もぎたてニュースナビ

毎日のちょっと気になるニュースをまとめてお伝えします

    カテゴリ:生活 > 男女問題



    (出典 cdn0.mynvwm.com)


    こういう時代だよね

    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/11(土) 13:01:26.93

    最近では、結婚しない、子どもを持たないという生き方を選択する人も増えてきました。それでも恋人や人生のパートナーはほしいと思っている人がまだまだ多いのではないでしょうか。

    しかし今回筆者が話を聞いた由佳さん(仮名、30歳)は、「これまで男性とお付き合いしたこともないし、付き合いたいと思ったこともない。結婚願望もない」といいます。一体なぜなのでしょうか。話を聞きました。


    月に100時間以上残業のハードワーク

    由佳さんは大学を卒業後、都内で公務員として働いています。仕事はかなりハードで、月に100時間以上残業することも珍しくないそうです。

    「毎朝9時に出勤し、終電まで仕事をする日々を送っています。今は終電で帰れますが、去年は終電に間に合わないこともしばしば。残業は多いと月120~150時間にもなります。先月もおよそ100時間残業しました。帰宅後は、週末に作り置きした食事で夕飯を済ませ、すぐに就寝しています。自分の時間はありませんね。

    でも、やりたかった仕事に携われていますし、現在は大規模なイベントに関する仕事をしていますので、やりがいはあります」

    あまりの忙しさに「時間に余裕があれば恋人を作る気も起きるのでは」と思いますが、由佳さんは「たとえ時間があっても恋人はいりません」と断言します。

    「親密な関係を築くのは大変そう」

    なぜ恋人はいらないと思うのでしょうか。由佳さんは「疲れそうだから」と話します。

    「そもそも彼氏がほしいと思ったことがありません。恋人がいても疲れそうだし、会うのが面倒くさいだろうなと思います。友だち付き合いですら疲れることがあるのに、それ以上に親密な関係を築いていくのは大変そうです。例えば、浮気をされているんじゃないかと不安になって疲れてしまうと思うんですよね。それなら最初から付き合わない方がいいです」

    交際相手と会いたい頻度が合わないという悩みはよく耳にしますし、二人の関係について悩むこともあるでしょう。時には膝を突き合わせて話さなければならない場面があるかもしれません。由佳さんは、そうした面倒くささが付き合うことのメリットを上回っていると感じているようです。

    また、「女性らしく取り繕うのが面倒くさい」という話も印象に残りました。

    「私は自分が女性らしくないことを自覚しています。愛想もありません。でも彼氏を作ろうと思ったら、服装も化粧も話し方も変える必要があると思います。それは面倒くさいですね。

    先日、友人の結婚式に出席したところ、同席だった男性から友人を通して連絡が来ました。どうやら私のことを気に入ってくれたようなんです。しかし、結婚式の時はきちんと化粧していましたし、ドレスも着て、愛想良くしていました。そんな私を見て『いい』と思われても困るので、お断りしてしまいました」

    インタビューに現れた由佳さんは、ジャケットに細身のパンツとかなりマニッシュ(男性的)な服装です。化粧も薄く、ショートカットのため、いわゆる「女性らしさ」はないかもしれません。

    しかし落ち着いた雰囲気に惹かれる男性もいるはず。無理に女性らしくしなくても、気の合う男性とお付き合いすることができるのではないでしょうか。筆者がそう伝えてみても、やはり恋愛する気はないとのことでした。

    「人と関係を築くのが苦手なので、恋愛なんてどうせ上手くいかないと思います。上手くいかないと疲れますよね。わざわざ疲れることをしようとは思いません」

    結婚願望もないし、子どももいらない

    もちろん結婚願望も一切ないといいます。子どもがほしいとも思わないそうです。

    「結婚願望はありませんね。適度な距離感の友だちがいれば、それでいいと思っています。周りの友だちはどんどん結婚して、子どもを産んでいます。不思議と羨ましいという気持ちは湧きませんね。友人たちが妊娠していたり、子どもが小さかったりすると飲み会に誘いづらいし、旅行にも行けないので、困ってしまいます。

    子どももいりません。面倒くさいですね。可愛いとは思いますが、育てるのは大変じゃないですか。一人の人の人生に責任を持ちたくないです」


    全文はソース元で
    2020年1月11日 8時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17648827/

    ★1 2020/01/11(土) 10:02:51.86
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578710715/


    【【結婚願望ない】30歳女性 「これまで男性とお付き合いしたこともないし、付き合いたいと思ったこともない」】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    結婚してもしなくても

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/05(日) 12:05:51.64

    婚活について調べていると、一度は「男性不足・女性余り」と見かけたことがないでしょうか?

    婚活ブームの真っ只中、男女比は「男:女=3:7」とまで、現在は言われています。

    実は男性が、婚活市場に少ないことには理由があるんです。

    そこで今回は、婚活市場の男女比の現状と、「男性不足・女性余り」と言われる本当の理由について徹底解説します!


    (出典 yume-con.net)


    男性のおよそ4人に1人
    女性のおよそ7人に1人
    が未婚という状況は、日本は「結婚離れ」が進んでいると言えます。

    国勢調査によれば、男性の方が未婚者が多いということがわかりました。

    それでは、結婚相談所や婚活サイトにおける男女比を見ていきましょう。


    (出典 yume-con.net)

    日本最大の結婚相談所ネットワークであるIBJ日本結婚相談所連盟のデータによると、会員登録者の男女比は女性の方が多く、男女比はおよそ「男:女=4:6」となるそうです。

    結婚相談所によって男女比に違いはあるものの、生涯未婚率の男女比と結婚相談所の男女比は一致しないようです。

    昔は男性過多、今は逆に女性過多

    結婚相談所で長らく仲人として未婚男女の婚活をサポートしてこられた方の話によれば、10年ほど前は男性会員の方が多く、男女比は「男:女=6:4」だったそうです。

    当時は婚活市場全体を見ても男性過多で、女性側は待っていればお見合いのお申し込みが集まる状況でした。

    しかし現在は、男女比が逆転して女性過多の状況です。

    比率で言うと、

    男:女=4:6
    男:女=3:7
    くらいまで差が広がっています。

    結婚相談所に限らず、婚活パーティーや街コンなどの婚活イベントでも、女性過多の現象が起きています。

    なぜこの10年ほどで結婚相談所や婚活パーティーの登録者の男女比が逆転したのでしょうか?

    次に、婚活市場で男性が少ない原因について解説していきます。

    婚活市場で男性が少ない原因

    ここ10年のうちに、婚活市場で男女比が逆転していることが分かりました。

    婚活市場で男性が少なくなった、原因はどこにあるのでしょうか?

    ここからは、婚活市場で男性が少ない原因について迫っていきます。

    仕事が忙しい

    多くの男性が結婚を意識し始める20代後半~30代は、

    職場の部下ができたり
    責任のある仕事を任されたり
    など、仕事が忙しくなる年代です。
    イトであれば活動できるからです。

    https://yume-con.net/archives/670/
    2019年12月27日

    前スレ                2020/01/05(日) 09:22https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578188972/


    【【婚活市場の男女比の現状】結婚相談所・婚活パーティーで「男性不足・女性余り」と言われている本当の理由 女性過多】の続きを読む



    (出典 www.total-marriage.com)



    1 みなみ ★ :2019/12/28(土) 21:04:55.58

    12/28(土) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191228-00000012-pseven-life

    結婚の「分岐点」をレポートするシリーズ。今回は、婚活中の多恵子(たえこ)、38歳の場合。婚活アプリで42歳の男性と出会ったが、「清潔感」の相違が破局への引き金となった。寒い冬は鍋の季節。共に鍋をつつけない相手との恋愛は可能か?

    【写真】掃除が苦手な似た者同士だったが

    ◆メッセージをくれるのは50代以上ばかりの中で

     都内の企業に法務系の専門職として勤務する多恵子さん、38歳。自宅に暮らし、堅実な生活を送る一方で、趣味は旅とグルメ。休みが取りやすい職場のため、国内外、年に10回以上、旅行に行く。一人旅も好きだが、そろそろ一緒に行くパートナーをという気持ちが募り、婚活サイトに登録した。

    「アラフォーは難しいですね。年上がイヤというわけではないのですが、やっぱり同年代のほうが話が合うかなと思うんです。でも、メッセージをくれるのは50代以上ばかり。そんなときに、彼からメッセージをもらい、あ、若い、新鮮だなと」

     それが、フリーランスでITエンジニアとして働く幸也(ゆきや)さん、42歳だった。組織は性に合わず、フリーランスという働き方を選んでいる点も、長年会社勤めをしてきた多恵子さんには新鮮に映ったという

    以下ソース
    ★1 2019/12/28(土) 19:08:50.59
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577527730/-100


    【【衝撃】婚活相手の鍋の直箸にキレた38歳OLが破談の際に浴びたひと言】の続きを読む



    (出典 cdn.dears.media)


    一歩間違えたらセクハラ

    1 みなみ ★ :2019/12/24(火) 21:20:41.56

    12/24(火) 18:12配信
    https://article.yahoo.co.jp/detail/ff379e3cc1ddc2100cf14e37805fd29d485f3fcd

    職場恋愛は最近は減っているというが、職場にしか異性と接する場がないため、相手が困っていることもお構いなしでアプローチしてくる人が未だにいるようだ。ガールズちゃんねるに12月18日、「かなり年が離れてるのに口説いてくる人」というトピックが立った。

    現在23歳で新入社員のトピ主は、37歳の男性上司から「私服を見てみたい」「弁当とか持ってデートに行きたい」などLINEで熱烈なアプロ―チを受けており、非常に不快感を覚えているという。(文:石川祐介)

    15歳年上の男性上司が「俺は避妊しない」と豪語

    上司という立場でありながら部下の新人に手を出すのはかなりグレーだ。条件次第でセクハラになるだろう。トピックには同じ様な被害を受けた人からの報告が多数寄せられた。

    「こっちなんて18歳年上だよ。まじでスクロールしないと全文読めない程の長文をLINEで送ってきた」
    「職場に女が私だけだったから15歳上のおっさんに口説かれました。15歳離れてるだけでもキモいのにバツ2でどっちの結婚もデキ婚。『俺は避妊しない』って言ってる」

    他にも、「会社で『今度、合コンセッティングしてよ~』って言ってくるしつこいオヤジがいる」という声も。直接的なアプローチだけではないが、公私混同する上司に関する不満は色々あるようだ。

    ただ、職場内での迷惑なアプローチは上司に限ったものではない。年下の男性が空気を読まずに行くこともあるようだ。

    「前のバイト先に36歳の人妻を口説いてる19歳のアルバイトの大学生がいたよ。人妻は本気で迷惑してるのに、大学生はこのまま押せばイケると勘違いしていた」

    波風を立てないため笑顔で接しているだけなのに、それを好意と受け取ってしまう男性は多いのかもしれない。

    以下ソースで
    ★1 2019/12/24(火) 19:52:21.99
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577184741/-100


    【【迷惑なアプローチ】「37歳の男性上司からアプローチされて気持ち悪い」という23歳女性に共感相次ぐ】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    あり得ないって言う人がありえない

    1 みなみ ★ :2019/12/15(日) 19:59:55.10

    12/15(日) 17:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191215-00010006-suitsw-life

    婚活をして男性にたくさん会うのに、結婚できないという地獄のような生活サイクルに陥ってしまう女性もおります。年齢が上がる焦りから会う予定を入れるけれども全く好きになれそうもない......。会う男性がつまらないと感じたら、それはあなたに原因があるかもしれません。

    「あり得ない!」という男は本当にあり得ないのか?

    こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

    日々、様々な婚活中の女性から悩みや相談が届きます。必死に婚活をして、自分磨きもして努力しているのに好きになれるような男性に出会えないという女性も多いです。

    ケイコさん(30代前半)は結婚相談所に入会して婚活中。そんな彼女が「あり得ないような男性に出会った」というのです。

    そのあり得ない男とは、ホテルのラウンジでお茶をした人で、開口一番にメニューを見て「高いですね」といったそう。コーヒー1杯が1000円ほどの値段です。もちろん、それはコーヒーの値段というよりも場所の値段なのですが。彼は年収も高く安定した仕事に就いている男性です。

    彼は、そのホテルに来るまで公共交通機関を使って2時間近くかかる場所に住んでいるといいます。その時も「〇〇線だと高くつくから、△△線を使ってこのルートで来たんです。遠かった」といったとか。その発言もケイコさんは気に入らなかったそうです。

    以下ソースで
    ★1 2019/12/15(日) 17:32:04.00
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576398724/-100


    【【地獄のサイクルww】「婚活で出会う男はあり得ない人ばかり」と思うのは、あなたが「あり得ない」女だから】の続きを読む

    このページのトップヘ