」と書いてあるが、そもそも500グラムの牛ステーキは、一般男性からしてもかなりきつい量だろう。

    この肉マイラーの世界には、ランキングも存在している。マイラーが食べた累計のグラム数をもとにした総合ランキングと、月間ランキング、さらに期間を区切ってのイベントであるマラソンランキングも存在する。
    累計なので、いつから食べ始めたのかわからないが、総合ランキングのトップの人は、1821078グラム、約1.8トンという肉を食べている。月間ランキングも熾(し)烈で、トップの人は昨年12月25日現在、43964グラム、約43キロという肉を12月だけで食べているのだ。
    イベントのマラソンランキングであると、トップの人は、3カ月で163187グラム、約163キロを食べている。なお、この肉にかかる金額は、一番安いリブロースステーキでさえ、グラムあたり、6.9円(税抜き)。ここまでの量になると、かかる金額もかなりのものになりそうだ。

    ▼いきステ、あるダイヤモンドマイラーの突然死

    実は筆者の友人に、その肉マイラーのランカーがいた。
    月間ランキングでは常連であり、マラソンランキングでは上位入賞を果たしていた。3か月で40万円以上を使って、100キロ以上のステーキを食べていた様子は、SNSで見ていても、驚くほかなかった。

    同店の名物・ワイルドステーキという450グラムの量があるものを、一度の食事で三つ食べるなどを普通にやっていたのだ。月に36キロを食べたことさえある。いまから考えると、肉が好きというだけでなく、ランキングそのものが目標にもなっていたのかもしれない。
    そんな彼であったが、彼は現在、月間ランキング上にいない。今後、彼のマイレージが増えることはない。実は、彼は、数か月前に突然死してしまったのである。自宅に帰宅した直後、玄関口で倒れて救急車を呼んだものの、心停止のまま、この世を去った。

    死因は心不全とされたが、事件性はないということで、正確な死因ははっきりしないのだが、まぎれもない突然死である。実は、まだ50代に入ったばかりだった。あまりにも予期せぬ死であり、遺族もその死を受けいれられなかったようだった。
    彼が、肉食にこだわる理由は、別にあった。糖質制限ダイエットである。もともと、知り合った時、ぽっちゃり体型であった彼は、それを始めてから、かなりほっそりとなった。何事にも凝り性なのか、アプリを使って糖質を管理して、糖質ゼロに限りなく近い食生活を1年以上にわたって続けていた。

    1日の糖質が5グラムでも彼にとっては多いようであった。結局、朝はプロテインのみ。昼は、『いきなり!ステーキ』で1キロ近くのステーキ(しかもつけあわせなし)を食べ、飲み物は炭酸水、夜も外食時はステーキで、自宅では糖質ゼロのロカボ麺などといった食生活だったのだ。また、栄養を補助するためにサプリメントも複数服用していた。
    もちろん、彼の死と糖質制限ダイエット、ひいては『いきなり!ステーキ』中心の食事の因果関係は定かではない。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17619567/


    【【食べ過ぎ注意!!】「いきなり!ステーキ」の上級“肉マイラー”が突然死していた】の続きを読む



    (出典 cont-daidokolog.pal-system.co.jp)


    パスタの中でも別枠って感じ

    1 首都圏の虎 ★ :2019/12/19(木) 18:08:56.01

    静かなブームが続いているナポリタン。老若男女問わず、時代を超えて日本人に愛されるのはなぜなのか。
    ナポリタンを食べ歩いて50年、『ぶらナポ 究極のナポリタンを求めて』を上梓した下関マグロ氏が解説する。


    ■日本人のソウルフード「ナポリタン」が今も人気のワケ

    考えてみれば、ナポリタンはつくづく不思議な料理だと思う。

    やたらに「昔ながらの」とか「懐かしの」という形容詞が添えられるのはなぜなのか。

    お店によっては味噌汁と一緒に出てきたり、キャベツやライスが添えられて提供されたりするのはなぜなのか。

    アルデンテではない柔らかい麺、食べるとほっと安心できる味だと感じるのはなぜなのか。

    そんなパスタ料理は、ナポリタンをおいてたぶんほかにない。

    それらの答えは、ナポリタンが歩んできた数奇な歴史をひも解くことでわかるような気がする。 

    そもそもナポリタンは、いつ頃生まれた料理なのだろうか。

    世界でのナポリタン発祥についてざっくり書かれているのが、『服部幸應の「食のはじめて物語」』だ。

    これによれば、トマトで有名なイタリア南部のナポリ地方では、トマトソースのスパゲティが食べられていた。
    ナポリからニューヨークに移民した人たちは、おいしいトマトが手に入らず仕方なくケチャップで代用したスパゲティを食べていたのだが、これがおいしいとアメリカ中に広まった。
    そのケチャップ和(あ)えスパゲティが進駐軍を通じて終戦直後、日本に入ってきたということだ。

    なるほど、日本ではナポリタンを注文すると粉チーズとタバスコが一緒に出されるが、タバスコはアメリカで生まれた辛み調味料。
    名前こそメキシコのタバスコ州の名前がついているが、アメリカの会社が作ったものだ。
    粉チーズはアメリカ発祥というわけではないが、たいてい日本で出される粉チーズはアメリカのクラフトフーズ社のものが多い。

    菊地武顕著『あのメニューが生まれた店』によれば、第2次世界大戦後にアメリカ軍が持ち込んだ兵営食を日本人シェフが進化させたことで日本に誕生したとある。
    場所は、横浜のホテルニューグランド。厚木飛行場に到着したマッカーサーはまっすぐここにやってきて、それから7年間、GHQに接収されることになる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191219-00319199-toyo-bus_all
    12/19(木) 8:00配信


    (出典 cont-daidokolog.pal-system.co.jp)


    ★1 2019/12/19(木) 16:07:57.02
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576739277/


    【【今でも人気】なぜ「ナポリタン」が愛され続けているのか】の続きを読む



    (出典 chekeblog.com)


    食べてみたいかも!!

    1 ニライカナイφ ★ :2019/12/15(日) 19:08:55.68

    白 @012_shiro
    これすんごい。
    GABAのフォースリープ、ツイッターで人気だったから半信半疑で夜に3粒食べてみたら昨日めちゃぐっすり眠れた
    …例えるなら旅行中に1日気持ち良く遊び疲れた日の夜みたいな睡眠クオリティ。
    しかも味がまろやかなミルク感あるチョコで好みすぎる。
    目安は一日3粒で、GABAが100mg摂れるみたい。

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://twitter.com/012_shiro/status/1205482193306341377
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【快眠チョコが話題】たった3粒食べただけでぐっすり眠れるチョコレート】の続きを読む

    このページのトップヘ