もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:芸能 > 夫婦


    渡辺 満里奈(わたなべ まりな、1970年11月18日 - )は、日本の女性タレント、司会者、歌手。本名:名倉 満里奈(なぐら まりな、旧姓:渡辺)。夫はお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤。血液型はB型。姪は日本の女性タレントの渡辺菜花。 東京都大田区出身。エイプリル・ミュージック(後に「CSアーティスツ」に名称変更)
    31キロバイト (4,183 語) - 2019年7月29日 (月) 18:29



    (出典 www.j-cast.com)


    もう復帰したんだね。写真、怪しいけどww

    1 牛丼 ★ :2019/11/03(日) 15:27:53.27 ID:wAM+eHT89.net

     「遠い先だと思っていたのに」 渡辺満里奈、名倉潤と“フルムーン旅行”で2ショット
    良い旅行になりますように
     タレントの渡辺満里奈さんが11月2日、夫でお笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤さんとの2ショットをInstagramで公開。夫婦でフルムーン旅行に行ったことを伝えています。

     フルムーン旅行とは、中高年の夫婦による旅行のことで、JRが実施している「フルムーン夫婦グリーンパス」に由来するもの。渡辺さんがアップした写真も電車の中で撮られたものと見られ、カメラに目線を向けた渡辺さんと、帽子を目深にかぶった名倉さんという構図になっています。2人とも黒のジャケットなのがお忍び感ある。

     「#遠い先だと思っていたのに」「#フルムーンの資格ありまくり」「#楽しいけど」と渡辺さん。2005年に名倉さんと結婚し、2007年に長男を、2010年に長女を出産。家族仲も良好のようで、SNSではたびたび子どもたちとの写真を公開しています。

     夫婦の姿に、ファンからは「素敵」「楽しんで下さい」「良い旅を~」といったコメントが続々。また名倉さんは、8月からうつ病のために仕事を休んで療養していましたが、10月11日に仕事復帰を発表。少しずつ仕事をこなしていくとしています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000024-it_nlab-ent

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【【遠い先だと思っていたのに】渡辺満里奈、名倉潤と“フルムーン旅行”で2ショット】の続きを読む



    (出典 wezz-y.com)


    なんだかんだでエリート一家

    1 ひかり ★ :2019/10/10(木) 08:35:26.77 ID:qsnYQAgE9.net

     舞台に立つ華奢な女性が自由自在にフルートを操る。体つきに似合わない力強い音色がドラマティックで抑揚のあるメロディーを奏でた。その澄んだ音は会場の隅々まで響き渡り、観客を魅了した。

    「彼女の音の深みは、ほかの学生とはレベルが違います。まさに圧巻の演奏でした」(観客の1人)

     演奏曲は、著名なドイツ人作曲家、アントン・ベルンハルト・フュルステナウの『24の練習曲』。巧みな演奏テクニックを必要とする、フルート奏者の間では有名な練習曲だ。それを、堂々と演奏していたのは、
    木村拓哉(46才)と工藤静香(49才)の長女(18才)。

     この日長女は、第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選に出場。フルート部門の高校の部を勝ち抜き、10月16日に開催される東京大会本選への出場を決めた。本選へ進めるのは、応募した66人中21人だけという難関だ。

    「このコンクールは、音楽を志す誰もがあこがれる登竜門でもあります。第1回は1947年に開催された歴史あるコンクールで、毎日新聞社が主催していることから毎コンとも呼ばれます。この権威ある大会で
    入賞することは、大きな名誉です」(音楽関係者)

     今年の地区本選は北海道・東京・名古屋・大阪・北九州で行われ、地区本選を勝ち抜いたごくわずかな人だけが、11月下旬に横浜で開かれる全国大会に出場できる。

    「本選での課題曲には、音楽大学の学生でも弾きこなすのに苦労するような、さらに難易度の高い曲が指定されています。本選出場が決まった人は、今頃猛レッスン中でしょう。

     フルートは優雅なイメージがあるかもしれませんが、体力をとても必要とします。全国レベルとなると、食事を含めた生活面で、家族のしっかりしたサポートを受けている子ばかりです」(前出・音楽関係者)

     長女は、この地区予選に先立って行われた別のコンクールでもその実力を認められていた。8月末に開催された『日本奏楽コンクール』では、管楽器部門高校の部で、見事1位に輝いたのだ。

    「このコンクールは歴史は浅いですが、参加者は全国から集まっていてレベルが高い。さらにピアノや声楽などの全部門、幼児から社会人まで全年齢から決めるグランプリは『該当者なし』でしたが、準グランプリに
    木村さんの長女が選ばれています。実質、高校日本一といえます」(前出・音楽関係者)

    ※女性セブン2019年10月24日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191010-00000004-pseven-ent


    【【長女もすごかった】木村拓哉&工藤静香の長女、フルート高校実質日本一の腕前】の続きを読む


    SHIHOShiho(しほ) 日本の女性ファッションモデル(1976年6月6日 - )。滋賀県草津市出身。⇒SHIHO (ファッションモデル)参照。 日本の女性セクシーアイドル(1968年3月17日 - )。宮崎県出身。⇒SHIHO (セクシーアイドル)参照。 日本の歌手(12月16日 -
    1キロバイト (159 語) - 2013年3月29日 (金) 00:01



    (出典 eiga.k-img.com)


    日本人でサランちゃん?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/07(月) 13:48:13.47 ID:YLbJZjz69.net

    モデルのSHIHO(43)が7日までに自身のインスタグラムを更新。夫の総合格闘家・秋山成勲(よしひろ、44)と7歳の愛娘サランちゃんとの家族ショットを公開し、反響を呼んでいる。

    ハワイ在住のSHIHOは「誕生日前の7歳最後の思い出に、家族でココヘッドハイクに挑戦」と報告。
    「1048段…子供達にはちょっと辛そうだったけど(私もちょい辛かった…)何度も休憩しつつ、最後まで諦めないで帰ってこれたよ」とトレッキングコースを完歩したことを明かした。

    その上で「ゴールしたあとの全員のやり切った笑顔ショット」とし、家族3人そろった記念写真を投稿。「
    途中でパパが蜂に刺されて大騒ぎ」と秋山がアクシデントに見舞われたことも明かしたが、「なんとかみんなでゴール 思ったよりキツかったけれど最高の思い出」とつづっていた。

    フォロワーからは「久しぶりにサランちゃん家族の揃った写真が見れて嬉しいです」
    「ステキなご家族ですね」などの声が寄せられ、秋山が肩を抱いている写真右下のサランちゃんについては
    「え、サランちゃん脚!!!ながーーー!うらやまし!」「サランちゃんの脚の長さ!!流石な感じ」「サランちゃん脚がながーい、ほそーい SHIHOさんの遺伝をバッチし受け継いでますね!!!」
    「サランちゃんモデル体型 脚長い!」などスタイルの良さに驚きの声が上がっている。

    カリスマモデルとして活躍したSHIHOは秋山と09年に結婚し、11年10月に長女が誕生した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17195105/
    2019年10月7日 12時32分 スポーツ報知


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【驚愕】SHIHO、夫・秋山成勲との家族ショット…まな娘サランちゃんに驚きの声「脚の長さ!」「モデル体型」】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    いつまでも仲良しで羨ましいww

    1 湛然 ★ :2019/10/06(日) 05:06:42.42 ID:akqtsflU9.net

    10/6(日) 5:00 サンケイスポーツ
    唐沢寿明、妻・山口智子と愛車ポルシェで復興ラリー!24年ぶりに夫婦そろっての公の場
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000505-sanspo-ent

    愛車の横で貴重な夫婦ショットを披露した唐沢と山口

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     俳優、唐沢寿明(56)が発起人を務める東日本大震災チャリティーイベント「GO!GO!ラリーin東北」が5日、仙台市でスタートした。復興支援を目的に宮城・石巻市、女川町など被災地を2日間かけてクラシックカーで巡る内容で、唐沢は妻で女優、山口智子(54)を愛車のポルシェに乗せて参加。夫婦そろって公の場に登場するのは、国内では結婚会見以来24年ぶり。貴重なツーショットが東北を勇気づけた。

     「おはようございます! ブラッド・ピットです」

     前日の雨がやみ、爽やかな秋晴れとなったこの日。スタート地点のせんだい青葉山交流広場で行われた開会式で、発起人としてあいさつに立った唐沢はユーモアたっぷりに第一声。117台の参加者と多くの観客を和ませ、「交通違反や事故には気を付けて、楽しく2日間やっていきたいと思います」と呼びかけた。

     「GO!GO!ラリーin東北」は、参加者が東日本大震災の被災地をクラシックカーで訪問し、復興に尽力する人々と触れ合うイベント。3年前に石巻の人から「人が来ないことが寂しい」と言われ、「趣味でもあるクラシックカーラリーで年に1回でもこうやって人が集まることができたら、少しは力になれるかな」と開催した。

     今回は仙台、石巻、女川など宮城県内を巡り、2日間かけて350キロを走行。芸能界屈指のクラシックカーマニアは、愛車であるポルシェ356スピードスター(1954年型)で参加した。

     そんなイベントを彩ったのが、妻の山口だ。復興のために立ち上がった夫に賛同して参加。15年前にイタリアのクラシックカーラリーに夫婦で出場したことがあるが、国内でそろって公の場に姿を見せるのは1995年の結婚会見以来、実に24年ぶり。芸能界きってのおしどり夫婦のレアなツーショットに、会場もヒートアップした。

     夫とおそろいの衣装で登場した山口が「皆さんとご一緒できるのですごくうれしいですし、幸せです。またこういうことを続けていけたら」と継続を願えば、唐沢は「『助手席に乗るのは大丈夫?』と聞いたら、まず『エアコンは付いてる? Bluetoothで音楽聴ける?』と言われて、この車にはラジオもないことから話さなきゃいけない」とジョークの“アクセル全開”。仲むつまじく会話をしながら愛車に乗り込むと、この日の目的地となる秋保へ向けて出発。被災地の人々と触れ合いながら255キロを走り、6日にゴールする。

    (おわり)

    「GO!GO! ラリー in 東北」に参加した唐沢寿明(左)&山口智子夫妻(オリコン)

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【貴重なツーショット】唐沢寿明、妻・山口智子と愛車ポルシェで復興ラリー!24年ぶりに夫婦そろっての公の場】の続きを読む

    このページのトップヘ