もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:生活 > 食の話題



    (出典 www.ntv.co.jp)


    何が売れるかわからないねww

    1 ガーディス ★ :2019/07/14(日) 15:42:21.58

     熱帯原産の芋キャッサバを原料とした「タピオカ」入りのドリンクが若い女性を中心に爆発的なブームになっている。

     本場・台湾のチェーン店が次々と進出し、外食大手もメニューに加え始めたが、人気の高まりに供給が追いついていない状況も生まれている。

     大阪・梅田に12日にオープンしたタピオカ入りドリンク専門店「TAPICI(タピチ)」には、営業開始前から100人超の行列ができた。開店3時間前から行列に並んだ大阪市の女子中学生(14)は「見た目の良さとモチモチした食感が好きで、毎日飲んでも飽きない」と笑顔を見せた。

     カラフルでSNS映えすることや腹持ちの良さなどが受け、10~20歳代の女性を中心に支持が広がっている。大手外食チェーンでも、ドーナツ店「ミスタードーナツ」、ファミリーレストラン「ココス」などが、タピオカを使った商品の販売を始めた。

     だが、このブームによってタピオカは品薄になっている。5月に期間限定でドリンクを投入した回転寿司(ずし)の「はま寿司」は、売れ行きが想定をはるかに上回り、欠品が相次いだ。現在は販売を終了しているが、「再開したくても、確保のめどがたたない」(担当者)という。

     「業務スーパー」を運営する神戸物産(本社・兵庫県稲美町)は、家庭用冷凍タピオカの売り上げが前年の10倍以上になったが、大半の店舗で欠品が続く。卸業者も「在庫を補充しても即完売する状態が続いている。問い合わせの電話も集中し、つながりにくい」と悲鳴を上げる。

     特に、台湾で加工されたタピオカは人気が高く、価格も高騰している。今のところ、ドリンクの価格を引き上げる動きはないが、タピチ運営会社の東忠治常務は「昨年春と比べ、仕入れ価格は3倍になった」と打ち明ける。

     日本ではかつて、フィリピン発祥の「ナタデココ」、イタリア生まれの「ティラミス」などがブームとなったが、その後、沈静化した。そういった事情を見越し、「供給元の台湾の加工業者が過剰な設備を抱えないよう、増産に二の足を踏んでいるのでは」(関係者)との見方も出ている。

    ◆タピオカ=キャッサバの根茎を原料とするでんぷん。すり潰して毒素を取り除き、機械などで粒状の「タピオカパール」に加工して出荷される。そのままでは純白で、味がない。ドリンクなどに使われるタピオカパールは、カラメル色素やシロップで着色、味付けされている。アフリカなどの熱帯地方ではキャッサバを主食としている地域もある。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16772535/


    【【爆発的ブーム】タピオカ足りません!…電話が殺到・仕入れ値3倍】の続きを読む



    (出典 tblg.k-img.com)


    お腹にたまるもんねww

    1 みなみ ★ :2019/07/11(木) 21:30:04.63

    7/11(木) 9:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00029264-president-soci

    現代人は日頃どんなものを食べているのか。厚生労働省の「国民健康・栄養調査」を調べた統計データ分析家の本川裕氏は、「とりわけ『食料に困っている者』は全体平均に比べ、米や小麦などの穀物や豚肉を多く食べていることがわかった」という――。

    ■連載をはじめるにあたって

     今回からスタートする本連載では、日々、公表される統計データの中から、かなり興味深い内容であるにもかかわらず見逃されてしまっているものを主に取り上げ、読者の好奇心や日頃の関心に応えようと考えている。

     例えば、一般に考えられている常識や価値観とは異なる方向の動きを統計データが示していたり、政府やメディアが自分たちの主張に沿うかたちで取り上げている統計データが、実は、それとは異なる内容を持っていたりする。「統計探偵」を自負する筆者が、そんな「意外な事実」を紹介していきたい。

     また、データの信ぴょう性の根拠、あるいは間違った読解につながりやすい落とし穴など、官庁統計をはじめとした各種の統計データの読み解き方も分かりやすく解説していく。「統計リテラシー」の向上にもお役立ていただきたい。

    ■豚肉は貧乏な人の味方だった

     連載初回のテーマは「貧乏な人は何を食べているか」である。

     指標となるデータをどう作成したかは後ほど解説するとして、まず、目につく結果から見てみよう。

     食料に困っている者を貧乏な人、あるいは生活困窮者ととらえ、その食物摂取量について、全体平均に対する比率を図表1に掲げた(調査対象者全体の食物摂取量の平均を「100」とした)。

    以下ソースで
    ★1 2019/07/11(木) 19:20:22.03
    前スレ★2 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562843636/-100


    【【貧乏な人は何を食べている?】食料に困っている人ほど、豚肉と麺をたくさん食べている】の続きを読む


    ミンククジラ(みんく鯨・学名Balaenoptera acutorostrata)とはヒゲクジラ亜目に属するクジラの一種である。ナガスクジラ科ナガスクジラ属に属する。コイワシクジラ(小鰯鯨)とも呼ばれる。 この鯨種はかつてはクロミンククジラと単一の種Balaenoptera
    11キロバイト (1,387 語) - 2019年2月9日 (土) 08:17



    (出典 img.cf.47news.jp)


    美味しくないのに、たかいよね

    1 ガーディス ★ :2019/07/07(日) 16:12:32.29

     31年ぶりに再開された商業捕鯨で捕獲されたミンククジラの肉が4日、和歌山県太地町の太地漁港で初競りにかけられた。町内の仲買人らが競り落とし、地元のスーパーではさっそく、新鮮な鯨肉が並んだ。

     再開初日の1日に、太地町漁協所属の「第7勝丸」が捕獲し、北海道・釧路港(釧路市)に水揚げされた雌のミンククジラ(約2・1トン、体長5・8メートル)。

     太地町にはこのうち66キロが空輸され、午前8時からの競りでは、仲買人10人が参加し、箱(約4~5キロ)に入った赤肉や胸肉などを競り落とした。「大ギレ」と呼ばれる赤肉片は、町漁協が運営するスーパーに100グラム598円(税抜き)で並んだ。

     午前8時半の開店と同時に訪れ、購入した同町の男性(67)は「色もつやもよく、おいしそう。昼に刺し身でいただきます」と笑顔だった。

     町漁協によると、1日にはミンククジラ計2頭が水揚げされ、和歌山や北海道、大阪、京都など6道府県に出荷されたという。釧路市の卸売市場でも4日、680キロが取引された。

    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190704-OYT1T50213/
    ★1)2019/07/07(日) 00:41:14.51
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562474026/


    【【31年ぶり】ミンククジラ初競り、スーパーに「100g598円」で並ぶ】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    単純に缶コーヒーあんまり美味しくないww

    1 記憶たどり。 ★ :2019/07/03(水) 13:13:06.83

    https://news.livedoor.com/article/detail/16714162/

    外回りが多い営業や現場で働く人にとって、缶コーヒーを飲む時間はちょっとした憩いのひとときだろう。だが、
    収入が少ないと缶コーヒーひとつ買うのも惜しくなるものだ。

    はてな匿名ダイアリーに6月中旬、「缶コーヒー買うのに躊躇するってどんな年収?」と問いかけるエントリがあった。
    「それ貧困とかじゃなくて単なる強迫観念じゃね?」と書き出し、

    「普通、年収400万以上あればそんなの気にしないだろ。(中略)100円に躊躇してたら何も買えないじゃん。100円以下ならいいの?」

    と、投稿者はあくまで素朴な疑問として書き込んでいる。

    ■「年収150万だから買わんよ。基本的にペットボトル飲料とかは買わん」

    短い文だったが、「100円ぐらいの嗜好品も買えないほど貧しいの?」という上から目線のマウンティングと捉えた人は少なくない。
    はてなブックマークは360を超え物議を醸した。

    「まるで年収400万くらいあって当然であるかのような」
    「お金の価値観は人によって違うし、賃金は(同じスキル、同じ仕事でも)地域によって異なる。その辺を擦り合わせてから物を言え」
    「年収150万だから買わんよ。基本的にペットボトル飲料とかは買わん」

    など、カチンときた人からの反論が相次いだ。会社員の年収は400万円未満が一番多いのだから無理もない。
    国税局の統計(2017年)によれば、「300~400万円」が最多(17.5%)で、次が「200~300万円」(15.8%)。
    女性は「100~200万円」(23.6%)が最多で、次が「200~300万円」(21.7%)となっている。

    女性の平均年収は生涯にわたって400万円を超えることはないし、男性も非正規雇用が多い中、
    「400万円が普通」という前提でものを言われれば、ムッとする人が多いことは確かだ。

    ■実は水面下で「缶コーヒー離れ」? 価値を感じない人も多数

    しかし「いまはコンビニコーヒーのほうが安くて美味い」といった声もあるように、缶コーヒーに価値を感じない人も多い。

    「缶コーヒーに限らず、大して美味しくもない清涼飲料水を毎日何本も買ってる人を見ると、消費下手だなとは思ったりすることがある」
    「ほぼ毎日買うとして年3万。その3万円を水筒で節約して子供の為に使いたいって親は多いだろう」

    確かに、世の中水筒持ちでゴミを減らそうという空気もあるし、コンビニで豆から引きたての本格コーヒーが税込み100円で買える今、
    缶コーヒーは劣勢だ。そもそも自販機の缶コーヒーは100円では買えない。

    今年4月にマイボイスコムが公表した「缶コーヒーに関するアンケート調査」によると、缶コーヒーの飲用頻度は、わずかながら減少傾向にある。

    2014年の調査では「全く飲まない」が25.4%だったが、2019年には31.1%と、5.7ポイント増えている。人々の収入が減って苦しいと
    見ることもできるが、数年前から台頭してきたコンビニコーヒーの影響は大きいだろう。

    コメントには、「貧乏人の方が缶コーヒー気にせずに買ってるよ」といった声もある。喫茶店に入るのではなく缶コーヒーで安く済ませたり、
    無駄遣いして貯蓄できない習慣を揶揄しているのだろう。缶コーヒーをめぐってここまで価値観のぶつけ合いが続くとは驚いた。


    【【缶コーヒー離れ】「年収400万円あれば缶コーヒー買うぐらい躊躇しないだろ」に物議。水面下で「缶コーヒー離れ」も】の続きを読む


    うまい棒うまいぼう)は、株式会社やおきんが日本で販売している棒状のスナック菓子。製造はリスカ株式会社。標準小売価格は1本10円(消費税別)。1979年7月発売開始。 なっとう味、めんたい味など種類が豊富でユニークなフレーバー(味)があり、値段も安価なことから子供や若者を中心に人気のある駄菓子である
    31キロバイト (4,313 語) - 2019年6月12日 (水) 15:59



    (出典 ushigyu.net)


    40年間値上がりせずっていうのがすごい!!

    1 ガーディス ★ :2019/06/23(日) 09:16:57.52

    「うまい棒」はなぜ40年間ロングセラーを続けられたのか
    2019.06.23 07:00

    ロングセラーを続ける“10円駄菓子”の「うまい棒」が今年発売40周年を迎えた。
    「チーズ」や「カレー」といった定番に加え、いまでも毎年1~2種類の新しい味を生み出しているのは、うまい棒ほかスナック菓子の企画・販売を手掛ける株式会社やおきんだ。
    なぜ、うまい棒は40年も不動の人気を保つことができたのか──。社長の角谷昌彦氏(55)に、これまでの歴史や苦労を振り返ってもらった。

    ──うまい棒は1979年に「ソース味」「サラミ味」「カレー味」を発売したのが最初ですね。

    角谷:はい。私はまだ高校生でしたが、父親がそれ以前からスナック菓子の開発に携わり、新しい味の駄菓子を作ろうと試行錯誤していました。

    当時、コーンスナックはすでに「カール」(明治)なども発売されていましたが、どれも定番の味は「チーズ」か「カレー」だったので、
    少し変わった味付けにしたいと開発したのが「ソース」や「サラミ」です。棒状にしたのも当時は珍しかったですしね。

    ──子どもの時に「サラミ味」を食べたときの感動は今でも覚えています。

    角谷:先代は、サラミなんて大人のツマミだから受けないのでは? と思ったり、1982年に発売した「めんたい味」も、辛めの味付けだったうえに、
    めんたいこ自体が関東ではまだ知られた食べ物ではなかったので、本当に売れるのか半信半疑だったそうですが、
    実際に発売したら子どもたちが喜んで食べてくれたので、非常に嬉しかったと聞いています。

    ──いま、うまい棒の人気ベスト3は、1位=コーンポタージュ味、2位=チーズ味、3位=めんたい味だそうですね。

    角谷:その時代によって消費者の好みも変わるので、定番になる味を出すのは簡単なことではありません。
    でも、いつも定番ばかりに頼っていると、一度飽きられてしまえば終わりなので、常にいろいろな味に挑戦しながら定番を改廃させていく形も必要だと思っています。

    ──うまい棒のヒットの要因のひとつは、なんといっても発売以来「10円」という値段を変えていないことにあると思います。

    角谷:そこはとても苦しいご時世なので、あまり強調してほしくないのがホンネです(苦笑)。

    これまで「安くておいしい駄菓子を作る」というコンセプトを基本ベースに、うまい棒であれば味と香りをつけるシーズニング工程でも決して妥協せず、
    製造元のリスカさんと一緒になって味の改良を重ねていけたからこそ、高品質と低価格を維持できています。

    10円という価格を守り続けてきた裏では、コツコツと工場の設備投資でオートメーション化を実現したり、
    配送コストを少しずつ削減させたりするなど、地道な効率化やコストダウンも図ってきました。

    しかし、いまはコーンや油など原材料のすべての価格が上がっていますし、運送費も上がっています。10月には消費税も上がりますね。
    これからも製造メーカーや原料メーカー、運送会社など、製造にかかわるすべての人たちの協力をいただき、
    できる限り10円で頑張りたいと思っていますが、厳しい状況に変わりはありません。

    私は“駄菓子は日本の文化”だと思っていますので、この文化を絶やさぬよう、各協力工場さん、販売店さん、そして消費者の方々とも一緒に小物菓子の市場を守っていけたらと思っています。

    全文
    https://www.news-postseven.com/archives/20190623_1396994.html

    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


    【【ロングセラー】うまい棒 ついに値上がりか  やおきん社長「10円で頑張りたいと思っているが、厳しい状況」】の続きを読む

    このページのトップヘ